バイオリニストのナタン・ミルシュタインについて知りたいです。
彼の生い立ちからどんな功績があるのか、どんな存在なのか、とにかくどんな情報でもいいので教えていただきたいです!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

旅行 ロシア」に関するQ&A: 5月のロシア旅行

A 回答 (1件)

ナタン・ミルシテインは1904年、ロシアのオデッサ生まれ。

幼時から神童と騒がれ、ペテルブルグでアウアーに師事し、その後、ベルギーでイザイエにも学んだ。第1次大戦後、ホロヴィッツと組んでロシア各地を演奏旅行して間もなく、一緒にヨーロッパに進出し、はじめパリを中心に活躍したが、1930年代後半からはアメリカを本拠にして名声を高めた。
1980年代に再びヨーロッパを中心に活躍し、最高の巨匠として絶賛された。
参考URLにいい記事が載っていました。

参考URL:http://www.edu.waseda.ac.jp/eduhp/okamura/teache …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバイオリニストとのユニット

先日、バイオリニストとMC(シンガ-?)とのユニット
というのを見ました。
お分かりになる方、ユニット名を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは
もしかしたらこちらでしょうか?↓

Nuttin' But Stringz
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/nbs/

http://www.barks.jp/news/?id=1000039446

違ってたらごめんなさい。

参考URL:http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/SR/nbs/

Qバイオリニストは独立できない?

オリカ・デュッカ(Aurica Duca)さんというバイオリニストが大好きなのですが、CDを出してくれません。
クリス・ボッティさんとの共演で好きになったのですが、他では余りお見かけしないです。
動画で何度も観ていますが、すごく気に入っています。
もしかして、バイオリンはレンタルとかなのでしょうか。
とても気になります。

Aベストアンサー

え?

Q本当にどんな小さい情報でもいいです

先日あるCD屋で葬式劇場というアルバムを買ったら最高の出来具合でこのバンドについて下の事までわかったのですが、本当にどんな小さい情報でもいいですからおしえてください。

SIGN の1997年のアルバム、”葬式劇場”です。日本のバンドながら、質の高いブラックメタル的音を当時から演奏しています。

Aベストアンサー

teddyboy さん こんにちは

正確にはSIGH。Googleで「SIGH 葬式劇場」と入力検索してください。
>どんな小さい情報でもいいですから.....どころかわんさか出てきますよ。

1例
http://www.asahi-net.or.jp/~nd6m-kwsm/jbio.htm

http://www.jvcmusic.co.jp/rock/metal/artist/sigh/

それでは by クアアイナ

参考URL:http://www.google.co.jp/

Q音楽評論家・田中宗一郎氏の功績

ロック音楽評論家にしてSnoozer誌編集長である田中宗一郎さんですが、
とあるバンドのアルバム・ライナーにて、英国の某バンド・Tを「レディオヘッドの遺産を水増ししただけの英国歌謡にはウンザリしている・・云々」と酷評していました。私は某バンド・Tが大好きであったたため少なからずショックでした。

以前から氏のレディオヘッドへの傾倒ぶりはちょっと強烈だなーと思ってはいたのですが、最近では、氏の執筆した文章・雑誌からは選民主義というか独善的な印象を強く持つようになりました。
もちろん自身が編集する雑誌ですし、それが仕事ですので当然だし何の問題もないのですが、ひとつ疑問があります。

彼が日本のロック音楽市場や洋楽リスナーにもたらした功績とは、それはどんな功績なのでしょうか?

ちょっとネガティヴな感じになってしまいすみません。

Aベストアンサー

私も以前SNOOZERをよく読んでいましたが、質問者様と同じような印象を持つようになり離れて行った人です。自身が編集長である雑誌だし、酷評するのもありなのかなとも思うのですが、だったら雑誌という媒体はどうなんだろうかという疑問を抱いたことがあります。

あくまで私の個人的な意見ですが、ああいった評論というものは書いている人の「好き嫌い」だけになってしまってはいけないと思っています。だって読む側が求めてるものは「客観性」なんじゃないかなと。その常識的な概念を取り払った音楽雑誌ということで、とにかく何でもアゲアゲな某ロッキン○ンみたいな音楽雑誌に嫌気がさしている人には読み応えのあるものかとは思いますが、私はどうもSNOOZER=タナソウ自己満雑誌というイメージが強いです。まあそういった傾向に反発したかった為に作った雑誌と私は理解してたりしますが。

それでも彼の功績と言えば、無名のミュージシャンの発掘力とそのサポート力だと思います。これは私も感謝しています。日本ではなかなか評価されていなかった海外のバンドを長い目でかなりプッシュしてくれたり、DJイベントを企画して盛り上げたりなど、どこか私たち一般リスナーと同じ目線というか、「いち音楽ファン」としての熱意と愛情をとても感じます。一度DJイベントに行ったことがありますが、彼が一番楽しそうでしたから(笑)。
だからこそ、時に鋭い意見を素直に書いてしまうんでしょうかね。そういった酷評も必要と思いますが、私も自分が好きなバンドをこきおろされ、ムッカ~~~となったことあります・・・。

これからもとりあえず売れそうなミュージシャンを押しとけ~っていうミーハー雑誌とは一線を画して、独自の感性を信じていい音楽をどんどん日本のリスナーに届けて欲しいと陰ながら思います。ハイ、ほんとに陰ながらですが。

・・・すみませんちなみに。最近まったく読んでないんですが「英国の某バンド・T」ってトラ○○ですか?(汗)

私も以前SNOOZERをよく読んでいましたが、質問者様と同じような印象を持つようになり離れて行った人です。自身が編集長である雑誌だし、酷評するのもありなのかなとも思うのですが、だったら雑誌という媒体はどうなんだろうかという疑問を抱いたことがあります。

あくまで私の個人的な意見ですが、ああいった評論というものは書いている人の「好き嫌い」だけになってしまってはいけないと思っています。だって読む側が求めてるものは「客観性」なんじゃないかなと。その常識的な概念を取り払った音楽雑誌という...続きを読む

Qとにかく激しい曲

ジャンルは問わないのでお勧めのとにかく激しい曲を教えてください。
皆さんよろしくお願いします。

Aベストアンサー

個人的な好みですが。
Bastard・Bitch/DOPE
Start A War/STATIC-X
Prison Song/SYSTEM OF A DOWN
Bury Me An Angel・Immortal・Nemesis/Arch Enemy
Supernova Goes Pop・When Worlds Collide/Powerman 5000(ロブゾンビの実弟がVo)
Hand Of Blood/Bullet For My Valentine
Kubrick/Pleymo(フランス)

いずれもメタルです。
そんなにマイナーではないバンドばかりなので、もうご存知でしたら申し訳ないです。
DOPEのBitchはオフィシャルサイト(下記URL)で見れるPVが激しいです。
激しいというか過激、まさにBitchです。質問内容とずれてたらごめんなさい。

参考URL:http://www.dopearmy.com/


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報