「法の下の平等と差別の禁止について判例を挙げて説明せよ」
という課題が出ているのですが、さっぱりわかりません。
誰か助けてください、お願いします。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (2件)

 具体的にどこが分からないのでしょうか? 判例であれば、憲法14条に関わる著名な判例として、サラリーマン税金訴訟(最大判昭和60・3・27)、三菱樹脂事件(最大判昭和48・12・12)、日産自動車事件(最判昭和56・3・24)、非嫡出子相続分規定事件(最大決平成7・7・5)あたりが重要です。

論述する際には、上記判例のうち、お互いに矛盾する判決を示したと思われるものを最低ひとつずつ提示して述べた方が、比較的容易にまとめられると思います。
    • good
    • 0

ハイ! 参考資料。


既婚女性への昇進差別なんかは典型的な法の下の平等と差別の禁止の
題材になりますね。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/wwn/wwin/2001repj.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ