C++Builder 5を購入しようと思っています。アカデミックとそうでないものはどこが違うんですか?家の弟は高校生なんですが、2人で使うのでそちらを購入してもいいものでしょうか?そのへん教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

あなたの弟さんは高校生なのでアカデミックパックを使えますが、あなたが学生/教育機関の先生でなければ、あなたは、使えません。



製品に梱包されている「『ナンセンスでないライセンス規定』および制限つき保証」の中の「■使用権」の所に、明記されています。

「『ナンセンスでないライセンス規定』および制限つき保証」より引用。
---
■使用権
 同時に使用できるユーザ数は「書籍」と同様にお考えください。一冊の書籍を二つの場所で、二人が同時に読むことは出来ません。それと同様に本ソフトウェアとマニュアルをライセンス数を超えるユーザが同時に使用することはできません。
 本ソフトウェアに含まれるすべての内容は一つのものとみなします。
 (中略)
 また、アカデミック製品の場合、公的教育機関に所属する学生・教職員、ならびに、教育機関の内部でのみ使用を承諾します。
---
    • good
    • 0

初めてなら、borlandのページでフリーのC++コンパイラが


ダウンロードできるのでそれを使うのもひとつの方法ですね。

アカデミック版と通常版は、将来バージョンアップのときに
サポートの差があるくらいでそれ以外は一緒です。
    • good
    • 0

値段が違うだけです。


買い手が学生ならOKです。
別に弟さんが買ったのを利用しても問題なしです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QVC++ vs C++Builder

私はボーランド派なのでVC++はしたことがありません
両方やった人に聞きます

1.どちらがいいのですか?
2.VC++は完全にはSTLに対応できていないのですか?
3.RADツールとしてはどちらが優れて今⊂のでしょうか?
4.利害得失を列挙できるのであれば教えてください

Aベストアンサー

こういう質問には'好み'で答えるしかない部分が多いので、真に受けてもらっても困ると前置きした上で:

[1] どちらも同じ。
[2] どちらも標準C++には完全には準拠していない。
[3] C++Builderの方が優れているようだ。
しかしその反面、はRADのために言語仕様を捻じ
曲げている。だから嫌い。
[4] ノーコメント

QVC++ と C++Builder

C++の基本的な構造は理解していて、Win32APIを勉強しようとVC++でプログラミングを始めた者です。参考書は猫でもわかるWindowsプログラミングを見ながら勉強しています(難しくてあまり理解出来ていませんが)。
しかし、機能が多すぎたりと使いこなす自信がありません。
C++Builderに変えてみようかと思っているのですが、VC++とC++Builderの違いを教えて下さい。漠然としすぎていてアホっぽい質問ですが・・。
VC++とC++Builderのプログラムの書き方の大きな違いなどはあるのでしょうか?
また、みっちり調べたつもりですが無償のBorlandC++Builderが見あたらないのですが・・・。

Aベストアンサー

VC++ができれば問題ありません
C++Builderはいろいろ買収されて今はエンバカデロというメーカーみたいですね。


企業で使う場合もマレでして、使う場合でもDelphiかKylixです。
Delphiは高速性に優れていますね。開発しやすいですが今は案件はないでしょう。

そもそもC++は高速性に優れ、算術演算なども適していますが、一般の業務アプリケーションには
不向きです。

宣言して、変数もその都度初期化が必要ですし、スタックオーバーフローとかの問題もありますから。


書き方に違いはありません。
スーパークラスがATL,MFCのMS系との違いです。昔ちょっとC++Builderやりましたが忘れました。
C++Builder のほうが優れているこことは言うまでもありませんが、情報が少ない。
ネットでも書籍でもMSに比べてとても少ないのが欠点であり、初心者にはわかりずらいです。

VCの無料である程度クラスの知識とかないと極めて難しいと思います。
ヘルプもきっと英語だろうし。

私も最初は
Win32APIのヘルプ見ても、なにがなんだかさっぱりでした。
今は理解できますが、当時はヘルプのヘルプが欲しくて、本当に苦労しましたよ。


C++Builder 2010 Architect - 30 day trial
https://downloads.embarcadero.com/free/c_builder
をダウンロード

C++Builder 6 Personalのキー
http://support.codegear.com/jp/article/39702

のキーを入れるとパーソナル(無料)として使えるかも知れません。

できなかったら、ここで登録するとできるかも。
https://members.embarcadero.com/Login.aspx?returnurl=http%3a%2f%2fcc.embarcadero.com%2fmyreg

既に買収されて、バージョンが今は異なるのでわかりません。
米国のサイトからftpで入れば拾えるかも知れません。


あとはここに書くとマズイですけど
検索のやり方次第で無料で手に入りますね。
ダウンロードして確認まではしていませんが、たくさんヒットしましたよ。
実際にダウンロードサイトもたくさん出てきましたし。

VC++ができれば問題ありません
C++Builderはいろいろ買収されて今はエンバカデロというメーカーみたいですね。


企業で使う場合もマレでして、使う場合でもDelphiかKylixです。
Delphiは高速性に優れていますね。開発しやすいですが今は案件はないでしょう。

そもそもC++は高速性に優れ、算術演算なども適していますが、一般の業務アプリケーションには
不向きです。

宣言して、変数もその都度初期化が必要ですし、スタックオーバーフローとかの問題もありますから。


書き方に違いはありませ...続きを読む

QC++Builder → Visual C++ 移植について

C++BuilderXを使って開発したアプリケーションがあるのですが
64bit版Windowsへの対応の要件が出てきました。
ところが、C++Builderがいまだに64bit版Windows未対応(2009年中頃対応予定との事)
なので、Visual C++での作成を検討しなくてはならなくなりました。

と言った状況なのですが、
C++Builder → Visual C++ に移植する際に、どういった問題点が出てきますでしょうか。
VCLを使っているところなんかはもちろん見なければならないでしょうが
他に注意するべき点などはありますでしょうか。

詳しい方がいらっしゃいましたらお教え願います。

Aベストアンサー

文法面ではTemplateまわりにコンパイラごとの違いが出やすいですね
VCもコンパイラのバージョンによってかなり違いがあるので
どのバージョンによるかで変わってきます
あまり複雑なTemplateの使い方は移植性を考えて
避けておくのが無難です。

後はC++Builder特有の拡張ではプロパティの宣言がありますね

あと文字列操作とファイルディレクトリ操作の関数も
C++Builder特有のものがあるので、使ってるかどうか注意が必要です

QC++BuilderやDelphiでVC++用のDLLの作成

C++Builderの画面から新規作成からDLLウィザードを選ぶと、VC++スタイルのDLLを選択して作成できるようになっています。VC++用のDLLを作成出来るとは書かれていません。実際、VC++コンパイラからリンクを拒否されます。

また、VC++用のインポートライブラリをCOFF形式からBorland用のOMF形式に変換するユーティリティCOFF2OMF)は存在していますが、OMF形式をCOFF形式に変換する手法を見かけません。

変換方法を書いているWEBや雑誌記事とかを紹介してください。

Aベストアンサー

C++BuilderのDLLウィザードでの「VC++スタイル」はヘルプにあるようにエントリポイントが DLLMain になるだけです。
DLLはC++Builderで作成してもVisualC++で作成しても、どちらからも利用することができます。
MFC拡張など利用する側に対応が必要なDLLは別ですが。

C++BuilderとVisualC++ではインポートライブラリに互換性がありません。
C++Builder の場合は付属のツール implib.exe でDLLからインポートライブラリを生成できますが、VisualC++では簡単な方法はありません。

VisualC++での正攻法は LIB.EXE を使ってインポートライブラリを作成することですが、DEFファイルを書いてやらないといけません。
http://bme.t.u-tokyo.ac.jp/members/manabu/MKL_BCC/mkl_BCC.html
のdllからふるいCOFF形式のlibを作成するのところ。
http://www.sun-inet.or.jp/~yaneurao/dlang/Chapter-05.html#050800000000
がもう少し分かりやすいかもしれません。

私の場合は LoadLibrary(), GetProcAddress() で動的に呼び出すか、同じ定義の関数をエクスポートするダミーのDLLを作ってインポートライブラリを得ます。

参考URL:http://www.sun-inet.or.jp/~yaneurao/dlang/Chapter-05.html#050800000000

C++BuilderのDLLウィザードでの「VC++スタイル」はヘルプにあるようにエントリポイントが DLLMain になるだけです。
DLLはC++Builderで作成してもVisualC++で作成しても、どちらからも利用することができます。
MFC拡張など利用する側に対応が必要なDLLは別ですが。

C++BuilderとVisualC++ではインポートライブラリに互換性がありません。
C++Builder の場合は付属のツール implib.exe でDLLからインポートライブラリを生成できますが、VisualC++では簡単な方法はありません。

VisualC++での正攻法は LIB...続きを読む

QC++BuilderのコードをVC++用に変更するには?

環境 WIN98 VC++6.0 MFC にて

ネット上でちょうど私が知りたいことが載っているサイトを見つけました。
それは付箋ソフトの作り方を解説しているサイトです。
http://www.zdnet.co.jp/developer/0307/18/dvn06.html

しかしながら、そのサイトではC++Builderを使っています。
C++BuilderのコードをVC++用に変更したいのですが、
お分かりでしたお教えください。

知りたいのは、以下のコードです。
C++Builder専用のコードかと思いましたが、調べるとSubStringはAPIだったのでVC++でも使えると思います。
Pos()は調べても分からなかったのですが、変わりになる関数は有るのでしょうか?


**********************
// 「,」で区切られた文字列から要素を切り出す。
// メモデータのロードに使う
static AnsiString GetToken(AnsiString &s) {
AnsiString ret;

// ,が文字列に含まれる場合、
// ,より前の文字列を戻り値とし、
// 引数の文字列の,以前を削除する。
// 例えば引数の文字列が"1,2,3"の場合、
// 戻り値は"1"、引数の文字列は"2,3"となる。
int pos=s.Pos(",");
if (pos>=1) {
ret=s.SubString(1,pos-1);
s=s.SubString(pos+1,s.Length()-pos);
return ret;
}

環境 WIN98 VC++6.0 MFC にて

ネット上でちょうど私が知りたいことが載っているサイトを見つけました。
それは付箋ソフトの作り方を解説しているサイトです。
http://www.zdnet.co.jp/developer/0307/18/dvn06.html

しかしながら、そのサイトではC++Builderを使っています。
C++BuilderのコードをVC++用に変更したいのですが、
お分かりでしたお教えください。

知りたいのは、以下のコードです。
C++Builder専用のコードかと思いましたが、調べるとSubStringはAPIだったのでVC+...続きを読む

Aベストアンサー

MFCを使うといっても
書かれているC++Builderを
CStringとその関数を用いて書き直しただけですが、

CStringGetToken( CString* s ){
CStringret;
int pos;

pos = s->Find(",", 0);
if(pos>=1){
ret = s->Left(pos);
*s = s->Right(s->GetLength() - pos - 1);
}
return ret;
}

で同様の動作になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報