インターネットや本でいろいろ調べたんですが、どうもパッとしません。どなたか詳しい人はぜひ、回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 


  西欧列強が、東アジアを席巻した時の国際情勢とは、西欧列強の植民地政策に組み込まれた地域、そして、残された大国中国を、四方八方から蚕食して行く列強の中国対と、相互のあいだの牽制や争いが、情勢だったのではないでしょうか。
 
  それ以前なら、まず、中国大陸というか、中華帝国のある領域には、清朝や明朝などの中華王朝があり、その周辺国は、中華帝国の冊封を受け、王とか、諸侯などの官位をもらって支配下にある地域と、中華帝国の支配に抵抗する、北の遊牧民、西の砂漠の部族、南の深山のなかの未開の領域、またチベット、そして東の日本でしょう。そして、距離があり過ぎて、形式的冊封にしかならない、東南アジア諸国があるというのが、東アジアの国際情勢ではないでしょうか。
 
  東南アジアには、特に、ヒンドゥー教やイスラム教も入っていて、かなりに複雑な状況だったはずです。中華帝国の方は、南はヴェトナム北部を支配し、冊封し、北は、一部の遊牧民部族を冊封し、西の西域は、イニシャティヴを失ったままでしうし、チベットは、中華帝国とは独立していたということでしょう。日本は、明の冊封を足利義満だったかが形式的に受け入れたものの、あくまで貿易利益のためで、独立国としてあったとも言えるでしょう。秀吉の朝鮮半島出兵で、高麗は、明に支援を求め、明はこれを援助したものの、結果的に国力が落ち、ヌルハチに国を奪われたという情勢でしょう。
 
  もっと高度で詳細な話というのは、書籍からでも学ぶしかないのではないでしょうか。各国別、地域別の歴史書から、総合図をまとめる作業がいるのではないかと思いますが、「世界の歴史」というようなシリーズで、大体、或る時代の東アジア情勢として出てくるのではないでしょうか。
 
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本は東アジアの盟主になったか。

日本は戦前から東アジアの盟主たるべく数々の努力をしてきたと思います。
武力で欧米の植民地支配から解き放ち(←建前上は)、近年ではODAなどで東アジア諸国に多額の援助を行なうなどしています。
ところで、
東アジア諸国から見て日本はどう思われているのでしょうか。
歴史問題などはありますが、東アジアのリーダー、と思われているのでしょうか。
それとも、東アジアのリーダーは中国、と思っているのでしょうか。

Aベストアンサー

うーん、難しいですね。
完璧に私見だけでいいますと、アジア地区のリーダは不在です。
その発言、動向が無視できない位置におり、経済的にも支配されているという点ではリーダに近いかもしれません。
しかし、アジアを牽引し、他のエリア(EC、アメリカなど)と対等に渡り合えるかというと、全然です。
アジア各国はそれぞれ影響をうける宗主国が違うため、
まだ統一された指針がないですし。
毎年の莫大な援助も「戦争で迷惑をかけたから当然だ」という感じです。

中国はアジアというより、世界のリーダたらんとしています。
もう中国へのODAなど止めても問題ないとおもうんですけどね。
これで金が入る寄生虫人種がいる限り、とまることは無いでしょう。

Qフリードリヒ大王(プロイセン王フリードリヒ2世)について書かれた本をどなたかご存じありませんか?

wiki でフリードリヒ2世を読んで以来、憧れているのですが、その思想信条、略歴について書かれた本をご存じないですか?わたしが色々探したのですが見つかりません、、、、

Aベストアンサー

安くて、簡単に手に入るのは、
中公新書、飯塚信雄著、「フリードリヒ大王 啓蒙君主のペンと剣」(720円)だね。
あと、清水新書、村岡哲著、「フリードリヒ大王」(650円ぐらい)も手に入るかな。
ちなみに村岡氏はこの分野の権威だった人だ。
戦前のものだが、村岡氏の「フリードリヒ大王研究」も手に入る。

戦前には、ランケやマコーレイ、ディルタイの翻訳本があったが、
戦前の訳文は酷いものなんで、古本屋にあっても勧められない。
むしろ英訳本(ランケなどの原書はドイツ語)を買って読んだほうがまだマシ。

洋書は腐るほどあるが、思想や略歴程度なら、中公のやつでいいでしょう。
飯塚氏の本は、生い立ちや思想面などがメインです。
大王の同性愛傾向などについてはあまり詳しく書いてないが・・。
また戦争についての話は邦書にはろくなものが無いので期待しないほうが言い。
そっちを知りたかったら洋書をかうことだ。
ちなみに石原莞爾がらみの出版物も、漢文調のまま再販されている(ことが多い)ので読むに耐えません。

Q東アジア市場の魅力とは?

欧米諸国などの先進国の企業が東アジア市場に進出する理由とは何ですか?

欧米諸国企業が同欧米諸国市場に進出することと、どう違いがあるのでしょうか?

例えば米ウォールマートやフランスのカルフールなどが進出する理由とは何でしょうか?

Aベストアンサー

(1)市場の新規開拓とパイの絶対的増加(顧客の増加)
(2)市場の占有とヘゲモニー(欧米文化の影響力の増大)

(1)は分かりやすそうですが、(2)が肝心。

先進国、特に欧米諸国の文化や生活習慣への憧れと不信感みたいなものがアジアの未開拓の市場などでは存在していますので、小売業など人々に身近で生活に密着したものから広めていくことで、アジア市場でのシェアを勝ち取ると共に、欧米諸国の文化や生活習慣への抵抗感を取り払い、積極的なニーズを呼び込みたいと考えられます。

同欧米諸国市場では上記の可能性は考えられません。

Q日本の歴史の言語を調べる本が欲しい

日本の歴史の言語を調べる本が欲しい


例えば、ヤマトタケルノミコトや高床式倉庫とかを調べられる本が欲しいです。
小学生から高校生向けでありますか?
私とめいが、歴史検定を受けるのですが、家の百科事典の解説は難しいので、勉強に困っています。

Aベストアンサー

http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8F%B2B%E7%94%A8%E8%AA%9E%E9%9B%86-%E6%94%B9%E8%A8%82%E7%89%88-%E5%85%A8%E5%9B%BD%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E6%95%99%E8%82%B2%E7%A0%94%E7%A9%B6%E5%8D%94%E8%AD%B0%E4%BC%9A/dp/4634013029/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1266070560&sr=8-1

こちらをお薦めします。
日本史B用語集 改訂版

Q東アジア経済について

東アジア経済について
経済学を独学で勉強しています。東アジア経済について質問があります。
(1)東アジア経済統合とは?
(2)東アジア経済成長を支える貿易構造とは?
ちょっと漠然とした質問ですがよろしくお願いします。また、参考になる
サイト等ありましたら教えてください。

Aベストアンサー

簡単には要約できないのではと思います。

東アジアでも、韓国、台湾、中国、香港の経済は違います。
日本の技術・資本集約産業と、中国の労働集約産業、転換期にある韓国・台湾という分業構造があり、
中間財が中国に輸出されて組み立てられ、世界に輸出されるということ位は言えるでしょう。
しかし、それぞれの産業で、貿易・分業の構造が生まれていますが、
細かい部分では意見が一致しているわけではありません。

平川均・石川幸一「新・東アジア経済論」ミネルヴァ書房
伊藤元重他「日中関係の経済分析―空洞化論・中国脅威論の誤解」(東洋経済新報社)
等々、図書館に行って書籍を読みましょう。
ただ、中国に関しては短期間の変化が激しいので、
新しいものを見たほうがいいのかもしれない。

日中韓FTA、東アジア共同体などは、ここで聞かなくてもそれらのキーワードを検索した方がまともなものが見つかるかと思います。

Webサイトは、(偏っているとは思いますが)こんなのはどうでしょうか。
・通商白書2007(通商白書は東アジアの記述量が多い)
http://www.meti.go.jp/report/tsuhaku2007/index.html
・REITIディスカッションペーパー
http://www.rieti.go.jp/jp/publications/act_dp.html
・赤門マネジメントレビュー
http://www.gbrc.jp/journal/amr/index.html
・富士通総研研究レポート
http://jp.fujitsu.com/group/fri/report/research/
・Ernst Dieter氏(英語)論文
http://ideas.repec.org/e/per44.html
・丸川知雄氏コラム・論文
http://www.iss.u-tokyo.ac.jp/~marukawa/
・渡辺利夫氏コラム
http://www.takushoku-u.ac.jp/students/president/article/list.html

簡単には要約できないのではと思います。

東アジアでも、韓国、台湾、中国、香港の経済は違います。
日本の技術・資本集約産業と、中国の労働集約産業、転換期にある韓国・台湾という分業構造があり、
中間財が中国に輸出されて組み立てられ、世界に輸出されるということ位は言えるでしょう。
しかし、それぞれの産業で、貿易・分業の構造が生まれていますが、
細かい部分では意見が一致しているわけではありません。

平川均・石川幸一「新・東アジア経済論」ミネルヴァ書房
伊藤元重他「日中関係の経...続きを読む

Q中学生の調べ学習(早めの回答をお願いします)

大変困っています!
明日の社会で調べ学習のまとめとして「黒船」について3分発表をします。
 しかし普通の発表と少し違って、
「必ず当時の人々へのインタビュー」を入れなければなりません。
自分で直前まで粘りましたが、全く台詞等が思いつきません。
お願いです助けてください。

Aベストアンサー

「難破船でしょうか?」
「確かに帆は無いけどなぁ。折れた風にも見えないし」
「煙が出ていますが火事じゃないんでしょうか?」
「確かに煙が出ているけど、火事の煙はあんな煙じゃない。第一船乗りはニコニコと落ち着いているじゃないか」
「でもデカイですねぇ」
「ああ、あんなにデカクチャ船足はかなり遅い。まあ、それにしてもあの大きさを作って壊れないってのは、たいした船大工だ」
ポイント1:蒸気船という風を動力としない船を始めてみたということ(蒸気機関の発明が歴史で出てくる産業革命、当時の日本には蒸気機関は無かった)
ポイント2:船の大きさ、江戸幕府は大型船の建造を禁止していた
ポイント3:難破船の疑い。当時は時々難破船があって、海岸の人は救助に当たっていた。清水の次郎長が幕府軍の難破船の水死体を薩摩の目も気にせず(一応反乱軍方なので)葬った話など有名

Qアジア(東アジア、東南アジア)のハブ空港というと東アジアだと仁川、香港

アジア(東アジア、東南アジア)のハブ空港というと東アジアだと仁川、香港、上海で、東南アジアだとシンガポールかバンコクでしょうか?

Aベストアンサー

 実際にハブ空港として機能しているのは、東アジアでは成田のみ、
東南アジアではバンコクとシンガポールです。日本の地方都市からの
集客に限定すれば、仁川を含めることも出来ます。

 他の方も書いていますが、自国のエアラインだけがハブとして
利用するのは当たり前のことであり、他国のエアラインもハブと
して利用して初めて、真の意味でのハブ空港です。

 成田はデルタ(旧NW)とユナイテッドがハブ空港として使って
います。両社ともに成田ベースの客室乗務員が大勢いますからね。

 バンコクとシンガポールは、オセアニア方面へのカンガルールートの
中継基地として、欧州のエアラインとカンタスが利用しています。また
バンコク経由ホーチミン行きなど、東南アジア諸都市への中継地としても
使われており、まさにハブ空港と呼ぶにふさわしいですね。

 それに比べると、仁川はコリアンエアとアシアナは日本の各都市から
乗客を集めていますが、両社ともに韓国にとっては自国エアラインです。
欧米など第三国のエアラインがソウル経由○○行きのフライトを飛ばして
初めて、ハブ空港と呼べるのです。

 香港は、ユナイテッドなど一部のエアラインがホーチミン行きを
飛ばすなど、なんとなくのハブにはなっていますが、金融都市として
最終目的地になっていますので、ハブ空港というのとは異なりますね。
もちろん、キャセイにとっての一大ハブではありますが。

 実際にハブ空港として機能しているのは、東アジアでは成田のみ、
東南アジアではバンコクとシンガポールです。日本の地方都市からの
集客に限定すれば、仁川を含めることも出来ます。

 他の方も書いていますが、自国のエアラインだけがハブとして
利用するのは当たり前のことであり、他国のエアラインもハブと
して利用して初めて、真の意味でのハブ空港です。

 成田はデルタ(旧NW)とユナイテッドがハブ空港として使って
います。両社ともに成田ベースの客室乗務員が大勢いますからね。

 ...続きを読む

Q歴史上の人物や事件を扱った本を調べるサイトを教えて

歴史上の人物や事件について、参考となる本を探すサイトを紹介してください。Amazon等では書名以外、内容で検索するのが難しいので。

Aベストアンサー

http://books.google.co.jp/bkshp?hl=ja&tab=wp

Q東アジアの定義

東アジアという場合、日本、韓国、台湾、中国(香港を含む)の総称と理解していますが、東南アジアのASEAN諸国を含む定義もあります。その場合、カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナムを含むことになり、ちょっと違う気がします。このあたりに関して信頼できる(例えば公的な機関による)定義、あるいはマスコミにおける使われ方等について教えて下さい。

Aベストアンサー

外務省が発表するODAの東アジア地域の定義としては、中国、韓国、モンゴル、ASEAN(東南アジア諸国連合)10ヶ国(インドネシア、ヴィエトナム、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、マレイシア、ミャンマー、ラオス、カンボディア)の各国+日本となっています。
アジア太平洋地域の貧困削減を目指すための国際開発金融機関(ADB)の
東アジアの定義はASEAN加盟10ヶ国に中国、韓国を加えたものとしています。

各学会での東アジアの定義は場合によりけりのようで発表ごとに定義しているようですがASEANを含む場合が多く見受けられました。

以下のリンクは外務省によるODAのページです。

参考URL:http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/

Q卑弥呼を調べるにあたって、読む本は?

こんにちは、いつもお世話になっています。
自分は日本史が好きで、今までは
幕末の新選組を中心に自分で調べていたのですが、
少し、そこから離れてみて
前から興味のあった、「卑弥呼」に
視点を置いてみる事にしました。

そこで、サイトで卑弥呼の関連本を
調べてみたのですが、初めて読むなら
どれが良いでしょうか?なにか
お薦めの本があったら教えてください。

Aベストアンサー

一般向けの面白い本、入門的な本でしたら
みなさんオススメされている
○邪馬台国の秘密、高木彬光、(角川書店。角川文庫。光風社出版)
を私もオススメします。いわゆる歴史ミステリで、面白く読めます。
古い本なので、一般書店にあることはほぼ稀で、
BOOK OFF等でもなかなかみかけません。
(文庫版を1、2度みかけた程度)
図書館等でお借りになるのが良いかと思います。

原本(魏志倭人伝、魏略、後漢書東夷伝等)の原文、逐条解説、諸説整理等
お望みでしたら、
○魏志倭人伝を読む上下、佐伯有清、吉川弘文館
が良かったです。参考書的です。
他説批判に偏りがちな本が多い中、整理されて書かれていると思います。
若干専門的です。

その他自説展開本はいろいろありますが、
自説以外の批判等も多く、そのまま突入するとなかなかブルーな気持ちになる事が多いです。
自分なりに推理した後に、自分の予想に近い結論を取っている人をネット等で調べ、
親和性ありそうな人の本をフムフムと読むのが無難でしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報