妻が自転車で、急ブレーキをかけた車に追突しました。
幸い妻は怪我はなかったのですが、車のバンパーに自転車のタイヤの跡が2,3センチとコーナーセンサーあたりに追突
しました。(傷、へこみはなし)
但し、自転車は一切無傷。

その後、先方から、センサーが壊れたので修理代を請求されました。ところが、数日後、バンパー交換代も含めて修理代の請求をされてしまいました。

全額修理代を払う必要がありますか?。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 あなたの方で妥当と思われる金額を払えば、相手は不満と思えば、相手の危険において裁判をすることになります。

そのときには、裁判官は双方の過失負担を審理することになります。ひとまず、「これ以上は払えません。不満でしたら、裁判を起こしてください」といってやりましょう。火災保険その他で個人賠償特約に入っていませんか。典型的な保険金支払い事故です。年1000円前後ですので、損ではありません。他に飼い犬の事故にも支払われます。
    • good
    • 0

 支払う義務があるかどうかは、奥様に”過失”があるか否かによります。

たしかに、相手の急ブレーキにより追突したこと自体は不可抗力であり、その点では奥様は無過失と判断できますが、たとえば奥様が車道にはみ出て走行していた場合や相手の車に異常に接近していた場合等は過失ありと判断せざるを得ないでしょう。

 もっとも、このような場合でも、こちらに全責任があるわけではなく、相手の車にも過失が認められるでしょうから、修理額は分担すべきです。損害賠償請求においては、相手方に事実の立証責任があります。不当な請求だと感じるようであれば、請求は無視して構いません。納得できる範囲での請求に応じられるべきかと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q追突事故の修理代を支払ってくれない(長文です)

今年の4月に両親が出かけた際、渋滞中で停止している時に追突されました。
不注意により、前の車に追突して、さらにうちの車にもぶつかりました。
合計3台の玉突きです。
追突した3台目の人が補償するべきだと思いますが、現在の状況を言いますと、
支払いをせずに逃げています。
(2台目の方をAさん、3台目の加害者をBとします)

警察官立会いのもとで事故処理をしました。
目立った外傷も無く、その時は救急車は呼ばず、後日病院に行くということで話はつきました。
念のため病院に行ったところ、頚椎ねんざとの診断されました。
その費用はBが2、3日して現金書留で送ってくれました。
ただ、その後は連絡が取れなくなりました。

車の修理代に関してです。
請求書(30万円)を内容証明で送りましたが、何も連絡がないまま。

その後Aさんが弁護士に依頼し、「7日以内に支払わなければ訴訟を起こす」という内容証明を
送った所、3日程で振り込まれたそうです。
確か25万円くらいだと思います。

うちも同じように弁護士の先生から出してもらいましたが、
3週間以上経過しても振り込まれません。
弁護士の先生は、勤務先がはっきりしていれば、給与停止の措置が取れると言っていますが、勤務先は不明です。
警察には音楽講師で契約社員のようなものと言ってたようですが。
実際に裁判を起こすと、費用が10万くらいかかるそうです。
30万を取る為としては、手間もお金もかかります。
刑が確定しても、裁判所でお金を回収してくれるわけではないので、
結局相手からの支払いを待つのみです。
それでも訴訟に持っていった方が良いのでしょうか。


単純にお金ないからが支払いができないのだと思います。
それならば、分割でもいいから支払いの意思をみせるとか、何か連絡してくれればうちも待とうと思います。
事故後の連絡は最初の1度だけ。
こういった相手の場合に何か良い対処法はありませんでしょうか。

今年の4月に両親が出かけた際、渋滞中で停止している時に追突されました。
不注意により、前の車に追突して、さらにうちの車にもぶつかりました。
合計3台の玉突きです。
追突した3台目の人が補償するべきだと思いますが、現在の状況を言いますと、
支払いをせずに逃げています。
(2台目の方をAさん、3台目の加害者をBとします)

警察官立会いのもとで事故処理をしました。
目立った外傷も無く、その時は救急車は呼ばず、後日病院に行くということで話はつきました。
念のため病院に行ったところ...続きを読む

Aベストアンサー

 こういった場合、自分(親御さん)に車両保険が無ければ実際の回収を確実にすることは難しくなります。それに今回の場合、もうひとりの被害者であるAさんに「してやられた」という感じがします。おそらく相手は保険が無い・使えない状況であり、それを知ったAさんが先に回収を計ったと思われます。適切な表現ではないかもしれませんが「出し抜かれた」ということですね。
 質問者さんも理解されているように司法の力を借りたとしても、結局「支払能力のない人間からは取れない」ということには変わりありません。
 弁護士を通しての催促にもリアクションが無いのであれば、司法の力を借りても回収は難しいかもしれません。しかし何もしないよりは可能性があることは確かです。試みるべきとは思います。

 冒頭にも書きましたが車両保険があればそれを使うのが一番手っ取り早く確実な方法ですし、車両保険が無いということは「どんな場合であっても自車損害は自分で責任をとる」ということです。今回のように相手が支払わない場合やあて逃げ・盗難といった場合も同じですね。

Q「但し~の場合は除く」「但し~の場合はこれに含まれない」の英文は?

こんにちは。
英文契約書に、
「但しA社が○○する場合は除く」または
「但しA社が○○する場合はこれに含まれない」
という一文を付け加えたいのですが、
どのような英語表現が適切でしょうか?
いろいろ調べましたが、ピンとくる回答が見つからなくて・・・
ご存知の方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

except that...ではいかがでしょうか。

Q交通事故で後ろから追突され、大破した車を修理工場で修理見積もりしてもら

交通事故で後ろから追突され、大破した車を修理工場で修理見積もりしてもらったら90万掛かる
とのことでした。車は20年式の軽で同じ型式の車は現在100万くらいで店頭に並んでいます。
保険会社は事故車を修理して乗るなら、90万+40万を保障しますとの事ですが、買い替えでは
90万しか保障しないと言われました。
当方としましては事故車を直して乗る気はないのですが、保険会社がなぜ修理に拘るのか理解できません。
保障額では中古購入の方が安く済み、当方も納得するのですが・・・
保険会社が修理なら130万、中古なら90万しか出せない理由を教えて下さい。

Aベストアンサー

>保険会社が修理なら130万、中古なら90万しか出せない理由を教えて下さい。

それはあなたの車の現在の実際の価値(時価額)が90万円であると
保険会社は考えているからです。

先の回答にもありますが、対物全損時超過修理特約という特約が
ここ数年前に自動車保険各社で新設されました。

この特約は相手の車の修理代がその時価額を上回る場合に
実際に修理をする場合に限り、法的賠償義務では時価額(今回は90万円)までしか
弁済しなくて良いのだけど、特別に修理代を上乗せ(50万円が限度が
多いと思うが)して、本当に修理をするのなら、
修理工場に修理後に確認してから払いますという特約です。
何故このような特約が出来たかと推測しますと、
古い車(時価額が10万円や20万円の車)ですと、
すぐに修理代が時価額を上回るケースが多々あり、
加害者に保険で出ない分を出せなどとやからを言う人が
出てきて被害者を困らせました。(本来の義務は時価額までで
裁判をしてもそれ以上は認められないので
保険からは時価額までしかでませんでしたが、
無茶を言う人があまりにも多かった)
このような背景があり、ただ加害者となった契約者を守りたいがために
作られた特約です。
時価額を上回って支払わなければならない法的根拠などまったくありません。
この特約を使うも使わないも契約者(被害者ではなく加害者)の自由ですが、
保険会社が言ってきているのでしたら、何とか穏便にまとめたいと
加害者が了承しての話だと思います。
どう捉えるかは質問者さんの自由ですが、
修理しないのに130万円(上乗せは若干あるかも知れませんが)
までは出ないだろうと思います。

>保険会社が修理なら130万、中古なら90万しか出せない理由を教えて下さい。

それはあなたの車の現在の実際の価値(時価額)が90万円であると
保険会社は考えているからです。

先の回答にもありますが、対物全損時超過修理特約という特約が
ここ数年前に自動車保険各社で新設されました。

この特約は相手の車の修理代がその時価額を上回る場合に
実際に修理をする場合に限り、法的賠償義務では時価額(今回は90万円)までしか
弁済しなくて良いのだけど、特別に修理代を上乗せ(50万円が限度が
多い...続きを読む

Q証拠説明書での甲1,2,3・・・の順番の付け方

今、裁判所に出す「証拠説明書」を作っているのですが、そのやり方がわからないので質問します。

それぞれが数ページの契約書が6通あって、準備書面で、逐次、それらを他の証拠と併せて引用する場合の各契約書の番号のつけ方が分かりません。
(1)準備書面に引用する順番にすると、一連の契約書6通の番号は、「甲1,甲4,甲9・・・」のようにバラバラになります。
(2)一連の契約書6通の番号をキリのよいところから順番に、「甲11,甲12,甲13・・・甲16」のようにすることも考えましたが、どうでしょうか?(この場合、準備書面に引用する順番とは全く一致しません)
(3)一連の契約書6通の番号を、共通の「甲11」として、6通はそれぞれその枝番として「甲11の1,甲11の2,甲11の3・・・甲11の6」とすることも考えましたが、各契約書が数ページなので、枝番では複雑になるような気がします。

どのような番号のつけ方がよいでしょうか?

Aベストアンサー

一般的には訴状の文脈(陳述)に沿って順番にしていくものです。つまり、○○と述べて(甲1号証)、□□と述べて(甲2号証)・・、のような具合です。

(1)では甲1、甲4、甲9、とバラバラと言うことですが、甲2~3、甲5~8はそれぞれ陳述の順番で提示しているのであれば、それはそれで構いません。

(2)これはダメです。そもそも証拠書類が膨大になってしまい、陳述のピントはずれにもなりかねません。
(3)も6通の契約書をまとめて甲11という意味が分かりません。枝番も不要です。

結論としては、訴状における「争点を絞ること」が肝要で、従って甲号証も少なくすれば相手の反論の余地を与えない戦術をするべきで、あまり多くして相手側に反論の余地を与えてしまうと無駄な争いになってしまいます。

で、契約書のページ数に応じて甲・・・・・とするより、口頭弁論の際、必要に応じて、○○について甲1号証何ページに記述しています・・、と弁論すれば良いのです。

ところで、契約書の各ページに割印はありますか?ページの欠番などがあると、場合によっては隠ぺいと取られ兼ねませんのでご注意ください。割印が無い場合、契約書としての効力を疑われる可能性も否定できませんので、その場合はむしろ甲号証として出さない選択も必要でしょう。

勝訴のコツは、あくまでも「争点」を絞ることです。あれもこれもとなれば、裁判官の心象に少なからず影響を及ぼし、結局何を訴えたいの?となってしまいます。

さて、実際に訴状一式を提出する際は、必ず事務官が書類を点検しますので、その時に甲号証が揃っているかどうかなどを見て貰えますから、遠慮なく質問等をして確認をしてください。

一般的には訴状の文脈(陳述)に沿って順番にしていくものです。つまり、○○と述べて(甲1号証)、□□と述べて(甲2号証)・・、のような具合です。

(1)では甲1、甲4、甲9、とバラバラと言うことですが、甲2~3、甲5~8はそれぞれ陳述の順番で提示しているのであれば、それはそれで構いません。

(2)これはダメです。そもそも証拠書類が膨大になってしまい、陳述のピントはずれにもなりかねません。
(3)も6通の契約書をまとめて甲11という意味が分かりません。枝番も不要です。

結論としては、訴状...続きを読む

Q修理代の請求について

ガソリンスタンドで給油中に燃料を大量にこぼされ、自分の知り合いの業者にボディコーティングしてもらう事で示談しましたが、約束の日になっても修理代が振り込まれていません。話し合いをしても解決しない場合は、何処に行ってどの様な手続きをすれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

法的手段を取る前に、まず内容証明を送るのが良いでしょう。「いついつまでに支払がない場合、法的手段を取らざるを得なくなる」との文面の内容証明を配達証明付きで出します。
それでダメなら、支払督促の申立をしましょう。30万円以下の金銭債権なら、少額訴訟という手もあります。両方とも申立は簡易裁判所です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報