あまり知識がないので、検索の仕方もあまりわかりませんでした。簡単にでもいいので教えて下さい。
二重結合をもつ環状炭化水素と持たないものではどちらが疎水性が
強いのですか?
実は胆石に含まれるコレステロールやコレスタノール(?)などの疎水性について知りたいのですが、もし知っていたら教えて下さい。
関連する文献でもいいのでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

kumanoyuが書かれているように本当はあまり差がないかもしれません。


しかしほんの少しでも差があるとするのならば、原理的には二重結合を持たない飽和の方が疎水的ではないかと思います。親水、疎水の基準を何にするかですが、もし、溶解性パラメーター(SP値)が水の値に近いほど親水、遠いほど疎水とするのならば、二重結合を含んだ方がSP値は高くなり、親水的になると思います。Fedorsの式を利用すれば、構造式からSP値が計算できるので、一度計算されてみたら如何ですか。
また、水への濡れ性などで、親水、疎水を判断する場合、分子全体もさることながら、表面に突き出た官能基の影響が大きくなるので、環内に存在する2重結合の有無はより小さくなるかもしれません。
結論として、差は小さいかもしれないが理論的には2重結合を含んだ方が親水性、含んでいない方が疎水性だと思います。
しかし、実験で確かめるのが一番ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!とても参考になりました。
化学は少し苦手なので、参考書を片手に調べてるのですが、なかなか必要なことを見つけられないので困っていました。とりあえずの結論が得られてよかったです。もうすこし勉強しようと思います!

お礼日時:2002/01/21 13:29

コレステロールなどのステロール骨格を有する化合物で、他の官能基が全く同一として、二重結合があるものと無いものの疎水性ですね?



まあ多少の差はあるかもしれませんが、実質的にはほとんど同じと考えて良いのではないでしょうか? その多少の差が知りたいのでしょうか?

二重結合の有る無しでの疎水性の差はあってもごく小さいので、他の官能基の影響の方が大きいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。もう少し勉強する必要があるみたいですね。
とても参考になりました。他の官能基のことも調べてみようと思います。

お礼日時:2002/01/21 13:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q炭化水素について、飽和でも不飽和でもない結合の名前

炭化水素について、炭素間に一重結合があれば「飽和炭化水素」
二重結合、三重結合があれば「不飽和炭化水素」と呼ぶと知りました。
それでは、炭素同士で結合していない炭化水素は、何と呼ぶのでしょうか。

また、頭の2行は私の理解で書いています。
指摘などあれば教えてください。

Aベストアンサー

定義は複雑ではありません。国語的な意味通りです。

炭素の価標(共有結合)の全てに水素がついているのが「飽和」です。
電車が満席になった状態だと思ってください。

二重結合や三重結合があって、飽和よりも水素の数が少なくなっているのが
「不飽和」です。
座席に余裕がある電車だと思ってください。

炭化水素と臭素を混ぜたとき、臭素をら老人だとすると、
不飽和は座席に余裕があるので老人はすぐに座れます。
これが置換反応です。
飽和は座席がいっぱいなので、誰かが立たないといけません。
しかし、アナウンスをしたり張り紙をしたりして、やっと立つ人が出て
老人が座れるようになります。これが置換反応です。
置換反応は触媒を使ったり、加熱をしたりしないと起こりにくいのです。

Q炭化水素の疎水性、極性

一般的に炭化水素(基)は炭素数の増加に伴い水により溶けなくなっていきますが、これは炭素数の増加に伴い分子全体の極性が低下していると考えていいのでしょうか?また、炭化水素(基)の炭素数増加に伴い極性が低下していくのは何故でしょうか?

Aベストアンサー

メタン(分子量:16.0425) 溶解度3.5mg/100mL(17℃) 0.22mmol/100mL
ブタン(分子量:58.12) 溶解度6.1mg/100mL(20℃) 0.10mmol/100mL
ヘキサン(分子量:86.18) 溶解度0.014% (20℃)「0.014g/100mL=14mg/100mL 0.16mmol/100mL」
「分子量を考慮した溶解度」は低下しているとは言えませんね。さらに単純に溶解する質量だけ比較するとヘキサン>ブタン>メタンという順になります。(もっと分子量の大きい炭化水素のデータはすぐには出てきませんでした、「不溶」としか書いてない、怒!)
>炭化水素(基)の炭素数増加に伴い極性が低下していく…
メタンが一番極性は低いですよ。極性ゼロです。
溶解度は、水の液体格子の中での安定度ですから、液体格子の隙間に入り込める低分子量の炭化水素はその効果で溶けているのでしょう。
また、室温で気体の分子と液体の分子では、液体の方が炭化水素分子互いの親和性が上がるため水から炭化水素液相へ移動しやすくなると考えられます。

メタン(分子量:16.0425) 溶解度3.5mg/100mL(17℃) 0.22mmol/100mL
ブタン(分子量:58.12) 溶解度6.1mg/100mL(20℃) 0.10mmol/100mL
ヘキサン(分子量:86.18) 溶解度0.014% (20℃)「0.014g/100mL=14mg/100mL 0.16mmol/100mL」
「分子量を考慮した溶解度」は低下しているとは言えませんね。さらに単純に溶解する質量だけ比較するとヘキサン>ブタン>メタンという順になります。(もっと分子量の大きい炭化水素のデータはすぐには出てきませんでした、「不溶」としか書いてない、怒!)
>炭化水素(基)の炭素数増...続きを読む

QBDFは炭化水素油?

植物油からできるBDFは、100%で使用すれば軽油引取税が課税されません。その理由は、BDFが炭化水素油だからだと聞きました。
炭化水素油って、CとHでできた化合物ということですよね?植物油だって炭化水素なのではないですか?
BDFも炭化水素油の一種ですよね?
化学にあまり詳しくないのでよく分からないのですが、教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは

この軽油引取税が課税されないのは、軽油引取税の課税に関する法律である地方税法上の問題です。

地方税法の700条の4に、
「軽油引取税は、前3項に規定する場合のほか、特約業者又は元売業者以外の石油製品の販売業者(以下本節において「石油製品販売業者」という。)が、軽油に軽油以外の炭化水素油を混和し若しくは軽油以外の炭化水素油と軽油以外の炭化水素油を混和して製造された軽油を販売した場合又は燃料炭化水素油を自動車の内燃機関の燃料として販売した場合においては、その販売量(第700条の22の2第1項第2号若しくは第2号の規定により製造の承諾を受けた当該販売に係る軽油又は同項第3号の規定により譲渡の承諾を受けた当該販売に係る燃料炭化水素油に既に軽油引取税又は揮発油税が課され、又は課されるべき軽油又は揮発油が含まれているときは、当該含まれている軽油又は揮発油に相当する部分の炭化水素油の数量を控除した数量とする。)を課税標準として、当該石油製品販売業者の事業所所在の道府県において、当該石油製品販売業者に課する。」
という記載があります。

何かこむずかしい条文ですが、要するに、軽油に何か軽油以外の炭化水素油を混ぜたら、軽油引取税を払いなさいという条文です。
この条文に従って、BDF99%、軽油1%であっても、軽油に混ぜた事になるので、軽油引き取り税が発生します。

また法律上の軽油の定義は、700条の2項で定められており、
「1.軽油 温度15度において0.8017をこえ、0.8762に達するまでの比重を有する炭化水素油をいい、政令で定める規格の炭化水素油を含まないものとする」
となっています。
BDFの比重は、凡そ0.9の為、この軽油の定義には当てはまりません。

従いまして、BDF100%なら、
(1)BDFは軽油ではない
(2)軽油に混合してはいない
為に軽油引取税は不要である事になります。

こんにちは

この軽油引取税が課税されないのは、軽油引取税の課税に関する法律である地方税法上の問題です。

地方税法の700条の4に、
「軽油引取税は、前3項に規定する場合のほか、特約業者又は元売業者以外の石油製品の販売業者(以下本節において「石油製品販売業者」という。)が、軽油に軽油以外の炭化水素油を混和し若しくは軽油以外の炭化水素油と軽油以外の炭化水素油を混和して製造された軽油を販売した場合又は燃料炭化水素油を自動車の内燃機関の燃料として販売した場合においては、その販...続きを読む

Q環状炭化水素の酸性度

 とある資格試験の問題で、
「1,3シクロペンタジエンと1,3,5シクロヘプタトリエンと、どちらが酸性が強いか。理由とともに示せ。」という問題があるのですが、わかる方教えてください。尚、ヒントには芳香族性を考慮する。と書いてありましたが、解答はありません。よろしく御願いいたします。

Aベストアンサー

rei00 です。

> これにより、1,3シクロペンタジエンからできるアニオン
> (シクロペンタジエニル・アニオン)は6πになるので
> 芳香族性を示すが、1,3,5シクロヘプタトリエンから
> できるアニオン(シクロヘプタトリエニル・アニオン)は、
> 8πになるので芳香族性を示さない。従って、シクロペンタ
> ジエニル・アニオンの方が安定になるので、こちらのほうが
> 酸性が強いと言うことですね。

 そう言う事です。で,同じ理由から「1,3,5シクロヘプタトリエン」はカチオンになり易いです。先の参考 URL に書かれていますので,解りますよね。

Q炭化水素

炭化水素って、水素と炭素の化合物のことですよね?
そこに酸素原子が加わったら炭化水素化合物ではなくなるのですか?

Aベストアンサー

Wikipediaによると「炭化水素」とは
「炭素原子と水素原子だけでできた化合物の総称」
とあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%AD%E5%8C%96%E6%B0%B4%E7%B4%A0
ですから、dokanがおっしゃるとおり酸素が加わると炭化水素ではなくなります。

蛇足になるかもしれませんが、三大栄養素のひとつ「炭水化物」は
炭素(C)+水(H2O)という概念なので
炭素と水素と水からなる単糖を構成成分とする有機化合物の総称です。

Q炭化水素化合物について教えてください。(100円ガスライター)

100円ガスライターの炭化水素化合物名を特定するって事やってるんですけど、
辞書がないのでわかりません。分子量67前後だと思うのですがどなたか知っているかたいたらお教えください。

Aベストアンサー

hiro1456さんがどのような手法で求めたかは不明ですが。
>分子量67前後だと思うのですが・・・
この値を「実験値」と呼び、当然この値には誤差を含みます。
次にこの物質が「飽和炭化水素」であることが分っている場合。
分子式は「H(CH2)nH」で表されるから、nの値は推定できます。ここまでは実験結果です。「不飽和炭化水素」の可能性が考えられる場合は、分子量は2刻み(H2の分子量)で変化できますので、特定は困難です。

・最初から物質が分っている場合
分子量は理論的に計算できますね。これを「理論値」と呼び、なぜこの誤差が生じたか考察しなければなりません。
・TrickOrTreatさんの回答の様に過去のお偉いさん方の実験(あるいは製造段階での設定)から、ある程度の値が分っている場合
これを「文献値」と呼び、ある程度信頼できる値です。但し、出典を明らかにしないといけませんし、「教えて!goo」よりでは不充分です。
この場合でも、誤差の考察の目安となります。
(例)製造段階で摘めるガスを間違えた(そんな馬鹿な!)

等々、実験が終わってからが勝負です。レポート頑張って下さい。
一応回答しておきますが、「分子量67前後」だとn=4~5程度である(あるいはこれらの混合物。)と思われます。
物質名は教科書等で確認してください。

ps
>普通はプロパンとブタンの化合物ってことで良いんですかね?
「混合物」であり、「化合物」では有りません。(定義は教科書で確認して下さいね。)

hiro1456さんがどのような手法で求めたかは不明ですが。
>分子量67前後だと思うのですが・・・
この値を「実験値」と呼び、当然この値には誤差を含みます。
次にこの物質が「飽和炭化水素」であることが分っている場合。
分子式は「H(CH2)nH」で表されるから、nの値は推定できます。ここまでは実験結果です。「不飽和炭化水素」の可能性が考えられる場合は、分子量は2刻み(H2の分子量)で変化できますので、特定は困難です。

・最初から物質が分っている場合
分子量は理論的に計算できますね...続きを読む

Q炭化水素燃料と化石燃料の違い

炭化水素燃料と、化石燃料について、それぞれ、具体的にどういうものか、簡単に教えてください。
(例) 化石燃料=石油や石炭 / 炭化水素燃料=○○や△△
のように、簡単にして教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

炭化水素燃料ってのはメタンなど炭素と水素からなる物質からなる燃料のこと。
炭化水素と言えばメタンのほかアセチレン、エチレン、ナフタレンなどありますが、メタンやアセチレンはともかく、エチレン、ナフタレンレン、トルエンといった炭化水素は燃料として使う事はあまりないですね。

ややこしいのは「燃料炭化水素油」って法律上の区分があって、これは「炭化水素とその他の物との混合物又は単一の炭化水素」とされているんですよね。ここからだかどうだかは知りませんが、ウヤムヤのうちに「炭化水素燃料」に「炭素と水素を骨格とした燃料」ってカテゴリーを含むようになって、メタノールなどのアルコール類、メチルエステルなどのエステル類も炭化水素燃料ってくくりに混ぜられているんです。
つまり、炭化水素燃料=炭化水素とは限らないってこと。
上にあげたメタノールなどは炭素と水素以外に酸素を含んでますから、ほんとは「炭化水素」じゃないんですよね。

化石燃料ってのは石油、石炭、天然ガスといった天然資源で、大昔の生物のなれの果て(=化石)であることからそう呼ばれているもの(もっとも、生物由来ではないと言ってる人もいますが)。
化石燃料はのうち原油と石炭は窒素や硫黄など不純物を骨格に含んでいて、そのままでは炭化水素燃料とは言い難いですが、分留など処理すれば「炭化水素燃料」が取り出せます。

炭化水素燃料ってのはメタンなど炭素と水素からなる物質からなる燃料のこと。
炭化水素と言えばメタンのほかアセチレン、エチレン、ナフタレンなどありますが、メタンやアセチレンはともかく、エチレン、ナフタレンレン、トルエンといった炭化水素は燃料として使う事はあまりないですね。

ややこしいのは「燃料炭化水素油」って法律上の区分があって、これは「炭化水素とその他の物との混合物又は単一の炭化水素」とされているんですよね。ここからだかどうだかは知りませんが、ウヤムヤのうちに「炭化水素燃料」...続きを読む

Q炭化水素について教えてください

炭化水素 HC250 とは、何ですか? 教えてください。

Aベストアンサー

あるメーカーで出している、フロン・エタンを用いず炭化水素をベースとした非水系洗浄剤にHCシリーズというのがあって、「HC-250」というものはありますけど、そういうことではなくて?

参考URL:http://www.tosoh.co.jp/seihin/fine.htm

Qた炭化水素の元素分析についての質問です

ある炭化水素を元素分析したところ,H2O 0.18gとCO20.88gが生成した
(1)この炭化水素の組成式を求めよ
(2)この炭化水素の分子量は78であった。この炭化水素の分子式を求めよ

なるべく詳しくお願いします。

Aベストアンサー

1.水と二酸化炭素の質量をそれらの分子量で除して下さい、すると物質量(モル数)が出ます。
水のモル数を二倍すると水素原子のモル数です。
2.炭素のモル数で水素のモル数を除し、両者に自然数(1でもいい)を乗じて整数比に一番近くなるのが「仮の」組成式です。
3.仮の組成式に自然数を乗じ分子量が78になる組み合わせを探します。

多分答えはベンゼンだと思いますけど。(笑)

Q多環芳香族炭化水素の蛍光スペクトル

 ピレンやペリレン、アントラセンといった多環芳香族炭化水素の蛍光スペクトルを測定するとピークが4つ程観察されますが、これらのピークはそれぞれ何に依存しているのでしょうか。
 いくつかのピークが観察されるということは、蛍光の原理から考えると一重項のエネルギーレベルがいくつか存在すると推測できるのですが、それがどの構造に依存しているのか解明されているのでしょうか。
 最近は特にペリレンに注目して研究しているので、特にペリレンについての解釈があれば是非教えていただきたいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ピークが複数現れるのは、振動の準位が関与しているためです。
光吸収の場合は励起状態の振動準位が、蛍光の場合は基底状態の振動準位が関与するとこのように複数のピークが現れます。(吸収の場合には振動だけではなく高次の励起状態なども関与しますが。)

通常、ほとんどの分子は基底状態の中でも最もエネルギーの低い振動準位(n=0)に分布していますから、光吸収の時にはこの状態が光を吸収します。
ただ、この時に励起された電子は、必ずしも励起状態の最もエネルギーの低い振動準位(n=0)に遷移するとは限らず、n=1,2,3,…といった状態にも遷移する場合があります。このとき、複数のピークが現れます。

蛍光の場合はその逆で、蛍光は最低励起一重項状態の最も低い振動準位から基底状態への電子遷移に相当します(Kasha則:例外はありますが)。ただし、この遷移先の基底状態にも振動の準位がありますので、n=0,1,2,3,…といった複数の振動状態への遷移する可能性があります。

多分こういった事情で複数のピークが見えてるのではないかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報