突然、以下のようなものが画面上に出ました。

検出アラート
(McAfee Managed VirusScan plus AntiSpyware)
実行されたアクションはありません。
脅威:Nnlii.dll
アクション:実行されたアクションはありません。
アイテム:Adware-virtumundo
パス:C:/Windows/System32
プログラムが停止されました。
検出を管理しますか?     →はい  →いいえ


はい・いいえ のどちらを押しても、また同じものが出るだけだったのですが、何度かやっていたら、次のようなものが出てきました。

潜在的に不要なプログラムの検出
ファイル名     検出場所           脅威名          ステータス
□nnlii.dll   C:\WINDOWS\system32   Adware-Virtumundo  アクセス拒否
(同様の内容が延々と続いています)
      ・
      ・
      ・

        →除外  →駆除   →OK


これは何を表しているのでしょうか?
また、どうすればよいのでしょうか?

他に、パソコンの動きが鈍くなっていて、パソコンが動いている音がずっとしています。
Windows XP です。
初心者で何もわからないのですが、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

・Adware-Virtumundo.drはウイルスやトロイの木馬ではありません。



マカフィーがAdware-virtumundoのnnlii.dllを検出。
これをどうしますか?という事ですね。

http://www.mcafee.com/japan/security/virA.asp?v= …
マカフィーでは、特に問題無いみたいですけどここを参考にして、残す場合は、nnlii.dllにチェックを入れて除外、要らない場合は、nnlii.dllにチェックを入れて駆除。

Adware
「Adwareは基本的にある企業が作成したアプリケーションです。」
問題無いものから悪質なものまであります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
McAfeeのHPを見ればよかったのですね。気づきませんでした…。
ご指摘のように対処してみたところ、パソコンの不具合も解消いたしました。
とても助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/09 09:06

ウイルスかもしれませんね.


ウイルス駆除ソフトは,入れていますか?
入れていなければ,「トレンドマイクロ社のウイルスバスター」を入れてください.
対処方法は.
1,トレンドマイクロ社HPで,「ウイルスオンラインスキャン」を実行してください.

2,もしウイルスが検出された場合,「ウイルスバスター30日無料版をインストールし,ウイルスを駆除してください.

ウイルスバスターオンラインスキャン
http://www.trendmicro.co.jp/hcall/index.asp

ウイルスバスター体験版
http://www.trendmicro.co.jp/consumer/infection/e …

この回答への補足

ウイルス対策には、McAfeeのものが入っているようです。

補足日時:2006/03/09 08:52
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
オンラインスキャンを実行してみましたが、ウイルスは検出されませんでした。安心しました。
ウイルス駆除にもいろいろあるのですね。勉強になりました。
ご丁寧に教えていただき、ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/09 08:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【ActionScript】 .asファイルの表示をアクションフレームで表示できますか?

FLASH8(Win-XP)使用者です。
外部の .as スクリプトを参照する場合、なぜか通常の場所ではなく、描画をおこなう場所に表示されてしまいます。
通常ActionScriptを表示するアクションフレーム(?)
→ウインドウ>アクション で出てくるウインドウ
に表示されないもんですかね?
CS3なら可能とかいうご回答でも結構です。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「アクション」パネルのタイトルバーの右端に、”:≡”というようなマークがあります。
他のパネルでもそうですが、このマークをクリックすると該当するパネルに関するメニューが開きます。
「アクション」パネルのメニューには「スクリプトの読み込み...」という項目があり、外部 as ファイルの内容をパネル内に読み込むことができます。


「アクション」パネルに読み込まれる以上は、読み込んだスクリプトは当然ながら、現在スクリプトを書くところとして選択しているところに挿入されます。
例えばフレームを選択している状態で「アクション」パネルを開いている時は、そのフレームに読み込んだスクリプトが記述されることになります。

クラスを定義した as ファイルを読み込んだ場合、フレームなどにスクリプトが挿入されるとエラーになりますので、ご注意ください。
( ActionScript 2.0 のクラスは外部 as ファイルでしか定義できないためです)

-------------------------------------------------------------

「ファイル」→「開く」で as ファイルを開くと、編集中のドキュメントとは全く無関係の、別のファイルとして開かれます。
これは要するに違うファイルを2つ開いている状態で、他のアプリケーションで言えば編集するドキュメントのウィンドウが2つあるようなものです。
Flash 8 ではウィンドウ形式ではなくタブ形式で表示されるので、複数のファイルを開いている際に編集する対象を切り替えやすくなっています。

外部 as ファイルを参考にしながら作品を作りたい場合や、クラスを定義した as ファイルとムービーを並行して編集したい場合などは、編集中のドキュメントに外部 as ファイルのスクリプトが勝手に混ざってしまっては困ります。
こんなことにならないように、外部 as ファイルを同時に開いても別々に編集できる設計になっているのだと思います。


「新規作成」で新規の as ファイルを作成した時、および「ファイル」→「開く」で as ファイルを開いた時は、Flash は一種のコードエディタになります。
タイムラインやステージが不要になりますから、普段はこれらが表示される場所に専用のパネルが開き、広い範囲のスクリプトが見渡しやすい、画面を広く使えるレイアウトに切り替わります。

スクリプトの編集機能自体は、ターゲットパスを自動挿入する機能がないこと以外は「アクション」パネルと同じです。

「アクション」パネルのタイトルバーの右端に、”:≡”というようなマークがあります。
他のパネルでもそうですが、このマークをクリックすると該当するパネルに関するメニューが開きます。
「アクション」パネルのメニューには「スクリプトの読み込み...」という項目があり、外部 as ファイルの内容をパネル内に読み込むことができます。


「アクション」パネルに読み込まれる以上は、読み込んだスクリプトは当然ながら、現在スクリプトを書くところとして選択しているところに挿入されます。
例えばフレーム...続きを読む

Q「ウイルスバスター2009」をご使用の方で、最近、通常に起動していたファイルに対してアラートが出るようになった方いますか?

パソコン起動時に、ウイルスバスター2009からアラートが出るようになりました。
どちらも、「疑わしいプログラムが拒否されました」というもので、内容を読むと、どうやら「チューチューマウス32」 (有名なポインタ移動支援ソフト)と「Keylay21」 (キーボードのレイアウト変更ソフト) のようです。
スタートアップで起動するようになっていますが、蹴られます。

その時点での最新のアップデート日が2月9日で、アラートが出るようになったのが10日ですので、定義ファイルのアップデートによって何かが変わったのかな、と思います。

ただ、世の中には、他のファイルになりすますようなウイルスソフトやスパイウエアもあるようなので、表示されているファイル名が、それぞれのソフトのものだとしても、単純に信じて良いものかどうか不安があります。

「チューチューマウス32」または「Keylay21」をお使いの方で、同様の症状が出ている方はいらっしゃいませんか。
なにか情報があれば、教えていただきたいと思います。

※なお、トレンドマイクロには、並行して報告メールを出しておきます。

パソコン起動時に、ウイルスバスター2009からアラートが出るようになりました。
どちらも、「疑わしいプログラムが拒否されました」というもので、内容を読むと、どうやら「チューチューマウス32」 (有名なポインタ移動支援ソフト)と「Keylay21」 (キーボードのレイアウト変更ソフト) のようです。
スタートアップで起動するようになっていますが、蹴られます。

その時点での最新のアップデート日が2月9日で、アラートが出るようになったのが10日ですので、定義ファイルのアップデートによって何かが変わっ...続きを読む

Aベストアンサー

「チューチューマウス32」は Windows 3.1 時代の 15 年以上前から
多くのユーザーに使われ続けている…知る人ぞ知る人気のあるツール
ですよね。

 オイラの場合はセキュリティソフトに McAfee 製品を導入している
WinXP マシンで使っていますが、特に不具合はないようです。

 ウィルスバスター 2009 は Vistaマシンに入れているので、試しに
今日、問題のチューチューマウス Ver.4.9.2をインストールしてみた
ところ、何の警告も出ませんでした。 スタートアップに登録されて
いることを確認し再起動しても、特に問題はなさそうです。
 もちろん、ウィルスバスターのパターンファイルは最新です。

 ただ、この手のユーティリティツールはシステムの挙動を改変する
ツールであることは間違いないので、ウィルスバスターの「ウィルス
/スパイウェア対策」にある「不正変更の監視」という機能が設定の
変更を検知することは当然あり得ることでしょう。

 因みに、チューチューマウス32をいったんアンインストールして、
新たに再インストールしたらどうなるでしょう?
 オイラの環境では特に問題ないようなので、インストールの後先が
あるのかも知れません。


>表示されているファイル名が、それぞれのソフトのものだとしても、単純に信じて良いものかどうか不安があります。

 ベクターや窓の杜などからダウンロードしたものなら、とりあえず
大丈夫のような気がします。

 「Keylay21」については分かりません。


 なお、プログラムが安全だと判明すれば「不正変更の監視」で…、
\Tyu32(とは限らないかも)\Program\TYU32.EXE を「例外設定」に
登録することでアラートは切り抜けられそうですね。

 同じ症状が出ているわけではないので直接の回答にはなっていない
かも知れませんが、何かの参考になれば幸いです。

「チューチューマウス32」は Windows 3.1 時代の 15 年以上前から
多くのユーザーに使われ続けている…知る人ぞ知る人気のあるツール
ですよね。

 オイラの場合はセキュリティソフトに McAfee 製品を導入している
WinXP マシンで使っていますが、特に不具合はないようです。

 ウィルスバスター 2009 は Vistaマシンに入れているので、試しに
今日、問題のチューチューマウス Ver.4.9.2をインストールしてみた
ところ、何の警告も出ませんでした。 スタートアップに登録されて
いることを確認し再起...続きを読む

QFlash ActionScript(アクションスクリプト)の挙動

Flash ActionScript(アクションスクリプト)の挙動が
思うようにならず困っています。

●使用ツール
 Macromedia Flash MX

●やりたいこと
 ムービークリップ【mc_4_0】【mc_4_1】【mc_4_2】が配置されている。
 各ムービークリップにマウスが乗っているかを毎フレーム判定し、
 乗っていればx/yscaleを1.5倍に、乗っていなければ1倍に戻す。

●現在の処理
 ○メインタイムラインの処理
----------------------------
//最初のシーンを設定
_global.scene = SceneMcSelect

//毎フレーム、シーン関数を呼ぶ
onEnterFrame = function() {
//現在シーンを呼ぶ
eval( _global.scene )();
}
----------------------------

 ○SceneMcSelect関数の定義
----------------------------
function SceneMcSelect(){

for( count = 0 ; count < 3 ; count++ ){

//マウスが乗ったか?
eval("mc_4_" + count).onRollOver = function(){
trace(count);
eval("mc_4_" + count)._xscale = 150;
eval("mc_4_" + count)._yscale = 150;
}
//マウスが離れたか?
eval("mc_4_" + count).onRollOut = function(){
trace(count);
eval("mc_4_" + count)._xscale = 100;
eval("mc_4_" + count)._yscale = 100;
}
}
}
----------------------------

●現在の挙動
 onRollOverやonRollOutの判定は正しく行われているようですが、
 x/yscaleの変更処理が行われません。
 traceでcountの値を確認すると、なぜか【3】になっています。


難しい処理をしているわけではないと思うのですが、
思うとおりの挙動にならず困っています。
何か間違いや見落とし等ございましたら、ご指摘お願いいたします。

Flash ActionScript(アクションスクリプト)の挙動が
思うようにならず困っています。

●使用ツール
 Macromedia Flash MX

●やりたいこと
 ムービークリップ【mc_4_0】【mc_4_1】【mc_4_2】が配置されている。
 各ムービークリップにマウスが乗っているかを毎フレーム判定し、
 乗っていればx/yscaleを1.5倍に、乗っていなければ1倍に戻す。

●現在の処理
 ○メインタイムラインの処理
----------------------------
//最初のシーンを設定
_global.scene = SceneMcSelect

//毎フレーム、...続きを読む

Aベストアンサー

大きな問題点が3点ありますが,
そのうちの2点はとりあえず無視します。


trace(count); の出力結果が 3 になるのは
単純に次のようなスクリプトを書けば理解できると思います。

------------------------------
for (count=0; count<3; count++) {
trace(count);
}
trace(count);
trace(count);
trace(count);
------------------------------

もし for文を動作的に理解するのが難しければ,
while文 にすればわかりやすいかもしれません。
上記 for文 使用のスクリプトと全く同値なものです↓。

------------------------------
count = 0;
while (count<3) {
trace(count);
count++;
}
trace(count);
trace(count);
trace(count);
------------------------------

for文にしても,while文 にしても,
結局 count の値は 3 になってループを抜けます。
したがって次のような出力結果になります↓。

-------
0
1
2
3
3
3
-------

たとえば,
このまま 10秒後 に trace(count); を実行したとしても結果は同じ。
count は 3 のままです。
このまま 1分後 に trace(count); を実行したとしても結果は同じ。
count は 3 のままです。

つまり,
このまま MCにロールオーバーしたときに trace(count); が実行されても結果は同じ。
count は 3 のままです。

したがって,
 eval("mc_4_" + count)._xscale = 150;
はいつ実行しても
 mc_4_3._xscale = 150;
を実行することと同じになります。

というわけで,
単純にこれで良いのではないでしょうか↓。
(#1の方と同じ)

------------------------------
// ユーザ定義関数 SceneMcSelect の定義
function SceneMcSelect() {
for (count=0; count<3; count++) {
//マウスが乗ったら実行する関数を定義
eval("mc_4_"+count).onRollOver = function() {
this._xscale = 150;
this._yscale = 150;
};
//マウスが離れたら実行する関数を定義
eval("mc_4_"+count).onRollOut = function() {
this._xscale = 100;
this._yscale = 100;
};
}
}
// ユーザ定義関数 SceneMcSelect の実行
SceneMcSelect();
------------------------------



本題ではない残りの2つの問題ですが。

> //毎フレーム、シーン関数を呼ぶ
> onEnterFrame = function() {
> //現在シーンを呼ぶ
>   eval( _global.scene )();
> }

なせ onEnterFrame で
毎フレーム毎フレーム onRollOver や onRollOut を定義しなければならないのか,
不可解で意味が理解できません。

上に書いたスクリプトのように SceneMcSelect(); は1回で良いはずです。
何度も定義しなおす必要があることがあったとしても,
その都度ごとに1回で良いはずで,
毎フレーム毎フレーム(コンマ数秒ごとに)再定義し続ける必要は普通ないと思います。

この理由を補足要求しているわけではありませんよ。
本題とは関係の無い部分なのでどうでも良いのですが,
この変な部分は一考の余地があると思いましたので書かせていただきました。



もう1つは eval関数 です。
これを色々なときに使い続けると無事に動作しない場合などが出てきますよ。
eval は主に Flash 4 までで使用されていた古い関数で,Adobe もあまり推奨していません。
完全に非推奨(使用を避ける機能)にはなっていませんが,ほぼ非推奨です。

携帯の Flash Lite 1.x 用のSWFをパブリッシュするなど特別な理由がない限り,
eval は使わずに 配列アクセス演算子 を使うのが一般的です。

Google検索 「配列アクセス演算子 eval」
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E9%85%8D%E5%88%97%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9%E6%BC%94%E7%AE%97%E5%AD%90+eval

大きな問題点が3点ありますが,
そのうちの2点はとりあえず無視します。


trace(count); の出力結果が 3 になるのは
単純に次のようなスクリプトを書けば理解できると思います。

------------------------------
for (count=0; count<3; count++) {
trace(count);
}
trace(count);
trace(count);
trace(count);
------------------------------

もし for文を動作的に理解するのが難しければ,
while文 にすればわかりやすいかもしれません。
上記 for文 使用のスクリプトと全く同値なもの...続きを読む

Q無料版のアバストで突然ウイルスを大量検出

現在スマートフォン(Experia AX)で無料版のアバストを使っているのですが、今日、曲を聴いていたら突然、「問題が見つかりました。」という報告がありました。4つの問題があり、Experia ホーム 、rylica 、spメール LINE などにトロイの木馬android:SMSSend-DW[Trj]や不正なプログラミングなどが報告されてました。それから、アプリのスキャンをすると415個もの問題が見つかりました。それからパソコンで調べて、アンチウイルスソフトを2つ入れるのはやめたほうがいいことがわかったのですが、僕はアバストとZonerの無料版を二つ入れていました。はじめに問題が見つかったときに一応モバイルネットワークとwifiネットワークからは接続を切りました。誤検出でしょうか。それとも、ウイルスに感染しているのでしょうか。

Aベストアンサー

アンチウイルスソフトで、スキャンするときふたつアンチウイルスソフトがはいっているともう片方のアンチウイルスソフトをウイルスだと誤検出する場合があるそうですのでどちらかアンインストールして再スキャンしてみたらどうでしょうか?

QPHOTOSHOP CS4で作ったアクションが見つかりません。

PHOTOSHOP CS4でアクションを作ったのですが見つかりません。
拡張子は.atnだと思うのですが
C→program files→Adobe→Adobe Photoshop CS4→Presets→Actionsにはもともと入ってるアクションしかないです。(私が名前を付けたのが見当たりません)
C→Users→(私のPCの名前)→AppDate→Roaming→Adobe→Adobe Photoshop CS4→Presets→Actionsにも入っていません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アクションのセットの保存
http://help.adobe.com/ja_JP/Photoshop/11.0/WS605F6F30-F4AD-4357-8B66-BDFF57DC1558.html#WSE0603837-E7D8-4f95-B956-43A58B6BF264

Q「ウイルスバスター2008」で検出されなかったものが「カスペルスキー」で検出

駆除の方法などについて伺いたいです。

先日までVB2008を入れて全く検地されなかったものが先ほどカスペルスキー体験版をいれスキャンすると7個のトロイの木馬が・・・。
一旦削除したのですが、バックアップファイルに移動した?ようでこれも削除すべきなのか悩んでいます。


1.完全に消す方法教えてください(PCを安全にする方法)
2.検出能力上、カスペルスキー>VB2008なのでしょうか?
3.またVB2008に戻してもいろいろと心配無いでしょうか?

■検出ファイル
トロイの木馬 Trojan.Win32.Agent.agvc:\windows\khghgd.dll
トロイの木馬 Trojan.Win32.Agent.agvc:\windows\ursspp.dll
トロイの木馬 Trojan.Win32.Agent.agvc:\windows\urpnmk.dll
トロイの木馬 Trojan.Win32.Agent.agvc:\windows\mlkjkj.dll
トロイの木馬 Trojan.Win32.Agent.agvc:\windows\tutqrq.dll
トロイの木馬 Trojan.Win32.Agent.agvc:\windows\tussrr.dll
トロイの木馬 Trojan.Win32.Agent.agvc:\windows\xxyywv.dll

駆除の方法などについて伺いたいです。

先日までVB2008を入れて全く検地されなかったものが先ほどカスペルスキー体験版をいれスキャンすると7個のトロイの木馬が・・・。
一旦削除したのですが、バックアップファイルに移動した?ようでこれも削除すべきなのか悩んでいます。


1.完全に消す方法教えてください(PCを安全にする方法)
2.検出能力上、カスペルスキー>VB2008なのでしょうか?
3.またVB2008に戻してもいろいろと心配無いでしょうか?

■検出ファイル
トロイ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは
トロイの木馬 Trojan.Win32.Agent.agv c:\system volume information\_restoreですがシステムの復元の中に感染していますがシステムの復元をかけないなら感染する事はないので問題ないと思います。
またシステムの復元自体を一度無効にすれば上記の感染ファイルはきれいに消えます。(システムの復元をファイルが消えるのでシステムの復元を使っての復元は消した時点より過去には戻れなくなりますが)
カスペルスキーは駆除出来ない様なら感染ファイルは削除されますがもし誤検知等で不具合が有った時に元に戻せるように感染ファイルはバックアップしていると思います。
カスペルスキーが感染ファイルはバックアップして隔離してると思うので検知された感染ファイルに関しては安心して大丈夫ですが、感染ファイルが誤検知で有ればバックアップファイルを消す事により不具合が発生しても元に戻せなくなると良くないと思うので、暫く使ってみて不具合が無いのを確認してからでもバックアップファイルを削除するのは遅くないと思います。
ただ感染がトロイののようですので自分なら必要なデーターを退避させてリカバリーもしくはOSの再インストールを試みますが。(個人的な意見ですが)

こんにちは
トロイの木馬 Trojan.Win32.Agent.agv c:\system volume information\_restoreですがシステムの復元の中に感染していますがシステムの復元をかけないなら感染する事はないので問題ないと思います。
またシステムの復元自体を一度無効にすれば上記の感染ファイルはきれいに消えます。(システムの復元をファイルが消えるのでシステムの復元を使っての復元は消した時点より過去には戻れなくなりますが)
カスペルスキーは駆除出来ない様なら感染ファイルは削除されますがもし誤検知等で不具合が有った...続きを読む

Qhtml:linkでリンククリック時に画面入力値を取得してアクションへ渡す方法

Strutsを使用したログイン画面を作成しています。ID・パスワードを入力して、html:linkをクリックしてログインするという処理を行いたいです。

そこで、リンクをクリックした際にJSPに記述しているhtml:textとhtml:passwordの値を取得して、Actionへ渡し、その情報を元にDBへの問い合わせを行いたいのですが、html:linkで複数パラメータを渡す方法が分からないので教えていただきたいです。

過去質も参考にしてみましたが、今回の質問に的を得た内容がなかったので質問させていただきました。

参考にした方法
(1)JavaScriptのonclickイベントでサブミットさせる
⇒例えばdocument.form.submit();と書けそうだが,html:formにはname属性がないため、formの指定ができない?!

(2)Mapを利用してパラメータを渡す
⇒JSP内にMap設定のロジックを書く。Map(name,value)の形式で、value部分(画面入力値)はどうやって取得するのか分からない。

【struts-config】
<action-mappings>
<action path="/login_Anken"
type="action.Login_Anken_Action"
name="login_Anken_Form"
validate="true"
input="/pages/Login_Anken.jsp"
scope="request">
<forward name="success" path="/pages/MainMenu.jsp"/>
<forward name="fail" path="/pages/Login_Anken.jsp"/>
</action>
【Login_Anken.jsp】
<html:form action="/login_Anken" >
<table border="0" width="100%" >
<tr>
<td class="pname" colspan="4" >
****システム
</td>
</tr>
<tr>
<td colspan="4">
<hr size="5" width="100%" noshade>
</td>
</tr>
<tr>
<td class="gname" colspan="4" >
ログイン
</td>
</tr>
<tr>
<td colspan="4" >
<hr size="5" width="100%" noshade>
</td>
</tr>
<tr>
<td width="25%" >
</td>
<td class="login">
ユーザID
</td>
<td width="20%"">
<html:text property="userId"/>
</td>
<td width="20%">
</td>
</tr>
<tr>
<td width="25%" >
</td>
<td class="login">
パスワード
</td>
<td width="20%"">
<html:password property="password" />
</td>
<td width="20%">
</td>
</tr>
<tr>
<td width="10%" align="center" colspan="4" >
<html:link action="/login_Anken" name="map">ログイン
</html:link>
</td>
</tr>
</table>
</html:form>

【Login_Anken_Action.java】
public class Login_Anken_Action extends Action {
public ActionForward execute(ActionMapping mapping,
ActionForm form,
HttpServletRequest request,
HttpServletResponse response)
throws Exception {
ActionMessages errors = new ActionMessages();
//画面入力値を取得
Login_Anken_Form loginAnkenForm = (Login_Anken_Form) form;
boolean isSuccess = false;
Login_Anken_Business business =
new Login_Anken_Business();
String userName = null;
userName =
business.getLoginUserName (loginAnkenForm.getUserId(),
loginAnkenForm.getPassword());

//ユーザが存在すればログインOK
isSuccess = (userName != null);
if (isSuccess) {
//TODO
HttpSession session = request.getSession();
session.setAttribute("name", userName);
return mapping.findForward("success");
} else {
errors.add(ActionMessages.GLOBAL_MESSAGE,
new ActionMessage("errors.login"));
saveErrors(request, errors);
return mapping.findForward("fail");
}
}
}

Strutsを使用したログイン画面を作成しています。ID・パスワードを入力して、html:linkをクリックしてログインするという処理を行いたいです。

そこで、リンクをクリックした際にJSPに記述しているhtml:textとhtml:passwordの値を取得して、Actionへ渡し、その情報を元にDBへの問い合わせを行いたいのですが、html:linkで複数パラメータを渡す方法が分からないので教えていただきたいです。

過去質も参考にしてみましたが、今回の質問に的を得た内容がなかったので質問させていただきました。

参考にした...続きを読む

Aベストアンサー

ああ
このHTML見て一目でわかったわ。
<a href="~"
のhrefにリクエストが飛んでいるだけね。
<a href="javascript:return false"
<a href="#"
とかにしないとonclickが正常に働かないわよ。

QMcAfee Privacy Service のアラート

 時々「McAfee Privacy Service」の「保護されたファイルに関するアラート」
という警告ウィンドウが開いて、許可するかブロックするか、二者択一の選択を
求めてきます。
 以下はその細部です。

------------------------------------------------------------------------
「保護されたファイルに関するアラート」

プログラムが、保護されているファイルにアクセスしようとしています。

プログラム
名前:DfrgFat.exe
パス:DfrgFat.exe
インストール:(不明)

プロパティ...
ファイルの種類:Disk Defragmenter FAT File System Module
場所:C:\WINDOWS\system32
作成日時:2002年12月29日、5:42:34

アクセスしようとしたファイル
C:\DOCUMENTS AND SETTINGS\~内緒~\LOCAL SETTINGS\APPLICATION DATA\IDENTITIES\{976ADB68-1582-45B1-BAE9-8C09E9A32867}\MICROSOFT\OUTLOOK EXPRESS\OFFLINE.DBX
------------------------------------------------------------------------

 それで、よく分からないのでその都度ブロックしていますが、ホントにそれで
良いのでしょうか?
 今のところ使い勝手などに不具合が起きているようには感じないのですが‥。

 そもそも、この「DfrgFat.exe」というファイルの正体は 何なのでしょうか?

 なお、当方のPC環境として、OSに WinXP のSP2、セキュリティソフトには
「マカフィー・インターネットセキュリティ・スィート2004(フル機能)」を
使用しています。 もちろん Windowsアップデートは励行しているつもりです。

 時々「McAfee Privacy Service」の「保護されたファイルに関するアラート」
という警告ウィンドウが開いて、許可するかブロックするか、二者択一の選択を
求めてきます。
 以下はその細部です。

------------------------------------------------------------------------
「保護されたファイルに関するアラート」

プログラムが、保護されているファイルにアクセスしようとしています。

プログラム
名前:DfrgFat.exe
パス:DfrgFat.exe
インストール:(不明)

プロパティ...
ファイルの種...続きを読む

Aベストアンサー

>そもそも、この「DfrgFat.exe」というファイルの正体は 何なのでしょうか?

調べた範囲では、WinXP標準の、デフラグをする為の実行ファイルです。

ですから、「McAfee Privacy Service」の「保護されたファイルに、OUTLOOK EXPRESS\OFFLINE.DBXファイルが、含まれている為と、思われます。

これは、ウィルスやスパイウェアによる、改変を防いでいるものと、思われます。

Qアクションリスナー(初心者です)

JAVAでボタンが押されたらすでに描かれている線に
さらに線が加わって描かれるというプログラムを作ろうとしているのですが、アクションリスナーを受け取ったメソッドの中身をどうしたらいいのか行き詰まりました・・・作りかけのプログラムを載せてみますので
アドバイスいただければと思います
よろしくお願いします
import java.applet.Applet;
import java.awt.Graphics.*;
import java.awt.event.*;
import java.awt.*;

public class file928 extends Applet implements
ActionListener
{
Button botan;

public void init()
{
botan=new Button("選択");
add(botan);
botan.addActionListener(this);
}
public void paint(Graphics g)
{
g.drawString("L.A.Airport",100,300);
          ~中略~
g.drawLine(405,420,655,240);
}

public void actionPerformed(ActionEvent x)
{
ーここをどうしたらいいかわかりません・・・ー
}

}

JAVAでボタンが押されたらすでに描かれている線に
さらに線が加わって描かれるというプログラムを作ろうとしているのですが、アクションリスナーを受け取ったメソッドの中身をどうしたらいいのか行き詰まりました・・・作りかけのプログラムを載せてみますので
アドバイスいただければと思います
よろしくお願いします
import java.applet.Applet;
import java.awt.Graphics.*;
import java.awt.event.*;
import java.awt.*;

public class file928 extends Applet implements
ActionListener
{
...続きを読む

Aベストアンサー

>交差することをして加えたいとおもっています

交差するということは、元になるものが必要ですが、2回目にボタンを押したときは、最初の線と2本目の線のどちらに対して交差しますか?


なんか、いじめてるみたいに感じるかもしれませんが、プログラムを作るというのは、仕様がはっきりしていないと出来ないものなのです。


「なんだか、よくわからないけど作りたい」では、「何を作るの?」となってしまうのは当然のことです。

QMcAfee から「ブラウザ設定に関するアラート」が表示される

XP-SP2インストール後?にMcAfeeより「ブラウザ設定に関するアラート」で「ブラウザの初期設定またはセキュリティ設定が変更されています。サード パーティにより変更された可能性があります。これらの設定を変更しない場合は、変更内容を受け入れないでください」とのメッセージが受け入れるまで5分間隔ぐらいに表示されるようになりました。
どなたか対応方法を教えてください。

Aベストアンサー

マカフィーについて、WinXPSP-2についての情報がありますので確認してください。

マカフィー 個人向け製品 Windows XP Service Pack 2情報ページ
http://www.mcafeesecurity.com/japan/mcafee/support/040813.asp


人気Q&Aランキング

おすすめ情報