痔になりやすい生活習慣とは?

私は来年度から英語文学部に入ります。
大学側から日本文学と英米文学の基礎を固めておいてほしいので有名な文学作品を翻訳でいいので読んでおくようにという課題がありました。
私は本を読むのは好きですが何が日本文学、英米文学の代表作かわからず、何を読んでいいかわからずにいます。
英米文学、日本文学でこれは読んでおいたほうがいいというものや、個人的なお勧めがあったら教えてください。また英米文学の学生の方で読むように言われた本があったらよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

20数年前に学校で勧められた書物は


スタインベック「怒りの葡萄」(これは読んでません。)
ヘミングウェイ「老人と海」(英語のリーダーの教科書に原文で読みましたが、内容を覚えてません。)
とにかく代表作として教わりました。

他には
サマセット・モーム「月と六ペンス」(これは面白かった)
画家のゴーギャンがモデルの話。
中年過ぎた男性が自分の人生を求めて家出します。
「人間は子どもの犠牲になることで人生を送る歴史を繰り返している」
他のいろんな作品でよく引用されてる作品です。

カフカ「変身」
朝起きたら一匹の毒虫に変身しちゃっているんですよ。
話のしょっぱなが印象強すぎて、あと覚えてません。
出だしだけでも読むことをお勧めします。

なんてのがありました。

夏目漱石は私は「三四郎」が読みやすかったです。
大学生としての生活が始まった三四郎。新しい生活への戸惑い。
不可思議な女性との出会い。世慣れていない三四郎が初々しいです。

森鴎外は「高瀬舟」
罪人を乗せた船の漕ぎ手に徐々に罪人の心情が吐露されていきます。
自分の罪を達観してる罪人。
その心情に目の前の罪人がただの罪人として見られなくなっていく船頭。

井伏鱒二で「山椒魚」
入ったところから出られなくなった山椒魚がかわいそうと言うよりなんだかおかしい。
人生の思わぬ落とし穴。
といったところが面白かったです。
    • good
    • 0

英文学に関しては、シェイクスピア、不思議の国のアリス、ハンプティダンプティなどは、誰もが読んでいることが前提でオマージュがなされるところなので、読んでおいたほうがよいと思います。



日本文学では、夏目漱石と森鴎外は一作ずつでも読んでおいたほうがよいと思います。文章がきちんとしている最たる二人だと思いますし、文豪と言われる二人ですから。

漱石であれば、『それから』『こころ』はいつかは読んでおきたいところ。長編ですので時間がかかりますが。最近人気の『夢十夜』は短編ですので、これは読んでおいて損はないと思います。鴎外は『高瀬舟』あたりでしょうか。『舞姫』が最も有名ですが、言文一致体ではないので、おすすめはしません。

英文学にはそこまで明るくないので、最後に日本文学の有名どころをご紹介しておきます。ただ、英文学を優先された方がよいようですね。あくまでも知識としてのご参考まで。。。

樋口一葉『たけくらべ』
森鴎外『舞姫』『阿部一族』『山椒太夫』『高瀬舟』
夏目漱石『吾輩は猫である』『坊ちゃん』『草枕』『三四郎』『それから』『こころ』『明暗』
芥川龍之介『鼻』『羅生門』『杜子春』『蜘蛛の糸』『歯車』
梶井基次郎『檸檬』
島崎藤村『破戒』『夜明け前』
太宰治『斜陽』『人間失格』
中島敦『山月記』
川端康成『伊豆の踊り子』『雪国』
    • good
    • 0

 英文学


 「ハムレット」シェクスピア
 「高慢と偏見」オースチン
 「ダブリン市民」ジョイス
 米文学
 「短編小説集」ホーソン
 「ハックルベリ・フィンの冒険」トウェイン
 「武器よさらば」ヘミングウェイ
 日本文学
 「ぼっちゃん」夏目漱石
 「山椒魚 短編集」井伏鱒二
 「津軽」太宰治
    • good
    • 0

英米文学といえば、やはりコナン・ドイル(名探偵「コナン」の元になった人です)や、シェイクスピア(世界史の授業でも出てきますね)、マーガレット・ミッチェル(「風と共に去りぬ」の人)といった人がすぐに頭に浮かんできますね。

みんな有名どころだと思います。ただ、初心者にはつらいかもしれませんので、読みやすいものとして以下の2作品をお薦めいたします。

「ベスト・オブ・O・ヘンリー」 byO・ヘンリー
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30647668
短編作家で読みやすいです。「The Gift of the Magi」が特に有名で、上記参考URLの本の中に入っているようです。

「ライ麦畑でつかまえて」 byJ・D・サリンジャー
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=02688536
原書は「The Catcher in the Rye」といいます。村上春樹さんも訳していますが、野崎孝さんの訳したものが有名です。
大人社会に腹を立てている16歳の少年がニューヨークを放浪する話です。子どもの視点から見た社会の矛盾が痛烈に描かれています。

そのほか、http://www.yohan.co.jp/toeic/level1.htmlの、洋販の「ラダーシリーズ」なぞは、名作が原書で読めるものです。辞書が後ろについているので、参考にしながら読むことが出来るうえ、レベル別になっているので、徐々にステップアップを図っていくことが可能です。ご自分に無理のないものをどうぞ。


そして日本文学のほうですが(実は私はこっちのほうが好きだったりします・・・)、初めての方にオススメな作家は、芥川龍之介です。「トロッコ」「羅生門」あたりは教科書で扱われていたかもしれません。O・ヘンリーではありませんが、短編なので非常に読みやすいです。
教科書といえば、かの「走れメロス」で有名な太宰治もいますが、走れメロスのイメージで他の、例えば「人間失格」とか「斜陽」を読むと「なんだこれは?」となってしまいます。まずは芥川辺りが無難ではないかと。「蜘蛛の糸」「鼻」あたりから入るとよいと思います。
    • good
    • 0

聖書はいかがでしょうか。


キリスト教の経典ですが、欧米人の思想の根底には聖書があります。
自分は翻訳された小説をよく読みますが、ポロッと聖書の1節を引用した文章が出てくることもありますしね。
堅苦しく考えないで、伝記と思って読んでみてはいかがでしょうか。

一見すると分厚いのでうんざりすると思いますが、どこから読んでも良いのです。 もともとは多数の巻物が、印刷技術が出来たおかげで1冊にまとまったものなのですから。

これまで聖書を読んだことがなければ、分かりやすく書いた聖書物語をお奨めします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお勧めの英米文学を教えてください。

今まで読んで面白かったのは主に19世紀ごろの作家で
・ディケンズ(二都物語、大いなる遺産)
・オースティン(全部)
・モーム(月と六ペンス、女ごころ)
・シェークスピア(全般)
・ブロンテ姉妹(嵐が丘、ジェーンエア)
・マーガレットミッチェル(風と共に去りぬ、ロストレイセン)
などです。英文学を学んだことがなく、手当たり次第に読んで
気に入った本を見つけるのが大変なのでお手伝い願います。
現代ではジェフリー・アーチャーなどは以前よく読んでいました。
ブロンテ姉妹は他に作品を知らないのであれば教えてください。
また他の作家でお勧めがあれば作家と作品を教えてください。

Aベストアンサー

E・ブロンテは「嵐が丘」一作のみです。
C・ブロンテは、他に「シャーリー」「ヴィレット」「教授」および他短編が何本かあったと思います。

リストを見る限りでは、相当たくさん読まれているようなので未読の予想がつきにくいのですが、傾向から推測してみました。(オルコットとモンゴメリーは既読ですよね?オススメですけど)

D・H・ロレンス「チャタレイ夫人の恋人」他
  --肉体と精神が満たされてこその人生
ジョイス「ユリシーズ」(アイルランド人ですが)
  --ギリシャ神話「オデッセイ」と対応させて難解さを楽しむ
チョーサー「カンタベリー物語」
  --時代を超えた人間性みたいな^^;
フィツジェラルド「グレート・ギャツビー」
  --"裕福な貧しさ"が今の日本にピッタリ?

Q初心者にも読めるオススメ英文学作品

初心者にも読めるオススメ英文学作品教えてください。
ただしジェーンエアは読んだことあるので除外で。
あとシェークスピアも除外でお願いします。

Aベストアンサー

(慣れ親しんでいて)読みやすいという意味では、
Alice's Adventures in Wonderland
Christmas Carol
かな。 文学といえるかどうかは微妙だけど。

Q卒論で何を扱いましたか?【英・米文学科の方】

現在、大学の英米文学科3年生なのですが、卒論で扱う作品やテーマについて悩んでいます。

今もいくつか翻訳で作品を読んでいるところなのですが、これ!というものを決めかねています。

もちろん作品はしっかり読んで、真面目に研究していきたいと思っていますが、よかったらみなさんが卒論でどのような作品を取り上げたかを教えていただきたく投稿致しました。

学科の都合上、イギリス文学かアメリカ文学の作品について研究していくことになります。どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

懐かしいですね。私もこの時期奮闘しました。

某英文学科で児童文学を専攻した私が取り上げた作品は誰もが知ってる「ピーターパン」。児童心理に興味があった私は、文学部であるにもかかわらず、医学、心理学の文献を数多く扱い児童心理からみた切り口で卒論を書きました。

研究対象にしやすいからと嫌いな作品を取り上げても只でさえ大変な論文書き、とても乗り切れません。自分が大好きな作品を取り上げるといいんじゃないかと思います。1冊丸ごと暗唱できるほど読みました。
これも扱いたかったなぁと後から思った作品は次の通りです。

「トムは真夜中の庭で」
「不思議の国のアリス」
「嵐が丘」
「レベッカ」

参考になれば幸いです。

Qおすすめのイギリス文学を教えてください!

こんにちは。

大学の課題で「世紀の違うイギリス文学を2つ選んで読んで比較しろ」というのがでたのですが、
文学については疎く、ネットや本屋でいろいろ探したのですが、どの本を選んだら良いかわかりません。
なかなか適当な本が決められず、提出期限も迫ってきてものすごく焦っています。。。

どなたか、初心者でも読みやすく、なるべく短めの内容のイギリス文学を
教えていただけないでしょうか?
(都合よすぎるかもしれませんが、5巻とか続くのは時間的に厳しいので…)

よろしくお願いします!(><)

Aベストアンサー

個人的な趣味がだいぶ入ってしまいますが・・・
デビッド・ロッジの「交換教授」「素敵な仕事」などはどうでしょう。ちゃんとした文学なのに、爆笑に次ぐ爆笑で読み出したら止まりません。しかもよーく読むと構成や叙述・視点の取り方などがイギリス古今の名作のパロディになっていたりして、レポートのツボになりそうなところもたくさんありますよ。
 あと、カズオ・イシグロの「日の名残り」も、信頼できない語り手を使っていてとても面白い作品です。後半に行ってからのぼろぼろ皮がめくれていくような快感! たまりませんねー。
 2作とも、十九世紀の作品群と比較しやすい技法を割合はっきりと使っているので、その意味でもオススメです。
 がんばれー☆

Qアメリカ文学に詳しい方

アメリカ文学史上における代表作を、10冊から15冊くらいの範囲で年代順に挙げていただけませんか?ベスト10というより、全集的な視点でお願いします。もちろん個人的な意見で結構ですが、ただ、あまり趣味に走ったものにならぬよう、穏当な線でのご回答をお待ちしています。

まあ10~15冊という数は少なすぎるだろうとは思いますけれども、それ以上になるとちょっと読むのが億劫になりそうなので(^_^;)。
それから、
1.SFやミステリなど、エンタメ性の強いものは今回はなるべく別扱いとしてください。ただしどうしても外せないものは入れてください。
2.現代ものより、古典といわれる作品により比重を置いていただきたく思います。目安は作者が亡くなっているかどうかということで。

なお、併せてアメリカ文学の全集や、ベスト○○(ただし総合的なもの)などの情報も、ご存知でしたら教えてください。
wikipediaの「アメリカ文学」は参考にはなるのですが、作家の人数が多すぎることと、作品名が挙がっていないことがマイナスです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカ文学というものをおおざっぱに分類すると、

1.植民地時代~建国
2.独立革命前後
3.十九世紀前半から南北戦争まで
4.十九世紀後半
5.1920年代まで
6.大恐慌から「怒れる30年代」~第二次世界大戦まで
7.第二次世界大戦以降

ということになるかと思います。もちろんいろんなわけかたがあるし、'50年代、'60年代、というふうにもっと細かく分けるやりかたもあります。

「文学史上における代表作」というのは、その時代を代表するものをあげていく、ということになるかと思うんです。
で、これは、まじめにやっていくとカナーリ大変な仕事でもあります。
ですから、あんまり真剣にならず(ゴメンナサイ)とりあえずは時代的にわたしが考える代表作をあげていきます。

本によっては、手に入りにくいものもあるかと思いますが。
あと、韻文に関しては、ヨーロッパからの移民、またヨーロッパへ渡った人をどうするか、という難問がありますし、戯曲になるとこれまた込み入ったあれやこれやがあるので、ここでは除外して、散文に限定することにします。

もし、こういうのが知りたい、というご希望があれば、補足なさってください。
いつになるかわかりませんが、お答えします。
ということで、晩ご飯の時間まで、サクサクとやっていきましょう。

1.植民地時代から建国まで

この時期で一番有名なものは、「フランクリン自伝」です。これは発刊は1791年。
自伝の中心は、フランクリンの生活信条を要約した「13の徳」です。
これはのちに『グレート・ギャツビー』のなかで一種のパロディとして登場します。
いわばハウツー本の元祖、ビジネス書の元祖ではあるのですが、アメリカ人がいったいどういうものを是としているか、あるいは植民地時代の人々がどのような暮らしをしていたか、いろんな意味で興味深いものです。

2.独立革命以降

そうだなあ、この時期は、あんまりマニアックになるので、パスです。ゴシック小説の元祖みたいなものが生まれているのですが、翻訳もされてないし。

3.19世紀前半

そうして、いよいよ輝かしい19世紀、文学の時代の幕開けです。

まず下にも出ているワシントン・アーヴィング。
有名なところではアメリカの浦島太郎、リップ・ヴァン・ウィンクルを書いたのもこの人(短編小説集『スケッチブック』(1820)所収)。映画にもなった「スリーピー・ホロー」も入っています。

もうひとり、ジョージ・フェニモア・クーパーを。
五部作『レザー・ストッキング物語』を著します。この五部作のなかでは『最後のモヒカン族』が有名。映画にもなりましたが、邦訳では福音館から出ている『モヒカン族の最後』がおすすめ。ワイエスの挿絵が楽しい。

4.19世紀中葉

これは三人の偉人をあげましょう。
ホーソーン、メルビル、そうしてエドガー・アラン・ポーです。

ホーソーンはやっぱり『緋文字』(1850)、今読むと相当かったるい(笑)ですが、アメリカ文学史上避けては通れない人です。

メルビルはもう『白鯨』(1851)が圧倒的に有名ですが、これはいま読んでも十分におもしろい。

エドガー・アラン・ポーはもうことさら作品をあげるまでもないでしょう。

5.南北戦争から19世紀後半

この時期はもう挙げたい人は山のようにいますが、順当にいってマーク・トウェイン、セオドア・ドライサー、ヘンリー・ジェイムズを。

まず、マーク・トウェインは作品はいいですね。

セオドア・ドライサーは『シスター・キャリー』(1900)、あるいは『アメリカの悲劇』(1925)をあげておきましょう。アメリカの自然主義文学を代表する作品と言われています。

ヘンリー・ジェイムズはヨーロッパ生活が長い人ですが、『ある貴婦人の肖像』(1881)にしても『鳩の翼』(1902)にしても、ヨーロッパにおけるアメリカ人を終生テーマにとりあげています。後代のアメリカばかりでなく、多くの作家に多大なる影響を与えた、19世紀文学から現代文学へと架橋していくような巨星であると思います。

6.二十世紀~1920年代
この時期はやはり第一次世界大戦以降、重要な人物がきら星のごとく登場します。

まずシャーウッド・アンダーソン、ウィリアム・フォークナー、アーネスト・ヘミングウェイ、スコット・フィッツジェラルド、シンクレア・ルイス、とりあえずざっとこんなところかな。

まずシャーウッド・アンダーソンは代表作である連作短編『ワインズバーグ・オハイオ』(1919)を。

フォークナーは、とりあえずは『八月の光』(1932)から。

ヘミングウェイはやっぱり『日はまたのぼる』(1926)など。できれば短編より長編の方が慣れるまではわかりやすいと思います。

フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』(1925)はお読みでしょうか。

日本ではどういうわけかあまり有名ではないですがシンクレア・ルイスは『本町通り』(1920)などでアメリカ初のノーベル文学賞を受賞しています。

4.大恐慌以降

この前の時代に引き続き、フォークナーとかヘミングウェイとかも活躍していますが、この時期の作家といえば、ジョン・スタインベック、ドス・パソス、トマス・ウルフでしょう。

ジョン・スタインベックというと、『怒りの葡萄』(1939)(アメリカではシンクレア・ルイス、ウィリアム・フォークナー、そうしてこのスタインベックの三人がノーベル文学賞を受賞しています)。

ドス・パソスは三部作『U.S.A.』(1938)が代表作。ただしこれは手法的にものすごく斬新なので(新聞記事や広告などのコラージュ、あるいは意識の流れ)、相当に読みにくいかもしれませんし、翻訳もいまはかなり手に入りにくい。

トマス・ウルフは『天使よ故郷を見よ』(1929)を。

あー、ここまで書いたら疲れた。
戦後はご希望があれば、書きます。
ということで。

アメリカ文学というものをおおざっぱに分類すると、

1.植民地時代~建国
2.独立革命前後
3.十九世紀前半から南北戦争まで
4.十九世紀後半
5.1920年代まで
6.大恐慌から「怒れる30年代」~第二次世界大戦まで
7.第二次世界大戦以降

ということになるかと思います。もちろんいろんなわけかたがあるし、'50年代、'60年代、というふうにもっと細かく分けるやりかたもあります。

「文学史上における代表作」というのは、その時代を代表するものをあげていく、ということになるかと思うん...続きを読む

Q面白い英文学の名作教えてください!

最近英文学を英語で読むことが楽しくて仕方がありません。
(でも、辞書を片手にですけどね!)

今、人生で2冊目の本を読んでいます。タイトルは、
「The Beach(Alex Garland)」で、レオナルド・ディカプリオ主演の
映画「ビーチ」の原作です。

第一冊目は「TIME LINE(MICHAEL CRICKTON)」でした。
彼は僕の好きな作家の一人です(この小説は後半はあまり面白いとは…)。

第三冊目で「The heart of darkness(Joseph Conrad)」を
読もうと思っています。
第四冊目で「The sheltering sky(Pawl Bowles)」を読もうと
思っています。

ほかにも面白い本、名作、お勧めなどありましたら教えて
下さい!
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

#2の者です。再びおじゃまします。

何だか水を差すような回答になってしまいますが、私は日本文学のお気に入りで英訳されたものを読む事も楽しんでいます。
日本語ではこうだけど、英語になるとこういう表現になるのかと色々発見があって面白いです(当たり前ですが…^^;)。

因みに先日Evianusさんのご質問にお答えした、遠藤周作の『海と毒薬』も英訳本が出ているので読んでみました。原作には及ばないけれど面白かったですよ。

余計な回答で失礼しました。

Q英米文学でお勧めの本

最近英米文学を読んでみようと思い立ったのですが、
どんな本、作家がいるのかまったくわからないのでどこから手を
つけて良いかわかりません。
みなさんのお勧めの英米の小説は何でしょうか?
よければ参考にさせてください。
英米以外にもお勧めがあれば是非教えてください。

本は結構読むほうなので、どんなものでも読めると思うのですが、SFと推理物だけは苦手です…。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英米文学が大好きで英文科にまで進んだものです^^
もともと古典作品のほうが大好きなので、もし好みが全く合わなかったらごめんなさい。
ただ、私もSFや推理小説は読まないですね。

マーガレット・ミッチェル『風と共に去りぬ』もう説明がいらないくらい有名な本ですよね。A・リプリーが書いた『スカーレット』と合わせて読むのがお勧めです。こちらを読み終えた後、体の震えが止まりませんでした。
最近ドナルドなんとかって人が更にレット・バトラーの視点から描いた『レット・バトラー』という本も出ていますが、『スカーレット』の出来の方が素晴らしいなと思います。

シャーロット・ブロンテ『ジェーン・エア』
ブロンテ姉妹は色んな著名な文学作品を残していますが、私は妹エミリ・ブロンテ『嵐が丘』よりもこちらのほうが好きです。

デュマ『モンテ・クリスト伯』
私はイギリスの文学作品のほうが好みですが、こちらはフランスのもの。日本だと『岩窟王』と訳されていたりもします。
それなりの長さがありますが、読んでいて手が止まりません。夢中になりすぎて、入試当日に電車乗り過ごしたというほどの小説です。

でも、一番シェイクスピア。全37作品読みました。
これは小説ではないですし、「読みにくい!」「苦手!」という人も多いですが、これに慣れると逆に普通の小説が読みにくくなりました。

これらのものはウィキペディア等でも簡単に検索できるものばかりですので、是非調べてみてください。
他にも色々とありますが、とりあえず、このくらいで・・・

英米文学が大好きで英文科にまで進んだものです^^
もともと古典作品のほうが大好きなので、もし好みが全く合わなかったらごめんなさい。
ただ、私もSFや推理小説は読まないですね。

マーガレット・ミッチェル『風と共に去りぬ』もう説明がいらないくらい有名な本ですよね。A・リプリーが書いた『スカーレット』と合わせて読むのがお勧めです。こちらを読み終えた後、体の震えが止まりませんでした。
最近ドナルドなんとかって人が更にレット・バトラーの視点から描いた『レット・バトラー』という本も出て...続きを読む


人気Q&Aランキング