来年、大学受験を控えているのですが、推薦似ついて良く分からないので教えていただきたいです。
自己推薦、公募推薦、AO入試のちがいがいまいちよく分かりません。推薦は、併願可能なのでしょうか?あと、東京外国語大学に推薦制度はあるのでしょうか?
どれか一つでも知っている方がいらっしゃったらぜひ教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

じだいどりーむです。



 僕もいわゆる推薦組みで大学に入りました。そんな大学生活も4年目。
卒業まであと2ヶ月です。という僕から、回答いたします。

 自己推薦は、僕の知る範囲内において、自分で推薦するものです。
自分の長所などを自分で作文し、その作文を大学側に送付し、それが
一次の書類選考になります。なので、高校時代になにかに打ち込んだことがないと
なかなか筆が進まないか、合格することは難しくなります。
打ち込んだことの例としては、○○(体育・文化)大会・展覧会で、
好成績を残したとか、生徒会長をしたとか。その他にもたくさんあると
思いますが、「普通の人がなかなかできないこと」でないと、難しいと思います。
 それを自己PRするわけです。その書類選考(作文)が通過すれば、
面接(+小論文)など(学部によっては英語試験とか)を受けて、
合否が決まります。
 他の言い方としては、「一芸推薦」みないなものもあり、
「英会話だけは誰にも負けない」とか「水泳だけは誰にも負けない」みたいな
推薦方法も、ほぼ同様のシステムですね。
「高校を一度も休んだことが無い」「3年間同じバイトをし続けた」だけでは、
押しが少々弱いですね。なにかに絡ませてPRしましょう。
当然、成績の評定平均3.5以上とか、4以上とか条件もつきますが。


 公募推薦とは、一般的な推薦のシステムで、学校の担任の先生や、
進路担当の先生に「この子はいい子です」と作文してもらい、学校長がその
書類にハンコを押し、大学に作文を提出するものです。大学側は、その
先生の作文をもとに、書類選考し、合格した人は、面接に呼ばれます。
面接では、面接の他に、小論文やなんらかのペーパーテストを課す大学も
多いと思います。
 公募推薦の場合は、指定校推薦ほどではありませんが、
高校側で「この子は大学に推薦しても高校の名誉は守れる」という人しか、
推薦してもらえない(先生に作文を書いてもらえない)ので、自己推薦とは
システムはかなり違います。


 AOは何かなぁ。アドミッションオフィスだと思うのですが、
一回社会を見てきた人が、大学に入学するためのシステムです。
高校を卒業した時の成績や、高校時代に打ち込んだ文化活動体育活動よりは、
「社会で何を学んで、なぜ大学に入ろうと思ったか」に重点が置かれます。
面接の他に、最低限の知識(作文や小論文・英語)などのペーパー試験が
あります。

 併願に関してですが、面接で併願を設けている大学は、かなり稀です。
基本的に推薦のシステムは「合格させてください。その代わり必ず入学します」
ですから。どこかの大学を受けて、不合格だったら、別の大学を受ける・・・
ことになると思いますが、推薦シーズンは10月~12月までと、非常に
短いので、うまく探せても2つの大学を受けられれば上等でしょう。
 でも、本当に必死に探せば、併願の出来る大学も一つや二つは出てくるので
頑張って探してください。
健闘を祈ります。
    • good
    • 0

 自己推薦というのは高校時代の学業成績などよりも、人格や活動したことを武器として売りこむ方法です。

例えば、部活で部長をやったとか、ボランティア活動に積極的に参加したとか、生徒会役員をやった、大会で入賞した、資格を取得した、といったことです。
たいていは、志願する段階で、作文や自己アピール文を提出することになります。主に入試方法は、作文や小論文、面接、なかには基礎テストがあるところもあります。
 公募推薦は、高校の成績や資格などを重視して、志願書を作ります。作文などを前もって提出させておくところもありますが、当日の試験だけ、とういうところもあります。作文や小論文、面接、学力試験をやったりします。
それから、志望学部にあった問題を面接ですることがあります。面接試問、というものです。理系の学部なら数学や物理、化学の問題をその場で解いたりします。とある大学では、面接の部屋の黒板に問題が書いてあって、その場で解いて、なぜそうなるかを説明する、ということをするそうです。
外国語系の大学で、自己紹介を英語でする、面接自体を英語でする、渡された日本語の文を英語にする、などのことをする大学もあります。
 AO入試のAOは、アドミッションズ・オフィスまたはアドミッション・オフィスの略です。AO入試は各大学によってかなり違いがあります。レポート提出、作文提出、アピール文提出、何かを発表するとかなどが主です。国立の大学では、センター試験もやらなくてはならないところもあります。
AO入試は、期間が長いのが特徴です。2ヶ月、3ヶ月かかるのもめずらしくありません。基本的に大学で具体的にやりたいことが決まっていることが暗黙の条件です。自分はこれをやりたい!という意志と意欲をアピールします。何度も大学に行って試験を行うので、嘘をついてもボロが出てしまう人もいます。
倍率は大学によってまちまちで1.2倍くらいのところもあれば、10倍をこえるところもあります。

 推薦で併願か、単願かは募集要項に書いてあります。単願の大学は合格したら絶対にそこに行かなくてはいけません。併願可能な大学なら、同時にいくつも受験できます。しかし、併願可能というのはあまり多くありません。

 私は、昨年の10月にAO入試で合格を決めました。
そこまでの流れは・・・
(1)まずエントリーシートを提出し、AO入試にエントリーしました。エントリーシートには600字の作文を3つ書きました。
(2)次に与えられたテーマでレポート作成をしました。レポートの枚数は制限なし。それを大学で発表するということで、模造紙3枚に内容をまとめるように指示されました。あと内容の要旨を600字にまとめました。
当日は、内容の要旨とレポートを提出し、模造紙を使い、発表しました。
その後に、試験官2人と面接しました。
(3)合格した人だけ、次のテーマが来て(2)をもう一度。
(4)合格発表。
こんな感じです。
エントリー期間が1ヶ月あったので、長い人は7月上旬から10月の合格発表まで、ギリギリでエントリーした人は8月上旬から合格発表までかかりました。長かったです・・・。

 推薦入試は秋から冬にかけてが多いですが、AO入試は6月から始まったり、3月まで常時募集してたりと、大学によって本当に違います。自分の志望校をよく調べてみてください。

 東京外国語大学の推薦についてですが、2002年度の全国の大学入試案内が載っている本に載っていました。実施しない、だそうです。一般入試と帰国子女特別選抜しかないそうです。

 入試まであと少し!頑張ってくださいね!
    • good
    • 0

AO入試について、某大学のHPから一部引用します。


(他大学もほとんど同じです)
結局は自己推薦とほとんど一緒です。
又、併願可能な大学もありますが、非常に少ないです(日本女子大は数少ない併願可能な学校です)

>従来の推薦入試に変えて、アドミッションズ・オフィス(AO)との面接を通した、対話型の入学選抜を開始します。
>(このような皆さんを、AO入試ではお待ちしています)

>高校時代、勉強だけでなく、部活動や課外活動などに打ち込んだ。
>筆記試験は苦手だけど、自己PRする能力には自信がある。
>大学に入って、学びたい目標がはっきりしている。
>社会人経験があったり、編入学を希望している。

※東京外国語大学入学試験情報のリンクを載せておきます↓
これによると、推薦には書かれていないので、あるとしても指定校推薦のみだと思います。

参考URL:http://www.tufs.ac.jp/common/is/nyushi-j.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学 偏差値ランキング 早慶だと慶應が上ですか?

あるネットから拾ってきた2012年度の最新の私立大学のランキング表です。

私立大学偏差値ランキング一覧(文系)

順位 大学・学部 代ゼミ 河合塾 駿台 平均偏差値
1 慶應義塾大 法 法律 71 70 67 69.3
2 慶應義塾大 法 政治 70 70 66 68.7
3 早稲田大 政治経済 国際政治経済 69 70 66 68.3
4 早稲田大 政治経済 政治 69 70 65 68
5 早稲田大 政治経済 経済 68 70 65 67.7
6 慶應義塾大 経済 経済 B方式 70 70 62 67.3
7 早稲田大 法 67 67.5 67 67.2
8 慶應義塾大 商 商 B方式 69 67.5 62 66.2
9 慶應義塾大 総合政策 65 72.5 60 65.8
10 慶應義塾大 環境情報 65 72.5 59 65.5
11 慶應義塾大 経済 経済 A方式 69 65 62 65.3
12 上智大 法 国際関係法 66 67.5 62 65.2
12 早稲田大 商 66 67.5 62 65.2
14 上智大 法 法律 67 65 63 65
14 早稲田大 国際教養 67 65 63 65
16 慶應義塾大 文 67 65 62 64.7
16 中央大 法 法律 67 65 62 64.7
18 国際基督教大 教養 アーツ・サイエンス 66 67.5 59 64.2
19 上智大 外国語 英語 67 65 60 64
19 慶應義塾大 商 商 A方式 67 65 60 64
21 早稲田大 社会科学 65 67.5 59 63.8


[情報元サイト] 大学受験合格.COM http://daigaku.jyuken-goukaku.com/nyuushi-hensati-ranking/siritu/#ixzz1ajBp7Z3c

三大予備校:代ゼミ・河合塾・駿台の偏差値らしいのですが、
こうして見ると、早稲田と慶應では慶應の方が上のように感じますがどうでしょう?
トップ10に慶應が4学部、早稲田が2学部。

あるネットから拾ってきた2012年度の最新の私立大学のランキング表です。

私立大学偏差値ランキング一覧(文系)

順位 大学・学部 代ゼミ 河合塾 駿台 平均偏差値
1 慶應義塾大 法 法律 71 70 67 69.3
2 慶應義塾大 法 政治 70 70 66 68.7
3 早稲田大 政治経済 国際政治経済 69 70 66 68.3
4 早稲田大 政治経済 政治 69 70 65 68
5 早稲田大 政治経済 経済 68 70 65 67.7
6 慶應義塾大 経済 経済 B方式 70 70 62 67.3
7 早稲田大 法 67 67.5 67 67.2
8 慶應義塾大 商 商 B方式 69 67.5 62 66.2
9 慶應義...続きを読む

Aベストアンサー

プレジデントや読売ウィークリーという雑誌をご存知でしょうか?
これらの雑誌には「早慶両方合格した人はどっちに進学するか?」という特集をよくやってます。
早慶の場合政治に関する学科が慶應は法学部で早稲田は政経学部という違いがありますがそれらは学科ごとに集計しています。

 今まで行われた集計ではほぼすべての回・学部学科において慶應が勝ってます。つまり早慶両方に合格したハイレベルの人が慶應に入学し、早稲田はその分だけ下のレベルの人を入学させることにます。
勿論定員が早稲田のほうが多い場合もあり平均偏差値が低くなりやすい傾向もありますが、トップクラスの動向から考えて慶應優位であることは間違いありません。
ご参考までに。

Q公募推薦・自己推薦・AO入試の違い

自己推薦・AO入試というのは同じでしょうか?
(例;中央大)
また、公募の場合は受かればいかなければいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

公募は受かれば行かなければいけないと思います。

基本的に推薦は専願(受かったら必ず入学)です。

大学の募集要項に専願かどうかは書いてあると思いますよ☆

Q大学の偏差値ランキング。

 大学の偏差値がわかるランキングのサイトってありますか?関西の大学が知りたいんです。教えて下さい。

Aベストアンサー

 ベネッセ・駿台模試の学部・学科別の偏差値表です。ダウンロードして解凍する形式なので確認して見てください。

参考URL:http://manabi.benesse.ne.jp/op/

QAO、公募推薦について。

AO、公募推薦について。

困っています。どうか、感想・情報おねがいします。
AOか公募推薦で大学をきめたいと思っていますが、
現在の評定が4.0
英検準2級
ドイツ海外留学経験(1年)
とゆう、条件でいけそうな、国際教養学部、外国語学部のある大学はどこでしょうか。
コミュニケーションや異文化理解などについて学びたいと思っています。
一つの学問にとらわれずに、学ぶ事の可能な大学、学部に行きたいと思っています。
どうか、情報、感想お願いします。

Aベストアンサー

こちらで 探しましょう。

http://passnavi.evidus.com/search_top/

TOEICは まだ 受験できるので 頑張ってみてください。

ドイツ語検定も 受けてみては?

Q全国の高校偏差値ランキングがあれば教えてください。

全国の高校偏差値ランキングがあれば教えてください。

大学の偏差値ランキングは大手予備校のホームページを見れば
分かりますが、高校のランキングはどこを見ればいいのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

http://smug.myftp.org/
とか
http://momotaro.boy.jp/
とか。

以上、ご参考になれば幸いです。

Q公募制推薦入学試験[AO入試]

   
北里大学にAO入試で行きたいと思っているのですが、
遅刻日数が合計で25回程で、欠席が合計で2回でした・・・。

これではもう無謀ですかね?;;

教えてください!
     

Aベストアンサー

 とても先生には聞けないのかもしれないけど・・おそらく、調査書には遅刻の回数は書くところはないです。欠席は書くところはあります。欠席は3年間で10回以内なら大丈夫とききました。

 先生に嫌味を言われるかもしれません。「大学で、また遅刻して単位落とすんじゃないか」とか・・、でも、自己推薦なら受けられるはずです。勇気を出して、担任に話を聞いてください。

Q高校入試の偏差値ランキング

高校入試の偏差値ランキングがわかるサイトはありますか。

(例)
○○県立○○高校の偏差値ランキングを調べたい。

Aベストアンサー

高校では県外に出る人が余りいないし、(都心や関西圏は違いますが)
県によって受験形態も違いますし、まして私立と公立では全然ちがうので
全国を比べるサイトはないのではないのでしょうか。
たとえば、何県の高校の偏差値が知りたい、とか、私立の高校の偏差値を
知りたい、とか、そういう具体的な要望がおありなのでしたら
かかれた方がよいと思います。
たとえば
千葉県公立高校 
http://homepage2.nifty.com/eisu-school/hensati_kouritu.html

http://homepage2.nifty.com/eisu-school/hensati_siritu.html

QAOや公募推薦について教えて下さい

AOや公募推薦について教えて下さい

僕は今高3で一般も受けようと思っていますが

AOと公募もけようと思っていますが今回の中間テストで悲惨な結果になってしまいました。

やっぱり評定が低いと厳しいでしょうか?

AOの場合は僕は特に大会等で結果を残したことがないんですが大丈夫なんでしょうか?

Aベストアンサー

AO入試で入学した者です。

AO入試も公募も評定を見る大学と評定をあまり見ない大学とあります。

大学によっては「評定平均〇,〇以上」と指定がある大学もあります。

評定が低くて、大会等で結果をのこしていなくても、他の能力等で合格した人を何人も知っています。

まずはAO入試・公募制についてよく調べ、受けたい大学の要項を確認する必要があります。その上で対策もしてみてください。

頑張って下さい
参考までに

http://blog.livedoor.jp/mottoweb/archives/51578429.html

参考URL:http://blog.livedoor.jp/mottoweb/search/%B8%F8%CA%E7?p=2

Q医学部偏差値ランキング(2012)

医学部偏差値ランキング(2012)のHPを見つけました。
http://daigaku.jyuken-goukaku.com/nyuushi-hensati-ranking/igakubu/
 誰でも知っている大学が上位を占めています。しかし不思議と防衛医大がランキングには入っていません?数年前の雑誌には”防衛医大”が
 東大を抜いて堂々一位で、医師の国家試験合格率100%でした、ちなみにその年の東大は2位で
95%でした。防衛医大の偏差値は全国の医学部で何番目ぐらいでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。No.1です。

No.2さんの回答への補足ですが、東大・京大の薬剤師や医師国家試験の合格率が低いのは、極論すれば卒業生にとってそれらの国家資格が「大して大事ではないい」からです。

例えば薬学部卒業生でも、目指す先が「霞が関の官僚」なら薬剤師免許なんか不必要ですもん(笑。
実際、京大薬学部の卒業生に訊きましたが、卒業予定のかなりの人数は学生は国家公務員上級採用試験の勉強が忙しく、薬剤師国家試験は「お付き合いで受験」程度の認識しかないそうです。

QAO入試と公募制推薦入試って一緒の物ですか?

AO入試と公募制推薦入試と言うのは、
同じ試験なのでしょうか?それとも、別の物になるのですか?
違いがあるのでしたら、宜しければ教えてください

Aベストアンサー

似て非なるものです。
推薦は字の通り、推薦書がないと受けれません。
AOは推薦書がなくても、入学・学習意欲を大学に示す入試方法です。

一般にAOより推薦のが受験基準が高いです。また、AOは1次・2次試験とある場合が多いです。
推薦は主に面接と小論文が試験方法で、AOは1次に自己推薦書や課題論文などを行い、2次に面接および自己プレゼンテーションをします。どちらも、高校での成績が多分に反映されますが、推薦よりAOのが面接に重点を置いています。

大学によりますが、AOの面接時に自己PR用の機材・製作物を持ち込み可などが推薦と違います。

あとは、受験者数が極端に違います。推薦は1学科に10~20名位受けますが、AOは3人~5人くらいです。1人などのときもあります。また、推薦は合格者数を何人と明確に決めていますが、AOは決めていません。ですので、受験者数10人でも合格0人と言う場合もあります。

基本的なところは、日本の大学では推薦・AOは同じような扱いをされていますが、自分を売り込むのがAO入試です。合格者の傾向は、非常に成績優秀や、受験学科に有望な有資格者などが優遇されます。
どちらも、その学科のことをよく理解していないと、質問時答えられないので、受験する場合はよく調査し、あいまいな知識は面接でボロがでますので、切り捨てるか、しっかり見につけた方がいいです。AOは早いところで、7・8月ごろにエントリーを打ち切りになったりしますので、早めに調べておいた方がいいです。

ちなみに私は某私立大学をAOで入りました。10月の頭に合格が決まり、半年くらい受験で忙しいみんなを見るのは、ある意味面白かったです^^。

似て非なるものです。
推薦は字の通り、推薦書がないと受けれません。
AOは推薦書がなくても、入学・学習意欲を大学に示す入試方法です。

一般にAOより推薦のが受験基準が高いです。また、AOは1次・2次試験とある場合が多いです。
推薦は主に面接と小論文が試験方法で、AOは1次に自己推薦書や課題論文などを行い、2次に面接および自己プレゼンテーションをします。どちらも、高校での成績が多分に反映されますが、推薦よりAOのが面接に重点を置いています。

大学によりますが、AOの面接時に自己PR用の...続きを読む


人気Q&Aランキング