今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

簿価の意味がさっぱり分からず困ってます。
「簿価」がかかってくる…とはどういうことですか?
例をあげて説明して頂けると大変ありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「簿価」自体の意味は、他の方がお書きの通りですが、「簿価がかかってくる」という表現は、どのような場面で使用されたのでしょうか?簡単な例ですが、通常は「簿価に貸倒設定率をかけて」とかの表現が使われます。



なお、市場価格のある有価証券は時価評価により簿価に変化が生じます。(金融商品会計による)

この回答への補足

お返事遅くなり申し訳ございません。
「簿価がかかってくる」についてですが、見積もり作成時に経費(付属品代、倉庫代、製品検査代等)を差し引いて利益率15%で見積もっていたのですが、月次実績では見積時にひいてある経費(倉庫代と検査代)が更に引かれて13%の実利益となっていました。

見積時に経費をひいてあるのに、なぜ更にひかれなければならないのか経理に問い合わせしたところ返ってきた答えが「簿価がかかるから」とのことでした。
こういった場合に使用する「簿価」は初耳です。
この表現方法は正しいのでしょうか?

補足日時:2006/03/12 13:10
    • good
    • 12

帳簿に記入された価格です。


購入した価格とも言えます。

償却資産なら、毎年帳簿上の資産価格が低下します。

株券なら、市場価格が幾らになっていても、帳簿上の価格はいつまで経っても変化しません。
(売却段階で売却益や売却損が発生)
    • good
    • 7
この回答へのお礼

参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2006/03/12 13:22

帳簿価格です。

16年度50万円の品を買いました。16年度減価償却15000円したとします。簿価は485000円になります。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

お礼を申し上げるのが遅くなり申し訳ございません。
「簿価」の意味分かりました。ありがとうございます!

更に質問なのですが、「簿価がかかってくる」という表現方法はあるのでしょうか?

お礼日時:2006/03/12 13:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q簿価は誰に払うの?

経理の素人です
今回、会社の資産を捨てるのですが
予算を取って簿価の金額で捨てないといけないらしいとききました
なぜ、わざわざ、お金を払って捨てるのでしょうか
その金額(簿価は)誰に払うのでしょうか

Aベストアンサー

お金を出してアイスクリーム(固定資産)を買うとします
食べているうちに(使っているうちに)減りますよね
そうなると買ったときの値段の価値はもちろんないですよね!
これを減価償却といいます 毎月(毎期)この処理をして
その資産価値を減らします。 
アイスクリームを食べきったとしても(耐用年数を過ぎても)
アイスクリームの袋や棒は残りますよね(残存簿価)
棒や袋をほかす(廃棄)そうなれば手元には何ものこりませんよね
この時点で資産価値は0になりますので廃棄損という感じで処理します。



まず資産を買う(たぶん機械とか工具だと思います)
このときにお金という資産を減らし物という固定資産を買います
この時点でお金は減りますが 対価として同額の固定資産を手に入れることになります。 この時点では 台帳上資産の増減はありません。
固定資産の場合耐用年数というのがあり毎月(毎期)それに見合う分資産価値を減らします。 機械も使っていくうちに古くなったりぼろくなったりしますから当然買った値段(取得額)の価値はないですよね!
それを減価償却といい 資産から費用へ移します
これで 台帳上資産げ減り費用は増加します(単純にお金で物を買った感じですね)

残存簿価(台帳上の資産価値)がいくらかわかりませんが
耐用年数を超過してもその物自体がなくなるわけではありませんので
最低でもいくらかは残っています その物を破棄、もしくは売却するさいその物の資産価値を0にしなければなりません
1000円の簿価が残っているのなら 廃棄損にします
それで資産の台帳から消えることになります。
予算に関してはたぶん廃棄する際業者さんに頼むことになると思いますので その予算だと思いますよ。
簿価に関しては誰かに払うということではないです

お金を出してアイスクリーム(固定資産)を買うとします
食べているうちに(使っているうちに)減りますよね
そうなると買ったときの値段の価値はもちろんないですよね!
これを減価償却といいます 毎月(毎期)この処理をして
その資産価値を減らします。 
アイスクリームを食べきったとしても(耐用年数を過ぎても)
アイスクリームの袋や棒は残りますよね(残存簿価)
棒や袋をほかす(廃棄)そうなれば手元には何ものこりませんよね
この時点で資産価値は0になりますので廃棄損という感じで処理し...続きを読む

Q資産を簿価で売却の仕訳

資産を簿価で売却します。

(1)その際 簿価に消費税をかけて先方に請求していいのでしょうか?(課税業者です)
(2)上記の場合、仕訳は 消費税額が売却益になるのでしょうか?
(3)売却益は課税仕訳でしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>(1)その際 簿価に消費税をかけて先方に請求していいのでしょうか?(課税業者です)
消費税を課税しなければなりません。


 例
<税抜き経理の場合>
    簿価 10,500円の商品の場合
税抜きで簿価10,500円ですから、購入時に消費税を525円支払って
      います。
      (仮払消費税525円が購入時に発生しています)
    (1) 11,025円(税込み)で販売する場合
      現金預金  11,025 / 資   産 10,500
         / 仮受消費税 525
    (2) 10,500円(税込み)で販売する場合
      現金預金  10,500 / 資   産 10,000
      / 仮受消費税 500
         同時に
      固定資産売却損 500 / 資 産 500
を計上して下さい。

    ※いくらで販売するかは御社の自由ですが、課税取引となります。

    <税込み経理の場合>
    簿価 10,500円の場合
税込み経理の場合、税抜き価格が10,000円の資産を購入すると資産
     は消費税も込み(税込み)となりますから簿価は10,500円です。
     (3) 10,500円(税込み)で販売する場合
        現金預金  10,500 / 資   産 10,500
     (4) 11,025円(税込み)で販売する場合
        現金預金  11,025 / 資   産 10,500
/ 固定資産売却益 525
       ※購入した価格よりも高い価格で販売すれば売却益となります。
http://www.tabisland.ne.jp/explain/shohize4/shh4_210.htm

>(1)その際 簿価に消費税をかけて先方に請求していいのでしょうか?(課税業者です)
消費税を課税しなければなりません。


 例
<税抜き経理の場合>
    簿価 10,500円の商品の場合
税抜きで簿価10,500円ですから、購入時に消費税を525円支払って
      います。
      (仮払消費税525円が購入時に発生しています)
    (1) 11,025円(税込み)で販売する場合
      現金預金  11,025 / 資   産 10,500
        ...続きを読む

Q減価償却 残存価額1円の『意味』と『取扱』

減価償却 残存価額1円の『意味』と『取扱』

意味は、備忘価額だと思っていたのですが、あってますでしょうか?
また、『取扱』ですが、1円はいつ償却するのでしょうか?
除売却や廃棄時のみなのでしょうか?

おぼろげな記憶で申し訳ないのですが、
以前、小額減価償却資産の年割りの時
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5403.htm
>  また、取得価額が20万円未満の減価償却資産については、各事業年度ごとに、その全部又は一部の合計額を一括し、これを3年間で償却する一括償却資産の損金算入の規定を選択することができます。

最終年度では、差額で1円も償却したような記憶があります。
この規定と、減価償却では、1円の最終的な取扱が違うのでしょうか??

すこし混同しております。。
お詳しい方に、背景なども合わせて教えて頂けると非常に助かります。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

会計上(貸借対照表上)も税務上も償却性資産の残存価額 1円は、企業内にその資産が存在している限り、償却しません。
すなわち、備忘価額です。
除却や廃棄のように資産が存在しなくなったときに、オフバランスします。


一方、税務上の少額減価償却資産の一括償却資産の損金算入の規定では、残存価額 1円を残さず、全額を3年で償却します。


これは、3年後に必ず除却されるという仮定があるのでしょう。

過年度に一括償却を選択している場合には、その後の事業年度にも継続して一括償却の計算が実施されます。
このとき、3年を経過する前に譲渡もしくは除却等をし、資産が企業から存在しなくなった場合でも、一括償却計算を続けます。

ここに、一括償却を選択した段階で、3年で必ず除却することを仮定しており、必ず除却するという仮定の下での計算であるのだから、備忘価額は残さないのでしょう。

Qやっぱりわからない株式売買時の簿価

最近株を始めたのですが、株を売買したときの受渡し金額と計上金額(簿価金額)が微妙に違うことに気がつきました。昨日の例では、ある銘柄(東証1部)を303円で1000株購入し、当日中に305円で売却しました。買付けの受渡し金額は303,315円、計上・簿価金額も303,315円で同じなのですが、売付けの受渡金額は304,685円、計上・簿価金額は304,000となっており、差額の685円が利益として計上されています。株価と手数料を合わせて単純計算すると、304,685 - 303,315=1370円のはずで、この場合の簿価価格とはいったいどういうことなのかわかりません。特定口座なので税金が1割引かれたとしても数値があいません(現在までのところ損失を出しています)。他の売買銘柄(いずれも東証1部又は大証1部)も同じようなもので損失の場合は受渡し金額より計上・簿価金額がやや高く、利益を得たときは、計上・簿価金額が低く計上されていて、結果的に小額とは言え、利益額はより少なく、損失額はより大きくなっています。過去の質問も検索したのですが、買い足しをしたわけでもなく、どうもよくわかりません。お手数ですが宜しくお願いします。

最近株を始めたのですが、株を売買したときの受渡し金額と計上金額(簿価金額)が微妙に違うことに気がつきました。昨日の例では、ある銘柄(東証1部)を303円で1000株購入し、当日中に305円で売却しました。買付けの受渡し金額は303,315円、計上・簿価金額も303,315円で同じなのですが、売付けの受渡金額は304,685円、計上・簿価金額は304,000となっており、差額の685円が利益として計上されています。株価と手数料を合わせて単純計算すると、304,685 - 303,315=1370円のはずで、この場合の簿価価格とはいった...続きを読む

Aベストアンサー

税法でいう「総平均に準ずる方法」で計算するとそうなります。
315円は売買委託手数料ですね。
(303円×1000株+315円)÷1000株=303.315円
小数点以下は切り上げますので、この銘柄の取得単価(簿価というのかな?)は304円です。
ですので、304円で取得した株を1000株、305円で売ったということです。
あとは、おわかりですよね。
年間通算して損失がなくなってプラスにならない間は、譲渡益税の源泉徴収はありません。

Q簿価単価はどう使うのでしょうか。

毎月の給与天引きで会社の持ち株を買い続けていますが、その時々の給与の何%という買い方をしているので給与の上昇につれて毎月の株買いに充てた金額がいつもばらばらです。
結局自分は今まで合計でいくら投資したのか知りたいのですが、決算報告書からは現在の所有株数位しかわからず結局損をしているのか得をしているのかよくわからず困っています。『簿価単価』というものがそれらしいと聞いたことがありますが、それがわかったとして、どう計算してみれば損得がわかるのでしょうか。
(簿価単価とは何なのか? を素人にも分かりやすく記述したWebが見つけられずにいます...)

Aベストアンサー

持ち株会はよく知りませんが、一般には取得単価と言ってます。手数料がかかる場合は手数料を込みで計算します。

100円で100株、手数料100円だと10,100÷100=101円

上場企業なら株価はわかりますので、取得単価がいくらかわかれば、儲かっているかどうかわかります。株数もわかれば、どのくらいの利益かもわかります。

Q株式を売却する際に絡んでくる”簿価”とは?

今回、ある事情があって株式を売却することに決めました。

最初株を売却する際、1株=株価で売却できると思っていました。
ところが、株式を預けている証券会社の担当の方に問い合わせてみると、
「株価から簿価を引いた価格での売却になります(私自身何て言われたのか良く覚えていません。)。」
と聞いて非常に驚きました。
話を聞いたところ、”簿価”とは株式を購入する際の価格というのは一応理解できてます。
ただその価が絡んで、売却する際に株価から簿価を引いた価格での売却となったら、
これって株価での売却ができないってことなんでしょうか?
さらに聞いてみたところ、株式を売却する際は税金を獲られるというのは承知なのですが、
その対策として簿価というのが存在しているとのことのようで、
それも何故そういうのがあるのかがもう一つ分かりません。
株式を購入する際(私の場合は相続で譲渡してもらって、私自身が直接購入したわけではない)、
亡くなった親がおそらく財産を使って購入したのだと思うのですが、
それでさらに簿価が絡んで株価より安い金額での売却となったら、これって損してるのでは?って思ってしまってます。

私自身株のシステムのことはいまいち理解できてないのですが、
やっぱり株式を所有するとなると、必ず”簿価”というものは付きまとうものなのでしょうか?
また、その売却の際のシステムって一体どんなものになってるのでしょうか?

是非ともご回答お願いいたします。

今回、ある事情があって株式を売却することに決めました。

最初株を売却する際、1株=株価で売却できると思っていました。
ところが、株式を預けている証券会社の担当の方に問い合わせてみると、
「株価から簿価を引いた価格での売却になります(私自身何て言われたのか良く覚えていません。)。」
と聞いて非常に驚きました。
話を聞いたところ、”簿価”とは株式を購入する際の価格というのは一応理解できてます。
ただその価が絡んで、売却する際に株価から簿価を引いた価格での売却となったら、
これって株価...続きを読む

Aベストアンサー

>これって株価での売却ができないってことなんでしょうか?
いいえ。
そんなことありません。
そのときの株価で売買できます。

>それも何故そういうのがあるのかがもう一つ分かりません
簡単にいうと、売った株価から簿価(取得価額)を引いた価額に株数をかけた分が儲けとなり、それに対して税金がかかるということです。
売った株価が簿価(取得価額)を下回れば損失であり、税金はかかりません。
通常、簿価(取得価額)は購入時の株価、取得のための手数料を加え算出されます。

>亡くなった親がおそらく財産を使って購入したのだと思うのですが…
相続の場合、親が購入したときの株価を引き継ぎます。
それが不明の場合は、売ったときの株価の5%となります。

>それでさらに簿価が絡んで株価より安い金額での売却となったら
ありえません。
前に書いたとおりです。

Qリンクの貼り方を教えてください。

初心者です。
メールにリンクを貼る方法を教えて下さい。

相手にメールする時、

ホームページのアドレスを
"ここ"
"こちら"とかの言葉にに変えてリンクを貼りたいのですが

分かりません。お教え願います

Aベストアンサー

 このような場合HTMLメールを使います。
 ただし、HTMLメールは携帯など相手の環境によっては、うまく表示
されなかったり、HTMLメール自体が嫌いな人もいますので、注意して
ください。
 メールソフトがわからないと答えようがないのですが、Outlook Express
の場合で説明します。

1.メッセージの作成画面を開きます。
2.書式(O)-リッチテキスト(HTML)(R)を選びます。
3.「ここ」「こちら」なども含め、メールの本文を書きます。
4.「ここ」「こちら」をドラッグ操作などで反転させます。
5.挿入(I)-ハイパーリンク(H)を選ぶと、リンク先のアドレスを
  聞いてきますので、URLを指定します。

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q財務表の三角マーク(△)は?

財務諸表で数字の隣にみうけられる「△」「▲」「▽」「▼」マークについて教えて下さい。何を意味しているのでしょうか?

Aベストアンサー

(4番の補足)

エクセルで 書式→セル→表示形式→数値→負の数と順に開いてみてください
(1234)-1234 △1234 ▲1234 などと並んでいるはずです。ここでは増減ということは考えず すべて 負の数 であると考えてください

さて、貸倒引当金は負債ではなく資産のマイナス勘定といいます。単に貸倒引当金では 数を加えてしまう恐れがあります。
 500-15≠500+15

すると、貸借のバランスが崩れること(左と右の数字の合計が異なる)になります。債権から控除(マイナス、-)する形式で表示するため、-や△が付くことになります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング