出産前後の痔にはご注意!

 こんにちは、みなさん!!

個人事業主の会計において現金出納帳は必ずつけます。
収入が事業収入だけの場合は事業主はその収入で生活をしていることになります。

家計費の支出についても事業主貸勘定を使い、生活費をとっている仕分けを切ります。

したがって、現金出納帳は家計の現金残高と同じなのでしょうか?

現金出納帳=会社の金庫=事業主の財布となっているのでしょうか?

それとも、会社の金庫(会社の金庫)と事業主の財布は明確に分けられているのでしょうか?

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私は、個人事業主/青色申告者です。


すでに多くの方から回答が寄せられておりますが、私の場合を説明いたしましょう。
わが家には、三つの財布があります。
(1)個人事業の財布
(2)私(個人事業主)の個人的な財布
(3)妻の財布
この三つを明確に分けて、(1)(2)については私自身で現金出納帳を記載しています。((3)については、当然妻が管理)
先般新たに購入した10万円未満のノートパソコンの購入代金は、(1)の現金出納帳に、事業分/個人分=6/4に按分して、事業分→科目「消耗工具備品」、個人分→科目「事業主貸」に仕訳けてパソコン入力しました。
知人から受取った「お祝い金」のような明らかに個人分に該当するものは、(2)にだけパソコン入力しております。
従って、表題の「個人事業主の現金出納帳の現金残高は家計の現金残高と一致?」のご質問への回答は、「一致しません」となります。
以上、ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 2

>家計費の支出についても事業主貸勘定を使い、生活費をとっている…



簡単に考えましょう。
いったん事業主貸と現金出納帳に記載され、事業用の財布から出たお金が「家計」です。その先は、米を買おうと保育料を払おうと、現金出納帳に記載する必要はありません。記帳するならそれは「家計簿」です。

>会社の金庫(会社の金庫)と事業主の財布は明確に分けられて…

「現金出納帳」と「家計簿」とでは、土俵が違います。一緒に相撲を取るものではありません。
    • good
    • 6

#1です



仕訳と現金残高を整理します
(金額は仮定)

・売上金100万円が入金されたとき
借方・預金1,000,000/貸方・売掛金1,000,000

・事業用に現金20万円を引出したとき
借方・現金200,000/貸方・預金200,000
※この時点での事業用現金は20万円

生活費用に現金5万円を振替たとき
借方・事業主貸50,000/貸方・現金50,000
※この時点での事業用現金残は15万円
※事業主の財布現金残は5万円

B/Sにすると

資産の部(期首 借方 貸方 残高)
現金 0 200,000 50,000 150,000
預金 0 1,000,000 200,000 800,000
売掛金 1,000,000 0 1,000,000 0
事業主貸 50,000 0 50,000

貸方
元入金 1,000,000 0  1,000,000
    • good
    • 1

> -----Original Message-----


したがって、現金出納帳は家計の現金残高と同じなのでしょうか?
> -----Original Message-----
結論から言うと違います

> -----Original Message-----
それとも、会社の金庫(会社の金庫)と事業主の財布は明確に分けられているのでしょうか?
> -----Original Message-----
こちらが正しいです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生活費の入出金は現金出納帳に記帳する必要があるか

個人事業者です。

生活費の入出金は現金出納帳に記帳する必要があるのでしょうか?

入金した額の100%を仕事と関係ない支払いに使う場合は記帳する
必要はないと思うのですが、

例えば、3万円入金したとして、
   そのうち1000円だけを仕事の支払いに使い、
   残り29000円を趣味で購入した品の支払いに
使った場合、現金出納帳に「3万円入金」と記帳するとおかしいような
気がします。どうしたらよろしいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

事業と私生活の財布は別に管理するのが原則です。
事業の財布(金庫)から、生活費や事業に関係のない費用を支払った場合、「事業主貸」として記帳する必要が有ります。
反対に、個人の財布から事業の財布へ現金を入れた場あは、事業主借として記帳します。
このように記帳しないと、金庫の中の現金と現金出納帳の残高が一致しなくなります。

私生活の財布から事業の30.000円を入れたら、事業主借30.000円と記帳し、そのうち1000円だけを仕事の支払いに使い、残り29000円を趣味で購入した品の支払いに宛てた場合は、事業主貸29.000円、経費(勘定科目や内容を書く)1.000円と記帳します。

Q預金引出し後に使った事業費・生活費の仕訳について

はじめまして、
手が止まってしまい困っております。
わたくし、青色申告するために帳簿を作成中です。
銀行口座は、事業費と生活費の両方を利用しております。

仕訳方法で分からなくなり、下記事例を挙げさせていただきました。


5月1日 生活費の目的で銀行から\50,000 を引き出した。

ところが急に必要となり、この\50,000から事業用としてパソコンを購入した。
(5月6日 パソコン \40,000 \50,000から現金で支払い)

残りの1万円は、食費等の生活費で使った。


上記の場合、

先ずは、預金出納帳にて 事業主貸/預金/50,000/生活費
として、
パソコンは、現金出納帳に、経費/現金/40,000
残りの生活費\10,000分は、何も入力しない

これで合っていますでしょうか。
事後のことなので帳簿を書き換えれば・・・とも思ったのですが、
銀行の預金明細に\50,000は残ってしまうので、合わない気がしております。

どなたか、お教え願えませんでしょうか。
宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

(1) お金をおろしたとき

   事業主貸 50,000 / 預金 50,000

(2) パソコンを買ったとき

   消耗品費 40,000 / 事業主借 40,000   摘要:パソコン購入


生活費に使った 1万円の仕訳は不要です。


(1)と(2)を連動して考えるのでなく、

(1)は、業務から生活用にお金を持っていった・・・これで終わり。

(2)は、業務用の経費を、事業主のお財布から支払った・・・これで終わり

とお考えください。

Q事業主借・事業主貸時の現金出納帳の記入の仕方教えて下さい

今年の9月から夫が自営業を始めました。私が経理をしてます。(経理経験なし)

事業主借・事業主貸の債権債務帳と現金出納帳の記入に不安があります。教えて下さい。

*事業主借が沢山あり年度末に残った現金(余分に借りていた分)の中から事業主(家庭へ)へ返したいのですが、現金出納帳の適用はどの様に書いたらいいですか?
現金出納帳に・・・。
※使っているソフトは貸方・借方で無く、入金(現金売上/その他)出金(現金仕入/その他)に分かれてます

現金出納帳
  適用         出金その他
返済/事業主借返済    ○○○円    

で良かったでしょうか?


*健康保険・市民税は事業主貸で記帳。と書いていたのですが、実際利益が無いので家庭の貯蓄から払ってますが、現金出納帳に、事業主借/健康保険・出金その他に金額記帳→その後事業主借返済/社会保険料・その他入金に金額記帳としなければなりませんか?

*事業主借をした時は現金出納帳に、事業主借/事業資金 その他入金に金額  と記帳して良かったですか?

*青色申告の書類を記入していたら、貸借対照表の資産の部の合計と負債・資本の部の合計が合いません。
資産の部が少なく、負債・資本の部が多くなります。(事業主借が24万あります)
なので元入金での調整も出来ません。
赤字経営だからでしょうか?
赤字経営の場合でも貸借対照表の資産の部の合計と負債・資本の部の合計は同じになるのでしょうか?

分かりにくい説明になったかもですが、分からない部分は補足しますので宜しくお願いします。

今年の9月から夫が自営業を始めました。私が経理をしてます。(経理経験なし)

事業主借・事業主貸の債権債務帳と現金出納帳の記入に不安があります。教えて下さい。

*事業主借が沢山あり年度末に残った現金(余分に借りていた分)の中から事業主(家庭へ)へ返したいのですが、現金出納帳の適用はどの様に書いたらいいですか?
現金出納帳に・・・。
※使っているソフトは貸方・借方で無く、入金(現金売上/その他)出金(現金仕入/その他)に分かれてます

現金出納帳
  適用         出...続きを読む

Aベストアンサー

>返済/事業主借返済    ○○○円…

「返済」などと言う科目はありませんし、「事業主借」を家庭に返済するなどの考え方もありません。
家庭に現金を回したときは、「事業主貸」です。

>健康保険・市民税は事業主貸で記帳。と書いていたのですが、実際利益が無いので家庭の貯蓄から払ってますが…

家事費から家事費を払っているだけなので、事業用として記帳する意味ありません。

>事業主借をした時は現金出納帳に、事業主借/事業資金 その他入金…

「事業主借をした時」とは、具体的にどういう場面ですか。
・現金を事業会計に回したのなら、
【現金/事業主借】
・家事用預金で事業経費を振り込み支払いしたなら、
【水道光熱費 (例)/事業主借】・・・現金出納帳には載らない

>青色申告の書類を記入していたら、貸借対照表の資産の部の合計と…

お書きの情報だけでは、その原因まではわかりません。
ただ、

>使っているソフトは貸方・借方で無く、入金(現金売上/その他)出金(現金仕入…

お小遣い帳か家計簿用の単式簿記しかできないソフトではありませんか。
それでは 65万円の青色申告控除を取るための帳簿を作ることは無理です。
複式簿記ができるソフトに買い直しましょう。
「個人事業者専用」と銘打ってあるものがよいです。

>赤字経営の場合でも貸借対照表の資産の部の合計と負債・資本の…

それは同じです。
資産、負債ともに同じ数字ですが、期首より期末のほうが少なくなることが「赤字経営」です。

>返済/事業主借返済    ○○○円…

「返済」などと言う科目はありませんし、「事業主借」を家庭に返済するなどの考え方もありません。
家庭に現金を回したときは、「事業主貸」です。

>健康保険・市民税は事業主貸で記帳。と書いていたのですが、実際利益が無いので家庭の貯蓄から払ってますが…

家事費から家事費を払っているだけなので、事業用として記帳する意味ありません。

>事業主借をした時は現金出納帳に、事業主借/事業資金 その他入金…

「事業主借をした時」とは、具体的にどういう...続きを読む

Q現金出納帳の残高を0円にしても良いのか?

個人事業主の帳簿についてお伺いします。
複式簿記で青色申告していますが、現金の扱いで質問します。
本来、事業用と個人用の現金を分けなくてはいけない事はわかっていますが、
実際は、お財布は一つで、夕飯の買い物と一緒に事業で使用するものを買い、会計は一緒で、帳簿上、例えば、
現金残高10,000

消耗品 1,000/現金5,000
事業主貸4,000

現金残高 5,000

このような仕分けと帳簿残高になりますが、実際はお財布の残高とは合いません。
ですので、いっそのこと、このような仕分けで
事業主貸10,000/現金10,000
現金の残高を0円にして、
現金 1,000/事業主借1,000
消耗品1,000/現金  1,000
常に事業主借勘定で経費を処理して現金残高を常に0円にしても良いのでしょうか?

こちらのサイトでも同じ質問が何度かあったようですが、
OK・NO両方の意見がありどちらが良いのか決めかねます。

Aベストアンサー

補足の続き・・

現金残が0円でも、多少残があってもどちらでも変わりません。
事業主勘定をおっしゃる通りつかってもOKです。

ただ調査する立場にたってみると、現金を毎日合わせて、金種表をつけて現金出納帳と合わせている帳簿と分ければ、経費の領収書とか売上の領収書とか調査や会計監査で1つ1つ突合しません。ところが、現金帳簿が無いとなると、記帳漏れや売上漏れの可能性が高くなるので突合したくなるということです。(あっていれば問題が無いのですが、間違いのもとだからと指導をうける場合もあります。)

例えば、こんなケースもあります。(1)車両/事業主借 200万円 車両購入 という仕訳と、(2)車両/現預金(事業用)200万円 を比べてみてください。
(2)に関しては、事業用の資金で車代を支払ったので問題ありません。(1)に関しては、どこからお金をもってきたのだろうと聞きたくなるのです。疑えば、売上漏れの個人資金を事業用に入れたのではないか???と聞きたくなりますよね。・・・事業主貸/現預金で生活費を積立してその資金を車両/事業主借で事業資金に投入したとわかれば問題ないのですが、現金帳簿もなく、通帳をも通さない場合は問題となる場合があります。

現金出納帳をつければベスト、現金勘定を使わず事業主勘定だけで処理するのは、ダメではないがちょっと要注意帳簿ということです。
あとは、売上規模によります。

補足の続き・・

現金残が0円でも、多少残があってもどちらでも変わりません。
事業主勘定をおっしゃる通りつかってもOKです。

ただ調査する立場にたってみると、現金を毎日合わせて、金種表をつけて現金出納帳と合わせている帳簿と分ければ、経費の領収書とか売上の領収書とか調査や会計監査で1つ1つ突合しません。ところが、現金帳簿が無いとなると、記帳漏れや売上漏れの可能性が高くなるので突合したくなるということです。(あっていれば問題が無いのですが、間違いのもとだからと指導をうける場合も...続きを読む

Q電気代を個人口座から引落した時の帳簿記入は?

個人事業での帳簿のつけ方について質問です。
自宅で仕事をしているので電気代と家賃を按分して経費にしたいのですが、この2つは毎月、個人口座の方から引き落としになっています。
それを帳簿につけるとき、
(1)按分した金額を現金出納帳に直接記入していいのでしょうか?
(2)その場合、引落された日付で「電気代○月分 ●%」とするのでしょうか?それとも1年分を合計して12/31付で記入するのでしょうか?
(3)電気代は前月の分を翌月払うようになっているのですが、
12月分は1月の引き落としを待って記入してよいのでしょうか?

初めての申告なのでどこまで細かく考えればいいのかわかりません。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>預金出納帳をもう一冊作って個人口座使用分…

家庭用の口座なら「預金出納帳」など要りません。

【再掲】
事業用の口座から口座から支払っているのなら「預金出納帳」に記載します。
家庭用の口座から支払っているなら、「事業主借」勘定で処理することになります。

>現金出納帳に「事業主借」として記帳するのが楽なのですが…

その電気料等は、とにかく口座引き落としなのでしょう。現金で支払っていないものを「現金出納帳」に載せてはいけません。
現金出納帳に事業主借として載るのは、家計からの「実際の現金」で、事業用経費を支払った場合です。

【再掲】
【水道光熱費】○○円/家事関連費(電気料)/【事業主借】○○円

これは現金出納帳には現れず、『経費帳』に「年末決算」として記載します。

Qローンで買った車の仕訳がわかりません・・

 個人事業主です。仕訳がわからず困っています。
開業にあたって、軽の箱バンを購入しました。
 
 購入価格合計  1.190.000
 頭金       190.000 
ローン      1.000.000 
分割手数料      94.200

総支払額     1.284.200
です。

月々の支払いは1回目¥20.400 二回目からは¥18.200 です。60回払いです。
減価償却、月々の仕訳がわからなくて困っています。
支払いは、個人の普通口座からの引き落としです。
お忙しいところ申し訳ありませんが、教えていただけたらと思います。

Aベストアンサー

1.まず、購入時の仕訳。ここが一番厄介です。

車輌運搬具 (    ) / 現金預金   190,000
租税公課  (    ) / 長期未払金 1,094,200
支払保険料 (    ) /
長期前払費用  94,200

カッコのある勘定科目、全部で3つに分けてありますが、
自動車税などの税金、自賠責保険などの保険部分は
自動車の取得価額に入れずに経費処理した方がお得だからです。
個々の金額はディーラーから受け取った明細で確認してください。

2.月々の支払時仕訳
長期未払金 20,400 or 18,200 / 普通預金 20,400 or 18,200

3.決算時の仕訳(その1)
支払手数料 94,200×○月/60月 / 長期前払費用 94,200×○月/60月 

○月には、取得日から12月までの月数が入ります。
(来年から数年は12が入ります。支払終了年は残った端数を入れます。)

4.決算時の仕訳(その2)
減価償却費  (    )  / 減価償却累計額 (     )

緑ナンバーなら耐用年数3年の定率法、
白ナンバーなら耐用年数4年の定率法で計算します。
中古自動車なら耐用年数を2年まで短縮できます。

1.まず、購入時の仕訳。ここが一番厄介です。

車輌運搬具 (    ) / 現金預金   190,000
租税公課  (    ) / 長期未払金 1,094,200
支払保険料 (    ) /
長期前払費用  94,200

カッコのある勘定科目、全部で3つに分けてありますが、
自動車税などの税金、自賠責保険などの保険部分は
自動車の取得価額に入れずに経費処理した方がお得だからです。
個々の金額はディーラーから受け取った明細で確認してください。

2.月々の支払時仕訳
長期未払金 20,400 o...続きを読む

Q金銭出納帳の書き方・事業主の給料

金銭出納帳をつける場合、収入と支出(経費など)を日付に(年間通して?月ごと?)単に並べて記入していけばいいのでしょうか?
また金銭出納帳の中で経費は勘定科目ごとに集計しておいたほうがいいのですか?アドバイスお願いします。

個人事業者の給料についてですが、給料をどう決めて、金銭出納帳でどう扱ったらいいのですか?

Aベストアンサー

◆金銭出納帳をつける場合、収入と支出(経費など)を日付に(年間通して?月ごと?)単に並べて記入していけばいいのでしょうか?

1.記帳方法
金銭出納帳は、実際に現預金の入金・出金があった日付に、一行づつ、入金は借方(左の欄)に、出金は貸方(右の欄)に金額を記入して、出納帳摘要欄にはその取引の内容を記載します。(例えば、商品売上とか交通費支払い等)

金銭出納帳は上記のように毎日の入出金ごとに記帳して、○月分の出納帳として月単位で作成していきます(これを基に月次試算表が作成されるわけです)。月単位の出納帳が12ヶ月分集まったものが、決算書のベースになるわけです。

2.残高確認
一日分の入出金取引が終了したら、差引残高欄に残高を記入し、実際の現預金有高と照合します。 (現金有高確認の際には通常、金種表を使用します)
 
◆個人事業者の給料についてですが、給料をどう決めて、金銭出納帳でどう扱ったらいいのですか?

個人事業者の場合、個人事業者自身には給料は出せません。個人事業者自身の生活費を支出した場合には、「事業主貸」という勘定を使用して、出納帳に記帳します。(この勘定は最終的に「元入金」・「当期利益」・「事業主借」の勘定と相殺されます。)

個人事業者以外の者にたいする給料については、
給与×× / 現預金 ××
*****/ 預り金 ××(所得税・住民税)
*****/ 法定福利費××(社会保険料)
といった仕訳を切ることになります。

金銭出納帳では、現預金の支出の部分だけを記帳して、給与・預り金・法定福利費などの勘定科目を反映させるために「振替伝票」を作成して、それを会計ソフトに入力します。

仕訳がわからないときは、下記URLをご覧になってください。(仕訳Q&Aのところ)
http://www.otasuke.ne.jp/

参考URL:http://www.otasuke.ne.jp/

◆金銭出納帳をつける場合、収入と支出(経費など)を日付に(年間通して?月ごと?)単に並べて記入していけばいいのでしょうか?

1.記帳方法
金銭出納帳は、実際に現預金の入金・出金があった日付に、一行づつ、入金は借方(左の欄)に、出金は貸方(右の欄)に金額を記入して、出納帳摘要欄にはその取引の内容を記載します。(例えば、商品売上とか交通費支払い等)

金銭出納帳は上記のように毎日の入出金ごとに記帳して、○月分の出納帳として月単位で作成していきます(これを基に月次試算表が作成され...続きを読む

Q個人用口座からの経費支払い時の仕訳がわかりません

今年、個人事業主として初めて確定申告をします。&初めて質問します。

個人用口座と事業用口座があり、個人用口座からの支払いもあります。
その際、
「(1)事業用口座から出金」
「(2)個人用口座へ入金」
「(3)個人用口座から経費引落し」
と3つの工程が発生しています。

この場合の仕訳がわかりません。

例えば、10万円出金、入金、引落しの場合は・・・
(1)事業主貸 10万 / 普通預金(事業用) 10万
(2)普通預金(個人用) 10万 / 事業主貸 10万
(3)経費科目 10万 / 普通預金(個人用) 10万

上記のような仕訳は正しいのでしょうか。
もし、参考になるサイト等あれば教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

事業用口座から10万円を出金して個人用口座へ入金した日:
〔借方〕事業主貸100,000/〔貸方〕普通預金100,000

個人用口座から事業の経費10万円が引落された日:
〔借方〕経費科目100,000/〔貸方〕事業主借100,000

です。


〔参考Web〕
http://boki.popnavi.net/
http://boki.popnavi.net/category/016qa
http://www.ssdesign.co.jp/kaiA/kaiA03/kaiA03.htm

Q開業時の現金出納帳のつけ方

個人事業主として開業する予定ですが、現金出納帳の最初の記入の仕方がわかりません。最初の1行目にどう記入すれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

#1の追加です。

自営業の場合、青色申告にすると、記帳方法によって最大55万円の青色申告特別控除など、税制上の特典があります。
青色申告の特典と申請方法は、下記のページをご覧ください。
http://www.joho-yamaguchi.or.jp/icci/html/zeimu/aosin.html

なお、お近くの商工会か商工会議所(地域によっていずれかが有ります)へいくと、起業・記帳や経費についての指導や相談を無料で受けられます。

Q現金出納帳に記入するんでしょうか? 銀行振込

何年も事務をやってなくて出納帳の書き方を忘れてしまったので
経験者の方ご回答お願いいたします。

※振込帳または振込用紙と通帳を銀行窓口へ持って行き
振り込んだ場合です。
領収書として振込の控えをもらうので他の領収書と一緒に
綴っているんですが、これを現金出納帳に書き込んでよい
のでしょうか?

例えば銀行窓口に通帳と印鑑を直接出して地代を10000円振込ました。
振込手数料は525円です。

10000 現金/ 9475 地代家賃
        525 支払い手数料

それとも直接窓口から振り込んで現金が手元に出る訳ではないので
記入しなくてもよいのでしょうか?
ちなみに通帳には 振込・手数料という風にしか書かれて
いないのでどこに振り込んだかわかりにくいです。
(銀行帳はつけておりません)

昔やってた事務で確か書き込んでた記憶があるの
ですが定かではありませんので何方か回答お願いします。

Aベストアンサー

多分ですが、
かつては現金化の仕訳をしてらっしゃったのだと思います。

この場合正しくは同日処理で

現金 10,000 / 普通預金 10,000

地代家賃 9,475 / 現金 10,000
支払手数料 525

です。

また、小口現金を用意してらっしゃらない点、
当座預金ではない点などから、
もしかして、企業会計ではなく、収支会計なのではないでしょうか。
そうなりますと、現預金を合わせた出納帳になっていたりもします。
いづれにしても、出金について、支払先と内容は記帳されなければなりませんね。


人気Q&Aランキング