『めまい』は、カネで雇われた女が、アリバイ工作のために中年男を誘惑する話でしたが、謎解き以上に、それ自体がトピックでした。
そんな具合に、仮装された誘惑が、大きく取り上げられている映画を比較・鑑賞したいと思っております。
別に、それで論文を書くというわけでもありませんが…
(ただし、『氷の微笑』のように容疑者が直接誘惑してくるパターンには、イマイチ乗れないことを付記しておきます)
というわけで、このような私向きの作品をご紹介下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

単純な悪女の誘惑ではない誘惑、と解釈しました。



「仕立て屋の恋」(89年仏)なんてどうでしょう?・・誘惑される「仕立て屋」さんがせつないっす。

あと「バウンド」(96年米)。
かっこいい女二人が恋人同士で、男も誘惑する。

「L.A.コンフィデンシャル」(97年米)のキム・ベイシンガーも、詐りの誘惑っぽいかなあ。

どれもサスペンスっぽくて、かっこいい映画です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃるとおり、悪女の誘惑では、面白くないのです。
なんというか、誘惑するほうも、自発的ではないほうがイイし、誘惑されるほうは、まさか騙されているとは気づいていない、という双方それぞれの事情が面白いのであって、しかも、それでいて、情熱的な恋愛が成立してしまう、という不思議さに興味があるわけです。

「仕立て屋の恋」――私にとって、食わず嫌いのルコント作品ですが、一度、上記の観点から観てみようか、と思います。
「バウンド」は初耳のタイトルです。直感的に、なんだかズレていそうですが、一応、心に銘記しておきます。
「LAコンフィデンシャル」は、昔観たことがあるのですが、誘惑のエピソードがあったかどうか、忘れてしまいました。再度観てみることにいたしましょう。

お礼日時:2006/03/28 01:02

エロB級だけど



『ワイルドシングス』(1998年 アメリカ)とか。

わりと面白い。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報提供に感謝します。
巷では人気作品のようですが、私は初めて耳にしたタイトルです。
観る機会があれば、念頭に置いて鑑賞します。

お礼日時:2006/03/28 00:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画「氷の微笑」で犯人は誰ですか?

映画「氷の微笑」を見たのですが、最後まで犯人がはっきりしませんでした。
犯人はずばり、シャロン・ストーンでいいんでしょうか?
それとも女性心理官でしょうか?

Aベストアンサー

引用
>なお、余談ではあるが(そして完全ネタバレだが)、シャロン・ストーンが1998年に行われたインタヴューにおいて、犯人がキャサリンだということを明かしている。
>また、ラストシーンでキャサリンがニックとベッドを共にするが、あの後でニックはキャサリンに殺されることになるとも語っている。

参考URL:http://www1.kcn.ne.jp/~pop/spcpm/razzieno/basic_instinct.html

Qわけがわからない映画

私は夢なのか現実なのか分からないような不可思議な世界が大好きです。
ですがそのような作品は、暴力・グロテスク・セックス描写があり、私はそのような描写が苦手なのでなかなか私が求める映画に出会えません。
そこで皆様にそのような描写がないもので、不条理で多少破綻しているような作品を教えていただきたいと思い、質問させていただきました。
自分でもうまく説明できなく、質問内容が分かりにくくなってしまいましたが、少しでも「この作品はどうだろうか」と頭に浮かんだものがありましたら、ぜひ教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.11です。忘れ物がありました。破綻してませんが

「ドニー・ダーコ」
http://www.eonet.ne.jp/~ginyu/040710.htm
結末には整合性はあるのですが~

「ツバル」
http://www.hijiyama-u.ac.jp/users/ksks/eiken-1999.html#anchor174924
不思議な世界ではあります。

「散歩する惑星」
http://www.jtnews.jp/cgi-bin/review.cgi?TITLE_NO=7938
正直理解できませんでした。

Qビデオ上映会を都内でしたいのですが

2002年3月頃、外国の映像作家が制作したビデオ作品を都内で上映したい
のですが、あまり高額な料金でなく借りることの出来る施設をご存知の方は
いらっしゃいませんでしょうか?
入場料金をとるつもりもないのですが、そのあたりはまだ流動的です。
ぜひぜひ よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

プロジェクターをお持ち、または別途レンタルできますか?
それでしたら、使用料は1日10万円と高価ですが、晴海埠頭にあるターミナルホールがおすすめです。
消防法の定員は600人ですが、500人も座るとちょっと狭いかもしれません。
入場料を取る事についての制限は無いようです。
電動で降りるスクリーンだけは装備されています。
暖房費も椅子や机の使用料も込みの使用料です。
ある程度の音響装置と照明装置もあり、追加料金無しで使用可能です。
ただし、駐車料金は別途必要です。
また、夜は片づけ時間を入れて9時30分までの使用時間になっています。
(追加料金2万円で翌日の午前中に片づけるのも可能です)
予約は3ヶ月前の1日ですから、3月中の分はすでに受付開始です。
もっとも、平日でしたら大抵は空いています。
休日も、空いている場合が多いです。
問い合わせは、9時から5時の間に、直接管理事務所にお問い合わせください。
03-3536-8651

路線バスも本数が多く、駐車場もあります。
なにしろ、デートコースとしても有名な晴海ですから、夜はアベックだらけという…
ホール内部からも、レインボーブリッジが一望です。

プロジェクターをお持ち、または別途レンタルできますか?
それでしたら、使用料は1日10万円と高価ですが、晴海埠頭にあるターミナルホールがおすすめです。
消防法の定員は600人ですが、500人も座るとちょっと狭いかもしれません。
入場料を取る事についての制限は無いようです。
電動で降りるスクリーンだけは装備されています。
暖房費も椅子や机の使用料も込みの使用料です。
ある程度の音響装置と照明装置もあり、追加料金無しで使用可能です。
ただし、駐車料金は別途必要です。
また、夜...続きを読む

Q「それでも僕はやってない」

「それでも僕はやってない」
この作品が伝えたかったことは・・・

・日本の女は平気で痴漢をでっちあげるから気をつけろ
・電車に乗ったら女には近寄るな
・警察は女の主張しか聞かない
・世間はどんなときでも女の味方

こういう感じですか?

少し前に痴漢が逆転無罪になったようですが、ほんとよかったです。痴漢でっち上げ女ざまあ(笑)って思いました。
日本中の痴漢でっち上げ女に天罰が下りますように。アーメン(-∞-)m↑

Aベストアンサー

男性と女性の違いはいろいろありますが、違いの一つに異性がどのような仕打ちに遭おうとも自分が直接手を下していないならどうだっていいというのがあります。
たとえば女性は人を殴ったり暴力的なことはしませんが、自分が痴漢の被害に遭ったと申し出ることにより男が人生のすべてを失うことになるなどカンケーないんです。ひどいよね。お尻を触られたのならその場で平手打ちかひじ鉄でやりかえせ! と言いたいです。
痴漢→女性の尻を触った。
被害者→加害者の頬を引っ叩いた。
これでおあいこです。
ところが女性はそれをせず警察に突き出すんです。
勘違いでないのであれば仕方ないと思いますが、なにしろ満員電車で痴漢は後ろから来るんです。誰かわかりません。手をつかまえればいいと言いますがそれだって100%じゃない。たとえば斜め後ろに痴漢がいて、女性はこの次触ったらつかまえてやると身構えていた。そこへ真後ろの善良なサラリーマンが鼻がかゆくなり掻こうとして手を持ち上げたら前の女性のお尻に触ってしまい、そこで誤認逮捕となる可能性があります。
どうして女性は一言止めてくださいと言わないのだろうか? やめない人間がいればそれはもう痴漢じゃない。暴漢だ。そんなのはとっとと死刑にすればよい。

男性と女性の違いはいろいろありますが、違いの一つに異性がどのような仕打ちに遭おうとも自分が直接手を下していないならどうだっていいというのがあります。
たとえば女性は人を殴ったり暴力的なことはしませんが、自分が痴漢の被害に遭ったと申し出ることにより男が人生のすべてを失うことになるなどカンケーないんです。ひどいよね。お尻を触られたのならその場で平手打ちかひじ鉄でやりかえせ! と言いたいです。
痴漢→女性の尻を触った。
被害者→加害者の頬を引っ叩いた。
これでおあいこです。
ところが女...続きを読む

Q「アメリカ映画は嫌い、観ない」と言う方、それは何故?

映画大好き主婦です。今年も既に120本近く映画館へ足を運んで観ました。
西部劇とかミュージカルとかほとんど観ないジャンルもありますが、
大抵どんな作品でも観ます。心を締め付けられるような作品も好きです。
が、概して「楽しくなければ娯楽としての映画ではない」と思っています。
その定義?に添って、以前はほとんど単純に楽しめるアメリカ映画が圧倒的に多かったのですが、
最近食傷気味になって来まして・・・。
マイ・ページをご覧になって頂くとお判りのように、アメリカ映画は半分以下に減少しました。
やたら制作費をかけまくったり、いかにも「アメリカ・イズ・No.1」
と言わんばかりの内容だったりすると、特にウンザリ・・・。
今度のお正月映画である「ハリポタ」も全っっっ然観る気ナシ。「マイノリティ・リポート」も然り。
なのに「ハリポタ」が複数の映画館で上映されている為、お陰で観たい作品がなくなりそう・・・。
あ、「K-19」だけは観ますよぉ。ハリソン、好きだから。笑

私のような方も中にはいらっしゃいますよね?
「アメリカ映画は嫌いでほとんど観ない」と言う方、その理由を教えて下さい。
お好きな映画はどこの国で製作されたものですか?
また、あなたの生涯でのベスト作品・今年になってのベスト作品も合わせて教えて下さい。
ちなみに私の生涯&今年のベストは「マイ・ページ」をご覧下さい。

映画大好き主婦です。今年も既に120本近く映画館へ足を運んで観ました。
西部劇とかミュージカルとかほとんど観ないジャンルもありますが、
大抵どんな作品でも観ます。心を締め付けられるような作品も好きです。
が、概して「楽しくなければ娯楽としての映画ではない」と思っています。
その定義?に添って、以前はほとんど単純に楽しめるアメリカ映画が圧倒的に多かったのですが、
最近食傷気味になって来まして・・・。
マイ・ページをご覧になって頂くとお判りのように、アメリカ映画は半分以下に減...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。映画、たくさん観られているんですね~!
私はボチボチ映画好き人間…といったところでしょうか。

アメリカ映画は5年ほど前までは好き(というかシュワちゃん好き)でよく観ていましたが、最近あまり観なくなりました。
パターンが決まってて大体の展開が読めるので、面白くない…と思うんです。
例えば(あくまで私的見解)…
アクション映画…イキナリ事件に巻き込まれる主人公!(火薬ナンボ使こてるねん!な大爆発)→悪戦苦闘(カーチェイスは外せない?)→その間もアメリカンジョークは忘れない→(行きずりの恋?)→(家族)愛のチカラで形勢逆転、勝利!
戦争映画…やはり火薬の出血大サービス!→仲間の死を乗り越えて戦う主人公→ここでも(仲間or家族or恋人)愛のパワー?で危機脱出→「いろいろあったけど」大勝利!アメリカ万歳!
のような流れができているのでは…?と思うのです。
「感動もの」にしても最近はやたら家族愛と祖国愛を前面に押し出しているような気がして…感動できません。

そんなアメリカ映画に食傷気味な私は、ヨーロッパの映画やアジアの映画に走っています。
北欧の映画は色彩がきれいでホノボノしていて好きです。「マイライフアズアドッグ」や「ロッタちゃん…」は特に。
フランス映画は、たまに結末に「?それでいいのか?」と突っ込むこともありますがあのけだるさが、アメリカ映画に疲れた私にはいいみたいです…
アジアの映画は、やはり民族的に近いせいか感覚が通じているようでムリなく楽しめるところが好きです。タイの「アタックナンバーハーフ」面白いですよ~!北朝鮮の怪獣映画「プルガサリ」は狙い(おそらく悲しい話)とは裏腹に笑える映画です。

アメリカ映画を観ることは減りましたが、そのかわり今まで「映画を作っているなんて知らなかった!」国の作品を目にする機会が増えて、よかったと思います。ハリウッドも他国での興行が不振になってくれば、少しは映画作りを変えてくるかも…

こんばんは。映画、たくさん観られているんですね~!
私はボチボチ映画好き人間…といったところでしょうか。

アメリカ映画は5年ほど前までは好き(というかシュワちゃん好き)でよく観ていましたが、最近あまり観なくなりました。
パターンが決まってて大体の展開が読めるので、面白くない…と思うんです。
例えば(あくまで私的見解)…
アクション映画…イキナリ事件に巻き込まれる主人公!(火薬ナンボ使こてるねん!な大爆発)→悪戦苦闘(カーチェイスは外せない?)→その間もアメリカンジョークは忘れ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報