普段はMacを使っていますが、今回ちょっと98も扱うようになりました。そこで、Windows機についてお聞きしたいのですが、ハードディスクを取り替えたいと思っています。MACのように簡単(工具なしでコネクターの差し替えだけ、OSの設定も不要)に出来るものでしょうか。
機種はNEC PC-9821XC13でハードディスク容量が2Gしかないようなのでソフトのインストールに備えて大容量にしたいのです。また、Windows95は何十GBでも扱えるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

PC-9821シリーズは内蔵のHDDインターフェイスでの上限は8.4GBまでになっています。



ですので、現段階では8.4GBのIDE接続のHDDが最大容量となります。(しかも転送速度が激遅です。)
この容量のHDDは市場から消えてしまっているので中古や、店頭在庫、オークション等で
探さないといけません。

この改善策として
http://www.iodata.co.jp/products/ifoption/uide66 …
このような98シリーズに使えるUATA66のボード刺す方法があります。
これを使うことによって32GBのHDDが使えるようになり速度も改善されます。

もしくは
http://kuroutoshikou.com/products/chanpon3/chanp …
このような製品でSCSI化することも出来ます。

9821シリーズは快適に使おうとすると一台パソコンが買えるぐらいの予算がかかるので
予算を決めてPowerUPさせるのが良いと思いますよ。

ご参考までにどうぞ。。m(__)m
    • good
    • 0

既にBENIGENさんが回答を寄せていますが、補足させて頂きます。



NEC PC-9821XC13のHDDの上限は4.3Gです。

また使用OSが「Windows95」と有りますが、OSR2.1以上の物でないとFAT32のファイルシステムが使えませんので、1パーテーションの最大容量が2Gとなります。
(商品検索の結果W95インストールモデルのようですので、OSR2.1かと思いますが)
ご承知置きください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハードディスクの容量が本来より少なく表示されます。、ハードディスクの壁でしょうか

ハードディスクの壁でしょうか。HDDの型番からすると80GBの容量のはずですが、37GBと容量が少なく表示されます。本体はNECノートPCです。全容量を使えるようになる方法を教えてくだい。

オークションで中古のNEC製ノートPCを購入しました。商品説明には内蔵HDDは40GBとありました。マイコンピュータをクリックすると確かに37GBほどの容量のCドライブがあります。システムのデバイスマネージャを見るとMK8037GSXとあり型番からすると東芝製の80GBのHDDです。コントロールパネルの管理ツールからディスクの管理で確認すると37GBのパーティションしかありません。OSは純正リカバリではなくXPがクリーンインストールされておりリカバリ領域はなくほかのパーティションもありません。
ハードディスクの壁でしょうか。あるいは別の原因でしょうか。
本来の80GB近い容量を使えるようになる方法をどなたか教えてください。PCは2年ほど前のモデルです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

容量制限は容量制限でもこの場合はメーカーが意図的に制限を掛けて出荷しているんでしょう。
容量制限をしているHDDなら、取り出すと「Capacity 40GB」などと制限を示すシールが貼ってあると思います。

上位機種と同じHDDを購入したとか大容量化で40GBのHDDより安価だったなどコストダウンの為、メーカー製のパソコンではたまに見られます。


ちなみにこの容量制限は解除する事が可能な場合があります。
HDD 容量制限 解除などの語句で検索してみてください。

当然ながら制限解除を行うとOSの再インストールが必要になるので、リカバリCDがない(作成できない)なら、後になって「音が出ません」とか~が出来ませんと言った質問をしないで済むように必要なドライバ類の用意やOS再インストールの手順などの確認や準備は事前にしっかりと行った上で試してください。

Q9821のハードディスク交換についてお尋ねします

9821Cu13を所有しています。OSは箱物のWIN98SEを入れて使っていました。

先日ハードディスクにエラーが発生し、起動が不安定になったので再インストールを試みたところ、CHECKDISKの段階で問題が発生し、あきらめてHDDを買い換えることにしました。

要領は8.6GBなのですが、ジャンパ設定のところに
”Limit drive capacity to 2.1Gbytes(4,092cylinders)とあり、2.1GBとして使えば問題ないのではないかと思い、購入してみました。

しかし、接続してみるとFDDのセットアップディスクの起動がなぜかできず、HDDのアクセスの音はするのですが、メモリチェックから先に行きません。

乱暴とは思いつつも、古いほうのHDDをつなげてFDDで起動した後、新しいHDDを差し替えてFDISKコマンドやDISKINITコマンドを試したのですが、認識してくれませんでした。

なんとかこのハードディスクを使えるようにする方法はないものでしょうか?皆様の知恵を貸してください。
よろしくお願いします。

9821Cu13を所有しています。OSは箱物のWIN98SEを入れて使っていました。

先日ハードディスクにエラーが発生し、起動が不安定になったので再インストールを試みたところ、CHECKDISKの段階で問題が発生し、あきらめてHDDを買い換えることにしました。

要領は8.6GBなのですが、ジャンパ設定のところに
”Limit drive capacity to 2.1Gbytes(4,092cylinders)とあり、2.1GBとして使えば問題ないのではないかと思い、購入してみました。

しかし、接続してみるとFDDのセットアップディスクの起動がなぜかできず...続きを読む

Aベストアンサー

私も9821のハードディスク交換では苦労した経験があります。98シリーズでは通常4.3GB以上のハードディスクは認識できませんので、メルコのダウンロードページ(参考URL)で『ADVANCED BIOS for PC9821』をダウンロードし、添付のPDFマニュアル通りにやって8.4GBのHDDに交換したことがあります。手順がちょっと複雑になりますが、がんばってください。

参考URL:http://buffalo.melcoinc.co.jp/download/driver/hd/dbi-n.html

Qハードディスクはなぜハードディスクと呼ぶのか

ハードディスクはなぜハードディスクと呼ぶのでしょう。 名前の由来を教えてください。
また、ハードディスクがあるなら「ソフトディスク」もあるんでしょうか。
お願いします。

Aベストアンサー

ハードディスクという言葉はフロッピーディスクに対する言葉として
パソコンの世界で発生しました。

パソコンの初期は外部記憶といえばカセットテープ、
次にフロッピーディスクの時代がしばらく続き、その後磁気ディスクが登場したので
ハードディスクと呼ばないと区別が付けにくかったのです。
フロッピーディスクが主役の時代のOSがディスクオペレーティングシステムと
呼ばれていたぐらいでしたから。
一度はフロッピーディスクが主役の時代があったのです。

ちなみに大型機の世界では、いまだにIBMも日立も「ハードディスク」といわず
単に「磁気ディスク装置」と呼んでいます。
1956年磁気ディスク登場、1970年FD登場。しかしそのときには磁気ディスク(いわゆるハードディスク)が主役の立場でしたので
わざわざハードと言う必要もなかったのです。
大型機の世界ではFDは常に脇役だったからです。

Q内臓ハードディスクか?外付けハードディスクか?

みなさんに教えていただきたいのですが、ハードディスクを購入しようと思っています。購入したハードディスクにゲームや音楽を入れようと思っているのですが、どちらがいいのでしょうか?デスクトップなので、内臓ハードディスクの増設は可能です。しかし実際気にしているのは速度のほうで、内臓ハードディスクの場合IDE接続でつなぎます。UltraATA100と説明書には書いてあります。外付けの場合USB2.0で接続します。どちらのほうが速いですか?ただ外付けのハードディスクだと内臓よりデータがスムーズに流れるかどうか心配なんで、皆さんの意見を参考にしたいと思います。

Aベストアンサー

>どちらのほうが速いですか?
内蔵ATA接続の方が早いです。
ATA100は規格上100MB/sですが、USB2.0は規格上480Mbps=60MB/sですから・・・。
(どちらも実際の転送速度はもっと低いですけどね。)

http://www.mars.dti.ne.jp/~suzunari/suz/doc/dat/hd_interface_speed.htm

内蔵が出来るのなら、内蔵をお勧めします。
ただし、古い機種での内蔵接続は、容量の壁が有る場合もありますので、ご注意下さい。

http://www.tadachi-net.com/pc_info/ide.html

Qポータブルハードディスクと置型ハードディスクの違い

外付けハードディスクには、USBで電源を供給するポータブル型とコンセントから電源を供給する置型がありますが、性能や耐久性で違いはあるのでしょうか?また省エネ性はどちらの方が高いのでしょうか?
どちらを購入するか検討をしています。パソコン周辺機器に詳しい方、ご回答の程お待ちしています。

Aベストアンサー

>性能や耐久性で違いはあるのでしょうか?

性能については基本的には3.5インチのHDDを使った据え置き型の方が上です。
HDD内のディスクの直径が大きいし、ヘッドの移動速度も速いため、読み書きのどちらもポータブル型より勝る場合がほとんどです。

耐久性については、そもそもの用途が違うので比較出来ません。
据え置き型はパソコンデスクの上などに固定して使いますが、ポータブル型の場合は普段から持ち運んだりすることが多いので振動や衝撃を受けることが多いです。
HDDというのは振動や衝撃に弱いため、どちらを使う場合もなるべく優しく扱うことが重要です。
また、HDDは熱にも弱いため、熱が篭りやすい場所に置くのはおすすめ出来ません。
なるべく空気の流れがある場所に置くことをおすすめします。

>省エネ性はどちらの方が高いのでしょうか?

省エネ性については断然ポータブル型ですね。
USBケーブル1本で使える=消費電力は2.5W未満ということなので、アイドル時でも5~6Wくらいの据え置き型と比べて半分くらいになります。
ただ、この程度の差では大した省エネ効果はありませんけど。
毎月の電気代に換算すると、1日8時間30日使ったとしても15円程度、24時間使っても50円弱しか変わりませんから。

>性能や耐久性で違いはあるのでしょうか?

性能については基本的には3.5インチのHDDを使った据え置き型の方が上です。
HDD内のディスクの直径が大きいし、ヘッドの移動速度も速いため、読み書きのどちらもポータブル型より勝る場合がほとんどです。

耐久性については、そもそもの用途が違うので比較出来ません。
据え置き型はパソコンデスクの上などに固定して使いますが、ポータブル型の場合は普段から持ち運んだりすることが多いので振動や衝撃を受けることが多いです。
HDDというのは振動や衝撃に弱いため、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報