ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

別に菜の花畑に限定しなくても良いのですが・・・・・

一面の菜の花畑の中にいる人物を撮影します。
顔に露出を合わせると、どうしても菜の花が露出オーバーで飛び気味になります。これでは菜の花を綺麗に表現できません。
逆に菜の花に露出を合わせると、人物の顔が露出アンダーになってしまいます。
人物も菜の花も適正露出にするにはどうしたらよいでしょうか?

自分なりに2つの方法を考えました(デジタルカメラでの撮影です)

1.顔に露出を合わせて撮影した後、今度は菜の花に露出を合わせて撮影する。フォトショップで2つの画像を合成して、両方とも適正露出の画像を作る。
2.ケンコーNDフィルターの中心付近に穴をあける。それをレンズに装着して、穴が空いた部分を人物に合わせて撮影する。

他によい方法があれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

「顔に露出を合わせると、どうしても菜の花が露出オーバーで飛び気味になります。


これでは菜の花を綺麗に表現できません。
逆に菜の花に露出を合わせると、人物の顔が露出アンダーになってしまいます。
人物も菜の花も適正露出にするにはどうしたらよいでしょうか?」

これって状況的に逆光で写してますよね?順光だったら露出差あまり出ないでしょうから。
こういう場合はお互いの露出差を埋めるのがいいですね~。例えば日中シンクロで人物
を明るくしてあげる・・・・
でもこれだとD100のISO感度設定200からだしシンクロスピード1/160だからかなり
絞り込む事になるのでねらい通りの絵にならないかもね。
だとしたらレフ板使って光を起こしてあげる以外方法はないですね。
大きなレフでよほどうまく当てないと露出差埋まらないと思います。
で、極力レンジを広く撮影する意味でRawで撮ると救われてくる部分もあるかと
思います。またニコンキャプチャー(ニコンの別売りソフトです。これから買うなら
新しいCapture NXがおすすめです)をお使いならD-ライティングによってこの露出差
多少なりとも救われてくるでしょう。
http://www.nikondigitutor.com/jpn/8400/06/b/06_b …

質問者さんが考えた方法についてですが

「1.顔に露出を合わせて撮影した後、今度は菜の花に露出を合わせて撮影する。
フォトショップで2つの画像を合成して、両方とも適正露出の画像を作る。」

フォトショップを使っている現場ではこのような露出差を埋める合成やりますね。
でもこの場合キリヌキ合成ではダメだと思います。露出差を考えた場合どうしても
合成っぽくなります。やるならまったく同じカットを三脚でも使って露出をばらして
2パターン撮りそれをレイヤー2枚使って合成でしょうね。

「2.ケンコーNDフィルターの中心付近に穴をあける。それをレンズに装着して、
穴が空いた部分を人物に合わせて撮影する。」

アイデアは良いですがうまくいくか?ですよ。1のアナログバージョンですから1のが
いいですよ

現実的にはレフで顔の光を極力起こし、可能であればD-ライティングで救うか
レタッチで救う感じでしょうか。
たぶん補助光がなんらの形で入ってないと菜の花の黄色が顔などに写り込んで
(D100はただでさえも黄色浮きますからね)そっちのが僕は気になってしまい
ますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2006/03/18 04:01

ちょっと言葉が足りませんでした。


前の方のコメントで菜の花の輪郭を気にされてますよね?10年前からポートレートされいるって事なのでわかっているとは思いますが被写界深度の関係で輪郭ははっきりしないと思います。
たぶんレンズは標準~100mm前後使ってますよね?
でこれってある意味色飽和している状態なので(フィルムでもしますよ)はっきり出す事は出来ないですよ。
あとレフは当てているという事で、顔の明るさと背景のバランスがこれくらいならソフト側の補正がいいですよね。フォトショップでも出来ますけど(サンプル見た限りでは自動選択範囲で人物と菜の花を分けて、クイックマスクにして周辺ぼかしてお互いの露出を好みにすれば救えそう)、ソフトの知識があまりないならキャプチャーNXのD-ライティングで何とかなりそうですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

サンプルはすべて50mmの単焦点レンズだけで使用して撮影しました。
絞りはバラバラですが、f4~f11です。すべてRAW撮影です。
デジタルカメラを使い始めた頃はjpegで撮影していましたが、ピントがぼやけることで悩んでいました。特に屋外撮影では全体的にピントがぼやける。f11で撮影してもぼやける。フィルムの時はなかった現象です。
それで現在ではRAWのみで撮影しています。

お礼日時:2006/03/18 06:19

アップされているサンプルを拝見しましたが、気にするほど悪くありません。

菜の花に至っても極端に露出オーバーとは思いませんね。人物の顔がやや暗いという事は思いましたけど、例えばフォトショップで顔の明るさを標準に補正して、菜の花がもっと明るくなってもこの花の中で撮るポートレートとしては成功だと思いますがいかがでしょうか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
創意工夫により、モデルも菜の花も適正露出で撮りたいと考えています。
レタッチなしで実現できることが一番良くて
次がレタッチで修正するやり方です。

15年くらい前は、レンズの中央以外の部分にポマードを薄く塗って撮影したりしていました。そうするとモデルにはピントが合うけどその他の部分はボンヤリとした写真が撮れます。つまり「ファギー」フィルターを使用したような撮影(「センターフォーカス」フィルターの方が近いかもしれません)ができます。それと同じようなアイデアをもっている人がいるのではないかと考えました。

お礼日時:2006/03/18 06:13

No3です。

ヒストグラムはどうなってるんでしょうか?レベルを超えてオーバーになった物はいくら明るさを押さえても再現されません。花畑を焼き込んでも輪郭が飛んでいるのであればアンダー目の写真で修正します。フォトショでのコントロールでも何通りかのアプローチがありますが単純に花の適正の写真から人物だけ「覆い焼きツール」する方法。人物のマスクを作ってトーンカーブかレベル補正で調整する方法。RAW現像時に露出補正で同一写真の花の適正写真分と人物適正写真分を用意してレイヤーで重ね邪魔な部分を「消しゴムツール」で消していく方法。などありますが自分は最後のやり方が案外楽で時々使っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>自分は最後のやり方が案外楽で時々使っています。
僕も同じ方法を使っていますが、もっと良い方法があるのではないかと考えて質問しました。

お礼日時:2006/03/18 04:10

もう一つ、あまりよい方法ではありませんが、ネタとして紹介します。

それは、ハーフNDフィルターを使うことです。問題は人物の顔と背景の菜の花に輝度差があり、それがフィルムのラティチュードを超えてしまうために、顔が暗くなったり、菜の花が飛んでしまうのですから、菜の花にハーフNDをかけて、顔にはレフを当てます。ただし、この方法だと、構図が制限されると思います。
    • good
    • 0

1.ダイナミックレンジの広いデジタルカメラに買い換える。



2.日中シンクロ、できれば外部ストロボを望遠設定し、顔をめがけて日中シンクロする。

>1.顔に露出を合わせて撮影した後、今度は菜の花に露出を合わせて撮影する。フォトショップで2つの画像を合成して、両方とも適正露出の画像を作る。

フォトショップを使えるなら良い方法だと思います。
私の場合は、ブラシマスクを使って顔を柔らかくマスクし、トーンカーブで明るさ調整しているので合成はしていません。
L判程度のプリントの時は「覆い焼きツール」を使いっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ブラシマスクを使って顔を柔らかくマスクし

これは良いかもしれません。
菜の花に合わせて撮影して、後からモデルだけプラス補正するレタッチもやったことがあるのですが、ちょっと不自然になってしまいました。
19日または21日にも菜の花畑の中で撮影するので試してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/18 04:04

少し整理しましょう。


質問には2つの課題があるように思われています。
1.黄色の花に露出が合わない。
2.大きく明暗差のある被写体に対する対処
NO.1さんの回答は、いずれも対応できません。マルチスポットで測光しても、反射光ですし、絞り羽根は一つですので、明暗差は解決しません。No.2さんの回答は、課題1に対応していますが、質問者は別々に撮影する技術はありそうです。しかもデジカメなので直しながら撮影できます。No.3~5の回答はいずれも同じ事を言われています。人物写真の撮影では、常識的です。同じ事を書いてもしょうがないので、ちょっと違ったアイディアを。(過度の期待は禁物ですが)既に撮影したものをお持ちなら、一部のプリンターなどに搭載されている逆光補正に機能を使ってみるのも手かもしてません。もしくは、部分的に明るさを調整してしまうというのはどうでしょう。あくまでも、事後策ですので、基本的にはレフ板やストロボの使用をお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。基本的にプリントアウトはやらないのです。

質問にもっと詳しく説明すべきでした。
1.デジタルカメラでRAWで撮影
2.スポット測光を使用
3.120cmの白レフを使用、銀レフは色が不自然になるので使いたくない。
4.ストロボも不自然な仕上がりになるので使いたくない。
5.プリントアウトはほとんどやらない。
6.ほとんどのポートレートを逆光で撮影している。
7.ポートレート撮影歴20年だが、デジタルカメラでの撮影は5年程度しかない初心者である。あまり写真は上手くない。

以上です。

お礼日時:2006/03/15 11:50

2つの方法があります。



方法1:日中シンクロという方法です。簡単にはストロボを使用します。カメラがおそらくデジカメのようですね。ストロボの露出は顔に合わせ、絞りを開き気味にして菜の花の光も写すという方法です。「日中シンクロ」で検索してみてください。

方法2:大きな白い紙を使います。画用紙などでよいです。それを画板のような薄い板に画鋲で留め、その紙の反射光を顔に当てます。曇っているときは、アルミホイルでも良いですが、一度クシャクシャにしてから伸ばして使います。こちらの方が面倒ですが、撮影後のあがりを予想できて楽だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日中シンクロは10年くらい前はよく使いましたが、どうしても不自然な感じがするので、今は使っていません(バウンス発光は室内撮影で時々使います)

撮影には120cmの白レフを使用していますが、それでは明るさを補いきれないのです。そうかといって銀レフは不自然な仕上がりになるので使いたくないのです。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/14 07:27

1.2つの露出差の無い時間に撮る


2.2つの露出差の無い方向で撮る(順光や逆光、半逆光になる位置を変えて撮ってください
3.レフ板を使用する。
4.ストロボを日中シンクロさせて撮る
5、違う種類の花で撮る
6.念じる

画像処理は邪道です、NDフィルターに穴を開けるのは無理です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
レフ板は使用しています。ただ引いて撮ることが多いので、白レフだと菜の花と同じになるまでは明るくできないのです。そうかといって銀レフは顔の色が変わってしまって(不自然になる)ので使いたくないのです。

日中シンクロは10年くらい前はよく使いましたが、やっぱり不自然な感じがして、現在はほとんど使いません。(バウンス発光は時々使います)

お礼日時:2006/03/14 07:24

質問の内容は人物と花畑の露出差がありすぎて上手くいかないって意味ですよね?本来撮影時にレフやストロボなど補助光で露出差を狭めるのが原則です。

レフで補うのが一番綺麗ですが誰かに持って貰わないといけないのでストロボを焚いて人物の露出を補えばキャッチライトも入りますし簡単だと思います。ちなみに質問者さんの1の方法は2枚撮影した物を合わせることと思いますが人物も花もずれてくるかと思います。2の方法は自然には写らないでしょう。どちらもイメージとしてなら良いかもしれませんが..フォトショとかならそんなことをしなくても簡単に治せますが多分エレメンツでも治せるかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
露出オーバーになってしまった菜の花は、例えフォトショップで明るさを落としたとしても、菜の花の輪郭を再現することはできませんでした。
つまり、菜の花に露出を合わせて、後でモデルの顔をフォトショップで明るくレタッチするでよろしいでしょうか?

お礼日時:2006/03/14 07:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング