知人(個人)からWEBの制作を依頼され、月に定額で作業していました。
去年1年間の12ヶ月のうち、2ヶ月分しか支払ってもらえず、残りの10か月分を
請求書を送っています。まだ支払いがされず、先方より「分割にしてほしい」との依頼が。こちらが「何分割なら支払えますか?」との問いになかなか返事がもらえません。
制作依頼の際契約書を交わしていません。
請求書は送りましたが、まだ督促状は送っていません。
督促の前に、「未納の分を分割で払います」といったような念書を書いてもらったほうが
いいのでしょうか?また、念書には「何分割で、いつまで支払います」と記入したほうがいいと思うのですが、その件で先方に「何分割か、支払期限」を聞いても
「無責任に支払い期限は言えない。支払いの見通しが立たないと言われました」
とりあえずは、支払う意思があるというだけの念書だけでも書いてもらったほうがいいでしょうか?
督促はその後がいいのでしょうか?
また、内容証明と配達証明はどの時点でつけたほうがいいのでしょうか?
念書を書いてもらうときですか?
督促を出すときですか?
おわかりのかたいらっしゃいましたら教えてください。
宜しくお願い致します。

A 回答 (1件)

 契約書がないのであれば、現段階でいくらの支払い未済額があるのかを、確定することでしょうね。

そしてその未払い額を、どのようにして支払おうとしているのかを、念書なり誓約書に記載してもらうべきかと思います。これで、未払い額が確定し、あなたに対して債務があることを認めることになります。
 10か月分もの未払いがあるのであれば、法的手段も考えているくらいのことを伝えてもよいと思います。まずは、未払い額を相手に確定させることです。次に、分割支払方法の確定と、支払いの履行確保ですね。

 今までのことを考えると、相手からの書類をもらった段階で、法的手段で処理したほうが、早期解決になるような気もします。

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます。
そうですね、まずは念書か誓約書を書いてもらうようにしようと思います。
また、いろいろ調べてみようと思います。

補足日時:2002/01/21 16:43
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画を「制作」するのに、「製作」委員会?

映画の製作委員会ですが、なぜ「制作」する委員会なのに「制作委員会」と書いてはいけないのでしょうか?

辞書も見ましたが、製作と制作の正確な違いが、良く分かりません。

Aベストアンサー

「【製作】(2)映画・演劇・放送番組を企画立案し、作品を作ること。プロデュース。[注]放送・出版関係では「制作」を用いることが多い。」(「同音同訓異字辞典」柏書房)

自分のたずさわっている映画が創造的で芸術性を帯びたものであるとの認識にある立場からは、「映像作品の制作」と呼びたいでしょうし、総合的な娯楽興行ビジネスの立場に立てば「映画物品の製作」となるでしょう。

Q支払命令申立書と支払督促申立書の違いは?

ネットでチケットを購入しましたが、商品は送られて来ず、替わりに「債権確認および返済誓約書」が送付されてきましたが、返済期日を過ぎても返金されないので、手続きを執ろうと考えています。

以下につき教えてください。

1.支払命令申立書と支払督促申立書の違いは?
(もしかして今は支払命令申立はないのですか?)

2.相手が法人の場合、資格証明が必要になりますが、いわゆる登記簿謄本・抄本のどちらでしょうか?また必要部数は?

以上よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

>1.支払命令申立書と支払督促申立書の違いは?

 平成10年の民事訴訟法の改正により、従来の支払命令は、支払督促に変わりました。

>2.相手が法人の場合、資格証明が必要になりますが、いわゆる登記簿謄本・抄本のどちらでしょうか?また必要部数は?

 登記簿の全部を謄写した物を謄本、登記簿の一部を謄写した物を抄本といいます。現在、商業登記はコンピュータにより処理されていますので、全部事項証明書が謄本、一部事項証明書が抄本に相当します。
 法人が会社でしたら、通常は、商号、本店、会社の代表者が確認できればよいので、全部事項証明書でも一部事項証明書(役員区が載っている物)でも、あるいは代表者事項証明書でも、一通、取得すれば良いです。

Q製作と制作の違い

映画が好きで、最近よく鑑賞します。

よく〇〇(映画のタイトル)製作委員会と表記されていますが、どうも腑に落ちず違和感があります。

【製作】
道具や機械を使い物品を作ること。

【制作】
絵画や彫刻など芸術作品を作ること。

映画やテレビ番組は【制作】の方だと思うのですが、【製作】の方が最近特に用いられることが多いように感じます。

何故なんでしょうか?
私の認識が間違っているのでしょうか?

さほど普段から、正しい日本語を使っている自信がありませんので気になりまして・・・。

お分かりの方ご教示ください。

Aベストアンサー

こんにちは。

質問者様はおそらく、辞書で「製作」を引くと「制作」の意味も載っていることはご存知なのだろうと思います。

「制作」は「プロデュース」の意味で用いられますが、「プロデュース」に元来「作る」という意味はあるものの、何か形のあるものを作るというよりは、作ることを指揮したりアイディアを提供したりするというニュアンスの方が強いと思います。

秋元康はAKB48を「プロデュース」はしていますが、彼女等を「製作」しているわけではありません。
映画にしても、指揮したり全体のコンセプトを立案したり考えたりするだけのことは「製作する」というニュアンスからは離れていると思います。

映画やテレビ番組は、目に見えるものですので、形あるものと解釈することはできます。
その映像を実際に作った実働部隊あるいはその長を明確に表す言葉として「制作」よりは「製作」のほうがふさわしい、という判断なのだと思います。

Q代金支払い不足分を支払う事を念書に書いた場合

代金支払い不足分を支払ってもらう事を不足金額、支払期限をを明記して念書に書いてもらった場合、その念書の不足金の金額について、後になってその根拠(代金の請求書等)の提示を相手に求められた時はその相手に念書の根拠となる代金の請求書等は提示する必要は法律的にはあるのでしょうか?

念書で不足金額を本人が支払うこと認めているのですから、本人に不足金の支払いを求めるときは、たとえ相手が再度代金の請求書のコピー等を求めてきても、一切、念書以外の書類を再度、提示する必要はないとも考えることも出来ます。

その辺のところをご存知の方、出来ましたら根拠(条文等)を教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

どちらに有利か不利かはケースバイケースです。

それなりの証拠を提出しなければ、念書に書かれている事実(残債権額など)が、真実でないと判断される可能性があるということです。

真実でない債権額に基づいて請求しても、認められることはありませんから、一般的には、債権者に不利ということになります。

しかし、残債権額以外にもいろいろな事実が書かれていたりするかもしれませんので(例えば一定額を免除したとか)、場合によっては、債務者に不利な判断がされるかもしれません。

Q制作と製作

制作と製作はどのように使い分けるのが最も良いでしょうか。いろいろな意見があり、今ひとつすっきりしません。

Aベストアンサー

言葉の意味から見ますと、手間の掛け具合で判断するのが適当かと思います。

制作絵画や彫刻などの作品を生み出す。"制"は余分な木の枝を刀で切り落として整えるという意味。
製作工業製品をつくる。"製"は"衣を制する"=衣服を仕立てるという意味。

http://www.geocities.jp/kw_jisyo/jisyo.html#mark_sa
「せいさく」の項参照。

Q支払督促申立書を書かないといけないのですが

2年半前に人にお金を利子・支払い期限を決めることなく貸してしまい、支払いが途絶えた今 支払督促について調べています。既に内容証明書は送付しています。支払督促申立書には支払い期限・遅延損害金%を書く欄があるんですが何と書けばよいでしょうか?
支払い期限は内容証明書に書いた返済期限を書けばいいんでしょうか?遅延損害金は0%ですか?
それとも5%ですか?他の質問を見て差し押さえの間は利息が付かないことは分かりました。回答お待ちしております。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

支払い期限を決めない場合は、何時でもその返済日を決めることができます。
その方法は、ある程度の期限(例えば、1ヶ月)を定め、その日までに支払うよう催促します。
それで、その1ヶ月後が返済期限となります。
支払催促の手続きは、その後となります。
利息も、その返済期日からで年5%です。

Qアニメにおける「製作」と「制作」の違い

エンドロールを見ていると「製作」と「制作」が出てきます。

詳しい違い、というか、関わり方の違いを分かりやすく教えていただけたら幸いです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

アニメの場合ですよね。私は出版の人間なので、ちょっと理解にずればあるかもしれません。
他の回答の方の内容と混ぜて理解すると分からなくなると思いますので、ご注意ください。

アニメを作る実作業を制作といいます。コンテンツ自身を作る作業です。絵コンテを作ったり、色を塗ったり、コマを撮影したりの作業です。この作業で出来あがったバラバラのものを繋ぐ作業を編集といいます。これら作業を管理・調整する作業を進行といいます。
カンタンに考えると、進行の人が管理するすべての業務を「制作」といってもいいかもしれません。
作業も制作といいますが、そういう役割も制作といいます。その場合は、具体的な作業をする人自身よりも、その作業をする指示をさす人を制作と呼びます。もちろん兼ねるケースもあります。
「現場」と言ってもいいかもしれません。

アニメを作ることを製作といいます。制作の人、作業も含みますが、それよりも広い部分を指します。実作業を行うためには、お金を集めたり、人を集めたり、広告をしたり、そのためのスポンサーを集めたりします。そういう実作業以外の作業も含めて製作とんでいるようです。製作という仕事は、全体を管理する役割を指すようです。ここが出版と違っています。
アニメで言う製作委員会は、この意味となります。
アニメを作る、そこから利益を得るためには、制作費の管理、著作権の管理など、お金の管理、権利の管理をする必要があります。アニメは制作だけでなく、公開する部分まで分業作業ですから、どこかの会社がその役割をするわけにはいきません。
そのため、そのアニメの「製作」に関わる人を集めて、権限や権利関係の代表をさせる必要があります。その仕組みを製作委員会とよんでいます。ここを、広告主やテレビ局がコントロールすることになります。広告主やテレビ局は、ここにお金を振り込むわけですね。

そして、狭い意味の製作もあります。具体的なコンテンツを、皆に配るために「形」にすることも製作といいます。アニメがもしいまのフィルムだとすると、原板のフィルムを作る部分と、その原板をもとにフィルムを増やす部分です。映像データをそのまま映す映画館が増えているので、そういう場合の製作がどういう作業なのかは想像できません。


新聞や本を作る方が理解はしやすいかも。
新聞を作ること自体を製作といいます。製作部門というと、編集部を含めた新聞をつくることに直接関わる部署を指します。営業、人事、総務、経理部門は含みません。
新聞を作るには、企画や企画会議が方針を決め、記者が記事を集め、書き、デスクがその記事を紙面のどの位置にどういう順にどういう意図で並べるかを決め、場合によっては、記事の差し戻しをし、出来上がった新聞原稿を「製作」が紙に印刷・梱包して、全国に配送します。ここで、「製作」と書いた以外の仕事が、工程としての「制作」ですが、狭義では、「制作」を最終的に管理・指示だししている「デスク」を役割としての制作と呼ぶこともあります。

アニメの場合ですよね。私は出版の人間なので、ちょっと理解にずればあるかもしれません。
他の回答の方の内容と混ぜて理解すると分からなくなると思いますので、ご注意ください。

アニメを作る実作業を制作といいます。コンテンツ自身を作る作業です。絵コンテを作ったり、色を塗ったり、コマを撮影したりの作業です。この作業で出来あがったバラバラのものを繋ぐ作業を編集といいます。これら作業を管理・調整する作業を進行といいます。
カンタンに考えると、進行の人が管理するすべての業務を「制作」といっ...続きを読む

Q分割払いに対する支払督促

ある取引先に約400万の未回収売掛金があります。去年の取引で発生したものです。
そこは経営危機に陥っていてとてもまとめては回収できないので、6月から毎月15万づつの支払の約束を取り付けました(先方が書いた支払計画書もあります)。
が、結局6月は支払われず、その連絡もなし。埒があかないので裁判所に支払督促の申し立てをしようと思います。
ただ、15万づつの分割払いで一応合意してしまっているということは、現時点では15万の債権しか主張できないということになるのでしょうか?
全額はムリでもなるべく多めに回収して残りを分割という形に持ち込みたいのですが。
支払計画書については先方の印だけで合意書的なものはありません。また、発注の際の書類などもなく、証拠書類は先方が作成したその計画書だけです。

Aベストアンサー

1.相手が分割で支払うという書面での意思表示があるので、債務の存在を相手が認めているということで、400万円の債権の証拠書類としては十分です。
2.但し、現時点で請求可能な部分は6月に支払うとした15万円だけです。
3.支払計画書なる書類の内容次第ですが、結果的には質問者側が長期分割返済の権利を相手方に認めている結果となっています。
4.全額請求を行うには、期限の利益(分割返済の権利)を喪失させる必要があります。6ケ月程度の返済遅れ、その間に個別請求(後日証拠の為内容証明付)するが約定返済が履行されない、といった事実の積み重ねの元で裁判上の請求を掛けるしか手段は無さそうです。
5.その場合には、この後に及んで再度分割支払を許容する理由もありませんので、常に全額請求できる権利を確保しながら都度一部の返済を受け入れていく、という形の方が強制力・プレッシャーにはなりそうです。(時効管理の問題は別途生じますが)

Qホームページを作ることは【制作】【製作】【作成】【作製】どれ?

ホームページを作ることを何といいますか?
以下の4つのうちどれが適切でしょうか。
調べましたが、これと決めることはできませんでした。
【制作】【製作】【作成】【作製】

Aベストアンサー

迷ったときは検索です。

Googleで検索すると以下のようになりました。

ホームページ作成 2,020,000件
ホームページ制作 1,410,000件
ホームページ製作 137,000件
ホームページ作製 4,670件

なので、作成か制作。

個人的には、趣味で作るなら作成で、
仕事として作るなら制作かな。

Q遺留分減殺請求と支払督促

遺留分減殺請求を支払督促手続きで行うことは可能でしょうか?

母親の案件ですが、兄弟は3名。祖父は既に数年前死亡。祖母は昨年11月に死亡。
財産全部を長男に譲ると記載された公正証書遺言があり、長男は祖母の住んでいた土地を本人名義に登記。
そのままになっていて、これから話し合いをする予定です。仮に長男が遺留分の支払を拒絶した場合は有る程度プレッシャーを与える行為をしたいのですが、遠隔地のため支払督促が使えないか考えております。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

簡易裁判所書記官に対してする支払督促のことでしょうか?
おそらく難しいと思われます。
支払督促の要件として、「金銭その他の代替物又は有価証券の一定の数量の給付を目的とする請求」(民事訴訟法382条)とされているからです。
遺留分減殺請求される目的(対象物)が、現金や有価証券などではなく、長男の方が遺贈を受けた土地ということであれば要件を満たさないでしょう。
減殺請求の結果、当事者に争いがある場合は通常の民事訴訟になります。ただ家庭裁判所による調停も可能かもしれませんので、最寄りの裁判所に問合せてみてはいかがでしょうか。
なお、蛇足ながら、減殺請求は相手方に対する意思表示のみで足りますが、消滅時効(1年)もありますので、相手方が争うようなら、内容証明郵便で請求される方がよろしいかと思います。


人気Q&Aランキング