人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

個人の事業主で、青色申告をしています。
労災保険料を支払った場合の勘定科目は、福利厚生費と法定福利費のどちらにすれば良いのでしょうか?個人と法人では違いがありますか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

個人事業主なら「福利厚生費」です。


税務署から配られる決算書用紙にも、福利厚生費しかありませんね。

「法定福利費」とは、厚生年金等の事業主負担分などを言います。

参考URL:http://www.a-firm.ne.jp/nyu-mon/account4.htm

この回答への補足

お答え頂き、ありがとうございます。
記載しませんでしたが、使っている会計ソフト(弥生会計)では、労災保険料は「法定福利費」で、青色申告決算書の作成の時に、「福利厚生費」の項目で表示されるようになっているようなのですが、これでも良いのでしょうか?

再度お手数ですが、よろしくお願い致します。

補足日時:2006/03/13 18:13
    • good
    • 12

ddoobbさま



青色申告のことはよく分かりませんが、勤務先(法人)では法定福利費で計上しています。
    • good
    • 3

弥生会計は使ったことがないので断言はできませんが、小規模の法人にも対応しているのでしょう。

法人と個人は使い分けねばなりません。

人間がコンピュータに使われないようにしましょうね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

再度、ご返答頂きありがとうございました。

お礼日時:2006/03/13 22:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人事業の労災費・組合費

建設業で個人事業主です。
先日、土建組合なるものに加入しました。
それにあたり、
健康保険料・組合費・組合加入事務費
労災保険料(特別加入)・労災加入事務費
を支払いました。

健康保険料は、家計より負担するのはわかるのですが
そのほかの組合費・労災費等は事業費(経費)となるのでしょうか?なる場合の仕訳は、どのようになるのでしょうか?教えてください。よろしくおねがいします!

Aベストアンサー

 こんにちは、遅くなりした。♯1の者です。
 帳簿で考えるのでしたら、保険は事業費でいいのではないですか。確定申告で経費又は控除の対象になる物をすべて事業費とみなしておくと、正確な損益が常に帳簿で確認出来ますよ。

Q建設連合の組合費について 確定申告では・・・

お尋ねいたします。
個人事業の一人親方で、建設連合の健康保険に加入した際に
組合費と医療保険料を納付することになり
合計金額が引き落としされることになりますが
確定申告の場合は、組合費まで社会保険料としても
いいのでしょうか。

組合費のみ、経費で計上しなければならない場合は、
勘定科目は何で処理したらいいでしょうか?
回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>確定申告の場合は、組合費まで社会保険料としても…

だめだめ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1130.htm

>勘定科目は何で処理したらいいでしょうか…

租税公課。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2013/pdf/36.pdf

税金について詳しくは国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q労災保険料の仕訳(科目)

経理初心者です。労災保険料を現金で支払った場合
労災保険料の科目は何になるのでしょうか?
現金で、国庫金として労働局に支払いました。
労災保険料は会社が全金額を負担するのですよね?
このような質問で大変恐縮ですが、回答をお願い致します。

Aベストアンサー

、『未払費用、前払費用』勘定も出てきたりするので
思案しておりますが、

ということですので、説明します。労働保険料についてはお分かりのことと思います。今年の賃金台帳をもとに来年の労働保険料を計算するわけですが、(計算するのは来年3月中旬以降になりますので、昨年の賃金台帳にもとづいて本年度の労働保険料を計算することになります)、このとき昨年の概算保険料に対して今年度の確定保険料が多ければ不足分を未払費用を立てて
、それを5月中旬の確定時に加算して支払うことになります。逆に過払いの時はその分を前払い費用として計上し、同じく5月中旬の支払時に過払い分(前払費用)を控除して支払うこととなります。

Q労災保険料の仕訳を教えてください。

私は個人事業主で建設業をしています。従業員は2名居ります。
平成17年8月1日に初めて労災に加入しました。

平成17年11月 労災保険料の概算金額の71400円が普通預金より引き落とされました。その時に次の仕訳をしています。

 法定福利費 71400 普通預金 71400

平成18年6月 労働保険組合より労働保険料等通知書が届きました。
 平成17年申告済概算保険料 労災 71400円
 平成17年度確定保険料 労災 29376円
 平成18年度概算保険料 労災 3150円
 還付額 38874円 (これは普通預金へ振り込まれました。)
以上の内容が記載されているのですが、仕訳がわかりません。
平成17年に保険料を払い過ぎているので、平成18年で法定福利費を減少させる必要があるのでは?とは思うのですが、それをすると法定福利費勘定がマイナスになってしまいます・・・。
皆様、何卒ご教授お願い致します。

 

Aベストアンサー

●御社が発生主義の会計を行う企業ならば、次のように処理すべきでした。(労災保険料率を1.7%と仮定します。)

(1)平成17年11月、労災保険料の概算金額の71400円が普通預金より引き落とされた時:
仮払金71,400/普通預金71,400

(2)一方、平成17年8月から12月までの毎月の労災保険料を計算します。

例えば、平成17年8月の従業員賃金が220,000円ならば、
220,000円×1.7%=3,740円という具合に。

8月から12月までの毎月の労災保険料を集計します。
集計の結果、18,950円だったとします。

平成17年12月31日の仕訳:
法定福利費18,950/仮払金18,950

これで御社の元帳には、平成17年の法定福利費(労災保険料)として18,950円が計上される事になります。

(3)さらに、平成18年1月から3月までの毎月の労災保険料を計算します。集計の結果、10,426円でした。

平成18年3月31日の仕訳:
法定福利費10,426/仮払金10,426

以上の計算結果に基づいて平成17年度の確定保険料を申告することになります。

(4)還付金が入金した時の仕訳:
普通預金38,874/仮払金42,024
支払手数料3,150/
※支払手数料=労働保険組合への税込手数料(?)

これで、当初に計上した仮払金は全て消えます。

(5)なお、平成18年4月以後は、毎月、例えば、
法定福利費3,240/未払費用3,240
と言う具合に仕訳を行い、平成19年3月まで続けます。

(6)一方、平成18年度概算保険料を払った時、
仮払金3,150/普通預金3,150

以後、概算保険料を払うごとに同様の仕訳を起します。

(7)平成19年3月31日に平成18年度分を締切ります。この時、仮払金と未払費用を相殺する仕訳を起します。

平成19年3月31日の仕訳:
未払費用XXXX/仮払金XXXX

このとき、仮払金が残れば6月に還付金として戻りますし、未払費用が残れば、6月に確定保険料として支払います。


●次に、御社が現金主義の会計を行う企業ならば、次のように処理すれば良いでしょう。

(1)平成17年11月、労災保険料の概算金額の71400円が普通預金より引き落とされた時:
法定福利費71,400/普通預金71,400

(2)労働保険組合からの労働保険料等通知書に基づいて、

・還付金が入金した時の仕訳:
普通預金38,874/法定福利費42,024
支払手数料3,150/

・平成18年度概算保険料を払った時、
法定福利費3,150/普通預金3,150


平成18年分の法定福利費がマイナスになりますが、現金主義の会計だから仕方ありません。

●御社が発生主義の会計を行う企業ならば、次のように処理すべきでした。(労災保険料率を1.7%と仮定します。)

(1)平成17年11月、労災保険料の概算金額の71400円が普通預金より引き落とされた時:
仮払金71,400/普通預金71,400

(2)一方、平成17年8月から12月までの毎月の労災保険料を計算します。

例えば、平成17年8月の従業員賃金が220,000円ならば、
220,000円×1.7%=3,740円という具合に。

8月から12月までの毎月の労災保険料を集計します。
集計の結果、18,950円だったとします。
...続きを読む

Q労働保険の仕訳

個人事業主です。どうか教えて!下さい。

申告済概算保険料額 91,696

確定保険料     67,137

(労災保険分22,925 雇用保険事業主負担分27,837 雇用保険労働者負担分 16,375) 

概算保険料 上と同じく


労働保険の仕訳は数回やっているのですが、昨年の仕訳に疑問を感じ、一から考えていた所、考えすぎてもう訳がわからなくなってしまいました・・。
この場に載せようと思ったのですが、恥ずかしくて消してしまいました。
仕訳を教えて頂けると助かります!どうか宜しくお願い致します!


    

Aベストアンサー

No.2です。

>概算保険料を差し引く仕訳は必要ないと言う事でしょうか?

いいえ。

かりに、未収金37,000円、新年度の第1回概算労働保険料を250,000円とします。

第1回概算労働保険料の納付日(7月10日)の仕訳は、
〔借方〕仮払金250,000/〔貸方〕普通預金213,000
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕未収金37,000

となります。仮払金(概算保険料)250,000円から未収金37,000円を差引いて支払うわけです。

Q任意労災の仕訳 勘定科目を教えて下さい

個人事業主です 今回、保険会社の任意労災に加入しました

(借)  /(貸)普通預金

科目はどうなりますか

Aベストアンサー

5人未満の事業所だから加入が「任意」という意味での政府管掌の労災であれば「法定福利費」にあたります。
 それとも「保険会社」とお書きですから、民間の保険会社の上乗せ労災保険のことでしょうか。それなら「保険料」「福利厚生費」などとなります。

Q事業主の資格取得費用の仕訳で困っています

よろしくお願いします。私は今年、個人事業主として独立しました。仕事は重機のリース、オペレーターです。もちろん必要な資格(免許)は持っています。ところが同業者の方からある資格(国家資格)を取ったほうがこれから先仕事が取りやすい、またこれまで外注に出していた重機の定期点検が自分でできる(経費節減)ということで受験しました。この受験費用は経費になりますか(事業主本人でも)また、その際どの勘定科目で処理するのが良いですか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

業務を行うに直接必要な資格であれば経費は可。
そのときの科目は雑費でよい。
そもそも個人事業の場合は必要経費か否かが問題なんだから、青色申告決算書や収支内訳書に既に記載の科目でよい。ただ金額的に大きいのであれば空欄を利用して資格費等作ればいいけどね。

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。

Qローンで買った車の仕訳がわかりません・・

 個人事業主です。仕訳がわからず困っています。
開業にあたって、軽の箱バンを購入しました。
 
 購入価格合計  1.190.000
 頭金       190.000 
ローン      1.000.000 
分割手数料      94.200

総支払額     1.284.200
です。

月々の支払いは1回目¥20.400 二回目からは¥18.200 です。60回払いです。
減価償却、月々の仕訳がわからなくて困っています。
支払いは、個人の普通口座からの引き落としです。
お忙しいところ申し訳ありませんが、教えていただけたらと思います。

Aベストアンサー

1.まず、購入時の仕訳。ここが一番厄介です。

車輌運搬具 (    ) / 現金預金   190,000
租税公課  (    ) / 長期未払金 1,094,200
支払保険料 (    ) /
長期前払費用  94,200

カッコのある勘定科目、全部で3つに分けてありますが、
自動車税などの税金、自賠責保険などの保険部分は
自動車の取得価額に入れずに経費処理した方がお得だからです。
個々の金額はディーラーから受け取った明細で確認してください。

2.月々の支払時仕訳
長期未払金 20,400 or 18,200 / 普通預金 20,400 or 18,200

3.決算時の仕訳(その1)
支払手数料 94,200×○月/60月 / 長期前払費用 94,200×○月/60月 

○月には、取得日から12月までの月数が入ります。
(来年から数年は12が入ります。支払終了年は残った端数を入れます。)

4.決算時の仕訳(その2)
減価償却費  (    )  / 減価償却累計額 (     )

緑ナンバーなら耐用年数3年の定率法、
白ナンバーなら耐用年数4年の定率法で計算します。
中古自動車なら耐用年数を2年まで短縮できます。

1.まず、購入時の仕訳。ここが一番厄介です。

車輌運搬具 (    ) / 現金預金   190,000
租税公課  (    ) / 長期未払金 1,094,200
支払保険料 (    ) /
長期前払費用  94,200

カッコのある勘定科目、全部で3つに分けてありますが、
自動車税などの税金、自賠責保険などの保険部分は
自動車の取得価額に入れずに経費処理した方がお得だからです。
個々の金額はディーラーから受け取った明細で確認してください。

2.月々の支払時仕訳
長期未払金 20,400 o...続きを読む

Q道具代は何費ですか?

初歩的な質問ですみません。
建設業です。道具・工具代は勘定科目は何費になるでしょうか。
お願いします。

Aベストアンサー

「工具器具備品」です。10万円未満なら「消耗品費」でも構いません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング