追突事故(100:0で私が被害者)でむち打ちになり、接骨院に通っていました。
 で、まだ多少の痛みがあるのですが医者がいうには「君の頚椎は先天的に狭いからしばらーく通院しないと治らない。でも首の痛みが気にならない程度なら、今後ひどくなりはしないから治療を終わりにしよう。保険会社(加害者の自賠責)もそろそろ何か言ってくるだろうし…」
 と言うので、確かになだ痛むのですが、まあ別にいいやと思い治療をおしまいにしました。
 
 そして後日、自賠責の方から示談書やらが送られてきました。(実は今日。)
 その中に損害賠償計算書なるものがあり、
~あなたはこの日数通院したからこれだけの額の共済金が降ります~
 というものがあり、その中に記載されている前述病院の通院日数が明らかに違うのです。少ないのです。
 それもかなりの誤差があります。言ってしまえば54日通ったのに自賠責計算では37日なのです。
 病院側の単なる間違いか(問い合わせ中)、自賠責の計算上、そうなるのか、はたまた私の記憶違い!?
 で、一番妖しいのは病院だと思うのですが、カルテを管理しているのは病院であり、私の方はカレンダーに「この日通院した」印しかつけてません。

 質問です。この場合、病院が「知らねーよ、おまえ来てねーよ。」と言ってしまえばおしまいなのでしょうか?

 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

考えられることを書きます。



理学療法の治療(電気治療や牽引のみなど)で済ませた日にちをカウントしていない(カルテに書き漏らした)可能性があります。しかし病院も儲けがありますから、請求はしているはずで、必ず伝票として残っています。もし健康保険を手続きして使っていたならレセプトとして確実に残っているはずですが(これは健康保険組合にもあります)、自賠責で済ませていた場合でも自賠責への請求書類に書かれているはずです(タダで治療するはずはないですからね)。この場合はkometaさんが即座に確認する方法はありませんが、病院側が隠しとおすことは出来ませんので(書類は病院管理ではないから)確認すれば書き漏らし事実を認めるだろうと思いますよ。

もうひとつは特殊なカウント方法が使われている場合、通院日数を単純に使わない場合は保険の特殊な部分に当たるためわかりません。参考になりそうなURLがあったので書き出しておきます。この内容の真偽についてはわかりません。

http://www1.odn.ne.jp/~aaa55210/aku1.htm
http://www.ping-net.com/ping/okane/200001.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

 本日、病院側が間違いを認めました。
なんでもカルテを2重に作成し、別々に保管したとか言ってましたが、認めたので、まあ不問とします。

 参考アドレスはその名の通り、参考にさせて頂きました。
 
 しかし、単純なミスってあるんですね。ほんとかどうかはともかく。

 お世話になりました。
 

お礼日時:2002/01/22 21:12

 No3の追加です。

医療費は全額が賠償の対象になりますが、慰謝料算定の通院日数が接骨院の場合には1/2になるかもしれない、ということです。

 いずれにしても、保険会社に明細を確認してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 重ねての回答、ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/22 21:16

 病院への通院は、日数が全て算定されますが、接骨院の場合は1/2として算定するようなことを聞いたことがあります。



 自賠責の算定を行い計算書を発行した、保険会社に確認をしてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 自賠責にも種類があるのでしょうか?

 今回、私の関係した自賠責はどうやら接骨院でも全日数認めてくれそうです。
 1/2になってしまうのは、それから考えると結構きびしいですね。

 回答、ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/22 21:14

医療訴訟の大多数は、残念ながら患者の泣き寝入りであると聞きます。



しかし、このような場合は、まずは、病院に通院日数の問い合わせをしてみてはどうでしょうか?
病院側が通院日数を間違えているということもありえます。
もしくは、保険会社に直接、通院日数が違うはずであると聞いてみてはどうでしょうか?
病院ではなく保険会社が間違えているということもありえるのではないでしょうか?

もし、病院の会計伝票などがあれば、それを病院なり、保険会社なりに提示してみるという方法もあります。

この回答への補足

 病院の会計伝票ですが、自賠責の直接、診察料を支払うので、私は一度も財布を開けませんでした。

 それでもなにがしかの明細書が頂けたのでしょうか。
 なので病院からはなんにも頂いておりません。

補足日時:2002/01/21 22:10
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答、ありがとうございます。

 御指摘通り、現在 病院に問い合わせていますが、
「いま忙しい。夜、折り返し答える」
と言われました。が、今の所 回答を頂けてません。

 保険会社には明日、聞いてみる予定です。こちらは、
「本日の営業は終了しました」
だったので。

 そこでもし、もしもですが病院側がなんらかの理由で(素人なので検討もつかないですが)、診察した日数をごまかしてしまえば、それがまかり通るのではと思いましたので…。

 泣き寝入りですかねえ…。

 

お礼日時:2002/01/21 22:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自賠責の入院・通院補償日数に自宅待機は入るか?

自賠責では120万円までの補償とのことですが,4200円×2×入院・通院日数が慰謝料として補償されるとあるようです。単純なことですがいちおう知っておかないと大きく金額が違ってきますので確認したいのですが。
ギブスをはめた状態で家で次の通院まで待機して療養している間の日数も上の計算式の入院・通院日数に含まれますか?私の事故ではないのですが立ち会った時に,保険会社との交渉ではそう言われたのですが通院していないのに計算されるのかどうかが心配なので伺います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最近は固定具でもシーネなどの脱着可能なものもありますが、
質問者さんが装着されているギブスは、脱着可能でしょうか、
それとも、グラインダーなどで切り取らなければ外れないギブス
でしょうか。
もし脱着可能な包帯などで固定しているものですと、通院日数に
含められませんが、完全なギブスですと、通院日数に含めることが
できます。これは、完治後の診断書に医者が装具の種類やその期間を
記入しますし、保険会社も確認しますので正確に分かります。
ただ、傷害の慰謝料は、
総治療期間X4200円もしくは実入院・通院日数X2X4200円のどちらか
少ない方になりますので、実入通院日数の2倍が総治療期間を超えても、
総治療期間分を超えて慰謝料はもらえません。

Q交通事故による通院日数の計算について 

お世話になります。
交通事故を起こし、相手の方の自賠責保険での通院をしております。救急病院が遠方であったため、途中の消毒や包帯の切り替えの処置は近くの外科で行いました。
また、ひとつの整骨院でも一度痛みがひどく処置をしていただきました。
上記の場合、自賠責での通院日数として、診療証明書なども必要になりますでしょうか。領収書はございますが、それだけではだめでしょうか。
一回の通院に関し、証明書をいただく手間も、お金もどうなのかと思うのですが、、よろしくご指南ください。

Aベストアンサー

お体は いかがでしょうか?
くれぐれもご無理なさいませぬように

さて ご質問ですが
相手の保険会社(担当者)に連絡をされてから
外科や整骨院へいかれましたか?
連絡後に行かれているなら問題はありませんが
保険会社に報告されていない場合は
すぐに通院した旨をお話になってください。
保険給付を受ける場合は 領収書ではなく
決まった書類を医療機関に記載してもらわなくてはなりません。
それは 当事者(あなた)がするのではなくて
保険会社がすることです。
また 医療機関はその書類を記載することで
証明書発行料を徴収するので 手間やお金のご心配は不要です。
(医療機関にとっても 収入になるので)
つまり あなたは保険会社に連絡(どこの医療機関に行ったか)を
するだけです。あとは保険会社の仕事です。

梅雨に入り 痛みもぶり返すかと思います。
どうぞお大事に 一日もはやい回復をお祈りしています。
お大事になさってくださいね。

Q交通事故慰謝料自賠責以下?全労済の通院慰謝料見積もり

昨年交通事故に罹災し、骨折を含む怪我をしました。

先月ようやく症状固定、治療中止となったのですが、相手方代理人弁護士、実質上は相手方加入任意保険会社全労済に賠償金額の見積もりを請求したところ、通院慰謝料で70万円余りの端数のある(実際は過失割合で差し引き)の金額でした。

相手方弁護士に何を基準に算定しているか尋ねたところ、実治療日数は151日(総治療期間は400日程度)だが、実質上は計算式が複雑なため把握していない、後日回答すると言われました。

交通事故慰謝料の最低基準である自賠責基準でも、実治療日数が151日、症状固定による治療中止が明らかであるのだから、

(151×2+7)×自賠責日額4,200円=130万円弱

になるはずだと思うのですが・・自賠責の限度額120万円を考慮しても、全く意味のわからない数値です。

上記の私の自賠責基準慰謝料計算式は理解が正しいでしょうか?あるいは、「任意保険基準」が自賠責基準を下回ってよいという法律があるのでしょうか?

Aベストアンサー

 自賠責保険の慰謝料計算は、治療期間と実通院日数で計算しますが、実通院日数×2+7という計算はありません。
 400+7=407日≧151×2=302日となり302日が上限です。
 また、自賠責保険の算定は、治療費や休業損害・通院交通費・入院雑費等以外に慰謝料金額を含めて120万円以上は認定されません。
 その120万円の中で、上記のような慰謝料計算をすると規定されているだけで、慰謝料算定額だけを比べた場合、自賠責保険よりも任意保険算定額が下回ることはよくあることです。
 違法性のある認定とは、任意保険算定支払い額が、自賠責保険認定額(保険金額を上限とする。)を下回るような支払額になった場合を言います。
 つまり、残念ながら傷害部分に対して、治療費や休業損害等を含めて120万円以上の支払いがなされていれば、任意保険の傷害部分の支払い認定額には違法性は全くありません。

Q家族同居で、家族の1人が自殺リスクのあるメンタル的な病気で、それを知っていながらも病院に通院させない

家族同居で、家族の1人が自殺リスクのあるメンタル的な病気で、それを知っていながらも病院に通院させない状況だった場合、
その人が自殺してしまった時は、法律上何か責任を取らされる事はありますでしょうか。

なんらかの責任が生じる場合、その患者が未成年、成年で違いはありますか?

Aベストアンサー

>家族と病人が絶縁していても抵触する事でしょうか?
同居している場合での触法で、同居していない場合は難しいですね・・・
ただ、その本人が「危険な状態」であることを知りつつ、また、自殺未遂等を繰り返していたことを知りつつ放置すれば触法する可能性があります。

Q短期契約の派遣社員です 契約書の週労働日数と実際の労働日数が違う

8月末までの短期の派遣社員として現在働いています。
契約書には週2日~5日とありますが、
週6日の週もあります(今現在がその週の最中です)。
個人的に週6日はキツいので総務の人に指摘すると、
ジェネラルマネージャーに聞いてきたと言い、
「契約書をプリントアウトする際にそうなってしまう。システム上の問題。」
と子供だましみたいな言い訳をされました。
それならそうと、事前にその旨を説明しておくべきだと思うのですが、
その時は呆れてしまい、業務中だったので何も言い返しませんでした。

それ以外にも、遅刻扱いになるボーダーラインが曖昧で、
ちゃんと説明を受けていないのに、嫌な言い方で叱られたり、
結局その日は遅刻扱いにはなりませんでしたが、
そんな言い方をされるなら遅刻でいいやと思ったぐらいです。
外と中がセキュリティで仕切られており、例えば9時からの出勤の場合は5分前に来て連絡事項を聞くと云うシステム。
しかし、その5分前の連絡事項は強制では無いが、連絡事項が始まったら途中で席に着いてはいけない(邪魔になるから)。
この場合、9時までには中に入っていないと遅刻になる。連絡事項を聞かない場合は一旦中に入って入り口で待機しておく。
私は9時までに居たのですが、セキュリティを解除する音が大きいので連絡事項の最中だったので一旦外で待機していました。
で、終わったので席に向うと冷たい、そんな事当たり前ですよね?みたいな指摘の仕方。

と云う具合です。後者は愚痴っぽいですね。すいません。
前者が法に触れないのか、会社側に言っても対応は無いし、あまりしつこく言うと、今度はこっちが居辛くなる雰囲気の職場です。
ジェネラルマネージャーと云う人物が圧力をかけるタイプの人間です。
こう云う場合、労働監督基準署に言えばいいのでしょうか?ちゃんと話を聞いてくれるのでしょうか?
なんだか、イメージでは適当にあしらわれそうな感じなのですが。
それと今日、街頭で連合大阪と云う組織がビラを配ってました。
それを読むとフリーダイヤルで仕事の相談に乗ってくれると書いてありましたが、専門スタッフや弁護士が、と書いてあったので、お金とか要求されないかな?と思いました。

どうぞ宜しくお願い致します。

8月末までの短期の派遣社員として現在働いています。
契約書には週2日~5日とありますが、
週6日の週もあります(今現在がその週の最中です)。
個人的に週6日はキツいので総務の人に指摘すると、
ジェネラルマネージャーに聞いてきたと言い、
「契約書をプリントアウトする際にそうなってしまう。システム上の問題。」
と子供だましみたいな言い訳をされました。
それならそうと、事前にその旨を説明しておくべきだと思うのですが、
その時は呆れてしまい、業務中だったので何も言い返しませんでし...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

色々な問題は、派遣元に言われるべきかと思います。
派遣先と、質問者さんとは直接契約をしていないので、
直接契約が違うなどということはできないし、効力がないかと・・

派遣元に相談されると良いのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報