メモリの規格のCL1って何ですか?

A 回答 (2件)

すでに解答済みですがもう少し補足を・・・



CASLatencyは単純に説明すると、コマンドを発行してから、実際に読み込みなどが行われるまでの時間を表します。もっとわかりやすく言うとcl=2では2秒で処理する。cl=3では3秒で処理ができるという具合ですね。
このCLだけの違いで言えば、CL2とCL3では1,5倍の速度差が生じます。
(実際にはCLは秒単位処理ではありません、あくまで分かりやすくしたものです)
要するに、命令を発効から、実際に実行されるまでの時間がCLです。
ちなみに、最近はCL1はあまり流通していませんね。
CL2、2,5、及び3が流通しています。

ちなみに、メモリはPC133やPC800など他の部分でも速度差が出ますので、これは速度を表す一つの規格にすぎません。
    • good
    • 0

CLっていうのは「カスレイテンシー:Column address strobe Latency」の訳です。


っと言われても、何のことかわかりませんね。

要するに、メモリにデータを書き込んだり、読み出したりする際の「アクセスタイミング」の違いを表記したものです。

CL=2とCL=3なら、CL=2のほうがアクセス速度が早いです。
でも、それほど体感できる速度差ではありません。

価格もCL=2が若干高め。
でもまぁ、最近のメモリ価格から考えれば、たかが知れてますが…笑
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報