道徳の基礎(根拠)どうして悪いことをしてはいけないのか?
例えば、「ビデオの無断持ち出し」について教えてください。
貸す側の思い・・・(1)法律的に悪い(2)契約違反(3)一般的に悪い(4)罰せられる(5)他の人に害を与える(6)小さな悪→大きな悪(7)自分のものではない(8)全員に不正をしなくてはならない
借りる側の反論・・・(1)~(6)に対して・法律や一般的なことが正しいのか・その契約は絶対守らなければならないのか・他の人には迷惑がかかってもいい
特に、「他の人には迷惑がかかってもいい」は、発展性があるとおもうのですが・・・
どう考えればいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>道徳の基礎(根拠)どうして悪いことをしてはいけないのか?



悪いことの基本が、「他の人には迷惑がかかってもいい」かどうかにあるとしたら、道徳はあいまいなものになってしまうような気がします。急病人のために救急車は優先するのはだれかに迷惑がかかっている・・という具合に。

古代「殺さず・盗まず・犯さず」を基本にしていて、今もそうではないでしょうか。

「ビデオの無断持ち出し」は、盗みに当ります。営業利益を盗んでいます。

法律がなければ、「ビデオの無断持ち出し」をしてよいのではありません。つまり、(3)一般的に悪い、と(5)他の人に害を与える、に該当します。

法律は破られるために有ります。盗人の種はつきません。自律判断ができるように道徳の基本を置きたいものです。

(1)法律的に悪い(4)罰せられる、は時代によって法が代わります。また、理想的な法を求めるためにも、道徳の基本とは言い難いのではないでしょうか。その時代の基準をあらわしてはいると思います。

>「他の人には迷惑がかかってもいい」は、発展性があるとおもうのですが・
というのはその意味ですね。

人は一人では生きていけなくて、分業・助け合って生きています。自分で衣食住全てを手作りし後片付けまですることは人生のある時期可能かもしれませんが、ほとんど不可能です。
しかも、迷惑をかけずにと努力していてもかけてしまうことが多くあります。

ニュースになるのは迷惑をかけている事例ばかりで世の中そんなものだと思うかもしれませんが、大多数の人は迷惑をかけないことを旨として生活しているので、安心して生きていられるのです。
「殺さず・盗まず・犯さず」を基本にしています。
「盗むな」と教えるのがわかりやすいのではないかと思います。

ぬすんだらバチが当る、よいことをすれば良い報いがあり善人と呼ばれ、悪いことをすれば悪い報いがあり悪人とよばれます。・・というのが宗教共通の摂理です。
社会生活を営む上での基本です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

小難しく考えすぎていたような気がします。小学校の「道徳」と似たものがあるんですね。かんで含むように説明していただけてわかりやすかったです。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/25 21:35

お久しぶり☆ もうすっかり僕のレベル超えてますね。



もう哲学では超えられているので、日常レベルでアドバイスします☆


道徳とは、ある文化(社会)圏内において、スムーズに生きられるようにできたもおだと思います。それは先人たちの知恵の結晶でもあるわけです。

しかし  先人たち  なので、道徳とは、いつも時代遅れかもしれません。

まぁ、そんなことはさておき、ビデオのことくらいで、もんちゃく起こすと大変じゃないですか!?ブラックリストにも載ったり、うわさにもなったりするかもしれません。そしたら、社会の中では、害有者とみなされ、うまく生きれないではないですか。

ビデオが無断持ち出しできる精神なら、きっと他のところでも、なんかやってしまい、きっと、自分と社会が食い違い、都合が悪くなるでしょう、きっと
(なんか きっと ばっかやな~)

う~ん。


まぁ、参考になりませんでしたね。しかし、ずいぶん懐疑的になられてきましたね。
倫理の教科書には「若い頃に哲学やりすぎると馬鹿になる」って書いてありました。「自分、もう精神的に年寄りだなー」って思っているのではないのならば、あんま、真剣にやらないほうがいいですよ、多分、哲学、特に懐疑的手法は。

って、えらそうにすいません m(_ _)m チャオ☆ 眠い・・・ZZZ
    • good
    • 0

道徳はニヒリズムです。

なぜなら道徳は表層的な言葉でしかないからです。あれをしてはいけない、これをしてはいけない、こうすべきだ、ああすべきだ…とルール、教条、規範を言葉で編み上げます。でも、それは人間が他者と有機的につながり、その瞬間、瞬間に「出会う」ことで関係を更新してゆく作業を反故にすることに均しい。つまり個人と個人との関係は形式主義(死んだ関係)に陥るのです。言い換えれば、人と人との関係性は、言葉で規定されなくても、十分共同体を維持する程度には機能するということです。むしろ、共同体の本質は、後付けで設けられた言葉の縛りより、人と人が共に生きることを許しているということにある。道徳を言葉で規定しようとする動きは、このところの基本的信頼感を欠いています。

もしも、やって良いことと、悪いことに基礎があるのなら、言葉ではなく、むしろ、その身体にこそあるのだと思います。なぜなら人は、身体を持つことで共感することができるからです。自分では一生、直視することのない顔に表れる表情を読み他者の悲しみを理解し、体から血を流しのた打ち回る人を見て他者の痛みを理解する、その機能を共感と呼びます。これは他者と共同的な生活をすることによってのみ身につきます。言葉で教条的に理解されるものではあり得ません。

私の念頭にはニーチェ、レヴィナスといった近代哲学の批判としての哲学思想があります。近代哲学が同一性の哲学とするなら、それへの批判は否定同一性によって構成されます。興味がおありでしたら、それらの哲学者の入門書などを読まれることをおすすめします。たとえばニーチェは、19世紀の終わりに「神は死んだ」と書き記し、キリスト教世界の道徳の終焉を告げました。そして神を殺したのは、紛れもない、私たち自身(キリスト教世界の構造)だと、狂気の男の言葉を借りて書きました。またレヴィナスは、強制収容所から帰ったユダヤ系の哲学者です。彼に限らず、20世紀の哲学は収容所のトラウマから自由になることはできませんでした。レヴィナスの第一哲学は倫理です。そして"顔"に表象される他者性こそが、「汝、殺すなかれ」という訴えの根拠だ、と述べています。人は顔によって個人を区別し、愛着を覚え、悲しみを感じる。だから愛する人が亡くなったとき、その人の顔を、つまり遺影を掲げるのでしょう。それは、たとえば死体が、まだ人称で呼ばれることと深いところでつながっています(誰々さんの死体ではなく、誰々さんと呼ばれる)。死体が屍体となりもはや物体として扱われるようになると顔も意味を持たなくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

難しい言葉が多く、ちょっと理解しずらいですね・・・。もしよかったら、もう少し噛み砕いていただけないでしょうか?すみません。

お礼日時:2002/01/25 21:47

道徳の基礎は、善悪を判断する価値観にあると思います。



外国では、主に宗教がこの役割を担います。
西洋だったらキリスト教ですし、中近東ではイスラム教、
タイやビルマなどの仏教国では仏教です。
韓国は近年ではキリスト教がだいぶ普及していますが、まだまだ
儒教的な価値観が強いです。

キリスト教では隣人愛を重んじますね。だからボランティアが
さかんです。また聖書の教えに基づいて、これは善い、あれは悪い
といった教え方をします。
イスラム教は詳しくないのでパスして(;^^)、仏教や儒教でも経典や
論語の教えに基づいて善悪を教えます。
ちなみに仏教や儒教では老人を大切にする教えがあるそうなので、
高齢者は大事にされるそうです。(日本も昔はそうだったらしいですが)

では、我が国日本はどうでしょう。
歴史的には仏教と神道が、江戸時代からは儒教の影響が強くありました。
しかし明治時代になって、特定の宗派に偏らない道徳観を教える
ようになりました。それが「教育勅語」です。

「教育勅語」自体にはそれほど悪いことは書いてありません。
とても道徳的な内容です。
しかし、戦前の軍国主義の時代に盛んに用いられたため、戦後になって
軍国主義が一掃されるとともに、教育勅語まで一掃されてしまいました。

その後、代わりとなる道徳観を子供達に教育したかというと、何もあり
ませんでした。

道徳教育を受けない子供達が社会に出るにつれて、社会全体の道徳観も
下がっていき、今日に至っていると私は分析しています。

今の日本人の大半は「人に迷惑をかけない」くらいしか、共通の道徳観・
倫理観を持っていないのではないでしょうか。


さて質問の内容に戻りますが、道徳について論ずるには、その基本となる
善悪の価値観をどこに求めるかによるというのが、私の考えであることを
再度述べます。
「人に迷惑をかけない」のが基準ならば、そこを基点として善悪を考えて
道徳的な行いかどうかを判断する必要があるかと思います。
また「他の人には迷惑がかかってもいい」も善と考えるならば、そこから
派生する他の行いについても善と肯定しなくてはいけないでしょう。

参考URL:http://www.sun-inet.or.jp/~hba7615n/tyokugo02.htm, http://www.meijijingu.or.jp/intro/education/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

子どものころにしっかりと道徳を習得しておかなければいけない。ということですか?「善悪の価値観をどこに求めるか」盲点でした。参考URLも掲載していただき本当に嬉しいです。自分も、道徳がなっていない方の部類に位置する年代だと思うし、ちゃんと理解できるように頑張ります。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/25 21:44

道徳の基礎は「自分がされたらいやなことは人にもしない」ではないかと思いますが、最近は、いいやん、おれのしてることをされてもなんともないよ。

という考えや、極端には、おれは殺されてもいい、だから人を殺してもええやんという、他人の生命どころか自分の生命さえ大事に思わない人も出てきているようです。
そう言う人にはどのように説得すべきなのでしょうかね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q 宗教と道徳と法律とは矛盾するものでは・・・・・

 「宗教と道徳と法律とは矛盾するものではありません。」
 こう云ったのは明治から大正にかけて活動された山崎弁栄(やまざきべんねい)というお坊さんです。

 このお方が地方伝道に行脚されている間、留守居のお坊さんに伝道資金を預けておいたところ、そのお坊さんは、預かった資金をあることに“消費”してしまったので、その非を懇々と諭された。が、懺悔する様子がないので「それでは法律に訴えますぞ」と裁判沙汰にしたのを「宗教家らしくもない」と非難する人に云った言葉が「宗教と道徳と法律とは矛盾するものではありません」です。

 裁判後の結果は悪用された三宝物の半金をその兄弟が出すことで示談になったと云う事ですが、他日、弁栄というお坊さんは「監獄(刑務所)は個人の力では直せぬ罪悪を、国家の力で直してくれる所である」。また「人の心霊は名刀のごとし、はなはだしき錆(さび)は荒砥(あらと)を用いて除き去る」とおっしゃって、本人の更生を願われたとのことです。

 宗教。道徳。法律。

 これらをどう捉えるかで、意見が分かれると思いますが、私は単純で無知、且つ素直なので何の疑問も持たずに、なるほどと思うばかりです。

 よろしければお考えを聞かせてください。

 

 「宗教と道徳と法律とは矛盾するものではありません。」
 こう云ったのは明治から大正にかけて活動された山崎弁栄(やまざきべんねい)というお坊さんです。

 このお方が地方伝道に行脚されている間、留守居のお坊さんに伝道資金を預けておいたところ、そのお坊さんは、預かった資金をあることに“消費”してしまったので、その非を懇々と諭された。が、懺悔する様子がないので「それでは法律に訴えますぞ」と裁判沙汰にしたのを「宗教家らしくもない」と非難する人に云った言葉が「宗教と道徳と法律とは矛盾す...続きを読む

Aベストアンサー

>このお坊さんが、そのことを踏まえて云ったのか、明治時代の法律や道徳を根拠にした言葉なのか私には不明なので、その点についてのmmkyさんの“推測”も知りたいところです。

○山崎弁栄氏は一切経を読破したと「朝日日本歴史人物事典の解説」に書かれています。
一切経(大蔵経)には、大きく分類して
経:狭義の経で、釈尊の教えそのものをいう
律:教団の規則
論:仏教の教義を解説・詳説したもの
が書かれていますので、律(教団の規則)についてもよく学ばれていたのでしょうね。
ブッダの教えは、最高の法(規則)ですからブッダの教えに則して生きられれば問題はないのですが、人はそれぞれの境涯(気魂の差異)がありますので、それぞれの気魂に合わせて規則も作られるのですね。それが仏教でいうところの教育の法(次第説法)ですね。地域や国、国民性の気魂に合わせて法律も作られているのですね。
気魂の低いほうに合わせて作られたのが刑法ですね。高い気魂の方には道徳で十分ということですね。
全ての法(法律)は、ブッダの教えの一部でしかないんですね。それゆえ、ブッダは法そのもののと言われるのですね。まっとうに学んだ仏弟子であればそのように認識してますね。山崎弁栄氏も同じでしょうね。

参考:朝日日本歴史人物事典の解説から抜粋
山崎弁栄
生年: 安政6.2.20 (1859.3.24)
没年: 大正9.12.4 (1920)
明治から大正時代の浄土宗の僧。光明主義運動の提唱者。12歳のとき,空中に弥陀三尊を想見する。21歳で出家し,東京で遊学する。筑波山で念仏行の修行をして三昧発得を体験した。その後一切経を読破し,明治27(1894)年にインド仏跡参拝を行い,帰国後は独自の伝道活動を展開する。

>このお坊さんが、そのことを踏まえて云ったのか、明治時代の法律や道徳を根拠にした言葉なのか私には不明なので、その点についてのmmkyさんの“推測”も知りたいところです。

○山崎弁栄氏は一切経を読破したと「朝日日本歴史人物事典の解説」に書かれています。
一切経(大蔵経)には、大きく分類して
経:狭義の経で、釈尊の教えそのものをいう
律:教団の規則
論:仏教の教義を解説・詳説したもの
が書かれていますので、律(教団の規則)についてもよく学ばれていたのでしょうね。
ブッダの教えは、最高の法...続きを読む

Q【沈黙】見て キリスト教布教が悪い訳でもないけど やはり 異国の仏教に立ち入る側も 悪い訳で。 そも

【沈黙】見て キリスト教布教が悪い訳でもないけど やはり 異国の仏教に立ち入る側も 悪い訳で。 そもそも キリスト教 仏教 イスラム教 て 何も悪い訳でなく 何が違いますか??

Aベストアンサー

まさしく、どんな宗教も、宗教それ自体が悪いわけではない、と監督は言いたかったそうです。おそらくは原作者の遠藤周作もそれは同じでしょう。

ただ、昔は情報がありませんでしたから、キリスト教国で育った若き宣教師らは、キリスト教こそが人々を救う絶対のものだと信じていたでしょうし、一方で、異国に行ったことがない仏僧は、仏教こそが絶対だと信じていたのだと思います。

それが実は違っているのかもしれないと気づいたときの心の揺れこそが、どんな拷問にも増して身震いするほどのものだったのではないでしょうか。

Q「違法ではなく、人に迷惑がかからなければ、何をやってもいい」と思いますが、間違っていますか?

「違法ではなく、人に迷惑がかからなければ、何をやってもいい」と考えました。

ただし、たいていのことは多かれ少なかれ、直接的・間接的に人に迷惑をかけています。
あらゆる可能性を考えて「いっさい、人(動植物まで含め)には迷惑をかけていない」のが条件です。

いかがでしょうか?

Aベストアンサー

あくまで私の意見です。
厳密には酸素を消費したら迷惑になると思いますが、それを言うと何もできない、ということで話が終わってしまうので、そういったことをとりあえず抜きにして考えてみます。
誰かに激しい憎悪を抱く。自分なんてダメな人間だと自分を責め続ける。特定の集団に対して強い差別的感情を抱く。誰もいないところで呪いの言葉を唱え続ける。。。など。違法でもないし、人に迷惑もかかってないけど、私は、そういうことはすべきではないと思います。

Q一般的に思想を守り通すということはアプリオリに善であるか悪であるか?

一般的に思想を守り通すということはアプリオリに善であるか悪であるか?

Aベストアンサー

思想とは、環境認識における原理性、あるいはそれに基づく
自己の生存の志向性である以上、自己の認識の深まりや
社会の組織性の発展に適応せず、先入的な他律的要因に
固執するのは、“損”である。
(実態に反する意志~精神的充足量の最大化に反する行動)

Qなぜ「使役する側」と「使役される側」に分かれているのか?

なぜ「使役する側」と「使役される側」に分かれているのか?

Aベストアンサー

例えば、北欧諸国はデザインを産業として成り立たせている国ですよね。でも、実際にデザイン性に富んだものをシェアを確立するぐらい大量に生産するには、途上国の生産に頼るしかないのです。これを搾取ととるかどうかという問題はありますが。

一方、日本の企業は、この部分をなるべく機械化していくことで人件費を抑えていきたいので、カスタマイズしやすいように、デザイン性というものであまり冒険しません。しかし、それでも現状は価格競争で考えると途上国に工場を持っていかざるを得ません。

個人的意見ですが、途上国も前よりも豊かになるのならば、搾取と考えなくてもくても良いと思います。(将来的に考えるともう少し考えていくべきかもしれませんが)

しかし日本は先進国ですから、デザイン性という面も、テクノロジーという面もやはり先進国らしく発展していくのが、いい流れなのだと思います。少し保守的な考え方だとまだまだ、誇り高い奴隷になれという人がいてそういう流れをとめようとしますが、その意見には賛成できません。きっとそれだとすぐに競争に勝てなくなると思います。

人間なんて勝手なもので、どうしても自分の都合のいいように考えがちなものです。最近のうぐいすって「ほーほけ、、、」って、まだならっていないのかな。梅にうぐいすがとまるよりめじろがとまっている方がかわいくて絵になるんですね。だけど「ぴちゃちゃちゃ」ってしか言えないから、良いとこどりしたらどうかなんて、大きなお世話って、いってますよね。どうしたもんかな。

例えば、北欧諸国はデザインを産業として成り立たせている国ですよね。でも、実際にデザイン性に富んだものをシェアを確立するぐらい大量に生産するには、途上国の生産に頼るしかないのです。これを搾取ととるかどうかという問題はありますが。

一方、日本の企業は、この部分をなるべく機械化していくことで人件費を抑えていきたいので、カスタマイズしやすいように、デザイン性というものであまり冒険しません。しかし、それでも現状は価格競争で考えると途上国に工場を持っていかざるを得ません。

個人的...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報