出産前後の痔にはご注意!

領収書の額面についておたずねします。

1.個人事業主(外注)に支払をしました。
 源泉徴収税を預ってます。
 この場合、領収書は源泉徴収税額込みでもらってよいのでしょうか。
 
 100000円のうち10000円を源泉徴収して
 90000円支払
 領収書の金額は100000円で問題ないのでしょうか。
 それとも、100000円と記載し、注意書きとして
 内源泉10000円とすべきなのでしょうか。

2.相手先の会社から支払を受けました。
 請求額に振込手数料を込みで支払ってきました。
 この場合、領収書はどうすればよいのでしょうか。

 100000円のうち315円の振込手数料が差し引かれ
 99685円が振り込まれました

 領収書の金額は99685円で問題ないのでしょうか。
 それとも、100000円にすべきなのでしょうか。
 ちなみに、振込手数料は支払ってもらえそうにありません。

どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

領収証記載額は、額面通りになります。



ところで、領収証は必要とされているのでしょうか。
領収証は課税文書のため印紙の貼付が必要です。請求書は不要です。
請求書でのやりとりが可能ならば、請求書をもらう方式に変更したほうがいいのではないかと思います。

(2)のケースで、振込手数料は集金の手数料にあたるので支払いを受ける側の負担という解釈があります(特に古い人の場合)。「本来ならば集金に来るもの。その交通費や手間賃は集金するほうの負担。だから振込手数料は支払いを受ける側の負担で当然」という解釈です(たしかに新聞とかの集金に来る人の手間賃は払いませんね)。
契約書に明記するか、そうでない場合は請求書にはもれなく「振込手数料はご負担ください」と記載したほうがいいでしょう(それでも引いてきた場合でも契約がなければなかなか文句は言えないですが・・)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!
請求書で行きます!
とっても助かりましたありがとうございます!!

振込手数料についても、納得です。
そうなんです。
いざ振り込まれたら手数料込みだったんでびっくりしたんですけど、
そういうことなんですね。。
ありがとうございました!

お礼日時:2006/03/14 10:54

1.領収金額100000円


  但書等に 源泉10000円預かり等と記載

2.双方の取り決めで請求金額から振込手数料を差引いて支 払う事となっているのなら、振込手数料を含めた領収金額 100000円です。

ちなみに業種等によっては源泉は不要な場合もあるかとは思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
但書のところに源泉の旨書いておきます!
その方があちらも不審に思わないですしね!

お礼日時:2006/03/14 10:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q領収書の書き方

領収書の書き方について質問です。10,500円(消費税500円)の報酬から源泉所得税1千円を差し引いて9,500円を受取りました。このときの領収書の書き方ですが9,500円と書けばよいのでしょうか?それ以外に源泉の金額などは書かないといけないのでしょうか?

Aベストアンサー

 受け取った金額9,500円で領収書を切れば結構です。
特に源泉所得税の金額を付記する必要はありません。

 質問内容からすると士業の方と思われますが、この報酬にかかる
請求書のほうで源泉所得税について記載はしなかったのでしょうか?
 請求書で記載してあれば、依頼者もそれで源泉分の処理もできます
から問題ないです。

Q講演料の手取り額と領収書

以前に類似の質問をして、お答えをいただいたのですが、
新たな疑問がでてきまして再びご相談させていただきます。

手取りで\18300を講演料として払うのですが、

その際の領収書に記載する額はいくらか?
ということです。

以前お答えいただいた方法から計算すると

(A)
1.本体\17429
2・消費税\871
3.源泉所得税\1742
1+2が手取りでそれに3を加えた
\20042が領収書の金額

となると思うのですが、
(B)
1.本体\19263
2.消費税\263
3.源泉所得税\1926
となり
1+2=\20226が領収書の額で
そこから3の源泉所得税\1926を引いて
\18300を手取りとして払うわけなので
領収書の記載額は\20226となると言われました。

数字のトリックみたいで困っているのですが、
はたしてどちらが正しいのでしょうか?

お手数ですが、どなたかお教えいただけますでしょうか。

Aベストアンサー

>(A)
>1.本体\17429
>2・消費税\871
>3.源泉所得税\1742

3.は引き算です。
実支払額が、
17,429 + 871 - 1,742 = 16,548
にしかなりません。
よってあなたの誤りです。

>(B)

19,263 + 963 - 1,926 = 18,300・・・実支払額
19,263 + 963 = 20,226・・・帳簿上の支払額

Q源泉徴収されるときの請求書と領収書と経理処理について教えてください

SOHOワーカーです。
源泉徴収されるときの請求書と領収書について、分からないことがあるのでお教え願います。
クライアントからビデオ編集の仕事をギャラ20万円でいただきました。報酬の振込みについて説明されたのですが、源泉徴収するので10%徴収した金額を振り込むとのことでした。
この場合、請求書と領収書はどのように書けばよろしいのでしょうか?
以前、質問されている逆の立場の方の投稿(No.659250)を読んで勝手な想像をしているのですが、請求書は20万で発行し領収書は18万とし、何か但し書きで「2万円を源泉徴収とする」みたいなことを書くのかなと考えています。
また、この際の帳簿への記帳はどうしたらよろしいのでしょうか?
よろしくご教授願います。

Aベストアンサー

1.請求書は20万円で発行します。

2.領収書は実際に振込まれた18万円で発行しても、20万円で発行して、摘要欄に「振込18万円・源泉税2万円」などと記載してもどちらでもかまいません。

3.次のような仕訳となります。

銀行預金 180.000 / 売上 200.000
事業主貸  20.000

つまり、売上は20万円で計上し、源泉税は事業主が負担するものですから、事業主貸しとして処理します。

なお、この源泉税は所得税の確定申告のときに、所得に対する年間の所得税から既に納付している源泉税として、控除することが出来ます。

年間の所得税よりも源泉税が多い場合は、差額が還付されます。

Q源泉徴収がある場合の報酬請求書の書き方

税抜き3万円の報酬に対して10.21%の源泉徴収をしてもらう場合、請求書の書き方についてお尋ねします。

報酬 30000円
消費税  2400円
源泉税  3063円

請求額 29337円
※源泉税は御社にて納付願います

と書くのはおかしいでしょうか。
源泉徴収漏れを防ぎたいのですが、どのような表記が一般的なのか教えてください。

Aベストアンサー

【標準的な表記法】
報酬額(本体) 30000円
消費税等の額   2400円
源泉所得税額(△)3063円
=================
差引き請求額  29337円

「※源泉税は御社にて納付願います」は余計です。顧客によっては「そんなことは言われなくても解っているよ」と不愉快に思うかもしれませんよ。


そもそも、なぜ源泉徴収漏れを防ぎたいと考えるのですか。私があなたの立場なら、源泉徴収を忘れてくれないかな。忘れてくれればラッキーなのだが………と考えますね。だって、源泉徴収を忘れて32400円を振り込んでくれればうれしいじゃないですか?

私の請求書:
報酬額(本体) 30000円
消費税等の額   2400円
=================
請求額合計   32400円


しかし、もし顧客との間で、「請求書には源泉所得税額を表示する」との合意があるのであれば、やはり【標準的な表記法】がいいですね。

それと、私の請求書には欠点もあります。顧客の経理担当者が源泉所得税額の計算を間違えて、

報酬額(本体) 30000円
消費税等の額   2400円
源泉所得税額(△)3308円
=================
差引き請求額  29092円

報酬額(本体)30000円に所得税率10.21%を掛けるのではなく、消費税込金額32400円に所得税率10.21%を掛けるという間違いをするかもしれないので、【標準的な表記法】はその間違いを防止する効果を期待できますね。

【標準的な表記法】
報酬額(本体) 30000円
消費税等の額   2400円
源泉所得税額(△)3063円
=================
差引き請求額  29337円

「※源泉税は御社にて納付願います」は余計です。顧客によっては「そんなことは言われなくても解っているよ」と不愉快に思うかもしれませんよ。


そもそも、なぜ源泉徴収漏れを防ぎたいと考えるのですか。私があなたの立場なら、源泉徴収を忘れてくれないかな。忘れてくれればラッキーなのだが………と考えますね。だって、源泉徴収を...続きを読む

Q領収書には住所は記入しますか?

個人的に頼まれた仕事があり、収入を得ました。領収書を発行してほしいとのことでしたので、市販の領収書を購入し、作成しようと思います。
自分の記名・捺印をすることはわかってはいるのですが住所も記載するべきでしょうか?
初歩的な質問ですみません。ご存知の方、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

領収証をもらった人が、単に支払い済みの確認だけのために、領収証の発行を要望したのなら、貴方の名前だけでも良いでしょう。

しかし領収証は、税務申告における経費の証明となる場合もあり、このときは会計士や税務署員が、どこの誰に支払ったものか、理解できる必要があるでしょう。
その意味では、住所や電話番号なども書き込んでおくことが肝要です。

Q振込み手数料を差引いた金額への領収書

領収書の発行に関して分からないことがあります。
事業を始めたばかりで分からず困っています。。

金額は例えですが
5550円の請求をしたところ、振込み手数料が差引かれた金額の5340円が振り込まれていました。
この様な事は会社によってあり得るということでしたので
納得したのですが、この場合領収書は5550円と5340円のどちらでだせば良いのでしょうか?
 
5550円だと210円どこ行っちゃったの?って事になりますし、5340円だと請求書と違う金額の領収書って事になりますよね。
どちらでお出しすればいいのかご教授下さい。

Aベストアンサー

領収証は、金銭や有価証券の授受を証する書類です。
振込の場合は、質問者さんとお客様の間で現金の受け渡しが直接あったわけではないので、領収証など書かなくてけっこうです。
お客様は銀行で受け取る振込票で、振込先が分かるのですから、それで支払いの証明にじゅうぶんなります。ATMから出てくる紙切れでもかまいません。

それでもお客様から特に申し出があって書かざるを得ないなら書いてください。そのときは、

・領収金額 5,550円
・内訳 お振込 5.340円、振込手数料相殺 210円

と書きます。
なお、これがもう一桁多かったら、領収証を書くと印紙を貼らなければなりません。振込手数料には既に印紙代相当が含まれているにもかかわらず、印紙税の二重負担になりますが、法制度上やむを得ません。
この観点からも、振込の場合は領収証を書かないほうが利口です。

Q手書きの領収証って印鑑押捺が必須?

理事会などの参加者に日当・交通費を支給する場合、領収証をもらいますが、そこに署名に加え、捺印は必須でしょうか?印鑑を忘れられた場合は、署名のみでOKですか?
又、日付や金額も本人に記入してもらう必要はありますか?

商店の領収証は、レジから印刷されるレシート状のものであるケースもあり、印鑑(又はそれに代わるもの)も印字されてくることがありますが、本質問は手書きの場合について想定しています。

Aベストアンサー

自筆なら、No.2のn_windさんお書きのとおり、署名となるので法的効力があります。したがって、捺印が必須かといえば、「必須ではない」というのが答えになります。

ただ、捺印してもらったほうが効力は強まります。また、拇印でも構いません。もっとも、一般論として拇印はハンコに比べて効力が弱かったかと思いますし、指紋は個人情報の固まりですから拇印を求められる側に抵抗感があることを否めません。

そのため、氏名の右横に捺印様のサイン(宅配便の受領印代わりに名前を書いて丸で囲む、あの方式)を入れることで捺印の代用とすることも、あります。これも、署名のみに比べて効力が強まります。

それから、日付欄や金額欄も手書きするのであれば、本人に書いてもらうのが無難です。改ざんしていないことを財務署などの第三者へアピールするためです。特に金額欄は、自筆がベターです。

Q講師へ謝金を支払う際の明細について

来月のイベントで講師をお招きすることになり、その際に現金で謝金を
お支払いするのですが、先方より明細(源泉徴収額等を記載)を一緒に発行
して欲しい旨の依頼がありました。そこで、質問です。

1)この場合の明細書は何という名称になるのでしょうか?
  例:支払明細書、支給明細書

2)明細書のひな形(フォーム)として参考になるものが、どこかにアップ
されてないでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

(1)イベントで講師を招く。
(2)現金で謝金を支払う。
(3)明細が必要だ。
(4)源泉徴収額を記載してください。
(6)skonchoさんの質問の(1)は任意です。何故か?謝金には言い方がいろいろあるからです。たとえば・・・お礼・謝礼・講演料等々があるので,明細は好きな内容にして下さい。

例の支払明細書・支給明細書ですが同じ意味です。例えば現金の他に小切手を渡しても支払です。

例えば会社が従業員に月給を渡す場合は支給と言うように使い分けなんです。

(7)おそらく熨斗袋か封筒に現金を入れて渡すか,もしかして振込・引き落とし等々の場合は明細をわたしますが,その場合源泉徴収=所得税を控除するので例えば税込みで55,550支払して講演料50,000円5,550円は源泉徴収し,明細を渡すとすれば雛形は便箋に書き込んで渡してください。

※例
○○○○殿or様
                       ◇◇◇◇団体名等
            △△△講演料
 内容
 講演料
 所得税「控除」
 差引額
                            以 上

(1)イベントで講師を招く。
(2)現金で謝金を支払う。
(3)明細が必要だ。
(4)源泉徴収額を記載してください。
(6)skonchoさんの質問の(1)は任意です。何故か?謝金には言い方がいろいろあるからです。たとえば・・・お礼・謝礼・講演料等々があるので,明細は好きな内容にして下さい。

例の支払明細書・支給明細書ですが同じ意味です。例えば現金の他に小切手を渡しても支払です。

例えば会社が従業員に月給を渡す場合は支給と言うように使い分けなんです。

(7)おそらく熨斗袋か封筒に現金を入...続きを読む


人気Q&Aランキング