パスを上手く飛ばす方ほうってなんかありますか??やはり,腕筋がないとだめでしょうか??コツとかあったらお願いします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「パスを飛ばす」は、チェストパスについてと判断します。


シュートでも同じなのですが、遠くに飛ばすためには、腕ではなく下半身の使い方のほうが重要です。
中学生を教えていますが、パスの弱い生徒はまず間違いなく、膝が伸びた状態で、腕だけでパスをしています。
パスの時に、動作が2段階になっていて、はっきっりと、
1 膝が伸びる、2 腕がのびる、に分かれて見えます。
そうではなく、バネを押し縮めておいて、そのバネが伸びていく時のように、全身を縮めておいて、下から順に、
足の指、足首、ひざ、腰、背中、腕、手首、指
が、連続してなめらかに、ビヨ~ンとなる感じで体を伸ばしていくとすぐに遠くへ飛ぶようになりますよ。
    • good
    • 0

しっかり基本を大切にした方が良いですよ。


僕は中学の時に基本をしっかり教えてもらって、高校に入った時にはやっぱり綺麗なパスで、バックスピンのかかったパスが出来るようになりました。
自己流とか基本と違う方法の人は正確なパスが出来てなかったし、相手の取りにくい回転や軌道でした。
これは早い時期にやっとかないとあとから直すのは難しいですよ。パス以外もそうですけど。
もしパスのやり方がわからなかったら、月刊バスケって言う雑誌にビデオの通信販売が載ってるのでみてみてもいいと思います。でも、アメリカのものは少しやり方が違うのもあるので日本のもので新しいのが良いと思います。
文で説明するのは難しいのでよかったらビデオ、それか、本にもあると思うので見てみるといいと思います。出来るだけ新しいのをみてくださいね。
    • good
    • 0

皆さんが言われている通り、下半身はとても重要だとおもいます。


それともうひとつ大切なのは下半身の力を腕にまで伝える体幹の筋力です。
つまり、腹筋と背筋です。樹木で例えると、腕は枝、体幹はまさに幹です。
幹が強くしっかりしていないと、枝ぶりもよくはなりませんよね。
だから、腹筋と背筋もしっかりとトレーニングしてつよくしましょう
    • good
    • 0

パスでやっぱり重要なのは、手首のスナップと下半身の使い方だと思います。

特に下半身は、膝が伸びていないことと腰がちゃんと入っていることだと思います。近距離・遠距離どちらの場合でもこのことができていれば、速いパスやコントロールが調節できると思いますよ。
    • good
    • 0

ボールを遠くに投げるのには確かに腕の力があるのは有利ですが、シュートと同様に一番大切なのは膝の使い方と体重移動、手首の使い方です。

これはボールコントロールにも言えます。
■基本
パス練習をする際、コートの短辺の1/2くらいの距離でパートナーと面し、相手の胸元に向かいパスをだします。
このとき両手首をかえし(内→外)親指で押し出すようにしますが膝の動作のタイミングとあわせる工夫(膝を伸ばす時に親指に意識をして押し出す)をしてください。膝の力をそのまま指に伝える(理屈からは不可能ですが意識的に)様にすれば無駄な力を使わずに離せます。ボールの回転はこの場合(下→上)となります。強さがわかってきたら徐々に距離をとるようにします。
■バウンドパス
基本のようにすると、バウンドした時にバックスピンがかかって思いのほか距離が伸びません。切り込んだ見方にパスするときは逆に(上→下)回転のパスを出せばバウンド後の距離を伸ばせます。でも基本のパスで十分な回転をつける練習のあとでだと思います。

経験者ですが知識が古いので自信なしとします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鋭いパス

バスケで、速攻などで、遠くにパスを出すときやバウンドパスなど、どうもパスの威力が弱い気がします。どこを鍛えればよろしいですか?

Aベストアンサー

速いパスを出すには手首の強さが必要だと思います。
自分で「このリリースをしたら強い」とかそういう感覚を見つけていけばいいと思います。
腕の筋肉はある残したことはないですね。

Qバックパスについて

四半世紀ぶりにバスケットを観戦しました。
「バックパス」について教えてください
検索するとルール改正の説明はありますが、いつからあるルールなのでしょうか?

Aベストアンサー

正確なことは分からないので申し訳ないのですが。。

少なくとも私が中学で始めたときにはあったルールですので
20年前には確実にありましたよ。
(年齢がばれますけど。)
中学生くらいで始めたばかりだと良くジャンプボール後にボールを取って
逆に行ってしまってバックパス取られるケースがあったなあと
良く覚えていますし。

Qバスケ パス

中学のバスケ部で副キャプテンをやってます。
ポジションはC、PFです。

部活に入って2年近くたちますがパスを投げる、受けるのが
あんまり上手くなってません。他は随分教えてもらったり
ゴールがある公園で部活仲間とやったりして良くなったのですが
このてんだけが昔から駄目です。

基礎の基礎ということもあり先生からも結構指摘されてます。
同じ2年の生徒だけでも20人もおり、競争は激しいです。
ひたすらパス練習をする意外になにかコツがありましたら
御教授お願いしたいです。

Aベストアンサー

今年の8月までバスケをやっていた者です。(中三・女子)

自分はバスケは6年位やっていました。ポジションは、GFをやっていました。Cをやっているなら、パスを取れなければ点に繋がらないですよね。
パスを怖がっていたのでは、パスは取れません。あと、ハンドサインを出すことも大切だと思います。自分の取りやすいところに手を出せばキャッチは良くなると思います。あとは、ガードやフォアードの子に試合前に「ここに出して欲しい!」とか意思疎通をすることも大切です。自分の取りやすいパスもあると思うので、そのパスで出してもらうのも良いと思います。

練習法は、一対一でパス練習するのも良いですが、一人でやるときは、壁に向かってパス→キャッチが良いと思います。ボールハンドリングもやるとボールの感覚が染み付くので良いと思います。

怪我に気をつけて練習頑張ってください。

Qバスケのバックパス

ばすけのバックパスがいまいちよくわからないのですが、どのような事をいうのでしょうか…ちなみにこの行為は反則ですよね?

Aベストアンサー

1度フロントコートに運んだボールを、バックコートに戻すことです。

パスでなくても、例えばドリブルでミスってボールがバックコートまで転がってしまい、
それを追いかけて自分やチームメイトがバックコートで取ったら、それもバックパスです。

細かく言えば、センターラインをまたいだ状態でボールを保持していたらバックパスですが、
NBAでも日本の各リーグ、大学・高校の大会でも笛が吹かれることはまずないでしょう。
(またいだ状態で止まったら吹きますが、流れの中で吹くような精密さだと試合進行にも影響があるためと思われます)

ボールを取った箇所のサイドからスローインとなります。
エンドラインからスローインされるのとサイドラインからスローインされるのと、
どっちが良いかといったらサイドからだと思います。
なので、バックパスと知った上でわざと触らざるを得ない場合もあります。

なお、パスカットやスティールで相手が触っていれば、バックコート内で取っても笛は吹かれません。

バイオレーションなので相手ボールになりますが、反則としてはカウントされません。

参考URLとは別に、面白くて参考になるブログがあります。
http://d.hatena.ne.jp/gomakov/20060618/p3

参考URL:http://www.weed-y.com/basketball001.html#basketcot

1度フロントコートに運んだボールを、バックコートに戻すことです。

パスでなくても、例えばドリブルでミスってボールがバックコートまで転がってしまい、
それを追いかけて自分やチームメイトがバックコートで取ったら、それもバックパスです。

細かく言えば、センターラインをまたいだ状態でボールを保持していたらバックパスですが、
NBAでも日本の各リーグ、大学・高校の大会でも笛が吹かれることはまずないでしょう。
(またいだ状態で止まったら吹きますが、流れの中で吹くような精密さだと試...続きを読む

Qバスケ シュートのコツ

学校の授業でバスケをやっています。
シュートをたくさん入れたいです。シュートのコツを教えてください。

Aベストアンサー

バスケの試合で最も多いシュートはレイアップです。
理由は簡単で、一番成功率が高いから。

レイアップのやり方は分かりますか?
http://panasonic.co.jp/sports/basketball/tutorial/vol02.html

基本が出来たら、後はいろんなスピードで練習する事。
速攻で落ち着いてレイアップを決めるには練習が必須です。
(初心者だとスピードをそのままボールに伝えてしまって大きく跳ね返る)

学校の授業程度ならこれだけしっかりやれば十分。

あ、もちろんドリブルも練習しておいてくださいね。
ボールもって走れなきゃ何の意味も無いですから。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報