ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

兄弟が2年前に約2000万 30年ローンを組みました。公庫のみ基準金利のみ、2.2%で元利金等返済だそうです。共働きなので経済的には余裕があるそうなのですが、そろそろ子供のことも視野に入れたくなってきたとのこと。そうなる前に、借り入れ当初から元金均等返済にしておけばよかったと嘆いてます。けれど今からでも遅くは無いのでは?と思ってしまうのですがどうでしょう?
返済のタイプを途中から変更できるというのは何かで読んだのですが、元金にするとやはり返済額がアップするのが彼女にはこわいらしく、子供もまだな割には「これから出費が増えるし…」とおよび腰です。
けれどそんな小さいうちはまだかかるといっても大学進学時などに比べればかわいいものなのではないでしょうか?それよりも金利の上がるころと大学進学が重なる方がこわいと思うんですが…。
だから、たとえば苦しくなるまでは今までの貯金でがんばって元金をガンガン減らしていき、つらくなってきてから条件変更して期間を延ばすとか、そんな方法もあっていいのでは?
けれどなにせ先行き不安な世の中ですから、不安な気持ちになるのもよく分かります。そんな不安を乗り越え、同じような理由から変更された方がいらっしゃったら詳しく教えていただけませんか?
どうも彼女が無駄に返済している気がしてならないのです。
変な質問ですが宜しくお願いします。

A 回答 (1件)

現在、ある程度の余裕があり貯金をされているのでしたら、預金を崩して内入れ返済をされたらいかがでしょう。


銀行預金の金利が安いのに預けて、それ以上に高い金利のローンを返済していては無駄になります。
内入れ返済には、借入期間を短縮する方法と、毎月の返済額を減らす方法とあります。
前者の方が支払う利息の総額が少なくなり、後者は毎月の返済が楽になり、余裕ができたものをある程度まとまるまで貯金して、又、内入れ返済に回せます。

ただ、借入期間を短縮する場合、返済期間が10年以下になってしまうと、住宅ローン減税が使えなくなりますから、住宅ローン減税を使っている間は、借入期間が10年以下にならないように気をつけてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
出来る限り早く返しておいた方がいいとしつこく
言っていたのですが、済期間が10年を切ると減税が
適用外になるとは知りませんでした。
無理してまでやることないかもしれないですね。
間違ったアドバイスをしてしまったみたいで
ちょっと反省しました。
丁寧な回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/18 13:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住宅ローンの繰上げ返済後、ローン保証料はいつごろどれ位もどりますか?

銀行に電話したのですが、「わからない」という感じで回答がもらえなかったので質問させて頂きます。

昨年5月物件購入、6月からローンの引き落とし開始。(元金均等支払)
今年1月、約500万円の繰上げ返済を行う(返済月を短縮)
三菱東京UFJ銀行

1.保証料の返還があると思うのですが、保証会社からいくらくらい戻るとかの案内はありますよね?繰上げ返済実行後どれくらいで案内がくるのでしょうか?

2.保証料返還に手数料が取られるのは知っていますが、上記の場合、大体いくらくらい戻ってくるでしょうか?

大体でいいので、繰上げ返済をご経験の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

繰上返済の経験は、自分自身ではなく、仕事で担当したことがあります(私は金融機関に勤務している住宅ローン審査経験者です。保証会社に出向していたこともあります)。

保証料の返戻は保証会社が行うことなので、確かに銀行では「分からない」としか回答のしようがないことです。
ですから、この回答をした銀行の態度を「冷たい」とは受け取られないでいただきたいのですが…。

> 1.保証料の返還があると思うのですが

『全額繰上返済』の場合は、殆どの保証会社で保証料の返戻を行っていると思いますが、ご質問者さまがされた繰上返済は『一部繰上返済』になります。
『一部繰上返済』の場合、例え、繰上返済額が多く、期間短縮型でも「保証料の返戻はしない」としている保証会社もあるんですよ。
ですから、ご質問者さまがご利用になっている保証会社との『保証委託契約』のなかの「保証料の返還」などの条項がどうなっているかを拝見しないと、「はい、保証料の一部が返ってきます。」という回答を差し上げることはできません。
ご質問者さまのお手元にある、保証会社と取り交わした『保証委託契約』には「一部繰上返済の場合の保証料の返還」について、どのように記載されているでしょうか?

> 保証会社からいくらくらい戻るとかの案内はありますよね?
> 繰上げ返済実行後どれくらいで案内がくるのでしょうか?

私が出向していた保証会社では、繰上返済実行後何日で…というより、「保証会社に繰上返済関係の資料が届いた順」に保証料返戻の作業をしていました。
「繰上返済日が何日から何日までのものは何月何日に返戻する」というよりは、「何日から何日までに資料が届いたものは何月何日に返戻する」というカンジでした。
保証料の返戻日(口座振込日)を「月に3回(3日、13日、23日だったかな?)」と定めていたので、口座振込の案内は、その1週間前くらいにお客様の手元に届くようにしていました。
全額繰上返済の方が、保証料の返戻は早かったです。

> 2.保証料返還に手数料が取られるのは知っていますが、上記の場合、大体いくらくらい戻ってくるでしょうか?

借入金額:1,600万円、返済期間:25年、初回返済:平成19年6月、元金均等返済で、平成20年1月に期間短縮型で約500万円の一部繰上返済…となると、短縮された期間は、100回~110回分程度になるかと思います。
一括前払い型の保証料は、適用された料率によっても違ってきますから、ご質問者さまが当初いくらくらいの保証料を払われたかですが…。
一般的な料率を当てはめましても、20万円~40万円程度と、推測される幅が広いんです(一括前払い保証料は、借入金額が一緒でも、借入期間と保証料率によって違ってきます)。
実際、保証料はいくら払われたのでしょうか?
借入金額の3分の1近くを繰上返済したからといっても、一括前払い保証料も3分の1近くが戻ってくる…ということはあまりないです。
仰っているとおり「手数料」も差し引かれますし、「既経過分の保証料」も差し引かれます。
当然に借入残高は当初の方が多いですから、その分保証料も高くなります。
ですから、既経過分の保証料は一般の方が思っていらっしゃるより「高い」です。
既経過分と手数料を差し引いて考えると、戻ってくるのは「3万円~10万円」程度ではないかと思います(適用された保証料率によって差が出ます)。

繰上返済の経験は、自分自身ではなく、仕事で担当したことがあります(私は金融機関に勤務している住宅ローン審査経験者です。保証会社に出向していたこともあります)。

保証料の返戻は保証会社が行うことなので、確かに銀行では「分からない」としか回答のしようがないことです。
ですから、この回答をした銀行の態度を「冷たい」とは受け取られないでいただきたいのですが…。

> 1.保証料の返還があると思うのですが

『全額繰上返済』の場合は、殆どの保証会社で保証料の返戻を行っていると思いますが...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報