こんにちは。私もこちらにカテゴリーにちらほら見かける「実生活で役立ちそうだから」という理由でファイナンシャルプランナーの勉強をしてみたいと思ってます。
そこで皆さんに質問です。具体的にどういう場面でその知識は実生活で役立ちましたか?自分自身のライフプランニングだとすればそれはいつ、どんな場面で?
というのは、まだまだ漠然としかこの資格の内容を把握していないので、いまいちピンとこないのです。(だいたいタックスやらリタイアメントやらなんでカタカナばっかりなんでしょう。)
うーん、それと本格的に勉強となると際限が無く大変だと、元銀行員でFPの資格をとった知り合いの話を聞くと、別に資格取るのが目標じゃないしな~~と…。
すみません、資格取得のコーナーなのに。けれどそれはやってみてもっと深入りしたくなってからでもいいかな、と。
今はなんと言うか入り口を覗いている段階なんです。
そういうわけで、ファイナンシャルプランナーってこんなところがおもしろいよ!
というようなお話やそんなことが載った本などがあったら教えていただけますでしょうか?
不真面目みたいな質問ですみませんがどうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (1件)

数年前にCFPを取得しました。



私がFPに興味を持ったのは、社会人になって自分でお金を稼ぎ始めたとき、わからないことや疑問に思ったことが、余りにも多かったからです。例えば、

・給料からひかれている税金は何なのか。どの項目が税金でどれが保険でどれが貯蓄(年金)なのか。
・生命保険の勧誘がやたらとくるが、何に入ったらいいのか。もし自分が死んだ場合、どこからいくらもらえるのか。
・生命保険の保険料はどうやって算出されているのか。
・会社で財形を勧められたが、そもそも財形って何なのか。
・自分が退職(定年、もしくは中途)した場合、生活していけるのか。足りないなら、必要なお金はいくらか。

数年してからは、
・賃貸に住み続けるのと持ち家、マンションを購入するのはどちらが得なのか。
・結婚して家族を養っていくには、今の収入で足りるのか。
・親から資金運用の相談を受けるが、何を勧めればいいのか。
・両親も年老いてきたが、相続が発生した場合は納税額を収められるのか。

などです。
どれも当たり前の疑問なのに理解できていないことが、自分に対しても、家族に対しても、自分の稼いだお金に対しても責任を果たしていないと思い、勉強しました。

金利を専門に扱う仕事をしているため、仕事面でのスキルアップの意図もありましたが、未だに仕事には役立っていません。でも生活していく上で、お金の事を体系立てて理解できたのは、私にとってとても有益だったと思います。

以上、思いつくまま書いてみましたが、少しでもご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
確かにお金に関する教育ってほんとに受けてないままですよね。
そして社会人になっていきなり保険を勧められても戸惑うばかり。
「金持ち父さん、貧乏父さん」にも書かれていたように、そのへんの
教育が必要だと感じました。
丁寧なアドバイスにどれもこれも同感です。
特に「理解できていないことが、自分に対しても、家族に対しても、
自分の稼いだお金に対しても責任を果たしていない」というのを拝見して
ハッとしました。わからないままでいるのは失礼なことですね。
貴重なご意見ほんとにありがとうございました。

お礼日時:2002/02/19 07:49

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ