高校が決まって一安心したんですが、校則が厳しく?
染めるのもピアスしてくのもだめなんです。。
染めるのはともかく
ピアスは学校内しなければ問題ないんでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

高校合格おめでとうございます!


私も高校のときにピアスをあけました。髪はもともと茶色がかっていたので、何もしていませんでしたが。
私の高校は私立で結構校則には厳しかったのですが、ピアスをはめていなくて、穴だけにしていたら何も言われませんでした。空けたのが高校在学中だったので、最初ファーストピアスはドキドキしていましね~。「ふさがないためにずっとつけなくちゃいけないのに、ヤバイよ~」って(笑)。髪でもかくせないし、結局透明なやつがあったので、それをつけていました。よく穴がふさがらないように、というタイプでちょっと太めの透明な樹脂?でできているピアスが売ってるのですが、登校中はそれでしのいでみては?もし完璧に穴が出来ているのであれば、外していた方が無難ですけどね。流石にピアス穴は見つかっても「ふさげ!」とは言われないと思いますよ(^^;)。
でも、本来、校則は守られるべきものです。あまりハメを外し過ぎない程度にしておいて、楽しい高校生活を送って下さいね!高校~大学がいっちばん楽しい時ですよ!終わってから振り返ると(苦笑)。
    • good
    • 0

私が高校生のときは校内でしていなければあまり言われなかったですね


最近は規則もけっこう甘くなってきてるので、
「校内でしない」なら大丈夫だと思います

ただし、低学年は高学年よりも厳しくされるので、1年生の間だけでも我慢したほうがいいと思います
わざわざピアスをして先生に挑戦するようなことしても意味ないですしね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まとめてお礼させて頂きます。ありがとうございますm(_ _)m
先輩はまだ見たことないんですよね^^;
とりあえずばれない様にして見たいと思います^^
染めるのは流石にばれますし^^;
髪は耳隠せるくらいあるんでだいじょぶかもしれません@@
ホントありがとうございました^^

お礼日時:2002/01/24 02:31

とりあえず、合格おめでとうというところですね。

相談内容のようなことは学校を決める前に調べておかないと、本当は苦しい、残念なことになってしまいますね。まあ、今となっては変える事もできないのですから、本当に染めやピアスがだめなのかは、先輩を見るのがいちばんでしょう。高校も対外的な説明では「厳しく」「禁止」など指導上の理想を言いますが、現実は実際に指導する困難さから程度によっては認められていたり、黙認されていたりする場合もあります。校内ではピアスの穴だけなら黙認なんてこともあるでしょう。でももしも、本当に厳しく指導している学校だったらあきらめるしかないでしょう。最終的には退学もあるのですから公立の中学校とは違います。でも、それだけのことでやめたりしちゃいけませんよ。せっかく入ったんだから。
学校は勉強したり、部活動をしたり、新しい出会いを楽しむ所ですから、あなたの頑張りで学校も変わるかもしれません。そう思って勉強や部活動を頑張ることはあなたにとって絶対にプラスでしょ。外見だけで判断されないような中身を学校に見せてやりなさい!がんばれよ!
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q多くの高校では髪を染めたり、整髪料などで流行的な髪形にしてはいけない校則があるのは何故ですか?

多くの高校では髪を染めたり、整髪料などで流行的な髪形にしてはいけない校則があるのは何故ですか?

Aベストアンサー

すごいですね
校則読んでるのですね真面目ですね
私が高校の時は誰も校則読んでません
先生に注意されて初めて校則違反だと
わかる事ばかりでした。
県立です。

Q神奈川県立内で髪染めピアスしていい高校!?

お世話になってます
中2女子です。


神奈川県立内で
髪を染めてもいい
ピアスを開けてもいい
等といった
自由な高校はありますか?
ドラゴン桜で実際に使われた高校
鶴見総合高校に行きたいんですが、鶴見総合高校はピアスはオッケーですが髪を染めたらいけないんです…( ̄▽ ̄;)

どうしてもっと言う訳じゃなくて、ただ知りたくて、教えて欲しいんです!

お願いします_(..)_

Aベストアンサー

 岸根高校(新横浜)はわりと自由でしたよ。茶髪も普通にいましたし。
 かと言って、荒れてるという感じでもありませんでした。

 今はどうか分からないです。

Q高校の受験の時って本当にピアス開けてると不利なんですか?

高校の受験の時って本当にピアス開けてると不利なんですか?

Aベストアンサー

試験さえできていればピアスをあけていても
不利になることはないと思います。
面接がある場合はピアスは外して下さいね!

Q高校の面接で長所と短所なんですがこれでいいと思いますか?おかしいところがあったらなおしてくださいお願

高校の面接で長所と短所なんですがこれでいいと思いますか?おかしいところがあったらなおしてくださいお願いします!
やると決めたら諦めずなしとげることができます。でもそれは短所でもあります。やると決めたことだけに集中しすぎて勉強などがおくれることがあります。なので高校では勉強と部活動の両立を頑張りたいです。

Aベストアンサー

とても良いと思います。
どのようなことを成し遂げた経験があるのかを具体的にすれば、より伝わると思います。
勉強が遅れた、ということは具体例なので…


だから
やると決めたら成し遂げられるが集中しすぎて他のことに手が回らなくなることがある。
→(具体的として)中学時代に○○という目標を立てて~というように頑張って目標を達成できた。しかし勉強が遅れてしまったことがある。
→なので部活勉強を両立したい。

とするのはどうでしょうか?

Q校則などについて

長くなりますが聞いてください。私は、神戸の女子校に通っています。でも入学してから校則を知って驚きました。髪型もほとんど強制っぽいし毎月ある風紀検査では、男の先生に髪を触られながら前髪の長さが眉毛を越えていないかとかチェックをされたり後ろの髪の毛を伸ばしたいと決めたら二つくくりか、三つ編みをして、それからは、髪型を変えたり切ったら怒られたりするし、髪をすいて段がついていたら三つ編みができないからショートカットにしてこいとか普通にゆわれます。がっこうでは,髪がくくれる長さなら二つくくりか、三つ網をしないと髪をきらされます。髪の毛の色も光に当てられてチェックされ、傷んでも黒染めを毎月させられます。それに女子トイレにも普通に男の先生が見回りにくるし常に生徒を見張っています。ある先生は顔に白い紙をこすりつけてファンデーションをぬっていないか確かめてくるしブラウスがスカートからでていないか確かめるために制服のベストをめくってきたりします。何もしていないのに持ち物検査をされたりした人もかなりいます。この学校に入学して後悔する子はかなりいます。辞める子もかなりいます。この学校のひどい話しはかなりあります。来年入ってくる子も絶対入学してきて後悔します。はっきりいって私の学校がこんな学校だとは知らない人がほとんどです。どうすればいいでしょうか・・・神戸常○女子高等学校 生徒

長くなりますが聞いてください。私は、神戸の女子校に通っています。でも入学してから校則を知って驚きました。髪型もほとんど強制っぽいし毎月ある風紀検査では、男の先生に髪を触られながら前髪の長さが眉毛を越えていないかとかチェックをされたり後ろの髪の毛を伸ばしたいと決めたら二つくくりか、三つ編みをして、それからは、髪型を変えたり切ったら怒られたりするし、髪をすいて段がついていたら三つ編みができないからショートカットにしてこいとか普通にゆわれます。がっこうでは,髪がくくれる長さなら...続きを読む

Aベストアンサー

論点を幾つかに分けて回答することにします。

mizutoriさんが提起している問題を大きく分類すると、
(1)校則は必要か(又は妥当か)
(2)必要(又は妥当であるなら)校則を守らせるための教員の手段は妥当か
(3)現実問題としてどう対処すればいいか
という事になると思います。

(1)については服装や頭髪に対する制限(強制)の是非について幾つかの判例があるのですが、現状では裁判所は概ね校則に対して肯定的なスタンスであるようです。(早い話が校則があるなら従いなさいということ。)「学校における生徒の在学関係はいわゆる公法上の特別支配関係に属するから、学校長は教育目的に必要な限りその目的を達するに必要な合理的範囲内で、法律の規定に基づかなくても生徒に対しその服従を強制したり自由を制限したりできる」という判例(判旨)があるため、現状では(批判は多いものの)よほど教育的観点からの指導とかけ離れたものでない限りは従うしかないというのが法律的な解釈になります。法的論争をする気がなくても、上記のような判例がある限りは抗議しても認められない可能性が高いと言えそうです。
(2)については、個々の対応について話をするときりがないのですが(専門家の意見も分かれています)、男性教員が女子トイレに入り込んで生徒の行動を監視する、男性教員が女生徒のベストをめくるといったやり方は、常軌を逸した手段と判断できます。学校内には女性教員も多数いるはずですから、どうしても教育上必要な指導であるとするのであれば、せめて女性教員が担当するべきでしょう。それ以外でも、身体的接触を伴う検査については、女性教員が担当するようにするべきでしょう。また、所持品検査についてですが、女生徒も生理用品等の男性教員には見せたくないものを持っているでしょうから、それについても女性教員が担当するべきでしょう。(所持品検査については、学校内でバタフライナイフ等を使用した殺人事件等が多発したため、文部省(現文部科学省)の大臣が「各学校長の判断だが、必要な配慮をした上で所持品検査をしていい、と徹底する」と発言し、現状では基本的に容認されているようです。)
(3)については、かなり難しい問題であり、今すぐ(自分が希望するような)方法を見つけるのは困難でしょう。上記の通り、現状が校則を容認するものである限り、校則はまずなくなることがないでしょうから、
・(不満はあっても)できるだけ校則に従うようにする(我慢する)。
・ばれないように校則をかいくぐる。
・(かなり期待薄だが)裁判を起こしたり、教育委員会や文部科学省に相談や抗議等の行動を起こしてみる。
・退学(転校)する。
・教員の指導(強制)方法についてだけでも生徒同士や親等を交えて抗議し、改善要求をする。
上記のような方法を、自分の性格や現在の状況と照らし合わせて選択していくしかないように思います。
学校生活における不満は昔から解決されることもなく尽きないのですが、何とか楽しいことを見つけて乗り切れるといいですね。
あまり役に立つ情報はありませんが、何らかの形で問題を解決するなり、割り切って別の楽しいことに目を向けるなりして、学校生活が少しでも楽しいものになるようになるといいですね。

論点を幾つかに分けて回答することにします。

mizutoriさんが提起している問題を大きく分類すると、
(1)校則は必要か(又は妥当か)
(2)必要(又は妥当であるなら)校則を守らせるための教員の手段は妥当か
(3)現実問題としてどう対処すればいいか
という事になると思います。

(1)については服装や頭髪に対する制限(強制)の是非について幾つかの判例があるのですが、現状では裁判所は概ね校則に対して肯定的なスタンスであるようです。(早い話が校則があるなら従いなさいということ。)「学校における...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報