各銀行(できれば全国銀行協会加盟の全銀行)の提携金融機関を調べたいのですが、各銀行のHPを覗いても一覧がない場合が多くて困っています。
どうやって調べたら良いでしょうか?
具体的には、ある銀行のキャッシュカードがどの銀行のATMで使えるか、また、どんなサービス(引き出し、預け入れ、振り込み)が受けられるかを全ての銀行について調べたいのです。
ご存知の方、いしゃっしゃいましたらアドバイスをお願い致します。
(MICS提携金融機関一覧等もあればありがたいです)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

銀行よろず相談所を利用されてはいかがでしょうか.



参考URL:http://www.zenginkyo.or.jp/yorozu/yorozu.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が遅くなり申し訳ありません。今度問い合わせてみたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/01 05:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三井住友銀行とベトナム輸出入銀行との提携に関して

 三井住友銀行がベトナム輸出入銀行に業務のノウハウを提供するメリットと、ベトナムに進出する日系企業へのサービス強化のため何故自行が彼の地に進出せず当該銀行と提携せねばならないのか?
 
 その業務提携の際、何故三井住友銀がベトナム輸出入銀行の筆頭株主にならねばならないのか分かりません。
 
 
 
 

Aベストアンサー

先ず、(出資を含む)提携先が文字通り、ベトナムに営業網があり、そのベトナムがVISTAの一角でありポストBricsの有望国と三井住友Bが見ている故だと、私自身は捉えらてはいます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/VISTA

さて、「三井住友Bが提携せず、ベトナムへ進出しなかった理由は何だったのか?」こればかりは同行の経営陣にでも訊ねなければ詳細に関して、外部が知るのは非常に困難です。(当然の事と言えばその通りですけど)

ですが、一般的には進出先のベトナムにゼロから橋頭堡を築くよりは、同国に、提携するに値する機関があれば活用しない手はない、と思うのです。まして、ベトナム"輸出入"Bとなれば、ベトナムに進出している(or計画中の)企業を融資先に含むであろう、三井住友Bも進め易いし、出資すれば同行に対する発言力が高まるのも自明ですから。
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20071124AT2C2300223112007.html
http://www.mekongwatch.org/resource/news/20020801_01.html
http://kaikei.assetsuse.com/story/2007/08/post_14203.html
http://www.j-cast.com/2007/08/08010155.html
http://www.business-i.jp/news/kinyu-page/news/200711280004a.nwc

先ず、(出資を含む)提携先が文字通り、ベトナムに営業網があり、そのベトナムがVISTAの一角でありポストBricsの有望国と三井住友Bが見ている故だと、私自身は捉えらてはいます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/VISTA

さて、「三井住友Bが提携せず、ベトナムへ進出しなかった理由は何だったのか?」こればかりは同行の経営陣にでも訊ねなければ詳細に関して、外部が知るのは非常に困難です。(当然の事と言えばその通りですけど)

ですが、一般的には進出先のベトナムにゼロから橋頭堡を築くよりは、同国に、提...続きを読む

Q銀行のATMで土日に現金預け入れできるところがあれば

大阪地区の銀行のATMで土曜または日曜日に現金預け入れできるところがあれば教えていただきたいのですが。

Aベストアンサー

○三和銀行、IYバンク、ローソンATM
http://www.sanwabank.co.jp/service/bank_card/atm_f.html
http://www.sanwabank.co.jp/topics/iybank/iybank_top.html
http://www.sanwabank.co.jp/topics/lawson_atm/lawson_top.html

三和銀行系列は充実していると思いますよ。

Q金融機関の合併について

2000~2001年にかけて、金融機関の大型合併や統合が相次いだが、その目的はどこにあるのか?そしてその目的はどの程度達成されているか?まだ充分に達成されていないとすれば、それはなぜか?どうすれば達成しえるか?を教えてください!!

Aベストアンサー

>2000~2001年にかけて、金融機関の大型合併や統合が相次いだが、その目的はどこにあるのか?

1.合併により、経営の効率化を図る(システム投資の共有による効果が大きい)
2.規模を大きくすることで、利用者の利便性の向上などのサービス強化が行える
3.日本全体で考えれば不採算金融機関を廃業に追込むよりも、合併により金融機関の数を減らしていく方が社会への影響が少ない。更には不良債権の発生を抑える意味においては各金融機関にもメリットはある

>そしてその目的はどの程度達成されているか?
合併により、経営の効率化分で発生したものを不良債権処理に当てているので相応の効果はあると思いますが、不良債権の新規発生が上回っている現状では延命策の域を脱していないと思います。

>どうすれば達成しえるか?
完全な不良債権処理を行う為には、公的資金による資本再注入が不回避ではないかと考えています。

このような回答でいかがでしょうか?

Q金融機関のレバレッジ制限

銀行には「預金準備率」や「自己資本比率規制」によるレバレッジ制限があるようですが、
では、証券会社や保険会社にも上記のようなレバレッジ制限はありますか?

Aベストアンサー

http://www.tse.or.jp/about/participants/shihon.html

金融商品取引法では、自己資本規制比率の120%維持義務が規定されており、それを下回った場合、金融庁はその証券会社に対して監督命令を発することができることとなっています。

とのことです

Q金融機関の倒産について

ある金融機関と取引があり、売掛金の入金や借り入れの返済などで使用しています。昨日、この金融機関が危ないとのうわさを聞きました。おそらくどこかの金融機関が支援に乗り出すと思っているのですが、いままでのように自由に預金の引出しはできるのでしょうか?社員の給与振込みもこの金融機関を使用しています。もう一点、ここから長期借り入れをしており毎月きちんと返済していますが、支援に乗り出した機関から、一括返済を求められるでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

4月のペイオフ解禁前で、いろいろあるようですね。微妙な問題ですので、あくまで一般論としてですが・・・。引き出し、振込などは、ほとんど問題ないと思います。問題は借入金の場合。万が一、その金融機関が破たんした場合、あなたの借入金が別の銀行に移譲されればまだいいですが、政府の預金保険機構に移譲される(=不良債権と認定される)と、返済条件がかなりきつくなるようです。「一括返済」はまずないでしょうが、いずれにしろ、毎月の返済額は増える可能性は大。あなたの会社の経営状況(黒字か赤字か)にも左右されますが、相手から「どう見えるか」ですからね・・。理不尽なものです・・。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報