こんにちは。

去年の七月から販売のアルバイトをしました。
仕事は職業安定所から紹介後入社が決まりました。
その際、データには社会保険、雇用保険、厚生年金加入という条件がありました。

しばらくして、体の調子が悪くなり健康保険を作るよう依頼しましたが
経営者側からは、バイトの場合は上記の保険は一切手続きしないといわれ
最終的に、仕事が忙しく体を壊した、仕事に向かないという理由で
解雇されました。
確かに自己管理ができず会社に迷惑をかけたという落ち度はありますが
保険加入の義務を怠ったり実際と違う雇用条件を提示した会社には
何も処罰はないのでしょうか?

ちなみに、そこは社員が1人だけで8人はバイトです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

相変わらず役所というところは、クズの集まりみたいですね。

人の人生より自分たちの保身第一なんですね。労働省と厚生省が合体して厚生労働省となっても社会保険に関しては、社会保険事務所の管轄みたいですね。きっとあなたの地域にもありますよ。あと県庁などに労働部(名称は、そこによって多少違うみたい)という部署があって、雇用の実態などを調査、指導しています。

勤務時間から判断して、実働は8時間で週5日ということは、1週において40時間の労働となります。であるならば当然に社会保険(健康保険、厚生年金保険)の加入義務は生じます。一部の方は、加入義務はないかのごとく言われますが、会社の業種、雇用形態その他を総合的に判断しても、強制加入適用事業所です。逆に言えば、万一あなたが、加入を拒んだとしても賃金から社会保険料を引かれるはずなんです。ご存知かも知れませんが、社会保険料は被保険者(あなた)と事業所(会社)で折半なんです。つまり会社は、その分の支払いをしたくないがために 加入手続きを故意にしたものと受け取れます。当然違法行為です。
解雇予告手当ては、1ヶ月の猶予を与えずに解雇する場合に支払われます。仕事がみつかるまで・・・といっても解雇を宣言した日より1ヶ月経過すれば、会社は堂々と解雇できます。これに対しては異議申し立ては基本的にできません(解雇制限期間中を除く)
ちなみに会社が一方的に解雇できるのは、雇い入れ後(契約日)14日以内となっています。
実情は、失業率の高い現在では、役所も弱腰なんですよ。〔指導します〕だけで終るでしょう。
体調が悪いとのことですので、早急に国民健康保険に加入し、病院に行かれることをお勧めしておきます。 また、根性入れて毎日出勤して当然の権利である賃金を稼ぎながら、次の就職を考えてみることも同時にお勧めします。
今後の参考になりましたか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も回答いただいてどうもありがとうございました。

十分参考になりました!

お礼日時:2002/01/24 09:31

あなたの場合は、まず紹介した職安に紹介内容と実態が違う旨の連絡をすることです。

それと雇用契約書の内容が不明なので一概に社会保険加入義務を怠ったか否かはわかりません。所定労働時間が社会保険加入義務に相当するかどうか、雇用期間の定めがあったのか否か。雇用されて何日で解雇されたのか。 ひとつ覚えていてほしいことは、労働基準法において正社員、アルバイトとの区別はないんです。労働者としての定義だけです。基準法のどこの項目にも正社員にはこうしなさい。なんて記載ありませんよ。だからアルバイトであっても要件を満たせば有給休暇を支給しなければならず、当然に有給休暇を請求できます。 取りあえず職安に一度行って詳細を説明することです。それでダメなら、監督署へ相談に行ってみてください。処罰を望むよりあなたが不利益を被っていることのほうが、問題です。解雇予告手当て(30日分の賃金)も当然受け取っていないのでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nekobouzuさん、わかりやすい説明をありがとうございました。

勤務時間は10時~19時です。
週5日出勤ですから社会保険には入れるのではないかと思います。

約2ヶ月勤務しました。
辞める時に今日やめても仕事が見つかるまでいても
どっちでもいいといわれてますので
解雇予告手当ては出ないように思います。

労働基準監督署では雇用保険に関しては注意をするが他のことは管轄外とのこと。

職安は私が直接会社と話すべきことでなにもできないとのことで
紹介する内容をみてどの人も応募するわけだし
その内容が当てにならないのはどういうことなのかという質問をしたところ
求人内容に関して今後は気を付けるということだけで
辞めた従業員のことはなにもできないということでした。

私の結論は直接関係あるところに行っても責任逃れするばかりで
当てにならないということです。
私自身も知識がないため納得がいかなくても
我慢するしかないのかと思ってしまうのです。

気が付いたところで補足したつもりです
よかったらもう少し詳しくアドバイスもらえませんか?

お礼日時:2002/01/23 02:47

一応、総務課の人事の仕事をしているものです。


まだ、4ヶ月程度なので自信はありませんが、
よろしくお願い致します。
社会保険(健康保険・厚生年金)についてですが、
社会保険の加入は義務ですが、
一部の業種を除きます。
税理士事務所・弁理士事務所などの自由業や飲食店・旅館などのサービス業です。
これらの業種は個人事業所の規定である
「従業員5人以上」であっても、
社会保険の加入は任意であり、義務ではありません。
また、アルバイトではなく、パートでなければ、
社会保険の義務は生じなかったはずです。
(パートはフルタイムの従業員の4分の3以上の労働時間)
以上のことからuna045さんのお勤めになった会社が、
個人事業所であったり、una045さんがパート未満の労働時間である(アルバイト)場合などは、
その会社は正しい事になります。
しかし、職安で提示されている雇用条件と違うようですので、それは職安のほうに報告したほうが良いと思います。
そのような会社は職安のほうのデータにのりますし、
職安のほうで指導があるのではないかと思います。
雇用保険はアルバイトだと加入する義務はなかったと思います。
いずれにせよ、今回は運が悪かったとあきらめて、
新たな気持ちで理想の会社を見つけられるよう祈っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

yakutaさん、わかりやすいアドバイスありがとうございます。

職安で調べ後からわかったのですが従業員の定着率が悪い会社だったようです。
働いている間にみていても従業員の扱いが悪いと思ってました。
会社の内状は入ってからしかわからないことが多いですね。

(はじめにアルバイトと書いてしまいましたがパートだったんです。
すみませんでした。)

お礼日時:2002/01/23 03:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q飲食店を経営している方に質問です。将来飲食店を開きたいなと考えているのですが、 飲食店を経営するにあ

飲食店を経営している方に質問です。将来飲食店を開きたいなと考えているのですが、
飲食店を経営するにあたって1番大事なこと、または悩みやいつも不安に思っている要素などあれば、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

質問を拝見しました。以前、飲食店を経営していた者です。
どのような業種の飲食店を開業されるのか定かではありませんが、大まかに説明すると以下だと思います。(順は不同です)

>飲食店を経営するにあたって1番大事なこと
1)お店を出店する場所(立地)
 ※なるべく人が集まる所で開業すること

2)店舗の造り
 ※業種に合った内外装の造りにすること

3)お店を宣伝するにあたり、適度に広告宣伝費を掛けること

4)メニューと価格が適正であること

5)料理の味は人により千差万別ではありますが、誰が食べてもほぼ納得してもらえる味付にすること

6)接客態度
※飲食店はサービス業でもあります。来店客がまた来て見たいと言われるような接客態度は大切です

7)半年から1年位は赤字でも、営業出来る充分な運転資金は必要です

8)お店が黒字(健全)なのか赤字(病気)なのかを知る為に、最低限の経理学は必要です。出来れば簿記3級程度をマスターしておけば、ご自分で確定申告も出来ます

>悩みやいつも不安に思っている要素
紙面の都合もあり、全てを記載することは難しいのですが、ほぼ上記と重複すると思われます。

拙いアドバイスでしたが、ご参考になれば幸いです。

質問を拝見しました。以前、飲食店を経営していた者です。
どのような業種の飲食店を開業されるのか定かではありませんが、大まかに説明すると以下だと思います。(順は不同です)

>飲食店を経営するにあたって1番大事なこと
1)お店を出店する場所(立地)
 ※なるべく人が集まる所で開業すること

2)店舗の造り
 ※業種に合った内外装の造りにすること

3)お店を宣伝するにあたり、適度に広告宣伝費を掛けること

4)メニューと価格が適正であること

5)料理の味は人により千差万別ではありますが、誰...続きを読む

Q社会保険加入、雇用保険未加入?

昨日限りで会社を退職したのですが、社会保険は加入していて雇用保険未加入だと、ハローワークに行って知りました。なので離職票が出せないといわれました。雇用保険に加入させるのは会社の義務ですよね?それを怠った訳だから会社に罰則を加えることって出来ますか?詳しい方教えてください。因みに正社員雇用でした。

Aベストアンサー

雇用保険などを含めて社会保険と言われることがありますが、厳密には、社会保険の健康保険と厚生年金、雇用保険では、加入要件が異なります。ですので、どちらか一方の未加入という可能性はあるかもしれませんが、通常の雇用状況で考えれば、社会保険加入の要件を満たす雇用であれば、雇用保険の加入要件を満たすこととなるはずです。特に正社員という言葉は法令上の規定が明確ではありませんが、社会保険加入となる正社員と一般に言われる雇用形態で雇用保険未加入自体おかしいことでしょう。

まずは確認ではありますが、給与明細などで雇用保険料の天引きを受けているかを確認しましょう。保険料徴収をされていれば、勤務先での手続き漏れかもしれません。
雇用保険料は、加入単位である従業員ごとに会社に請求が来るわけではなく、年1回の申告により雇用保険料を納めております。ですので、未手続きによる未加入状態でも保険料を納めている場合もあるのです。
そのような状態であれば、勤務先伝えることで訴求して加入手続きをしてもらえば済む話でしょう。

雇用保険料の天引きがない場合で勤務先であった会社などの担当者が対応をしてくれないような場合には、労働基準監督署やハローワークによく相談のうえで、勤務先であった会社に行政指導をしてもらって手続を進めるべきことだと思います。この時に給与明細や雇用契約書(労働条件通知書などを含む)、明細などがなければ、振込などの確認できる通帳なども用意の上で、相談されることをおすすめします。

雇用保険は国の運営する保険であり、雇用主に要件を満たす雇用をした際に義務付けされているものです。そして、従業員や従業員であった者は、会社に比べて弱い立場であるため、未手続き等による未加入について、さかのぼって加入手続きを行わせる場合もありますし、非協力的な会社であれば、ハローワークなどの職権で離職票に準ずる手続きを進めることも可能だと思いますね。

質問の内容に疑義があります。

>社会保険は加入していて雇用保険未加入だと、ハローワークに行って知りました。

ハローワークでわかるのは、雇用保険の加入状況のみで、社会保険の加入状況はわかりません。また、雇用保険の加入等の確認の際には、会社を特定し、あなた個人を特定する必要があります。
会社を特定する場合には、会社として加入する際に人事管理をしている場所などいろいろな加入の仕方があるものです。間違って確認すれば、あなたの加入を見つけられません。本社一括などとされていると、営業所や支店などでいくら探しても分かりませんからね。
また、会社があなたを雇用保険に加入させていても、あなたの名前や生年月日などを誤って登録している場合も見つからないなどということもあり得ます。

>なので離職票が出せないといわれました。

離職票は、勤務先がハローワークの手続きを行って初めて作成されるものであり、ハローワークが直接発行するわけではありません。当然従業員側から申し出て作成されるべきものでもないことでしょう。ですので、話が矛盾しているように見受けられます。

ハローワークによく相談し、状況把握や方法などを確認されるべきだと思います。
役人には、聞かれたことしか答えない人も多いです。素人が聞いても要領を得ない場合が多く、質問として扱われずにアドバイスもないこともあります。
必要に応じて労働基準監督署にも相談されるべきです。ハローワークで会社が特定できていれば、管轄の労働基準監督署も教えてもらえることでしょう。

最後になぜ昨日退職ですでにハローワークにいかれているのかもわかりません。
勤務先があなたの退職手続きを行えるのは、退職日以降です。退職日までの給与計算を行いつつ、かんっ計画書の手続きの書類作成なども必要ですし、窓口などへ行くことも必要です。退職日の翌日には、ほとんどの場合書類がそろっていないはずです。
不安があって調べるためにいかれたというのであればわかりますが、まずは勤務先に相談すべき段階ではないですかね。

雇用保険などを含めて社会保険と言われることがありますが、厳密には、社会保険の健康保険と厚生年金、雇用保険では、加入要件が異なります。ですので、どちらか一方の未加入という可能性はあるかもしれませんが、通常の雇用状況で考えれば、社会保険加入の要件を満たす雇用であれば、雇用保険の加入要件を満たすこととなるはずです。特に正社員という言葉は法令上の規定が明確ではありませんが、社会保険加入となる正社員と一般に言われる雇用形態で雇用保険未加入自体おかしいことでしょう。

まずは確認ではあ...続きを読む

Q飲食店経営をするにあたり参考になる書籍がありましたらおしえて下さい。

飲食店経営をするにあたり参考になる書籍がありましたらおしえて下さい。
飲食店に限らず、オススメの書籍、読んでためになったもの等・・・

また、飲食店に限らず「経営者」として参考になる方のお名前も書いて下さると助かります。

Aベストアンサー

次の2冊は絶対おすすめです。特に上の本は予算書の作り方から、バイトの募集の仕方、朝礼の仕方など飲食店経営のイロハが分かりやすく書いてあります。そしてポイントがお金をかけないということです。

お金をかけずに繁盛店に変える本
富田 英太

ランチは儲からない 飲み放題は儲かる  飲食店の「不思議な算数」
江間 正和

Q雇用保険のみ加入で社会保険未加入で職員を雇いたい場合124時間(124

雇用保険のみ加入で社会保険未加入で職員を雇いたい場合124時間(124時間÷30日×7日)=28.9333となり30時間未満でその条件に当てはまりますでしょうか
128時間は当てはまりますでしょうか?お願いします

Aベストアンサー

社会保険の加入要件は「常用的な雇用関係がある」ことです。
これを判断する「目安」が「"おおむね"正社員の3/4以上の労働時間と日数」なのです。正社員の実労働が7.5時間×5日=週37.5時間の場合、その3/4なら28時間以上勤務していれば、社会保険加入となります。

ですから、たとえ労働時間が週30時間で16日以上になっていなくても、「常用的に雇用されている」と判断されれば社会保険へ加入しなければならない場合が多々あります。

Q将来 飲食店を経営していたいと思う高校2年です 大学は経営学を学ぼうと思っているのですが 飲食店経営

将来 飲食店を経営していたいと思う高校2年です 大学は経営学を学ぼうと思っているのですが 飲食店経営をよく学べる大学をご存知の方教えていただけると嬉しいです

Aベストアンサー

経営学を学ぶのは大切なことです。
しかし、実際飲食店経営を考えた場合、実務の方がより必要だと思います。むしろ調理や栄養学の勉強をしたら、と思います。
飲食店を一人で全て回すとしても、必要なのは経営手腕よりも料理の腕や人あたりではないでしょうか?
人を使うなら、経験豊富な料理人を雇ってあなたは経営側に徹するか、自分が料理人に徹して事務経理は税理士などにお願いするか、両方完璧は無理だと思います。
いずれにしても、夢を実現させるためには、卒業後は飲食店に勤務して経験を積むことが、頭での勉強よりも身になると思います。
質問の趣旨とズレてすみません。

Q雇用保険加入の条件

結婚して、夫の扶養に入ることになりました。
今までは、自分の仕事で社会保険等に加入していたのですが、結婚を期に扶養に入ることにし、勤務契約を少し変えてもらいました(時間等)。前も今も一年契約の契約社員であることには変わりありません。
以前は社会保険とともに、雇用保険に入っていました。夫の扶養に入ると、自動的に雇用保険も解除されるのでしょうか?いずれ出産などがあれば、仕事をやめるつもりなので、そのときに、もしできれば失業保険をもらいたいので、もし可能であれば雇用保険には加入したままでいたいのですが、それは可能ですか?

ちなみに今の給料は月8~10万程度
勤務時間は週3回 一日3時間です。

まもなく契約更新の時期なので、どのように交渉しようか考えています。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

雇用保険には1週間の所定労働時間が20時間以上30時間未満の短時間労働者と1週間の所定労働時間が30時間以上の一般労働者という2つの区分があります。正社員、パート、アルバイトという区分に関係なく労働時間に応じて雇用保険に加入しないといけません。あなたの場合、週3回一日3時間だと1週間の所定労働時間が9時間なので雇用保険への加入は出来ませんよ。今後会社と交渉されるのであれば、(1)1年以上の雇用の見込みあり(2)1週間の所定労働時間が20時間以上 になるように契約してもらうとよいと思います。そうすれば雇用保険に加入できますよ。

Q個人経営の飲食店

飲食店に就職したいと考えています。

以前、小規模の飲食チェーン店で仕事をしていましたが、
チェーン店独自のやり方に疑問を感じ、退職しました。
チェーン店にも大手、中小、いろいろあるのでしょうが、
自分には合いませんでした。

しかし、飲食店で働く事は好きなので、
個人経営の小さい飲食店に就職したいと思っているのですが、
就職サイトやハローワークに載っている求人は、
チェーン店がほとんどです。
本当に小さい飲食店は求人自体が少ないのかもしれませんが、
「自分はこうやって探した事がある」という方、
アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

新興上場企業の人事を担当しております。

ご存知のとおり、飲食店にご勤務される方は縦・横のネットワークが強いのが特徴です。
お知り合いの方に飲食店をご紹介いただくか、働きたいと思う飲食店に飛び込みで志願されて転職される方が多く見受けられます。

ぜひチャレンジしてみてください。
ご健闘を祈念しております。

Qアルバイトの雇用保険加入条件について

初めて質問いたします。よろしくお願いいたします。

私は3月末から週3回~4回アルバイトをしています。
雇用保険に加入してほしいと会社に伝えたところ、
「試用期間中のアルバイトに関しては雇用保険は適応外とする。」と言われました。

現在、雇用保険の加入条件である週20時間以上の労働は満たしております。
契約期間は半年間です。

契約書はまだ手元にあり、これから提出するので、提出する前に不明点を確認しておきたいと思っています。

私がネット上で調べたところ、加入条件の情報が様々で
 
 (1)週20時間以上の労働
 (2)1年以上の雇用見込み

のものや、(2)1年以上の雇用見込みが→半年以上の雇用見込みもあります。

最新の情報をお伺いしたいので、お詳しい方教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>「試用期間中のアルバイトに関しては雇用保険は適応外とする。」と言われました。

「試用期間」は「継続して雇用するかどうかを見極める期間」であり「継続雇用しない可能性」があります。

試用期間の途中で「継続雇用しない」って言う決定が為されて「残念ですが、この話は無かった事に」になる事だってあります。

なので、雇用保険が適用されるのは「試用期間が終わって、継続して雇用するのが決まってから」になります。

>最新の情報をお伺いしたいので

最新の情報があっても無意味です。

「試用期間=まだ雇用されてない状態」なのですから、最新の情報が3ヶ月だろうが半年だろうが1年だろうが、そんな事は何の関係もありません。

「試用期間は、まだ雇用されてない状態」ってのをお忘れなく。

事実上、貴方は「まだ無職」なのですよ。

Q個人経営の飲食店の成功率は宝くじ並みの確率でしょうか?

個人経営の飲食店の成功率は宝くじ並みの確率でしょうか?

昨日とあるテレビ番組で個人経営のダメダメ飲食店がプロの指導を受けて
大繁盛店になると言うテレビ番組をみました。

その番組は10年~11年前に企画しそしてその後のお店が今現在どうなったのかを
ドキュメンタリーとしてみのもんたが出演していました。

最後に驚くほど衝撃的な数字が示されました。

それは10年前ダメダメ飲食店を指導した数が181店舗に対して
10年後の今現在営業しているお店は39店舗だけと言う数字です。

テレビでも少しだけ今でも繁昌していないお店も放送していました。
(恐らく成功しているお店を見つけるのが難しいくらいだと推測しとります)


飲食店で個人が(フランチャイズなどにたよらずに)成功するのは
ほとんど不可能だと考えた方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>それは10年前ダメダメ飲食店を指導した数が181店舗に対して
>10年後の今現在営業しているお店は39店舗だけと言う数字です。

実に2割もの店舗が生き残っている。

・・・・宝くじよりはるかに成功率が高いと言えます。

衝撃的というか、そんなに残ってるんだなぁと感じます。

もともとダメになるにはダメになるだけの理由があり、
それが一時的にテレビの効果でよくなった。というだけなので、
ダメになる確率は他の店舗に比べて大きいと言えます。

いいお店の中には、テレビに出ない、雑誌には出ないという
店がたくさんあり、一時的な露出でおかしな客が殺到することで
いいお客が減ってしまい、長い目で見るとメディアの宣伝は
逆効果である。と考えています。


>飲食店で個人が(フランチャイズなどにたよらずに)成功するのは
>ほとんど不可能だと考えた方がいいのでしょうか?

いいえ。成功している店もゴマンとあります。
やり方次第としかいえないでしょう。

個人店の欠点は永続性に弱いということです。
30歳で起業しても30年たてば60歳。
気力や体力がついてこないため、往時には繁栄したお店も
その頃には衰退を止めることが難しいのです。

見る人から見れば個人店で失敗しているところは
失敗すべくして失敗しているところがほとんどです。

>それは10年前ダメダメ飲食店を指導した数が181店舗に対して
>10年後の今現在営業しているお店は39店舗だけと言う数字です。

実に2割もの店舗が生き残っている。

・・・・宝くじよりはるかに成功率が高いと言えます。

衝撃的というか、そんなに残ってるんだなぁと感じます。

もともとダメになるにはダメになるだけの理由があり、
それが一時的にテレビの効果でよくなった。というだけなので、
ダメになる確率は他の店舗に比べて大きいと言えます。

いいお店の中には、テレビに出ない、雑誌には出ないという...続きを読む

Q雇用保険の加入条件?

雇用保険の加入条件について教えてください。

雇用保険の加入条件は31日以上働く見込みがあること
週20時間以上勤務していること

この二点だとハローワークで聞きました。
いま私が勤めて2カ月の会社では月100時間以内の勤務だと雇用保険に加入させる義務はないと言われました。

そして加入させたくないので今月130時間の私の勤務時間を変更し100時間以内にしたいと言われました。

当然納得できませんが採用されてから雇用契約書がなくタイムカードもありません。

今までの勤務では上記二点の雇用条件は満たしています。


私は従うか辞めるしかないのでしょうか
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

短時間就労者であったも雇用保険に加入できるのは

1年以上、引き続き雇われる見込みがあり、かつ、1週間の所定労働時間が20時間以上であること

であるはずです。


まずは質問者さんの雇用契約をもう一度確認をするべきであると思います。


また、質問から読み取れない部分として「常時5人未満の労働者を雇用する農林の事業、畜産、養蚕又は水産の事業」は任意適用事業となりますので、加入の義務は有りません。


不明な点が多いので、明確な回答は出来ないので業種や雇用形態など明確にされて再質問をされるのがよろしいかと思います。


人気Q&Aランキング