Civil Warについての概要の英語のサイトを探しています。ところが私は英語が全然わからないのでどれがいいのかわかりません。南北戦争について何も知らない人が読んでも理解できるようなもので、背景などがわかりやすく戦争の始めから終わり、結果までを端的にまとめてある(1~2ページぐらい)ものを教えてください。ついでにもしどの部分がCivil warについてなのかわかりにくいものであったら何行目から何行目まで、なども。注文が多くてごめんなさい。ぜひ英語のわかる方、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

わざわざ英語のsiteを探していると言うことは、宿題みたいなものですか?


わかりやすく、端的にといっても1~2ページというのはちょっと少なすぎかもしれませんね。
参考URLから
"Overview of The Civil War"
あたりをみると大体わかるかな。でもちょっと長いですかね。

端的に要点のみということであれば、オンラインの百科事典が良さそうですね。
american civil war で調べれば良いのでは。
(それでも多少長くなるのは覚悟してくださいね。)

百科事典は、
http://encarta.msn.com/
http://www.thecanadianencyclopedia.com/
http://www.britannica.com/
などなど。

一応アドバイスとしておきますね。

参考URL:http://www.civilwarhome.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました。百科事典って言ってもすごくたくさん情報がありますね。どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/01/25 06:40

僕は現在アメリカの高校でアメリカ史をとっていますが、このサイトはよくレポートで使うので参考になるかと思います。

一番上の空白にCivil warと入力すれば出てきます。ただし、2ページよりはちょっと長いかも、、、

参考URL:http://www.historychannel.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アメリカの高校ですか!参考になりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/01/25 06:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q南北戦争の意味

南北戦争の意味

南北戦争って北部(保護貿易、奴隷解放)と南部(自由貿易、奴隷解放反対)の戦いなんですよね。
結局北部が勝ったわけですけど、莫大な数の犠牲者が出た他、黒人奴隷に対する偏見や差別はしばらく続いたようですし、南部なんか奴隷制が続いてただけじゃなく、KKKなんて団体も出てきちゃって、結局何のための戦争だったのかよくわかりません。
第一、暴力や武力なんかで統一させようって考え方からしておかしいと思います。
しかし、現地の人たちの中には南北戦争があったおかげで今の自分たちがあると言っている人もいるようです。

一見すると南北戦争がなくても話し合ったり何らかの機会があればいずれ奴隷も解放されて多くの犠牲者を出さなくてもすんだと思うんです。

もし南北戦争がアメリカにとって必要な出来事だとしたら、その理由は何なのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは、

夫は南部出身のアメリカ人で先祖が南北戦争で(負けたんですけど)戦ったことを誇りにしています。ジョンウェインやクリントイーストウッドの映画を見ると胸がいっぱいになるのと同じですね。

アメリカ人は独立戦争と南北戦争については国の基盤を築いた戦争であると強く認知しています。

貴方が”暴力や武力で統一させようって考え方からしておかしい”と思うのは、日本が独立戦争を経ずに国体を維持できたからです。

独立戦争の後、アメリカは憲法を発布してひとつの国として歩き出しますが、それぞれの州が自治権を持っていて、いかにも統一が取れていない。

現実的にあそこで北部アメリカと南部アメリカに分割される大きな危険をはらんでいました。実際に南部の州はワシントンからあれこれ指図を受けるのは真っ平ごめんでした。私は奴隷問題は二の次だったと思っています。この辺はご自分でお調べになってみてください。

例えば九州で反乱が起きたときに古代日本の帝王はやはり軍勢を送って乱を鎮めていますよね。。。。磐井の乱でしたか。それと同じことです。話し合いでかたをつけようとすると、今の日本の政治みたいになりますよ。

南北戦争の後、アメリカの国としての統一が固まりました。

ワシントンDCにいらっしゃる機会があったら是非リンカーンモニュメントにいらしてみてください。彼がいかにアメリカ人から尊敬を受けているか一目でわかります。

こんにちは、

夫は南部出身のアメリカ人で先祖が南北戦争で(負けたんですけど)戦ったことを誇りにしています。ジョンウェインやクリントイーストウッドの映画を見ると胸がいっぱいになるのと同じですね。

アメリカ人は独立戦争と南北戦争については国の基盤を築いた戦争であると強く認知しています。

貴方が”暴力や武力で統一させようって考え方からしておかしい”と思うのは、日本が独立戦争を経ずに国体を維持できたからです。

独立戦争の後、アメリカは憲法を発布してひとつの国として歩き出しますが、そ...続きを読む

Q英語の単語「Corean War」の和訳は「日清戦争」?

お世話になります。内村鑑三の英語の本を読んでいますが、その中に「Corean War」の和訳が「日清戦争」、「The Corean Affair」が「征韓論」となっています。後者は「Corean」が「Korean」の事かとも思われますが、、、。どちらの英語も私の手持ちの辞書や電子辞書には該当がありません。この表現は当時のみ使用されたのでしょうか、あるいは今でも「専門的な単語」として使用できるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご存知と思いますが、日清戦争の英語は "Sino-Japanese War" です。ただ、この用語が内村鑑三の時代に確立していたかどうかはわかりません。

Korea を Corea と書くのは1880年頃までは良くあったようです。
韓国では、
「Corea を Korea に変えたのは日本の朝鮮統治時代の陰謀だ。オリンピックの入場行進で朝鮮が日本の後に来るようにするためだ」
という「と」説があるそうです。Corea → Korea の変化は日本が朝鮮に進出するより前だし、そもそも日本統治時代に朝鮮/韓国はオリンピックに参加できませんでした。

Q南北戦争時代の歌:SAMBO'S RIGHT TO BE KILT(英語の意味)

「SAMBO'S RIGHT TO BE KILT」という歌らしいですが、ところどころ古い単語が使われているので、なかなか意味がつかめません。この歌を翻訳しているHPまたは書籍等があれば教えてください。

Some tell me 'tis a burnin' shame
To make the naygers fight,
And that the trade of bein' kilt
Belongs but to the white.
But as for me, upon my soul!
So lib'ral are we here,
I'll let Sambo be shot instead of myself
On ev'ry day in the year.

Aベストアンサー

* 'tis a burnin'shame = This is a burning shame
(disgraceful shame for country)

* naygers = nigger (ニガー)

* bein' kilt = being killed

* lib'ral = Liberal

* Sambo = ニガーと同様、黒人の悪い呼び方


人は言う。
「黒人をこの戦争で戦わせることは、国の恥ずべきことであり
これは白人の問題であって、彼ら(黒人)は自由を手に入れる事と
引き換えに、戦争で殺されているのだ」と。

確かにそうだ、もっともだよ
だからこの共和党がここに存在するんだろう、

俺が殺されずに済むのなら、

毎日(戦いに自らの意思で参加している)サンボ(黒人たち)が
撃ち殺されりゃいいんだ。

***************************************************

どの本から引用された文章でしょうか?
それが分かれば、資料も探しやすくなると思うのですが
でも、とにかくお役に立てるべく頑張ってみました!

私なりの日本語訳で意味が伝わるか不安ですが
全体的な内容として、いち徴収兵(北部に住む民主派区域の白人)が
当時奴隷解放を主張するリンカーンの制度によって
自由を得た黒人が戦いに参加している姿を詠ったものだと思います。

詩を書いた本人は、この戦争に疲れ、
文頭で人々が言っているとされる「黒人は戦争に参加するべきではない」と言う意見に対して
「やつらがそうしたいのであれば、
そうさせれば良い。生き延びれさえすれば、俺には関係ないことなんだ」
皮肉交じりの悲観的な内容である事に変わりはないと思います。

* 'tis a burnin'shame = This is a burning shame
(disgraceful shame for country)

* naygers = nigger (ニガー)

* bein' kilt = being killed

* lib'ral = Liberal

* Sambo = ニガーと同様、黒人の悪い呼び方


人は言う。
「黒人をこの戦争で戦わせることは、国の恥ずべきことであり
これは白人の問題であって、彼ら(黒人)は自由を手に入れる事と
引き換えに、戦争で殺されているのだ」と。

確かにそうだ、もっともだよ
だからこの共和党がここに存在するんだろう、

俺が...続きを読む

QWAR(戦争)の使い方について

「私は戦争について教えたい。」を英語にしたいとき「戦争」の部分はどうなるのでしょうか??複数形になったりしますか?詳しい方は是非ご回答下さい。

Aベストアンサー

こんにちは!

たぶん、おっしゃっている意味は「戦争というもの」だと思います。
それなら、抽象名詞扱いですので、無冠詞となると思います。

I would like to teach (somebody) about war. でいいと思います。

I want to tell somebody about war. という言い方も可能でしょう。

talk about wars とすると、具体的な事実を語ることになり、それはそれであり得ると思いますが、talk about war とは違う本質のものとなります。

以上、御参考までに。

Qアメリカの南北戦争って結局は黒人奴隷の取り合いだったの?

様々な歴史書で紹介されていますが、アメリカの南北戦争は、黒人奴隷制に対する南北間の主張の対立が原因だったと聞きます。

つまりプランテーション農業に要する奴隷の固定化を主張する南部と、工業化が進み労働力の流動化が求められる北部という対立ですね。

子供の頃に読んだ偉人伝で、リンカーン大統領は黒人奴隷を解放しようとして南部に戦いを挑み、その結果勝利し、黒人開放へと歴史は進んだと教えられました。

でもハッキリ言って、当時小さいながらもアメリカ白人が黒人奴隷を解放するために、なぜ戦ったのか不思議に感じていました。  普通考えるとあり得ないですよね。  あまりにもキレイゴトすぎるというか ・・・ もし自分が北部の白人兵士だったら、黒人奴隷を開放するために戦場に行って南部の白人と戦えますか?

結局は62万人もの犠牲を出して戦争は終結したのですが、朝鮮半島のように同胞どうしが国内で戦う悲惨な歴史をアメリカはもっているわけですよね。

そこでお聞きしたいのですが、有体にいってアメリカの南北戦争とは結局は 「黒人奴隷による安価な労働力」 を南北で取り合ったというのが正しい考え方でしょうか?

もしそうなら、リンカーン大統領はなぜ偉人というか歴史に残る大統領として今でも語り継がれるのでしょうか?

仮に 「たしかに労働力の取り合いだったとしても、結果的に奴隷制の廃止、またその後、黒人奴隷の人権も認められるキッカケになったじゃないか」 という意見があったとしても、実際にアメリカで黒人が白人同様の人権を認められるのに南北戦争後、約100年以上もの時間を要しているわけすよね?

つまり奴隷解放、人権回復というのは南北戦争がなくても20世紀に入ってからの時代の趨勢で実現されていたというか ・・・

それとなぜ英語では南北戦争ではなく、Civil War (市民戦争?) と表現されるのでしょうか?

様々な歴史書で紹介されていますが、アメリカの南北戦争は、黒人奴隷制に対する南北間の主張の対立が原因だったと聞きます。

つまりプランテーション農業に要する奴隷の固定化を主張する南部と、工業化が進み労働力の流動化が求められる北部という対立ですね。

子供の頃に読んだ偉人伝で、リンカーン大統領は黒人奴隷を解放しようとして南部に戦いを挑み、その結果勝利し、黒人開放へと歴史は進んだと教えられました。

でもハッキリ言って、当時小さいながらもアメリカ白人が黒人奴隷を解放するために、...続きを読む

Aベストアンサー

南北戦争の原因は諸説いろいろありますが、非常に単純化すれば、北部の新興工業地域と南部の大規模農業地域の対立ということです。

アメリカの農業は既に工業化が発達しているイギリスへ原料となる綿等の原料農産物供給をすることにより発達しました。
南北戦争以前から南部ではイギリスへの輸出のための綿花栽培のプランテーションが大規模に行われていました。南部の大規模農業は奴隷制に支えられ、非常に生産性が高く、安価な農産物を大量に生産できました。競争力ある南部の農業は自由に輸出したいですから自由貿易を望みます。
ところが新興工業地域の北部にとっては、まだ生産性が低い自国製品では進んだ英国製工業製品に太刀打ちでがきません。
イギリスからの輸入品との競争に弱い北部工業地域は、保護貿易を主張します。
南北戦争とはこのような国内産業のあり方、対外政策のあり方をめぐっての戦争だったわけです。
だから南北戦争では北部は南部に打撃を与えるための戦術として奴隷解放を主張したと思われます。(現に「勝つためなら奴隷のことなんてどうでもいい」というような発言も残っています。)

そして北軍の勝利となり、国内産業保護的な政策をとることができるようになり、これを背景としてアメリカ国内における工業が飛躍的に発展するわけです。
これがいわばアメリカ版産業革命です。

Civi lWarと呼ばれるのは多分対外戦争ではないからでしょう。

リンカーンが語り継がれるのは別に奴隷解放を主張したからではなく「人民の、人民による、人民のための政府」という演説が有名になったためでしょう。
日本でのリンカーン人気は、有色人種差別に苦しんだ明治の頃の日本人が、「奴隷解放宣言」を真に受けて広く紹介したためと思われます。

南北戦争の原因は諸説いろいろありますが、非常に単純化すれば、北部の新興工業地域と南部の大規模農業地域の対立ということです。

アメリカの農業は既に工業化が発達しているイギリスへ原料となる綿等の原料農産物供給をすることにより発達しました。
南北戦争以前から南部ではイギリスへの輸出のための綿花栽培のプランテーションが大規模に行われていました。南部の大規模農業は奴隷制に支えられ、非常に生産性が高く、安価な農産物を大量に生産できました。競争力ある南部の農業は自由に輸出したいですか...続きを読む

Q【英語】アメリカ人はstar warsのことをスターウォーズとは言わずにスターワーズって言ってるので

【英語】アメリカ人はstar warsのことをスターウォーズとは言わずにスターワーズって言ってるのですか?

Aベストアンサー

いいえ。アメリカ人はstar warsのことをスターワーズとは言わずに、スターウォーズと言っています。

https://www.youtube.com/watch?v=p-VQiOhsNmk

Q南北戦争とヴェトナム戦争

南北戦争とヴェトナム戦争はアメリカ史の中でとりわけ重要な位置を占めると考えられるが、それはなぜなのでしょうか。それぞれの原因と経過を述べた上で、各戦争の前後でアメリカ社会がいかなる変化を経験したか解説してください。

Aベストアンサー

まず国内戦争(南北戦争)と外国との戦争(ベトナム戦争)という相手が違います。

南北戦争は、農業中心が中心で奴隷制度の上に成り立っていた南部と
工業化が進んでいるいて、ほとんど奴隷の労働力を必要としない北部で、
第1の戦争の争点は、奴隷制度を廃止するかどうかでした。普通に使われ
ていた奴隷に対する必要性がまるで正反対でした。
1863年奴隷解放宣言を出した。ゲチスバーグの戦いを経て、戦争は北部軍の
勝利に終わったが、1865年戦争終結を前にリンカーン大統領は暗殺された。
アメリカを2分する南北戦争は北部の勝利の終わり、工業国家として人道的
方針としても、奴隷制度は廃止されていくが、依然人種差別問題は残った
ままだった。

ベトナム戦争は、第2次大戦の延長線上に宗主国のフランスが傀儡政権の
ベトナム国を1949年に、アメリカの影響下1955年ベトナム共和国を樹立。
ジュネーブ協定では、南のベトナム共和国と北のベトナム民主共和国とは
56年7月に選挙によって統一される事になっていた。しかし、南ベトナムの
ゴ・ディン・ディエムが大統領に就任したが、彼の独裁政治とアメリカの
軍事干渉に対して民衆の抵抗が高まり1960年南ベトナム解放民族戦線を結成。
63年11月ゴ・ディン・ディエムはクーデターにより殺害され、グエン
バンチュー政権ができた。65年2月からは北爆が開始され、3月大戦闘部隊
投入と、国際的非難の高まりをよそに戦争は急速にエスカレートした。
1970年4月からカンボジア攻撃を開始し、ラオスに侵攻して増大する解放
勢力の粉砕を図った。しかし、71年にはこの計画の失敗が明らかになり、
ドル危機の深まりとともに、国内分裂はさらに強まった。72年のニクソン
訪中は、この危機の打開策として実現されたが、中国は東南アジアの安定を
求めて米軍の完全撤退を強調し、パリ平和会議(68-73年)での南ベトナム
臨時革命政府の主張を積極的に支持した。その結果73年1月、アメリカと
ベトナム民主共和国(北)・ベトナム共和国(南)・南ベトナム臨時革命
政府の4者間で和平協定が調印され、アメリカはベトナムからの完全撤退
を宣言した。75年3月に始まった解放勢力の大攻勢(ソ連援助の武器と
戦術を採用)で4月末にサイゴンは陥落し、南ベトナム政府はたちまち崩壊
して戦争は終わった。
 アメリカ社会は、戦争に深入りせず反戦のためのウッドストックのコン
サート等、ヒッピー族等若者の反戦ムードは高まった。
 本来介入すべきでなかった戦争が、約10年間の続き、厭戦争ムードが
アメリカ全土にひろがった。
http://blog.livedoor.jp/hirose15/  http://blog.goo.ne.jp/haruohiro9
http://hirose15.blog.fc2.com/

まず国内戦争(南北戦争)と外国との戦争(ベトナム戦争)という相手が違います。

南北戦争は、農業中心が中心で奴隷制度の上に成り立っていた南部と
工業化が進んでいるいて、ほとんど奴隷の労働力を必要としない北部で、
第1の戦争の争点は、奴隷制度を廃止するかどうかでした。普通に使われ
ていた奴隷に対する必要性がまるで正反対でした。
1863年奴隷解放宣言を出した。ゲチスバーグの戦いを経て、戦争は北部軍の
勝利に終わったが、1865年戦争終結を前にリンカーン大統領は暗殺された。
アメリカを2分する...続きを読む

Q日本語と英語両方わかっていなければ、歌詞の翻訳はできないですよね?日本語がわからない外国人が英語に翻訳できますか?

質問のタイトルが長くて申し訳ありません。
日本語と英語両方わかっていなければ、歌詞の翻訳はできないですよね?日本語がわからない外国人が英語に翻訳できますか?

これはずっと疑問に思っていることなのです。今日アニメソングが英語に翻訳されているのをご存知かと思います。

番組では日本語の歌詞がテレビから流れます。やがてCDが発売されます。日本語の歌詞です。漢字もひらがなもカタカナもあります。それが英語に翻訳されていたら、「英語と日本語を聞く、読む」両方の力を持っていないとできないですよね?
あるとき、発売されたばかりのアニメソングが英語に翻訳されていたので、思い切ってyou tubeの投稿者に質問をしてみたのです。
そうしたら「何を言っているのかわからないのです。申し訳ありません」と言われてしまいました。わたしの英語のどこが伝わらなかったのか教えていただけますか?

わたしが今までずっと思っていたことは、日本語の歌詞を英語に翻訳するには、
1) その日本人は英語がよくわかるエキスパート、語彙、表現力など絶対必要。
2)その日本人ではない人(例えばアメリカ人)は、日本語のエキスパート、読む、書く、聞く力ももちろん必要だと尾思いいます。そういう能力がないと歌詞の翻訳できないですよね?、というのがこちらの質問の意味です。


わたしが相手の方に送った英語です。ご指摘よろしくお願いいたします。
相手の方は中国人でした。日本語はまったくわからないといっていました。

Thank you for you message !

I thought you would be Japanese. I'm sorry. It's because the translation,"Toramre"(止マレ!というタイトルです) was really good. I've really been wondering why you did do that.

but may I ask you questions?
How did you translate Japanese into English? It's because you didn't understand Japanese and there were a lot of slangs.

I really don't know why you can translate. It seems to me as if I had a dream . I didn't believe that you did even if you didn't understand Japanese. If I didn't understand how to speak English, I would never translate whatever I would do.

質問のタイトルが長くて申し訳ありません。
日本語と英語両方わかっていなければ、歌詞の翻訳はできないですよね?日本語がわからない外国人が英語に翻訳できますか?

これはずっと疑問に思っていることなのです。今日アニメソングが英語に翻訳されているのをご存知かと思います。

番組では日本語の歌詞がテレビから流れます。やがてCDが発売されます。日本語の歌詞です。漢字もひらがなもカタカナもあります。それが英語に翻訳されていたら、「英語と日本語を聞く、読む」両方の力を持っていないとでき...続きを読む

Aベストアンサー

I thought you would be Japanese.(I'm sorry.)

It's because the translation,"Toramre"(止マレ!というタイトルです) was really good. I've really been wondering why you did do that.

→ This is because the translation of "Tomare" was really good.「これ(こう思ったこと)の理由は「止マレ!」の訳がとてもよかったからです」

of がないと翻訳文自体のタイトルが「止マレ!」ということになります。


May I ask you a question?

How did you translate the original Japanese lyrics into English?

You said you didn't understand Japanese but there are a lot of Japanese slangs in the song.

I really can't imagine how you could translate.

(It seems to me as if I had a dream.)
I can't believe that you translated the song though you didn't understand Japanese. (ここは必要ないかも)

If I didn't understand how to speak English, I would never translate whatever I would do.

→ここは意味が伝わりにくいようです。
I (a Japanese) could never translate songs with English lyrics without a fine command of English.
「私(日本人ですが)だったら、英語を使いこなす力がなかったら、英詞の歌を訳すことは決してできないでしょう」

-----------------------------------------

おそらくアップした人と訳した人が違うのだと思います。素直に「実は…」と言いたくなかったのでしょう。

こういう(あえて言いますが)オタク界隈にはかなりの技術を持った人がいるもので、アニメ本編でも1日もたたないうちに字幕が付き、スラングや日本文化に根ざしたセリフには注も付きます。歌詞にしても英訳があちこちでアップされますがよく見ると同じだったりします(いわゆる転載です)。
こういうものには外国語に堪能な日本人か、日本在住で日本語に達者な外国人が関わってるとしか考えにくく、チームを作っていたり「翻訳者やエンコーダー募集」のような書き込みがあることがあります。

多くの人に楽しんでほしいと思う一方で、やましい気持ち(かってに訳して動画をアップしたことかもしれないし、訳詞を転載したことかもしれない)もあって、答えたくなかったのかもしれません。アップする側、見る側双方あえて触れないでおく部分に触れてきた質問を、好意的には「とてもピュアな」、悪く解釈して「意地悪な」ものと思い込んで適当にあしらったのかもしれません。

I thought you would be Japanese.(I'm sorry.)

It's because the translation,"Toramre"(止マレ!というタイトルです) was really good. I've really been wondering why you did do that.

→ This is because the translation of "Tomare" was really good.「これ(こう思ったこと)の理由は「止マレ!」の訳がとてもよかったからです」

of がないと翻訳文自体のタイトルが「止マレ!」ということになります。


May I ask you a question?

How did you translate the original Japanese lyric...続きを読む

Q南北戦争における黒人の活躍

南北戦争での黒人部隊や黒人個人の活躍を調べているのですが、
なかなか見つかりません。
なにか情報またはリンクがございましたら、是非教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

宣教師の両親を持ちハワイで育った、サミュエル・アームストロングという人が、第9部隊という、全員が黒人で成り立った部隊の指揮将官でした。南北戦争の後は自由になった黒人の教育の為に活躍しました。英語ですが、下のサイトがブリタニカの彼に関するページです。

参考URL:http://www.britannica.com/seo/s/samuel-chapman-armstrong/

Q洋書を読むついでに英語を勉強する

7月に英国版、米国版のHarry Potterの7巻が発売されるので買って読もうと思っています。目的は、ただ読みたいからで、別に英語を勉強したいからではありません。

でも、せっかくですから英語の勉強もしたいと思います。そこで質問なんですが、どういう読み方をするのが一番いいのでしょうか??

私は6巻も早く読みたかったので英国版(600ページくらい)を読みました。
その時はクライマックスなど、いいところの気になる単語だけを辞書で引いて、中間あたりのどうでもよさそうなところは適当に、目だけ通していた感じです(意味もわからずに)。
理解度は、やはり目だけ通していたところは、喧嘩してるな、とかの雰囲気くらいはわかりましたが、ほぼダメで、クライマックスなど、しっかりと辞書を引いて読んだところはほぼ完璧でした。

6巻を読んだ時が中3で、今高2なんですが、前回と同じような感じで読んだらいいでしょうか??お勧めの読みかた、ちょっとしたワンポイントなど、何でもいいので、アドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

>本物の英語に触れて、英語の表現、感覚を身に付けたいというものです。

もうすでに自分は出来なくなっているのですが、以前自分がやって、英語の感覚と言うか、そういうものについてある程度は理解したと感じることが出来た方法を述べます。

1.多読で、単に、英語の文章を「眺めている」というのは、あまり意味がないと思います。多読であっても、あまりに語彙が分からないものは、「眺めている」ことにどうしてもなってしまいますから、語彙レベルがあまりに合わないものは多読の対象にしないことです。

2.ある程度、つまり、ニュアンスなどは分からなくても、前後の筋から考えて、全体の流れが分かる程度の文章を読むことです。そして、その時、なるべく絵を描くことをします。よく、西洋音楽は、非常に具体的な動きを表現していると言いますが、英語も、具体的な動きとして捉えることが出来ると思っています。

3.当然、語彙が分からない部分がありますが、ここは、前後関係から考えてどんなものかと言うことをイメージすることを、一度はやります。つまり、文章をもう一度その最初から読み直して、イメージの展開を追うわけです。

4.できれば、自分の感覚で面白いと思った部分に線でも引き、その文章を数回でもいいですから、声を出して読むことをします。

5.savor と言うと思いますが、文章を繰り返し頭の中で言ってみて、その意味というか、語の並びと意味との関係を「味合う」ことです。

6.I will be able to swim.みたいな文章に、自分は感心したことを覚えています。ちょうど、あなたと同じ高校生のころのことです。
I will と、「自分が意思する」と言う並びがまずあり、次に、will be able toと、「出来るように意思する」と続く、この並びがとても美しいと言うか、自分が頑張れば、どんなことでも可能になるのだ、とでも言うような、そんな感覚がしたのです。日本語は、「僕は泳ぎができるようになるつもりだ。」とならび、「僕」と「つもりだ」の間があまりに離れすぎていると感じたものでした。

7.使役動詞について、英語の感覚として以前このサイトに投稿したものをコピーしておきます。

使役動詞は、「誰々に、何々をさせる」のような意味合いで使います。
例えば、He made me clean the room.「彼は僕に部屋の掃除をさせた。」です。
使役動詞で問題になるのは、主語+使役動詞+目的語+補語の形のときの、補語の部分に来る動詞の形です。to clean のように、to が付く形が来るのか、ただの clean だけでいいのか、をよく間違えます。

以下、その説明です。

makeは、完成状態を目的語に取ります。例えば、
I made a chair. なら、「完成した椅子」を作ったことになるわけです。この完成と言う感覚が、即時と言う感覚を生み出し、
make+目的語+原形不定詞 と言う語順を選ばせているわけです。
他にも、I helped him to clean the room.とtoがないI helped him clean the room. は、多少違い、toがある場合は、直接的に助けるのではなく、彼以外の誰かに私が掃除を手伝えと言ったと言うような間接性を暗示させます。それに対し、to なしの場合は、直接的に手伝う、つまり、自分も雑巾を持って、と言うことです。これと同じで、to がない形は、それだけ、直接的なニュアンスを持ちます。そう言えば、感覚動詞の場合も、補語に原形をとりますよね。I saw him kick the ball. これも、感覚は、心の中での、それだけ生き生きした再現を暗示するからです。

それに対し、force の方は、単に強制するだけですから、目的語は、強制される方向へ動くわけで、その動きをtoが表していると思えばいいと思います。つまり、to は、目的語が、何か、迷うと言うか、どうしようかなと、逡巡する間の時間差を表すと、見ればいいと思います。

He made me clean the room. 有無を言わせず、または、非常な権力と言うか権威を持って、または、自分の方で、相手に抵抗すると言う試みもなく、「私は部屋の掃除をした。」結果に重点があり、過程については述べていない。

He forced me to clean the room. 彼は、私が嫌がっているのに、脅したり、何かの権力のようなものを使って、私が抵抗しているのにもかかわらず、「私に部屋の掃除をさせた。」結果と言うよりも、過程に重点がある。

この他にも、to が必要かどうかを迷うものにhave,get があります。

The teacher had the students clean the room.「先生は生徒に部屋の掃除をさせた。」haveが使われているのは、もうすでにそこにあるものを持つという感覚があるからです。つまり、教員にとって、生徒が掃除をするのは当然のことであって、特に生徒の気持ちを変化させる必要性がないからです。つまり、主語+have+目的語+動詞の原型 という形で、toをとりません。

The man got his wife to take care of the children.「男は妻に子供たちの世話をさせた。」
この文では、getが使われていますが、getは、変化を意味します。つまり、It got dark. 「暗くなった。」のような文のgetの使い方と同じです。明るい状態から暗くなったという意味ですね。「男は、妻に、いろいろ言葉を尽くして、(たとえば、今度の休みには皿洗いをやるからとか、次の出張でお土産を必ず買ってくるとか)妻の心を動かし、子供の面倒を見てもらった。」という意味です。目的語の心の変化を表すのがtoです。

もっと心が変化すると、intoが使われます。

He deceived her into thinking he was rich. 「彼は彼女をだまして彼が金持ちだと思い込ませた。」

などですね。

>本物の英語に触れて、英語の表現、感覚を身に付けたいというものです。

もうすでに自分は出来なくなっているのですが、以前自分がやって、英語の感覚と言うか、そういうものについてある程度は理解したと感じることが出来た方法を述べます。

1.多読で、単に、英語の文章を「眺めている」というのは、あまり意味がないと思います。多読であっても、あまりに語彙が分からないものは、「眺めている」ことにどうしてもなってしまいますから、語彙レベルがあまりに合わないものは多読の対象にしないことです...続きを読む


人気Q&Aランキング