今学校のディベートのテーマが「女性の優先権(レディーファースト)は必要か」なのですが、このレディーファーストはいつどこで生まれて、どのようなことがレディーファーストなのか、また日本でレディーファーストが定着しないのはなぜなのか、レディーファーストはあったほうがいいのかなくていいのかを疑問に思っています。まだ18年しか生きていない私にとってこのテーマはものすごく深く難しいので経験豊富なみなさん、私に手を貸してください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

男性優位が世界史上の大まかな流れです。


女性優位が実現した例というのは探せば稀にあるかもというぐらいであって、ほとんどは男性優位です。
男性の方が腕力的に優勢で、精神力も強く(男は泣くななど)、外部のものと戦い、何か収穫を得るなど社会的役割も大きかったようです。
最近はサービス産業が増加し、女性でも男性と同様に働けるようになったように思います。または女性ならではの仕事というのもあるでしょうし。
レディーファーストが実現するケースは、男性に下心がある場合、女性の非力さに対する愛情がある場合、女性をわざと危険にさらす場合があるとおもいます。
わざと危険に去らすようなケースはたぶん稀でしょう。
レディーファーストが定着しない理由として考えられるのは、男性の下心が丸見えになってしまうため?男性が自粛しているというため、男性の愛情が薄いため、等が考えられます。
本当にレディーファーストを実践している人は、大概誰に対しても易しく思いやりのある人でなければだめだとおもいます。しかし、そうであるとレディーファーストを実践していいるようには見えないということにもなります。
女性にだけ易しくするだけの行為は一見レディーファーストですが、軽蔑されるだけで長続きもしないでしょう。
レディーファーストという言葉も概念もはなくていいものだとわたしは考えます。なぜなら、思いやり精神があれば自然とレディーファーストも実現するだろうし、女性にだけ易しい程度の行為は軽蔑の対象だからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実は今日ディベートが終了しました。みなさんのおかげで、実に内容の濃い話し合いができて本当に嬉しく思っています。特に、こちらの意見はまとめの時にビシッと決める最後の手段として使わせていただきました。
本当に役に立つご意見ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/28 23:02

私が以前本で読んだり人から聞いた話は皆さんのものとはかなり違います。



女性を大切するというのは中世の騎士(ナイト)の精神から始まったそうです。ナイトというと結構格好良いとか、男らしいとかいうイメージがありますが、その頃の女性の地位は大変低かったのです。男尊女卑の典型のような社会で、女性は男性の「持ち物」でありました。

昔の日本の女性の身分が低かったのは本当でしょうが、女房となると違いました。奥様という呼び名も家計を預かる身分を象徴するようなもので、決してしいたげられたままではなかったのです。それどころか夫を操っていたそうです。

一方中世ヨーロッパにおける女性は、結婚したとしても家計を任されるような事はありませんでした。お金持ちの貴族の奥方でさえ、街に一人で置き去りにされると、馬車を雇って家に帰るお金も持ち合わせて居ませんでした。

男達にとって女性、特に奥さんは犬や猫と同じ存在でした。自分の持ち物であるいわばペットを虐待する人はいますか?そんな事をしたら自分の評判を落としてしまうので、自分が慈悲深い男であるという事を示すために人前では女性を大切に扱ったのです。

つまり女性を大切にするのは、自分が慈悲深い男であることを示すための手段であり、その女性を尊敬していたからではありません。この意味でヨーロッパの男が女性を大切にするのが、我々日本人が想像するような観点から始まったものではないと言うことが分かります。

ヨーロッパといえども男尊女卑の考え方はあったのです。日本人が大好きなスイスだって、まだ最近まで女性には参政権がなかったですよね。

アメリカにおけるレディーファーストは少し別の意味があるようです。西部開拓時代に荒野を一緒に開拓してくれた強い女性がたくさんいました。こうした女性は男以上の働きをしたし、女性の存在無しで西部開拓は成しえなかったのです。

そこで必然的に数の少ない女性を大切にする男達が増えたのだそうです。

というような事で、心から女性を愛するが故ではないというのはショックです。今の日本の若い男はどうなんでしょうね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ただレディーファーストという言葉にどっぷり浸かっていてはいけないんですね。なんとなく分かったような気がします。参考になるご意見ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/23 16:55

レディーファーストの起源についてですが、もとは男性が自分の身を守るために生まれた行動が、現在のレディーファーストになっている、ということを本で読んだことがあります。



中世ヨーロッパでは、トイレがなかったため溲瓶等で用を足していましたが、その中身を部屋の窓から外に捨てるというのが当たり前のように行われていました。
そこで、女性を危険から守るという名目の上、馬車などが猛スピードで走る道路側ではなく家側を歩かせて、窓からの落とし物の被害から免れる、という行動が一つ。

また、やはり中世のヨーロッパで、暗殺が普通に行われていた時代、部屋に隠れて自分を待ち受けているかもしれない暗殺者から自分の身を守るために、まずは女性を先に部屋へ入れて暗殺者がいないかどうか確かめる、という行動がもう一つ。
こちらの話は結構有名です。

先の、街を歩く時に女性を家に面した側に歩かせるのも、家の物陰に隠れている暗殺者から身を守るためというのもあったかもしれません。

こういったことは、歴史・宗教・民俗史などをを勉強してみると分かりやすいかもしれません。

その後、街が衛生になり、暗殺者から身を守る必要がなくなっても、このレディーファーストという慣行が残った、というのがよく言われている説です。


日本で定着しないのは、私も他の方々が言っているのと似たようなことなので、ここでは省きます。

レディーファーストが必要かどうかは人それぞれ意見が分かれるところですね。
大切なのは、人々が互いを尊重し、(色々な意味での)弱者を助けるのが当たり前にできる社会であることだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レディーファーストのことが少しづつ分かってきたような気がします。実はこんな影があったんですね。本当に参考になります。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/23 16:53

 日本において女性は、「三従」と説かれております。


 若くしては親に従い、結婚しては旦那に従い、老いては子に従うというものです。
 そして、昔は、男尊女卑思想で、男の後から着いて来るものとされ、前を歩くことなど出来様筈もありません。
 他国にては、フランス革命とか、女性の貢献が強く、レディーに対する尊敬、それがマナーであるかのように思っておりました。
 原住民においては、ちゃんと差別があり、区別されております。レディーファーストが有り様も無い。
 男は獲物を捕り、女性は家を守る、それが、本来であり普通の姿だと思います。
 差別は差別でなく、相手の特性を重んじているからであり、平等は平等でなく、相手(女性)を煽てているに過ぎません。ちょうらかされて優越感に浸っているほど、策に乗って馬鹿にされていることは無いと思いますよ。
 如何でしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

無知な私に分かりやすいご意見ありがとうございます。他の意見も混ぜて参考にさせていただきたいと思います。これで勝ちは決まりかな?また、付けたしがありましたら、連絡ください。

お礼日時:2002/01/23 16:51

一般論ですが、欧米の文化でレディー・ファーストが当然とされているのは「弱者を守る精神」が常にあるからです。


多分これはキリスト教からきたものだと思いますよ。
「弱者」という位置付けが必ずしも女性自信が受け入れているかという問題もありますがそれは置いておくとして、この定義は女性だけでなく子供や年配の方にも適用され、社会のあらゆる福祉制度やボランティア活動にも現れています。

残念ながら、日本ではまだまだ男尊女卑の精神が根底に根強く残っており、「女は男のあとについてくればいいんだ」ということで、レディー・ファーストとは逆の概念で生きている民族です。
儒教にある「互助の精神」は、年配者や体の不自由な人のためのものという意識が強いですから、その中に女性は入ってはいません。
欧米と比べて、ボランティア活動や福祉制度の充実さに差があるのも、何か象徴的だと思います

このディベートのテーマをもっと深く考察したいのなら、どちらかの性別うんぬんというだけでなく、日本や欧米その他の歴史、宗教、道徳、社会など、あらゆる事象を研究しておく必要があると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごく参考になるご意見ありがとうございます。私たちのような10代はレディーファーストというものが何なのかも知らないのに、ディベートをしようとしていたんですね。恥ずかしい。明日学校に持っていって、友達にも教えてあげようと思います。ディベートまでまだ時間があるので、少し研究してみようかなと思います。本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/01/23 16:47

確かな文献などではなく、自分の体験と個人的解釈ですけど良いでしょうか?



レディファーストの中には、単にレストランでエスコートする、とか、女性を優遇する、と言うマナーとして存在しているものもあると思うのですが、例えばアメリカで車に乗るとき、女性を先に車に乗せることを常としている人がいます。なぜか。左右に分かれてばらばらに乗り込もうとした時、彼女が何物かに襲われたとき、車の向こう側に行こうとする間に既に手遅れになるからだそうです。

その観点から行くと、日本で広まりにくいのは、納得が行くような気がしませんか?そこまで常に危険にさらされている生活とは言い難いからです。もちろん、これがレディーファーストの全てではなく、ほんの一部でしかないと思うのですが、思わず納得した意見だったので、ご参考まで。

あ、もちろん、これは女性は男性が守る物、という思想に基づいているものと思われますが・・・その機嫌などは知りません・・ごめんなさい。参考になる意見が沢山あると良いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になる意見をありがとうございます。ディベートは月曜日に行われるのですが、そのときにぜひ参考にさせていただきます。もし、新たな発見がありましたら、連絡ください。

お礼日時:2002/01/23 16:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q成人年齢の引き下げについてディベートするのですが・・・

「日本の成人年齢を引き下げるべきか」について
ディベートを行うことになりました。否定側です。

そこでお聞きしたいのですが、
(1)成人年齢を18歳にしている国とそうでない国の違い、特徴はなにか
(2)成人年齢を18歳にするメリット・デメリットはなにか
(3)肯定側が反論できないような決定的な意見はなにか

これら3つについてなにか思いつきましたら
教えてください。

Aベストアンサー

>こども権利条約にも18歳成人が明記されています
 18歳未満を児童と規定し、保護の対象としているだけで、仮に批准国が30歳未満を子供と規定していても問題ありません。(兵役等の大人としての各国固有の義務を18歳未満に課してはいけない。また、所詮条約ですから、その国固有の法律によって適用外になる余地も存在する。)
 まして18歳以上を自国の大人扱いしなさいとの規定も有りません。年齢が規定に達しても、イギリスやフランスの様に扱いに異なる場合も有ります。(旧植民地で出生した者には、選挙権の扱いが異なる)

第1条 この条約の適用上、児童とは、18歳未満のすべての者をいう。ただし、当該児童で、その者に適用される法律によりより早く成年に達したものを除く。
   http://www.unicef.or.jp/kenri/syo1-8.htm
   http://www.unicef.or.jp/kenri/1_1j8j.htm

 また、成人に達したと判断する年齢は、その国の文化に由来するもので、例えば、韓国・台湾などの日本に文化が近い国は、日本と同様の20歳成人(選挙権の付与)を取っています。

>こども権利条約にも18歳成人が明記されています
 18歳未満を児童と規定し、保護の対象としているだけで、仮に批准国が30歳未満を子供と規定していても問題ありません。(兵役等の大人としての各国固有の義務を18歳未満に課してはいけない。また、所詮条約ですから、その国固有の法律によって適用外になる余地も存在する。)
 まして18歳以上を自国の大人扱いしなさいとの規定も有りません。年齢が規定に達しても、イギリスやフランスの様に扱いに異なる場合も有ります。(旧植民地で出生した者には、選挙権の扱...続きを読む

Q成人年齢のディベート

「成人年齢を引き下げるべきか」についてのディベートで
肯定側が「世界の多くの国が成人年齢を18歳にしているので、日本もそうするべきだ」と主張した場合、

否定側はどのように反論すればよいのでしょうか。

Aベストアンサー

 成人年齢については,民法4条により「年齢20歳をもって,成年とする」とされているところである。

 あなた方は,「世界の多くの国が成人年齢を18歳にしているので、日本もそうするべきだ」と主張する。

 しかし,世界の多くの国が成人年齢を18歳にしているといっても,成人にかかわる制度(選挙権や民法の行為能力)がボーダーレスでない限り,他国に合わせる必然性はない。

 成人年齢を18歳にしていないことによる不都合が,わが国で,顕在化しているとはいえない。

 若い世代の政治離れからみて選挙権付与年限を下げる必要はないし,むしろ,世論操作に踊らされ,幼稚な投票行動が顕在化してしまうであろう。
 学校や家庭教育で日本のあり方,自らが住む地方公共団体のあり方について判断するための教育をどこまでしているといえるだろうか。
 そして,選挙で何を基準に投票するか明確な基準を持っている者が20歳未満の者にどれだけの割合でいるのか。
 
 また,民法で行為能力者とされれば,高校3年生であっても,契約を未成年を理由に取り消すことはできなくなる。
 学校や家庭教育で,ハイエナのような悪徳業者たちから自らの利益を守るための知識をどこまで教えているか。
 何も知らないまま,友人に対する見得などで自分の経済能力を超えた商品を購入し,悪徳業者にひっかかり,途方にくれる高校生たちを生んでよいのか。
 世間では,未成年の後先考えない無謀な行動が問題になっている現在,親権者等による監護教育(民法820条)の必要性が低下しているどころか逆に高まっている。

 以上のことから,「世界の多くの国が成人年齢を18歳にしているので、日本もそうするべきだ」という意見は,日本の20歳未満の若者の現状を無視した,無責任な議論といわざるを得ない。


 などといった反論が考えられます。
 

 成人年齢については,民法4条により「年齢20歳をもって,成年とする」とされているところである。

 あなた方は,「世界の多くの国が成人年齢を18歳にしているので、日本もそうするべきだ」と主張する。

 しかし,世界の多くの国が成人年齢を18歳にしているといっても,成人にかかわる制度(選挙権や民法の行為能力)がボーダーレスでない限り,他国に合わせる必然性はない。

 成人年齢を18歳にしていないことによる不都合が,わが国で,顕在化しているとはいえない。

 若い世代の政治離れから...続きを読む

Qレディー・ガガの目

レディー・ガガ、まぶたに目を書いて会見に登場 「日本に住みたい」

アーティストのレディー・ガガが25日、千葉・幕張メッセにて開催された音楽イベント「MTV VIDEO MUSIC AID JAPAN」にトップバッターとして出演。ステージ後、記者会見に応じた。

レディー・ガガはゴールドのスタッズが施されたきらびやかな厚底ブーツに、ボトムを履かないスタイルで会見に登場。サングラスを外すとまぶたに目が書かれており、「なにかおかしい?」と報道陣を笑わせた。そして会見中、一度も目を開けることはなかった。

◆日本のファンは「本当に大好き!」
レディー・ガガは今日のパフォーマンスについて「私が想像した物語が土台なの。髪の毛の蜘蛛の巣にからまって動けない状態から、情熱で蜘蛛の巣から自分を解き放つことができた。この物語は日本にも当てはまるわ。みんなで結束すれば、苦境を乗り越えられるだろうということよ」とコメント。

日本のファンのイメージを問われると「日本のファンは本当に大好きよ。純粋に心から音楽・アートを楽しんでくれるの。私は心の底からショービジネスを愛しているので、できることなら日本に住みたいくらいよ」と絶賛。

さらに「みなさん今日は本当にありがとう。私は決して多くのものを持って生まれてきたわけじゃない。たくさん努力したし、戦ってきたわ。今日皆さんがパフォーマンスを見て、未来へ向けた夢を感じ取ってもらえればと思います」と力強くメッセージを送った。
http://news.ameba.jp/20110625-166/

この目は災害で落ち込んでる日本人を笑わせようとギャグやってるのかな?
このおもしろいまぶたに目を書いたパフォーマンスの意味はなんなのかな?

レディー・ガガ、まぶたに目を書いて会見に登場 「日本に住みたい」

アーティストのレディー・ガガが25日、千葉・幕張メッセにて開催された音楽イベント「MTV VIDEO MUSIC AID JAPAN」にトップバッターとして出演。ステージ後、記者会見に応じた。

レディー・ガガはゴールドのスタッズが施されたきらびやかな厚底ブーツに、ボトムを履かないスタイルで会見に登場。サングラスを外すとまぶたに目が書かれており、「なにかおかしい?」と報道陣を笑わせた。そして会見中、一度も目を開けることはなかった。

◆日本...続きを読む

Aベストアンサー

自分がおもしろい事をしたら翌日世界中に動画で配信されるのをわかった上のことだと思います。

彼女は震災当日にブレスレットの作成を決めたくらいの親日家ですので、世界に向けて「私は今、日本にいるよ」「日本は安全だよ」「避けないでどんどん来てあげてよ」とメッセージを送っているのだと感じました。

Q皇室典範のディベートで困っています!

来週の月曜日に、「皇室典範を改善して、女性天皇を認めるべきである」という論題のディベートをすることになって、反対側になったんですがどう対応すてばいいかわからなく困っています。いい立論はありませんか?天皇制は、続ける方向で考えています。

Aベストアンサー

1.伝統は国の個性とも言えるもので、合理性や利便性を犠牲にしてでも維持する価値があります。そうでなければ、世界は画一化し、多様性を認めない無機質な空間になってしまうことでしょう。

2.女性天皇の夫はなんと呼び、どのような立場で行動するのでしょうか。皇室外交は、日本にとって大変重要な意味合いを持ち、王室を持たない国からすれば、うらやましい存在です。単に女性天皇容認というイメージ先行ではなく、細部にわたって検証しなければ、賛否を問うこと自体が荒唐無稽なものとなります。天皇についての規定は、日本国憲法第1条から示されていることから分かるように、日本国の一番大切な規定です。具体的な提示もなく、外交における国益を損なわない具体的な新制度を述べていただきたいと思います。


とかは、どうでしょうか。

Qお互いをファーストネームで呼ぶ文化

ご存じの通り、欧米では、初対面の時から、年齢や地位を超えて、John とかMary というように、呼び合うことが多いのに対し(正式には、Mr./Mrs./Miss/Ms.に続けて姓で呼ぶ方法もありますが、公式の席以外の日常では少ない)、日本では、それなりに親しくなっても、原則、「鈴木さん」、「佐藤さん」というように姓で呼ぶことが多いですね。(こちらも、タケシ君、とか、よう子さんと言うように、ファーストネームで呼ぶこともありますが、かなり限られますね。)

しかし、今後は、日本でも、原則、ファーストネーム(+さんの敬称付き)で呼び合う方がしっくりくるような気がするのですが、如何お考えでしょうか?

理由として、ファーストネームの方が、その人個人に話しかけている、という感じをより多く感じるからです。姓は、結婚・離婚・養子縁組などによって、変わりうるものであり、特に女性は、一生の内に、人によっては何度も変わることもありえるので、そのたびごとに違った名前(姓)で呼ばれると、違和感があるのではないかと言う気がするのです。

実際、先日、ある女性に、○○さんと姓で呼びかけたら、返事をしないので、不思議に思ったら、知らないうちに、姓が変わっていました。

一方、人によっては、いきなり親しくもない異性から、「○子さん」と呼ばれることに抵抗がある人もいると思います。

まあ、ケースバイケースで対応すればいいとは思いますが、あなたの率直な感想をお聞かせください。

ご存じの通り、欧米では、初対面の時から、年齢や地位を超えて、John とかMary というように、呼び合うことが多いのに対し(正式には、Mr./Mrs./Miss/Ms.に続けて姓で呼ぶ方法もありますが、公式の席以外の日常では少ない)、日本では、それなりに親しくなっても、原則、「鈴木さん」、「佐藤さん」というように姓で呼ぶことが多いですね。(こちらも、タケシ君、とか、よう子さんと言うように、ファーストネームで呼ぶこともありますが、かなり限られますね。)

しかし、今後は、日本でも、原則、ファーストネ...続きを読む

Aベストアンサー

ある意味では、日本人および日本語のもつ、本音と建前というかオンとオフの切り替えに拠るものかなと思います。
学校でも休み時間や放課後などは名前(太郎や花子)やニックネーム(仇名)で呼び合っていても、授業中になると苗字で呼んでいると思います。

学校を卒業してうん十年と経ちますが、当然女性のほとんどが苗字が変わっていますが、未だに苗字で呼ぶときは旧姓ですね。また男性でも女性でも結局呼びやすいのは当時と同じ呼称です。
当時から「太郎」と呼ばれていれば今でも「太郎」だし、仇名で呼ばれていれば未だにその仇名のままです。

もっと酷いのがもともとがネットでのオフ会で会った仲間同士だと、初対面から10年以上経ってもお互いに「ハンドルネーム」だったりします。

結局は、最初に会ったときになんと呼んでいたのかをずっと引きずるように感じます。
(ニックネーム(仇名)に関しては、その後のエピソードなどで新たに付くこともありますが・・・・)

したがって、日本語でも今後名前(ファーストネーム)での呼称が主流になるかどうかは、自己紹介などで名前を名乗るようになるかどうかではと思います。
一般的には、社会に出ると自己紹介する際も「○○株式会社の○○(山田など)です。」ということが多く、
なかなかフルネーム名乗ることもないように思います。

ある意味では、日本人および日本語のもつ、本音と建前というかオンとオフの切り替えに拠るものかなと思います。
学校でも休み時間や放課後などは名前(太郎や花子)やニックネーム(仇名)で呼び合っていても、授業中になると苗字で呼んでいると思います。

学校を卒業してうん十年と経ちますが、当然女性のほとんどが苗字が変わっていますが、未だに苗字で呼ぶときは旧姓ですね。また男性でも女性でも結局呼びやすいのは当時と同じ呼称です。
当時から「太郎」と呼ばれていれば今でも「太郎」だし、仇名で呼ばれ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報