こんにちは。
アメダスの観測地点についてお聞きしたいのですが。
今現在、大阪のアメダスはどこにあるのでしょうか。
約17キロ間隔だと聞いたのですが。。。
最近観測地点の数は変わりましたでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

No.1の回答は違っています。


参考URL(1つめ)のページを良くご覧ください。
>1998年7月から北摂平野(大阪府北部・兵庫県南東部)に転倒升型雨量計を14台置いて観測をしています。
>図の青●黒文字地点は、我々の設置している雨量計
>図の青■青文字地点は、アメダス観測点の雨量計
とありますね。
「我々」とは,大阪教育大学教養学科自然研究講座大気科学研究室のことです。
この図の中には,●が14ヶ所,■(アメダス)が11ヶ所あります。
では答えは11ヶ所かというと,それも違います。大阪南部が入っておらず,一方で兵庫県南東部(芦屋など)や京都府南部(長岡京)が含まれているからです。

前置きが長くなりました。
参考URL2つめは,MicosWebMR(日本気象協会のアメダスデータベース)です。
このデータベースは有料ですが,一部のデータは無料で利用できます。
「宗谷支庁」と書いてあるところをクリックして,「大阪府」を選ぶと,アメダスの過去と現在の観測地点の一覧が出ます。
左から,地点番号,要素,緯度,経度,観測開始年月日,観測終了年月日(書いてないものは現役),地点名,所在地です。
要素で「四」とあるのは風向風速・日照時間・気温・降水量の4要素を全部観測している地点,「雨」とあるのは降水量だけを観測している地点です。
大阪が3つありますが,観測地点の移動,機器の変更などがあったものと思われます。(統計上,区別して集計する必要がある)

というわけで,結論からいうと,能勢,箕面,枚方,豊中,大阪,生駒山,堺,河内長野,熊取の9ヶ所となります。
なおアメダスの地点数は,最近はほとんど変わっていません。また,17km間隔というのはあくまでも平均でして,ぴったり17kmごとというわけではありません。

参考URL:http://www.sci.osaka-kyoiku.ac.jp/nsystem/konish …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えていただき、ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/03 22:38

 14ヶ所に設置してあるようです。

詳細地点は、下記URLを参照してください。

参考URL:http://www.sci.osaka-kyoiku.ac.jp/nsystem/konish …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2002/02/03 22:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメダス観測点について

こんにちは。
アメダスの観測地点についてお聞きしたいのですが。
今現在、大阪のアメダスはどこにあるのでしょうか。
約17キロ間隔だと聞いたのですが。。。
最近観測地点の数は変わりましたでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1の回答は違っています。
参考URL(1つめ)のページを良くご覧ください。
>1998年7月から北摂平野(大阪府北部・兵庫県南東部)に転倒升型雨量計を14台置いて観測をしています。
>図の青●黒文字地点は、我々の設置している雨量計
>図の青■青文字地点は、アメダス観測点の雨量計
とありますね。
「我々」とは,大阪教育大学教養学科自然研究講座大気科学研究室のことです。
この図の中には,●が14ヶ所,■(アメダス)が11ヶ所あります。
では答えは11ヶ所かというと,それも違います。大阪南部が入っておらず,一方で兵庫県南東部(芦屋など)や京都府南部(長岡京)が含まれているからです。

前置きが長くなりました。
参考URL2つめは,MicosWebMR(日本気象協会のアメダスデータベース)です。
このデータベースは有料ですが,一部のデータは無料で利用できます。
「宗谷支庁」と書いてあるところをクリックして,「大阪府」を選ぶと,アメダスの過去と現在の観測地点の一覧が出ます。
左から,地点番号,要素,緯度,経度,観測開始年月日,観測終了年月日(書いてないものは現役),地点名,所在地です。
要素で「四」とあるのは風向風速・日照時間・気温・降水量の4要素を全部観測している地点,「雨」とあるのは降水量だけを観測している地点です。
大阪が3つありますが,観測地点の移動,機器の変更などがあったものと思われます。(統計上,区別して集計する必要がある)

というわけで,結論からいうと,能勢,箕面,枚方,豊中,大阪,生駒山,堺,河内長野,熊取の9ヶ所となります。
なおアメダスの地点数は,最近はほとんど変わっていません。また,17km間隔というのはあくまでも平均でして,ぴったり17kmごとというわけではありません。

参考URL:http://www.sci.osaka-kyoiku.ac.jp/nsystem/konishi/rain/osakar.htm,http://210.191.207.82/mwmamedas.html

No.1の回答は違っています。
参考URL(1つめ)のページを良くご覧ください。
>1998年7月から北摂平野(大阪府北部・兵庫県南東部)に転倒升型雨量計を14台置いて観測をしています。
>図の青●黒文字地点は、我々の設置している雨量計
>図の青■青文字地点は、アメダス観測点の雨量計
とありますね。
「我々」とは,大阪教育大学教養学科自然研究講座大気科学研究室のことです。
この図の中には,●が14ヶ所,■(アメダス)が11ヶ所あります。
では答えは11ヶ所かというと,それも違います。大阪南部が入ってお...続きを読む

Q観測史上最悪。

九州地方の豪雨のニュースを連日ニュースで報道していますが、
毎年毎年、
観測史上最多とか、
観測史上最悪とか、
どんどんどんどん災害の規模が大きくなってくるじゃないですか。
この調子でどんどんどんどん、降雨災害やらの自然災害のレベルが上がっていったら、
いったいどうなりますか。
原発なんかは大丈夫ですか。
これからもこういう災害の規模はどんどんどんどん大きくなっていきますか。
もしそうだとしたら、
建築基準とか、災害非難基準とかどんどんどんどん見直していかないといけないと思うんですけど。
それにしてもどうしてこんな局地的な大雨が増えたんですか。
増えていないんですか。
もう地球は末期的症状なんですか。

Aベストアンサー

 まぁ言葉のマジックですな。
あくまで今回は熊本・・・の話です。
全国規模で言ったら災害の規模は(インフラ整備などにより)年々 縮小規模にあります。
なので全体をみれば、降雨災害やらの自然災害のレベルは下がっています。

降水量も全然 変わらずです
台風は若干縮小傾向にあります
http://www.mlit.go.jp/hakusyo/mlit/h17/hakusho/h18/html/H1012110.html

Qアメダスの防水スプレーについて アメダスの防水スプレーはスエードの 靴の栄養補給としてもいけますか?

アメダスの防水スプレーについて
アメダスの防水スプレーはスエードの
靴の栄養補給としてもいけますか?

Aベストアンサー

防水スプレーはオールマイティーだと思いますが…
栄養補給は?です。
スエードならスエードカラーというものもあります。
防水+色も鮮やかにしてくれるもの。

Q気象庁生物季節観測

気象庁にあるらしい、生物季節観測について、どのようなことを行っている場所か教えて下さい。

Aベストアンサー

仙台管区気象台のページをご覧になったらお分かりと思いますが,生物季節観測は場所の名前ではなく,気象台や測候所で行っている観測の種類です。
毎年の気象状況を,気温や降水量などの物理的なデータとはまた別の,生物の活動という視点からとらえるものといえましょう。
ニュースでよく「どこそこでは今日桜が開花した」「ウグイスが鳴いた」などと言っているのは,この観測に基づいていることが多いです。
ちなみに,場所としてはその敷地内か近所ということになりますね。たとえば気象庁で桜の開花状況を観測する場合は,靖国神社(同じ千代田区内)にある桜の木の中から,特定の数本を予め決めておいて,毎年観測しています。

Q雨が降ると雨雲は小さくなりますか?

私はこう思っているのですが、あっているのかどうかがわかりません。

雨雲から雨がどんどん降ると、その雨雲はどんどん小さくなり
やがてその雲は消えますよね?
消えるまではいかなくても雨雲ではなくなりますよね?

正解を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

雨雲または雲の出来る場所は中学校2年ぐらいまでには習いますが、低気圧または気圧の谷(トラフ)がある場所を指します。
気圧の谷では、雲が発生しやすくなることが多く、雨をもたらすことや低気圧を発生させることもあります。

雨の降る前線や低気圧の周辺は湿った空気が吹き込み常に一定の水分を供給しています。もう少し書くと、多くの水蒸気を含んだ空気が下から上に吹き上げているのが低気圧です。気圧が低いため低気圧の下には常に風が吹き込みます。そこで行き場を失った風は下から上に向かって吹き上げます。
風が上空に達すると温度の変化や気圧差などから水蒸気が飽和量(空気が水分を含める量の限界、温度が下がれば下がるほど空気が持てる水分の量は減少する)に達し大気中の塵などと結びついて雲になるのです。
その塵についた水分子の量が一定を越え、雲の中の水分同士がくっつくと雨や雪として地上に落ちてくるのです。

そのため、確かに雨が降ればその分雲の量は減ることになります。
ただし、雨が降るだけ地上や海上から水分を供給できる状況にあると雲は減らないことになりますし、落下する雨の量より集める水蒸気の量が多ければ、雲はどんどん成長します。

尚、高気圧は上から下方向に風が降りてきます。上空は気圧が低く温度も多少低くなるため地表に降りてくる際に水蒸気が多少含まれていても飽和水蒸気量は温度が上がるほど増えるため水蒸気が目に見える状態に飽和することがなくむしろ湿度が下がり、より乾燥しますから快晴になります。

こんなところでしょうか?

<用語>
飽和水蒸気量=空気1立方メートル辺りが保持できる水蒸気量をグラムで表した物。飽和水蒸気量は空気の温度が下がるほど減少する。これは、冷たい飲み物を入れたグラスの表面に水滴が付く現象などで証明されることが多い(グラスの表面に接する空気の温度が下がることで空気の飽和量が低下しグラスに飽和した水蒸気が水滴となって現れる)。一般に湿度100%と呼ばれるものが、空気が保持できる水分量の限界(飽和量)となる。

雨雲または雲の出来る場所は中学校2年ぐらいまでには習いますが、低気圧または気圧の谷(トラフ)がある場所を指します。
気圧の谷では、雲が発生しやすくなることが多く、雨をもたらすことや低気圧を発生させることもあります。

雨の降る前線や低気圧の周辺は湿った空気が吹き込み常に一定の水分を供給しています。もう少し書くと、多くの水蒸気を含んだ空気が下から上に吹き上げているのが低気圧です。気圧が低いため低気圧の下には常に風が吹き込みます。そこで行き場を失った風は下から上に向かって吹き上...続きを読む

Q地球上で観測された最も強風は?

台風が来る度に「最大瞬間風速は…」と報道されますが、
地球上で観測された最も早い風は秒速どのくらいでしょうか?
先日観た【皇帝ペンギン】では、南極では200mだったかの強風が吹くとか。
過日に観た【フライト・オブ・フェニックス】でも、
ゴビ砂漠では200mもの砂嵐が起こるとかだそうですが。

Aベストアンサー

観測装置で観測できた過去の

日本の過去最高最大瞬間風速

宮古島 85.3m/s(NE) 1966/9/5

世界最大瞬間風速 103.2 m/s 1934年04月11日
~04月12日 ワシントン山(アメリカ)

ですね

参考URL:http://www.weather.ac/kiroku.htm

Qよくアメダスの降雨量などの表示を見かけますけど、陸地の降雨量だけで海の

よくアメダスの降雨量などの表示を見かけますけど、陸地の降雨量だけで海の部分もあると素人天気予報がしやすいと思いますがどんなものですか? アメダスの画像などからあと何時間で天気が変わるなどの
予想の仕方などありますか? なるべく近い予測がより正しいのですが無料リアルタイム天気予報がないので質問しました

Aベストアンサー

アメダスは陸上の実測データだけですので、予測資料としては不十分です。
今後の降水予測をするのであれば、気象庁発表のレーダーナウキャスト(1時間後まで)ないし、解析雨量データ(6時間後まで)を用いるのがよいと思います。
http://www.jma.go.jp/jma/index.html
http://www.jma.go.jp/jp/radnowc/
http://www.jma.go.jp/jp/radame/

これでも不十分であれば、気象庁のスーパーコンピューターからの生予測データ(192時間後まで)を用いるしかないですね。
http://weather-gpv.info/

Q今度くる大地震は観測できますか?

どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

 
残念ですが、予測できません。「予測」というのを、どういう意味の言葉と理解するかによって違いますが、例えば、日本列島に、マグニチュード3か4以上の地震が、この3年で起こるかどうかは、予測できます。統計的に、起こるのが自然だからです。起こらない場合、色々な偶然が重なって、起こるべきだった地震が、もっと小さな規模の地震になったのだということになります。

一日前とか,数時間前だと、精密な機器で、大地の振動や変動を連続的に観測していると、大きな地震はどれでも、発生の可能性がかなりな高い確率で分かります。

というより、一日前とか数時間前となると、地震の「予測」ではなく、すでに進行している地震の発生展開過程を観測していることになるのです。大きな規模で地面が揺れてくると、地震だということになりますが、地震は、何故地震が起こるのかの理由から、大陸や島などの岩盤などの構造的な運動の過程で起こる現象なので、そういう過程は、日本列島では、日々連続して続いており、そのなかで、人が感じるような規模の地震(有感地震)となるか、もっと規模の大きい、地震や大地震が発生するのです。

潮の満ち引きなどは、この原因になっているのは、月と太陽の引力ですから、海岸地形なども考慮に入れると、潮の干満はきわめて規則的に起こり、特定の場所などで、何時何分何秒に満潮になるなどと、理科年表にまで予測が出ています。

しかし、地震の発生の機構は、遥かに複雑で、日本列島は、参考URLで述べているように、四つのプレートが交差するような場所が列島の東側の海底に多数あり、大陸性プレートと海洋性プレートの接する場所は、長く曲線になっていて、そのなかの特定の場所(トラフ)で、エネルギー放出が行われると、東海地震とか、東南海地震とか、南海地震などと呼ばれている地震が発生します。ときに、これらが連動して起こることがあります。

北淡路神戸大地震でも、周期が千年を超えているので、何時頃起こるのか、予測できなかったのですが、そのうち起こるということが、現実に起こった例です。

「そのうち起こる」というのは無責任な言い方かも知れませんが、地震は、地面のなかに何かの理由で、エネルギーが蓄積され、これまた何かの理由で、そのエネルギーが解放され放出されると、このエネルギーは、地殻やプレート、岩盤の運動エネルギー、振動エネルギーの形を取るので、このエネルギー放出が、地震として現象するのです。

日本列島が載っている岩盤やプレートの性質は、きわめて地下にエネルギー蓄積が起こりやすい構造になっており、その一部は、火山活動になり、別の部分は、地震として現象するのです。火山が何時噴火するかというのも、そのうち噴火する可能性があるという話はできても、具体的な日時などは分かりません。数日前なら、火山の活動を連続的に精密観測していると分かりますが、分かったときは、火山活動の噴火は進行過程にあります。

プレートとプレートのあいだの応力で起こる地震は大地震ですが、これ以外に、「活断層」というものが日本列島の至るところの土地にあります。これは、プレートの運動がエネルギー放出した痕跡で、「活」というのは、この運動が終焉していないということです。「活断層」のある場所は、何時またそこで地震が発生するか分からないのです。

東海地震とか南海地震などの場合は、海底に巨大な活断層があります。

日本列島の場合、複数のプレートが押し合っていて、ひずみが岩盤などに起こっていることは間違いなく、エネルギーがひずみの形で蓄積され、それがやがて放出されるということは、わかるのですが、何時,放出が起こるのか、プレートが四つあって、相互作用が複雑なことや、場所ごとの地盤などの条件が場合場合で変化しているので、岩盤の運動状態を計算しようがないので、予測できないのです。

(補足):日本列島には、活断層が無数にあります。活断層によって起こる地震の影響から安全な場所というのは、日本には、実はないのです。或る活断層から離れようとすると、別の活断層の影響する場所になってしまうのです。その結果、現在、原子力発電所の置かれている場所は、何時かはわからないが、必ず地震が起こる場所なのです。

何時起こるかというのが、例えば、10年単位ぐらいで分かっていれば、危なくて、原子力発電所など建築できないのです。しかし、何時か起こるとは分かっていても、何時頃かという特定ができないので、原子力発電所を、長期的に見れば、必ず地震が起こる場所に建造しているという現状です。

太平洋側の東海地域にも原子力発電所がありますが、大地震が何時起こるかという予測ができれば、こんな発電所の建造はできなかったでしょう。原子力発電所が日本海側に多いのは、日本海側には、大陸性プレートと海洋性プレートの接触場所がないので、プレートのあいだのひずみによる大地震は少ないと考えられているためです。しかし、安全だなどとは言えないのです。
 
>No.348428 質問:東海地震って本当に起きるの?
>http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=348428
 

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=348428

 
残念ですが、予測できません。「予測」というのを、どういう意味の言葉と理解するかによって違いますが、例えば、日本列島に、マグニチュード3か4以上の地震が、この3年で起こるかどうかは、予測できます。統計的に、起こるのが自然だからです。起こらない場合、色々な偶然が重なって、起こるべきだった地震が、もっと小さな規模の地震になったのだということになります。

一日前とか,数時間前だと、精密な機器で、大地の振動や変動を連続的に観測していると、大きな地震はどれでも、発生の可能性がか...続きを読む

Q雨雲レーダーについて

(1)雨雲レーダーは雲の中の何を観測しているのでしょうか?
(2)観測している物が雨粒であれは「雨雲の雲頂」と「雲の雲頂」が同じ高さになるのではと考えるのですが、実際違ってくるのはなぜでしょうか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 実際違ってくるのはなぜでしょうか?
レーダーの波長と雲の粒の大きさを理解すればその疑問は解消すると思います。

例えば、1メートルの波長のレーダー電波が、1ミリの大きさの物にぶつかったとして、レーダの受信部に捉えられる電波になるかという点から考えるといいのでは。


雲の粒は1/1000ミリ~1/100ミリです。
気象レーダーは5ミリ~10センチ程度の波長です。
雲の粒は基本的に気象レーダーで捉えることはできません。
(密度がそれなりに大きくなっていれば、隙間が無視できるようになって全体としての大きさが大きくなるので、その場合は捉える事ができる。)
0.5~1センチ程度位まで大きくなった水滴又は氷を捉えます
雲の粒の小さい方が少ない上昇気流で上に運ばれるから、それが有る高度が違うのも当然。

Q観測史上、最も日本上陸の早い台風について

時期はずれの台風4号が接近していますが、観測史上、最も日本上陸(本州)の早い台風について、知っている方がいらっしゃいましたら、年、時期、台風の号数等を教えて下さい。

Aベストアンサー

【気象人】というサイトに気象の記録が書かれています。
データーベースで見ますと
鹿児島県に台風3号上陸が、最も早い上陸記録(1956)ですね。
4月25日ですね。
余談ですが、今日5月30日は1981年に旭川で最遅雪の記録があります。
大変よくできたHPですので、お気に入りにいれて時々、
お読みください。

参考URL:http://www.weathermap.co.jp/kishojin/index.php3


人気Q&Aランキング

おすすめ情報