樹木成分であるリグニンの構造を知りたいのです。3つのモノリグノールという分子が繰り返し結合したものらしいのですが、実際の形がわかりません。
同時に、紙が変色するのはリグニンだけが原因なのでしょうか?なぜ変色するのでしょうか、、、化学反応でも起こっているのでしょうか?

A 回答 (3件)

 とりあえず、紙の変色の原因の一つはリグニンの酸化のようです。


「紙の博物館」紙の講座-5
http://www.papermuseum.jp/kouza5.htm

 で、その構造は単一でなく現在も研究の対象になる程で、樹木によっても組成が
異なり分子量も800~10000の範囲があるそうです。
 「リグニン」で検索してもいろいろな方面から研究がされているのが分かりました。元の論文にでもあたれば、もう少し情報が得られるかと思います。

参考URL:http://www.papermuseum.jp/kouza5.htm
    • good
    • 0

>084さん、


紹介サイトの「リグニンとは」のFig.1、Fig.2がリンク切れのようですね・・・?

構造に関しては、複雑で低分子化合物のように簡単に構造式では表示出来ません。
さらに例えば樹木でも「広葉樹」と「針葉樹」では異なりますし・・・。

MIGさんがどのような観点(意図)で、あるいは化学的な知識はどの程度なのかによって、参考図書はいろいろあります。

補足お願いします。

この回答への補足

紙の変色の原因を知り変色しないための方法を探したいのです。
リグニンの構造や何との反応で変色するか分かれば、、、と思ったのですが、皆さんの回答の通り、単一に表現はできないようですね。
変色の原因は多々ありそうですのでリグニンにこだわらずいろんな切り口から見たいと思います。
簡単に知りたかっただけですので紹介していただいたサイトで勉強します。

補足日時:2002/01/23 14:27
    • good
    • 0

こんなページを見つけました。


お役に立てれば良いのですが・・・。

http://bio.nagaokaut.ac.jp/~fukuda-l/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qダイビング後の窒素はどこで消化される?

ダイビング初心者です。
ダイビング後、体内には残留窒素があると思うのですが、その窒素は、体内のどの部分で消化されるのでしょうか?
以前、病院にかかった時(ただの風邪で…)にお医者様に、ついでに聞いたのですが、腎臓で消化されると言っていましたが、本当でしょうか?
つまり、残留窒素は尿として排泄されるのでしょうか?
どなたか詳しい方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

体内から出る老廃物という意味での窒素でしたら(私たちの体を作るたんぱく質は窒素を含みます)腎臓で尿素にされて尿として排出されます。

ですが高圧環境下で血液に溶け込んだ窒素態窒素、すなわち窒素ガスは陸上に戻ったとき既に過飽和の状態ですから、目に見えない程の微細な泡となって少しずつ排出されています。これはもちろん体表などからも放出されますが、その大半は肺で行われるガス交換のときに呼気とともに排出されます。

#1さんの言われている「吸収」はダイビング中にどういった組織が窒素を貯めやすいか、という話でダイビング後にどう排出されるか、という話ではありません。
ただし、ダイビングにおいてはこちらのほうが重要ですので是非知っておいて欲しいことですね。

Q分子間力と沸点、融点 先日、分子結晶は分子間力のおかげで結晶状態を保てるのですよね。 しかしどうし

分子間力と沸点、融点

先日、分子結晶は分子間力のおかげで結晶状態を保てるのですよね。
しかしどうして熱を加えることによって分子間力がなくなるのでしょうか?

Aベストアンサー

>ではどうしてふりきれるようになるのでしょうか

ひょっとして温度が上がると分子の運動(振動)が
激しくなるというあたりを知らない ということなんでしょうか?

ロケットが地球の重力を振り切るには充分な速度が有ればよい。
それと同じです。

Qリグニンの存在の確認法

ある物体にリグニンが含まれているかどうかを調べる方法があれば教えてください。
また、リグニンの存在を証明することで、その物体が植物であると断定できるでしょうか?

Aベストアンサー

> リグニンの存在を証明することで、その物体が植物であると断定できるでしょうか?

下記参考URLにて、「シダ植物以上の高等植物に含まれています」と説明されていますが、『逆は必ずしも真ならず』で、「シダ植物以上の高等植物以外には含まれていない」とは限りませんし、例えば製紙工場から出されたリグニンの廃棄物をとって「これは植物である」とは言えませんよね。
従って、リグニンの存在によって「植物である」と断定することはできません。
ただ、製紙業でのパルプ精製の際の副生成物など、リグニンの多くが廃棄されている現状からすると、「植物'由来'の物質と推定」することはできるのではないかと思います。


> リグニンが含まれているかどうかを調べる方法

澱粉での「ヨウ素澱粉反応」のように、1ステップである程度の簡易判定、というのは、リグニンでは聞いたことがありません。
(私が知らないだけかも知れませんけれど)
有機天然高分子であることを考えると、GC-MSをメインに、赤外吸光スペクトルや、分解物へのNMR分析結果あたりを活用すれば、リグニンを含むかどうかを判定できるのではないかと思います。
(但し、植物の種類によって構造が異なっていたと思いますので、各種スペクトルデータも、幾種類もの植物由来のものと照合する、といったことが必要でしょう)

参考URL:http://www.tuat.ac.jp/~plantech/studysubject1.html

> リグニンの存在を証明することで、その物体が植物であると断定できるでしょうか?

下記参考URLにて、「シダ植物以上の高等植物に含まれています」と説明されていますが、『逆は必ずしも真ならず』で、「シダ植物以上の高等植物以外には含まれていない」とは限りませんし、例えば製紙工場から出されたリグニンの廃棄物をとって「これは植物である」とは言えませんよね。
従って、リグニンの存在によって「植物である」と断定することはできません。
ただ、製紙業でのパルプ精製の際の副生成物など、リグニン...続きを読む

Q紙の変色を防ぐには

カテゴリーが分からなかったのですが…

私はたくさんの本を集め読むことが好きですが、最近、数年前に買った本などが色あせてしまうことが残念でなりません。
変色を防ぐような薬品か何かあれば是非教えていただきたいと思います。

回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

日の当たらない場所での褪色の原因は、空気中のオゾンの漂白作用によるものです。
本を1冊ずつ、密閉できる袋に入れることで、かなり褪色を防げると思います。
密閉された袋の中のオゾンは、放っておけば酸素に変わります。

Qリグニンの生合成経路を阻害すると?

リグニンの生合成経路をつかさどる酵素・酵素遺伝子は
明らかにされているようですが、
植物でリグニンの生合成経路を阻害すると、植物体は
背丈が小さくなるのでしょうか?

また、このような研究をされている大学などがありましたら、
お教え下さい。

Aベストアンサー

データベースで文献検索した方が早いかもしれませんが・・・?

製紙メーカー等ではリグニン含有量の少ない樹木を研究しているようです。
・京大木質科学研究所
・王子製紙
・東大?

◎http://brc.wood.agr.kyushu-u.ac.jp/lignin-symp/lignin-index/program.html
(リグニン討論会)
この抄録を参考にされてはいかがでしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://www.tuat.ac.jp/~jwrs/o.html

Q紙飛行機と実際の飛行機

滞空時間がものすごく長い紙飛行機と同じ形状の飛行機を作ったら少ない燃料で飛ぶことができるのではないでしょうか。前に進む力が足りないとか、操縦が難しいとか問題点があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ふつうの紙飛行機とはだいぶイメージが違いますけど、そういう飛行機ありますよ。フワフワと漂う翼に小さなプロペラたくさん付けたような格好です。

この飛行機は燃料不要。なんと太陽電池で飛びます。
少ないエネルギーで効率よく飛べる飛行機なんです。

翼で飛ぶタイプの飛行機のなかでは世界で一番高いところまで上昇しました。ほとんど宇宙に近いところまで上昇できたのです。

↓紹介ページに、この飛行機が飛んでいる映像があります。

参考URL:http://www.dfrc.nasa.gov/gallery/movie/Helios/HTML/EM-0046-05.html

Qセルロース・リグニンの含有率

構造内に植物由来のセルロース・リグニンを含む物質(泥炭)のセルロース・リグニンの含有率を調べる方法があれば教えてください。
工業分析法JIS‐P8008以外であれば、おねがいします。

Aベストアンサー

>やはりパルプと私が分析した物質では成分が多少違うようで、うまく行きませんでした。

一連の質問から「泥炭」の分析と推測しますが、「リグニン」含量等の実験の経験(?)では、おそらく「泥炭」にそれら以外の成分(直鎖アルキル?等)がいろいろあり、その前処理法に問題があるのではと推測しますが、如何でしょうか?

文献等に前処理法があり、確立されているのでしょうか?

補足お願いします。

Q高機能性高分子と高性能高分子の違い

どの参考書を見ても科学辞典を見ても、高機能性高分子、高性能高分子が載っていません。この二つの違いは何ですか?どなたか教えてください!!

Aベストアンサー

No2のしょうたです。問題は解決しましたか?ちょっと補足しておきます。
高機能プラスチックの性質ならば,よく取り上げられるのは以下の物性です。
耐熱性,難燃性,強度,弾性率(変形のしにくさ),耐衝撃性,
じん性(粘り強さ),寸法安定性,耐摩耗性,耐薬品性,
耐候性(屋外に放置しても劣化しない),耐光性,
生分解性,特定物質の透過性・・・そのほかにもいろいろです。
例えばナイロンなら特徴は,強度が高いこと,気体の透過性が低いこと
などの長所がある反面,吸水量が大きいなどの短所がありますね。

Qリグニンが分解される時間

リグニンが白色腐朽菌などに分解されるようなんですが、どれくらい時間がかかるか知りたいです。

Aベストアンサー

MiJunです。

>自然界では、高分子リグニンが白色腐朽菌の体外酵素によって低分子化され、
この前半部分に関して、各種のペルオキシダーゼ等の関与
が考えられているようです。

以下の成書は如何でしょうか?
=============================================
木質分子生物学/樋口隆昌/文永堂出版/1994.2
木質生化学/樋口隆昌/文永堂出版/1993.2 
キノコの化学・生化学/水野卓,川合正允/学会出版センター/1992.1
==============================================
京大の木研等の文献調査されてはどうでしょうか・・・?

バイオレメディエーションとも関連して注目されている分野ではないでしょうか・・・?

>分離されたリグニンの場合の分解でいいので、よろしくお願いします。
個別のデータは手元にはありませんので、文献検索されることをお薦めします。

木材の腐朽・保存等に関連して、古くから研究されているようです。

チップの脱リグニンにリグニナーゼの利用の研究で、記憶は不確かですが、month orderのレベルの反応では・・・?
(恐らくmonth~yearのレベル?)

ご参考まで。

MiJunです。

>自然界では、高分子リグニンが白色腐朽菌の体外酵素によって低分子化され、
この前半部分に関して、各種のペルオキシダーゼ等の関与
が考えられているようです。

以下の成書は如何でしょうか?
=============================================
木質分子生物学/樋口隆昌/文永堂出版/1994.2
木質生化学/樋口隆昌/文永堂出版/1993.2 
キノコの化学・生化学/水野卓,川合正允/学会出版センター/1992.1
==============================================
京大の...続きを読む

Qイオン結合と共有結合

イオン結合と共有結合

素人の爺いの質問です。
大雑把に結合とは「イオン結合と共有結合の二種類」であると考えてよいのでしょうか。
イメージとして
「イオン結合」は分子間の電荷の差によるもの、
「共有結合」は原子核と電子の間の電荷の不整合に拠るもの、
と考えると、原理的には同じ理由に拠るとは考えられませんか。

金やセラミックが、なぜインゴットや茶碗として結合しているのか。
地球がなぜ地球として結合しているのか、或いは、概念として結合とは違うものか。

爺いを相手に出来る暇な方がいらっしゃれば幸いです。
よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

>「共有結合」は原子核と電子の間の電荷の不整合に拠るもの
…ではありません。
「共有結合」は原子同士がフェルミオンである電子を交換することにより結合するものです。
核と電子の間に電荷の不整合はありません。
電子の電荷も核の電荷も「化学」の範囲(放射化学を除く)では変動することはありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報