脊椎動物がその体型を維持する為に欠かせない元素の1つにカルシウムがある。
カルシウムを体内に吸収・固定するためには、その他の元素・化合物が
関わってくることが多い。カルシウムが体内で固定されるまでの過程で、どんな元素(化合物)が
どのように関わっているか、消化・吸収の流れにそって教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

カルシウム(Ca)は人体に極めて多く、全身では約1kgあるが、その99%以上は骨や歯として、リン酸やマグネシウムなどと結合して存在します。

骨のカルシウムは生体の構造を保つのがおもな役割であるが、必要に応じて溶解され、血液中に動員され利用されるので、骨をカルシウムやリン酸の貯蔵場所と考えることもできます。
カルシウムはまた筋肉の収縮に必要な因子であり、血液凝固反応を促進する因子でもあります。また、細胞外から作用するホルモンや神経伝達物質の刺激に応じて作用します。細胞内信号としての役割も注目されています。
カルシウムの血液中の濃度は約2.5mmol/lで、その半分がイオン化しており、残りはたんぱく質に結合しています。細胞内のカルシウムイオン(Ca2+)濃度は血液中の濃度の1/1万~1/10万ぐらいと、著しく低いのです。細胞膜を隔てたこのような濃度勾配は、ATPを消費するカルシウム‐ポンプの作用により保たれています。
ビタミンDは、カルシウムとリン酸の代謝を調節します。腎臓でできた1,25-(OH)2-D3は、小腸でのカルシウム吸収に関与するカルシウム結合タンパク質の合成や、尿細管でのカルシウム再吸収を促進します。骨へのカルシウム沈着作用も呈します。このようにビタミンDはホルモン様の作用をもっていて、パラトルモン・カルシトニンとともにカルシウムの恒常性を維持している。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2002/01/28 16:52

体内でのカルシウムの動態に関しては、オステオポローシス(骨そしょう症)との関連で沢山研究され、論文も沢山発表されてます。



取りあえず以下の成書を参考にされては如何でしょうか?
===================================
カルシウム代謝異常/佐藤幹二/中外医学社/1995.3 
骨・カルシウム代謝の調節系と骨粗鬆症/松本俊夫/羊土社/1994.3 
内分泌疾患/3/井村裕夫∥〔ほか〕編…/中山書店/1993.7 
カルシウム代謝とホルモン/尾形悦郎∥〔ほか〕編…/医歯薬出版/1984.1 
カルシウム代謝異常とその対策/折茂肇/ライフ・サイエンス/1979.11 
カルシウム代謝と骨疾患/藤田拓男,尾形悦郎,…/医歯薬出版/1977.1 
========================================
ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。さっそく本で調べたいと思います。

お礼日時:2002/01/28 16:48

かるしうむの主要吸収は十二指腸のイオンポンプです。


従って.胃で分解され2かのかるしうむイオンになってから.きゅうしゆうされます。さて.胃分泌物の成分は.忘れました。人工胃液の調合を見つけてください。

脳下垂体・腎臓・骨のかるしうむ恒常性系のホルモンの話しを書くと支離滅裂になるので自分で探してください。カルシトニン他やたらたくさんのホルモンが関係しています。ぞうこつ細胞の内容も私では分かりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。少しヒントになりました。

お礼日時:2002/01/28 16:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生化学ってどうやって勉強すれば・・・

私は看護の専門学校に通ってるんですけど、生化学の授業があるんですが何も理解できません。どうやって勉強したらいいのかも分かりません。何かよい勉強方法ってあったら教えてください。あと分かりやすい参考書とかあったら教えて下さい。

Aベストアンサー

No.1です。
お使いになっている教科書は医学書院の「系統看護学講座・・・生化学」という本でしょうか? (他にもあるようですが。。。)
A4判で280ページほどの本でした。
もしかしたらお使いになっているのはこの本と違うかもしれませんが、いずれにしても看護学校の生化学の教科書は、それほど大差はないと思いますので、この本について感じたことをいくつか挙げてみます。

まず内容ですが、当然のことながら、大学の理学部・農学部などで学ぶ生化学と比べても、カバーする範囲は、さほど変わりません。植物の光合成・炭酸同化のように明らかに医学と関連のない分野は除いてありますが、他は大体同じようなものです。
大学の教科書に比べてページ数は少ないですが、だからと言って内容が簡単なわけではなく、説明が簡略すぎて、かえって難しくなっているように私には感じられました。
これをどのくらいの時間をかけて学ぶのでしょうか?
もし仮に、週2時間で半年で学ぶとしたら、かなりきついのではないでしょうか。

しかし、そうなると、当然「ここが重要」というポイントがあるはずです。それは授業の中で先生が力を入れて説明されると思います。とりあえず学校での試験を乗り切るには、授業の内容(ノート)を理解することでしょうね。試験の過去問を先輩に聞いてみるのもよいと思います。そして、重要なところを理解するために必要な部分の説明を教科書で読んで補うというのが、とりあえず有効かと思います。

重点はやはり代謝ですね。解糖・クエン酸回路などはそのなかの最重要項目の一つでしょう。
しかし考えてみると、生化学を職業としている人でも、クエン酸回路を本を見ないで全部すらすら書けるという人がどれほどいるか、あやしいものです。これが専門という人は別として、その他の多くの人は、ごく大雑把に覚えている程度だと思います。

例えば解糖・クエン酸回路で何が重要なのか?

解糖は、主要な栄養源であるグルコース(ブドウ糖)をピルビン酸にまで分解し、その過程で発生したエネルギーをATPとして蓄えます。ここまでは酸素を必要としません。地球上に酸素が乏しかった頃に現れた原始的な生物(嫌気性細菌)でも解糖系の酵素は持っています。

しかし、酸素を強力な酸化剤として利用できるように進化した生物はピルビン酸をさらに完全に酸化して、CO2とH2Oに変えることができるようになりました。これによって、解糖系だけの場合に比べて、はるかに多くのエネルギーを生産することができるようになりました。
解糖系だけで生産されるATPの量と、解糖系 + クエン酸回路で生産されるATPの量を比較すれば、そのことがはっきり理解できると思います。

反応そのものについてですが、ピルビン酸は補酵素A(CoASN)と反応してアセチルCoAとなり、これがオキサロ酢酸と反応してクエン酸になります。ここから回路が1回転して、オキサロ酢酸→クエン酸に戻ります。
いま私が名前を挙げた物質は最低限覚えるべきものだと思います。途中は省略して、いま名前を挙げた物質だけで代謝の図を描いてみてください。それで最低限クエン酸回路の意味はわかると思います。
これ以上どこまで詳しく覚えなければいけないかは、教える先生しだいだと思います。

参考書に関してですが、教科書とか参考書というような、「硬い」本だけでなく、例えば講談社ブルーバックスのように、素人(+α)程度の人を対象として書かれた本が、たくさんあります。物語風に書かれているので、割りに抵抗なく読めると思います。この「抵抗なく読める」ということが重要なのです。生化学は難しいと言う心理的なバリアー(実際難しいのですが)を除くことがまず先決ですから。
素人相手の本でも、案外バカにならないですよ。
私も専門外のことについて、手っ取り早く勉強したいときは、こういう本をよく読んでいます。

生化学ではいくつかの約束ごとのようなものがあって、例えば、リン酸化反応は、物質にエネルギーを蓄える(活性化する)反応で、逆にリン酸を放出した物質はそれによってエネルギーを他の物質に与えます。(つまり活性化する。)
こういうことを覚えるだけでも、かなり話の流れが読めるようになります。

>何も理解できません。

ということですが、お気持ちはわかりますが、これだとアドバイスするのが難しいです。
具体的に、例えばDNAについてとか、酵素について、こういうところがわからないと具体的に問題を絞って質問していただけると、もう少しお役に立てるかと思うのですが。。。

また質問があれば、私のわかる範囲でしたら回答します。
がんばってください!

No.1です。
お使いになっている教科書は医学書院の「系統看護学講座・・・生化学」という本でしょうか? (他にもあるようですが。。。)
A4判で280ページほどの本でした。
もしかしたらお使いになっているのはこの本と違うかもしれませんが、いずれにしても看護学校の生化学の教科書は、それほど大差はないと思いますので、この本について感じたことをいくつか挙げてみます。

まず内容ですが、当然のことながら、大学の理学部・農学部などで学ぶ生化学と比べても、カバーする範囲は、さほど変わりません。...続きを読む

Q脳の「錐体路」と「錐体外路」の役割と違いについて

錐体外路は錐体路の運動刺激を微調整する?というようなことは少し理解できましたが、今ひとつはっきり分かりません。役割や違いについて簡単に教えて下さい。位置する場所などは分かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

筋肉の運動を起こすには最終的には脊髄などに存在しているαモーターニューロンを発火させることで可能です。
では、どの様に発火させるのかと言うところがこの質問に答える近道だと思います。

このαモーターニューロンへは、実は、平均しても一個のαモーターニューロンあたり数万個のニューロンからの入力つまり調節を受けています。
これらのニューロンからの信号の総和が閾値を超えるとαモーターニューロンが発火し特定の数の筋線維が収縮し、全体で見ると筋肉がぴくっとするわけです。

さて、錐体外路と錐体路の件ですが、
一般的には錐体路が随意運動錐体外路が不随意運動と言います。
しかし、前の説明を見ていただくとおり、どちらも、数万のうちの一つにすぎません。特に錐体路は、全体に占める役割は本当はとても少ないのです。これは、高校などで習う事実とかなり相反するかと思います。

では、本題の説明に入ります。
錐体路は、大脳皮質から始まるニューロンが直接αモーターニューロンを支配している物です。一方、錐体外路は、大脳皮質からの直接投射はなく、脳幹の網様体などから投射される物です。前者は意識運動というイメージと繋がりやすいですね。
しかし、後者は何か??簡単に理解できる例として、、
1.腕を曲げる時は伸ばす筋肉は弛緩するでしょ??誰がしてるの?頭(大脳皮質)では考えていません。
2.コップに水をくみます。だんだん重くなりますが、腕は下がりません。誰がしてるの?頭(大脳皮質)では考えていません。
3.空気椅子で一分間我慢、、、。でも、人間の筋線維は連続して収縮できないのです。じゃあどうするの?それは、沢山ある筋線維を、入れ替わり立ち替わり収縮させて、見かけ上連続して収縮しているように見せかけるだけ、現に、疲れてくるとぷるぷるするでしょ? じゃぁ、誰が入れ替わり立ち替わりを制御してるの?頭(大脳皮質)では考えていません。

つまり、この辺のことをうまくやってくれているのが錐体外路系なのです。現にこの制御が壊れると、じっとしているのが出来なくなるんですよ。マイケルJフォックスさんのパーキンソン病もその一つです。

前の方で錐体路の働きは少ないといいましたが、それでも多くのかたは、錐体路は随意運動には欠かせない!!とおもうでしょ?
でもね、進化の上で錐体路はごく最近出来たんですよ。
現には虫類にはありません、ほ乳類でも錐体路の構成は極めて不安定です。
ヒトでも完全に純粋に錐体路のみを障害しても、時期随意運動は出来るようになると聞いています。

個人的には、錐体路と錐体外路で単純に機能分けをするのはどうかと思いますし、この考え自体少々古い考え方になっていると思います。元々corticospinal tract(皮質脊髄路)が錐体(延髄にある膨らみ)を通るので錐体路と呼び、それ以外にも運動に関わる神経路があるから錐体外路と呼んだだけですので、敢えて機能云々言わないほうがいいと思います。
また、両者は常に一緒に働きますから、それぞれが運動制御の一部分を構成して居るんだと思えばいいのです。

錐体路=随意運動
錐体外路=不随意運動
と言うのは、強いて言えばアメリカ人と日本人の気質を一言で断言するのに近いかもしれません。
ただ、多くの教科書や、先生方はそのように断言するかもしれません。完全に正しくはありませんが、大きく間違っても居ませんから、素直にそう思いつつ、世の中は、(特に生物は)そんなに簡単には割り切れないんだけどね、、。とニヒルに笑っておけばいいと思いますよ(^^;

PS錐体外路の全体像が(解剖学的にでも)解っているならたいした物ですよ!!

筋肉の運動を起こすには最終的には脊髄などに存在しているαモーターニューロンを発火させることで可能です。
では、どの様に発火させるのかと言うところがこの質問に答える近道だと思います。

このαモーターニューロンへは、実は、平均しても一個のαモーターニューロンあたり数万個のニューロンからの入力つまり調節を受けています。
これらのニューロンからの信号の総和が閾値を超えるとαモーターニューロンが発火し特定の数の筋線維が収縮し、全体で見ると筋肉がぴくっとするわけです。

さて、錐体外路...続きを読む

Qジェネラリスト・ソーシャルワークとジェネラル・ソーシャルワークの違い

こんにちは。
「ジェネリック・ソーシャルワーク」
「ジェネラリスト・ソーシャルワーク」
「ジェネラル・ソーシャルワーク」
これらにはどのような違いがあるのでしょうか?
「ジェネリック・ソーシャルワーク」が、どの分野でも共通の技術や原理、活動のことを指していて他とは全く違うというのは解るのですが、
「ジェネラリスト・ソーシャルワーク」と「ジェネラル・ソーシャルワーク」の違いがわかりません。この2つは同じ援助技術論なのですか?すみません、教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
それぞれの単語は、非常に紛らわしいですよね(^^;)。
各概念は、以下のとおりです。


■ ジェネリック・ソーシャルワーク
1922年のミルフォード会議(調べてみて下さいね!)による概念。
社会福祉の各分野に共通する概念・知識・方法論・技法・社会資源体系を用いた個別援助技術。

<関連>スペシフィック・ソーシャルワーク
ジェネリックな要素(共通部分)を、『「広範囲に及ぶさまざまな場面」の中の特定の脈絡』に応じて、“特定的”に適用すること。


■ ジェネラリスト・ソーシャルワーク
『「人と環境の相互作用」に関わる広範な領域を構造的に理解して、多様な役割を担う』という立場の下に行なわれる個別援助技術。
社会福祉士による諸支援がこれにあたる。
クライアント(社会福祉の対象者)を単なる「個人」としてとらえるのみではなく、地域社会を構成する要素の1つとして再評価した上で地域社会による影響も考えてゆくとともに、地域社会に対しても働きかけてゆく。


■ ジェネラル・ソーシャルワーク
「統合された社会福祉援助方法論」による、コンサルタント的な立場で行なわれる個別援助技術。
具体的には、国・地方自治体の地域福祉政策と臨床実践とを総合的・統合的に結びつけるもの。
介護保険で新設された介護予防事業等がその典型例。

こんにちは。
それぞれの単語は、非常に紛らわしいですよね(^^;)。
各概念は、以下のとおりです。


■ ジェネリック・ソーシャルワーク
1922年のミルフォード会議(調べてみて下さいね!)による概念。
社会福祉の各分野に共通する概念・知識・方法論・技法・社会資源体系を用いた個別援助技術。

<関連>スペシフィック・ソーシャルワーク
ジェネリックな要素(共通部分)を、『「広範囲に及ぶさまざまな場面」の中の特定の脈絡』に応じて、“特定的”に適用すること。


■ ジェネラリスト・ソー...続きを読む

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Qミツバチの偏光を調べる方法

ミツバチは暗い巣箱の中の垂直な巣板の上で8の字ダンスを繰り返す
しかし巣箱の外の前庭に仲間がいる場合前庭で、水平にダンスを踊る。この時、太陽を直接見ることができなくても天頂近くの青空であれば、8の字ダンスの中の直進歩行は餌の方へ向く。
しかし空が見えない状態で前庭でダンスをすると歩行の方向が不安定になり不規則な運動となる。

天頂近くの青空なら歩行の方角が一定した理由を考えその仮説を検証するための実験計画を述べよ。


これはミツバチの偏光性を持つ目の特性からですよね?以前に偏光を示すのは入射角に対して常に垂直になる目をもつということを聞いたことがありますだからこそ暗がりでは水平方向での伝達がつたわらないと考えたのですがそもそもこれを実験する方法はどのように行えばいいのでしょうか。

ご教授お願い申し上げます。

Aベストアンサー

太陽が見えない巣の中でダンスしますよ。。。しかも垂直な壁の上で。

その大先生、ミツバチの巣を見たことないのでしょう。(^^)
蜜蜂 巣箱( https://www.google.com/search?hl=ja&q=%96%A8%96I%20%91%83%94%A0&biw=1024&bih=618&sei=9HRuUeeeOZGMlQXtoICoDw&tbm=isch )
 ダンスは暗がりで垂直な壁面で行われますよ!!!!(基本中の基本だよ)

ミツバチの目は複眼です。複眼の一番の特徴は偏光を知覚できること。
青空はレイリー散乱で偏光していること。
ミツバチは、偏光が明瞭な紫外線の偏光を利用している。

太陽が雲に隠れていても、青空が見えさえすれば行き帰り出来る。

どのように見えているかの実験は
 ⇒散乱光の偏りについて」 (本論文紹介その1) - 北海道大学( http://socyo.high.hokudai.ac.jp/more_html/buturi/news/bsn9907/a15.htm )以降
 ⇒ミツバチの尻振りダンスと採餌行動における効果( https://www.jstage.jst.go.jp/article/hikakuseiriseika/29/3/29_121/_pdf )

 今、手元にないが、日経サイエンスの記事にもありましたね。10年近く前の記事でしたが・・


そもそも蜂のダンスは1948年当時から知られていました。下記はその話
 ⇒Nobel Laureates Speak in Scientific American : Scientific American( http://www.scientificamerican.com/article.cfm?id=lindau-nobel-laureate-speak-in-scientific-american )数分待つこと
 ここの"The Language of Bees"

太陽が見えない巣の中でダンスしますよ。。。しかも垂直な壁の上で。

その大先生、ミツバチの巣を見たことないのでしょう。(^^)
蜜蜂 巣箱( https://www.google.com/search?hl=ja&q=%96%A8%96I%20%91%83%94%A0&biw=1024&bih=618&sei=9HRuUeeeOZGMlQXtoICoDw&tbm=isch )
 ダンスは暗がりで垂直な壁面で行われますよ!!!!(基本中の基本だよ)

ミツバチの目は複眼です。複眼の一番の特徴は偏光を知覚できること。
青空はレイリー散乱で偏光していること。
ミツバチは、偏光が明瞭な紫外線の偏光を利用している。

太...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング