教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

湿球温度とはなんでしょうか?

・私の考え方
 湿球温度が10℃の場合
 10℃になったら蒸発する

gooドクター

A 回答 (3件)

まず、kandenti1010さんの考え方:


> 湿球温度が10℃の場合
> 10℃になったら蒸発する

これは全く間違っているので頭から消し去ってください。

> 湿球温度とはなんでしょうか?

湿球温度計で計った温度です。湿球温度計というのは、普通の温度計の温度測定部に湿ったガーゼを巻きつけた温度です。
この場合、相対湿度が100%じゃない場合は、ガーゼからの蒸発が熱を吸い取るので、普通の温度計(乾球温度計)より低い温度になります。

そこで:
(1)乾球温度計と湿球温度計が同じ温度なら、湿度100%で蒸発は起こらない。
(2)乾球温度計と湿球温度計の温度さが大きいほど空気は乾いている、すなわち蒸発は起こる。
この温度計の温度と空気の乾燥度(絶対湿度・相対湿度)の関係は、関数で表されるので、乾湿球温度計で温度を観測することで、絶対湿度や相対湿度がわかります。

kandenti1010さんの例で正しい答えを言うと:
・湿球温度が10℃の場合、乾球温度が10℃ならば相対湿度100%で蒸発「しない」
・湿球温度が10℃の場合、乾球温度が12℃ならば少し蒸発「する」
・湿球温度が10℃の場合、乾球温度が20℃ならばたくさん蒸発「する」

露点温度というのは、湿球温度と目的は同じです。乾球温度と組み合わせて湿度を計るためのものです。
しかし、露点温度と湿球温度は別物です。

露点温度は、「ここにある空気をその温度にまで下げたら、相対湿度が100%になって水蒸気の凝結が始まりますよ」という温度です。これは湿ったガーゼを温度測定部に当てた時の温度とは、根本的には別物です。

ただし、露点温度の場合も、相対湿度が100%の時は、乾球温度=露点温度となります。

すなわち:
相対湿度100%のとき → 乾球温度=湿球温度=露点温度。
蒸発は起こらない。

相対湿度100%じゃないとき → 乾球温度と湿球温度と露点温度は全部違う。
水と蒸発するエネルギーさえあれば蒸発は起こる。

こうなります。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

分かりやすい解説ありがとうございます。
勉強になりました。

お礼日時:2006/03/17 21:56

凡そ600kcal/Molと覚えていましたが、いまはkcalは使わないのですよね。


これは、水の温度が何度でも同じだったと思います。
    • good
    • 1

必ず湿球と乾球が一緒に使われます。


湿球は水が空気中に蒸発するときの吸熱量を示します。必ず乾球より低くなります。
この差から、空気中の相対湿度を求められます。
もし夏に両方の温度が同じなら、相対湿度は100%で蒸し暑い状態で汗がだらだらになります。

この回答への補足

”水が空気中に蒸発するときの吸熱量”という部分がよく分からないので教えていただけませんか?

補足日時:2006/03/16 22:03
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

人気Q&Aランキング