こんばんは。
ある本で三島は太宰の弱さを嫌った、と書いてありました。(本の題名は忘れてしまいました。)太宰の弱さとは何なのでしょうか。また、なぜそれを三島は嫌ったのですか?教えてください。

A 回答 (4件)

私が太宰治を夢中になって読んでいた頃、三島由紀夫は自衛隊駐屯地に乱入して割腹自殺をしました。


その事件が生々しく記憶に残っており、三島由紀夫の作品はほとんど読んでいません。

#2さんの<>の中の部分に補足させていただきます。
太宰治を囲む座談会の席で「僕は太宰さんの文学が嫌いです」と三島が言ったのに対し太宰が「それなりゃ、こなければいい」と強い口調で言ったそうです。
これは矢代静一やほかの人の本にも書かれていることなのでこれが事実だと思います。
ところが三島の『私の遍歴時代』には
「そんなことを言ったって、こうして来てるんだから、やっぱり好きなんだよな。なあ、やっぱり好きなんだ」と言ったとなっているそうです。なんか情けない…
これが三島の「太宰治像」なのでしょう。

太宰治は「選ばれし者の恍惚(こうこつ)と不安、二つ我にあり」のヴァレリーの言葉を
何かの作品で引用しています。
人間の心の弱さ、苦悩を描いた太宰の作風をよく表した言葉だと思います。

「太宰の苦悩なんか、体を鍛錬すればきえてしまうものだ」という意味のことを
三島は言っていたそうで(実際、三島はボディビルに励んでいた)
弱さを克服できないことが嫌だったのでしょうね。

しかし結局のところ三島由紀夫も同じようなところがあったのでは無いでしょうか。
弱さに対するコンプレックス、プライドの高さ、ナルシシズム、芸術至上主義的なところ、など太宰と三島に共通するものを感じます。。
評論家の奥野健夫だったと思いますが、三島の太宰に対する感情は近親憎悪だと言っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
三島氏の「私の遍歴時代」は読んだことがありませんでした。今度読んで見ます!

お礼日時:2006/03/17 23:14

他者さんのコメントにもあるように、強がってはいるが、三島の生い立ちは病弱で戦争にも行けなかった事があるように、病弱人間でした。


太宰の作品には「もっとも嫌いだった子供の頃の自分」を見ているようで三島自身には耐えられない事だったのでしょう。
それと、作品的にも三島の作品の暗さと、太宰の作品の暗さは全然違います。三島の暗さはいわゆる「(主人公が)プライドはあるが周りが上手い事運ばなくてイライラしている事」です。
太宰は「自分って本当にダメ人間」っていう意味の暗さ。
三島の作品は美文として知られているのはご存じだとは思いますが、
表現の仕方がとっても美しく、暗くてもどこか優雅さがただよっています。 
三島の作品はとても美しい物が多く、大変優れていますので、是非読んでみて下さい。特に映画になった「豊饒の海」の春の雪は必見ですよ!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
本当に三島文学は美文ばかりです。

お礼日時:2006/03/17 12:35

こんばんは^^


この前スマステーションで三島特集が組まれていました。
その時に私も三島由紀夫に興味を持ち、名作『金閣寺』を読みました。
太宰治は数年前に『人間失格』を読み、それを皮切りに他の著書も読み漁っていまして私の人生に変革をもたらした作家であります。
その時の番組の内容と、私の両著書を読んだ見解から答えさせてもらいます。

<二人の関係は、三島が学生の頃に太宰はすでに売れっ子作家になっていていたようです。
ある日三島は友達と共に太宰の家に急に訪ね、
「私はあなた(著書)が嫌いです」(そう言った類)
のことを言い放ち、
太宰は「では、何故あなたは私のところに来たのですか?」と切り替えしたそうです>

太宰の作品はとことん暗い。黒に近い灰色。
三島はそれが嫌いなようです。
しかし三島の作品を読むと、彼の作品からも暗さがうかがえる。灰色ではないが黒い。
三島は太宰の作品に自分を見たのではないだろうか?
彼の弱い部分が太宰の作品によって丸裸にむき出しにされる。それにより自分が嫌になるように、そんな弱い部分を露骨に描く太宰の作品にとてもやりきれない気持ちになったのでは?
少なくとも、太宰が嫌いであっても三島は大きな影響を受けていると思う。太宰に会いに行ったのは弱い自分へ会いに行ったようなもので、また、三島の性格から言えばその行動や言動は別にたいしたことではないのかもしれない。

それに太宰の作品に感化されたからこそ、嫌いといえたのではないだろうか。太宰が弱すぎるのか三島が敏感すぎるのか。
私は彼の『嫌う』理由に、彼ら二人の偉大さまでもが感じられる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
それにしても嫌いな作家の家に行って嫌いだということを打ち明けるなんてすごい・・・。

お礼日時:2006/03/17 12:33

その本は読んだ事ありませんが、以前広津和郎(確かこんな名前)


と言う作家が、作家同士の実話の交友関係について書いた、本を
読んだ事があります。そこで三島と太宰ではないのですが
宇野(フルネーム忘れました)と芥川龍之介と広津の関係を書いた
章があったのですが、芥川も精神的にかなり脆く、それが理解でき
ない人からはかなりたたかれたような事を書いてありましたが、
それと似たような理由なんじゃないですか。
 まだ若い芥川の作品の根底に流れる、生存への不安や、作品を
覆うどんよりした空気、等、精神面の脆さが作品にもろに出ている
作品が多い(特に中~後期だったと思います。)ことが、精神的に
太い人にとっては理解できないんじゃないでしょうか?
 
 太宰治ではないですが、参考になればと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
僕は芥川作品は実はあまりよんだことがありません。ですが、あなたのアドバイスを読んでいるうちになんだか読みたくなってきましたので必ず何冊か読んでみようと思います。ありがとうございました!

お礼日時:2006/03/16 23:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三島由紀夫「金閣寺」の有為子について

  三島由紀夫の小説が好きでほとんど読みましたが、特に「金閣寺」が好きです。なんども読み返したのですが、序盤で出てくる有為子の存在がわかりません。何の意図をもってこの女性を登場させたのか。三島の意図はどこにあったのかが今いち判然としません。
 
 私の解釈では、主人公が一方的に恋焦がれるものの吃音という障害があり、有為子はきわめて健康的で美人に描かれています。つまり醜⇔美の構図をあらかじめ書いておき、後半の私(醜)⇔金閣寺(美)の伏線を張っておいたと考えるのです。つまり金閣寺を人間の姿で表現したのが有為子であり、恋焦がれるものの絶対に手の届かない存在、神聖な世界(最後に入ろうとして入れなかった究境頂)として描いたと考えるのです。実際「美しいもの」を主人公が見た時に、そこに有為子の姿が重なるという表現がいくつか出てきます。彼女が恋人のところに走ろうとして射殺されてしまうのも、滅びの中に「美」を見出すからであり、有為子の死は最後の金閣寺炎上と作品の最初と最後でつながっている気がするのです。
 
 ただ、それにしても何故三島は修行僧が金閣寺に放火する屈折した感情を表現するために人間(有為子)を登場させたのか、そこが分かりません。美しい人間に恋させることによって、主人公の人間臭さを表現したかったのでしょうか。要するに高度に観念的な理論の積み重ねで「金閣寺を燃やす」という結論に到達させたのでは、まるで主人公がロボットのような無機質な存在になってしまうため、あえて最初の方に有為子を登場させ彼女に恋い焦がれさせることで主人公の人間性を読者に定着させる目的があったように思えるのです。
 
 金閣寺にはいろんな解釈があるでしょうし、各自がそれぞれの解釈をすればいいと思いますが、有為子の存在について考えるところを教示いただければ幸いです。よろしくお願いします。

  三島由紀夫の小説が好きでほとんど読みましたが、特に「金閣寺」が好きです。なんども読み返したのですが、序盤で出てくる有為子の存在がわかりません。何の意図をもってこの女性を登場させたのか。三島の意図はどこにあったのかが今いち判然としません。
 
 私の解釈では、主人公が一方的に恋焦がれるものの吃音という障害があり、有為子はきわめて健康的で美人に描かれています。つまり醜⇔美の構図をあらかじめ書いておき、後半の私(醜)⇔金閣寺(美)の伏線を張っておいたと考えるのです。つまり金閣寺...続きを読む

Aベストアンサー

No.1の補足です。私の下手な日本語が誤解させていたら申し訳ない事です。
>「私には質問者さんの文章が分かりません」~「宜しいのではありませんか」と書いてしまいましたが、
質問者さんの文章は分かります。質問者さんなりにしっかりと有為子に役割を感じているのに、なんで「それにしても」疑問に思う必要があるかなぁという意味です。


昭和31年10月新潮社刊行の小説「金閣寺」は同年の「新潮」1月号から10月号に”連載”されていたそうです。ちなみにこの年2月、新潮社は出版社としては日本初の週刊誌「週刊新潮」を創刊します。


題材にしているのは、昭和25年7月の金閣寺放火事件。逮捕された21歳の徒弟僧の供述は「美に対する嫉妬と、自分の環境が悪いのに金閣という美しいところに来る有閑(ゆうかん)的な人に対する反感からやった」というもので、実際の彼は小説の内容とは違って、小刀を捨てて生きようと思ったのではなく、死には至りませんでしたが、山中で切腹したようです。


以下主観ですが、この小説はその壮麗な文体とは逆に、無常だとか仏教的に高尚な事を伝えるものではないと思います。ギャップを楽しむ小説ではないでしょうか。最後の生きようとするところなんてガッカリでしょう。作家名、作品名、仏教用語、ぜんぶ堅いイメージですが、内実はナンパであるという、そこが一番、破壊的なのです。
美醜の議論はさておき、有為子は最重要の存在です。建造物としての「金閣寺」も含めて皆等しく《有為》なのです。

《有為》とは、有為転変というように、転変する有限の存在です。いわば消える為に作られた造作です。


★第9章の「同じ店の同じ女を訪ねて」で始まる段落にぜんぶ答えが書いてあると思いますよ。


小説「金閣寺」の衒学的部分は結局仏教理論ではなくやはり三島美学の観念論ですね。現実よりも観念を愛する三島の甘美な精神論を宣伝しています。
もとより金閣とその美醜は三島の関心事ではなかった気がします。おそらく金閣を美しいと思っていない三島がお得意の美辞麗句で修飾した作品です。犯行動機を、自分とは対照的な金閣の美への憧れと反感と見ていた三島は作品内で、作家自身のコンプレックスと怒りに換骨奪胎していると思います。

そう考えると、建前である金閣の美よりも、性的実体として描かれる女たちが三島の本音に直接関係してきます。だから有為子は必須の登場人物です。
有為子は脱走兵との恋に死にます。第三章では進駐軍相手の娼婦が登場します。日本人の精神が地に落ちる現場から、逃れられなかった占領下を物語っています。この場面も主人公が有為の滅殺に関与します。有為子も引用されます。第7章では輪廻のように老師が愛人といるところに出くわします。遊郭の話もそうですし、ぜんぶ性的な女と悪い男の組合せですね。
三島の主題はそっちのように思います。つまり金閣の美よりも有為子たちの方が必要なのです。金閣の美はあくまで実際の事件を筋書きにするための美ではないでしょうか。

主人公は妄想に生きがいを感じています。日本人にとって異常なことではありませんよね。その卑近な心理を三島が三島文学として重々しく表現したまでです。高尚な中身はありません。
質問者さんが有為子の必要性を心配されなくても主人公は十分身近な人物像です。老師に対する心理を読むだけでも普通の青年像でしょう。しかも最後は切腹ではなく生きようと思う人物なのですから、生きるばかりの愚民に向けた皮肉です。主人公は、死ねば有為子のそばに行けるなんて思うまでもなく、有為子の残像と共に生きていくことになるのでしょう。実際の犯人は26歳で病死します。彼に有為子がいたとは思えません。
ですから質問者さんが指摘された有為子の効果も含めて三島は健常人を主人公に卑近な心理を描いたものと想います。


質問者さんの意見も含めて、いろんな見方ができます。個人的には以上のように作品を読ませてもらいました。

No.1の補足です。私の下手な日本語が誤解させていたら申し訳ない事です。
>「私には質問者さんの文章が分かりません」~「宜しいのではありませんか」と書いてしまいましたが、
質問者さんの文章は分かります。質問者さんなりにしっかりと有為子に役割を感じているのに、なんで「それにしても」疑問に思う必要があるかなぁという意味です。


昭和31年10月新潮社刊行の小説「金閣寺」は同年の「新潮」1月号から10月号に”連載”されていたそうです。ちなみにこの年2月、新潮社は出版社としては日本初の週刊誌「週...続きを読む

Q若い時には読まない方が良い本とは、何でしょうか? やはり、太宰治の「人間失格」とか、ニーチェの「ツァ

若い時には読まない方が良い本とは、何でしょうか?
やはり、太宰治の「人間失格」とか、ニーチェの「ツァラツストラ」とかでしょうか?他にありますか?

Aベストアンサー

若いときに限らず、興味があるもの(興味なくても)は、読んでいいかも。本は、誰かが何かの思いを持って、ある程度の時間をかけて書いたもの。なんでも読んでみて。ページが進まなければ、途中でやめればいいし…
年齢によって、感じ方は違うとも思う。

Q三島 由紀夫 金閣寺について

どんな話かご存知の方 簡単に教えてください。

Aベストアンサー

失礼致します。

三島由紀夫のナルシシズムが表れた作品として、また実際の事件をモチーフにした作品としても有名です。

若い学僧の生い立ちから金閣に放火をするに至るまでがこと細かく書かれています。
学僧にとって金閣は絶対的な存在で、金閣を自分だけのものにするために火をつける・・・
『金閣を焼かなければならぬ』と決心してから、放火を実行するまでの流れは息をつかせないものがあります。

Q三島由紀夫(?)の短編について。。。

随分前に友達の家で読んだ記憶があるのですが、三島由紀夫の短編で以下のようなストーリーの物があれば、題名と出来れば収録されている本のタイトルを教えてください。確か新潮文庫だったと思うのですが、実は三島だったかも不安な状態です。
「一人の少年の前に神の使いが現れて人々を連れて海を渡るように伝える。少年には奇跡を起こす力が現れ多くの人が彼について旅に出るが、苦難の末に約束された地に着いた時にいくら祈っても海は割れない。人々は病気や飢えで次々と死んで行く。。。」と言った内容だったと思うのですが。。。実はキリスト教系の題材からしても遠藤周作だったのかも?と不安にもなっているのですが。。。いずれにしても教えて頂けると嬉しいです。気になって気になって。。。

Aベストアンサー

こんにちは。

三島由紀夫の「海と夕焼」だと思います。

『花ざかりの森・憂国』(新潮文庫)に収録されていますよ。

Q三島由紀夫の本

最近三島由紀夫の興味をもったのですが、三島由紀夫の本で最初に読むに一番ふさわしい本・三島を知るのに一番オススメの本を教えて下さい★

Aベストアンサー

 こんばんは。満場一致で『金閣寺』ですね。
是非読んで頂きたい一冊、賛成です!

 最初に読まれるということで、一応『金閣寺』より文字数の少ない(途中で挫折しにくい・・・?)著作も以下に挙げておきます。
1)『憂国』
 死ぬ瞬間ってどんなだろう、経験した人って少ないと思いますが、目が離せないほどの迫力の描写でした。

2)『頭文字』
 ベールに包まれている天皇家の物語。何というか、ゾクッとします。

3)『不道徳教育講座』
 エッセイです。結構笑えます。これは最初に読むより、何冊か読んだ後の方がいいと思いますけど、ご参考までに。他の著書との関連性、根本みたいなのが見え隠れしてます。

あと、『孔雀』は美輪明宏さんをモデルにしたということで有名ですよね。美輪ファンにもおすすめ・・・かな。

Q三島由紀夫の死について

三島由紀夫が市谷の駐屯地で切腹自殺をしたのは知っていますが、理由は何だったのでしょうか?
ご存知の方がいましたら教えて下さい

Aベストアンサー

こんばんは。簡単に言います。

結局のところ、三島は自衛隊員に「革命」を起こすよう説得したのですがそれが果たせず、自殺することを決めました。

彼にとっては「自衛隊の決起」が必要だったのですが、
自衛隊員には必要ではなかったのです。
三島は思いつめていたのですね。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/CollegeLife/9760/bancha2000/genkou/mishima.htm

Q三島由紀夫の小説について

三島由紀夫の小説は、かなり前に「音楽」だけ読んだことがあります。
この小説、面白かったのですが、三島由紀夫が遊び心で(他の小説とは異色という意味かな?)書いたものだと、確か解説か何かに書いてあったと思います。

「仮面の告白」と「金閣寺」は持っているのでこれから読むのですが、三島由紀夫ならこれ!というお薦めの作品名を、前述の3作品以外で教えてください。

自分は、どちらかといえば、妖艶で濃厚な作品が好きですが、皆さんの好みで選んでいただいて構いません。
短編の場合、分かれば、収録されている本のタイトルも教えていただけると助かります。

よろしくお願いしますm(__)m゛

Aベストアンサー

私は、『憂国』が好きです。新潮文庫だと『花ざかりの森・憂国』に収録されています。
中身を言ってしまうのも何なのでボカしますが、自分が実際に経験したわけでもないことを、どうしてここまでリアルに書けるのか、と感動した覚えがあります。あまりに濃密で生々しくて……。

また、“遊び心で書いた”という点でいけば、『美しい星』も三島のイメージとはちょっと違う作品で、所謂大衆文学っぽいというか、お遊び的、エンターテインメント的な作品だと思います。
とはいえ、私が読んだのは20年以上前で、「おもしろかった」という以外にあまり詳しいことは覚えていません(^^ゞ。

三島の作品は、よっぽど相性が合わないということがない限り、どれもお薦めになりうる作品ばかりだと思いますので、他の方からもいろんな作品が推薦されると思います。

Q三島由紀夫さんの「禁色」はいかがですか?

いつもお世話になります。

私は本が大好きです。
最近は下記の質問の回答内容を参考に
毎日夢のような読書ライフを送っています。
質問してくださった方、そして回答をして
くださった方々ありがとうございました。

ところで私はこの質問の回答のなかで
一番最後に答えてくださってるかたの
おすすめの本、三島由紀夫の『禁色』を
買えずにいます。
と言いますのは、10年ほど前に三島氏の
本(タイトル失念しました)をはじめて買ったの
ですが、あまりに内容が難しく3ページくらいで
リタイヤしてしまったことがあるからです。
私はそういったことはまずないのですが、
このときばかりはダメでした。
そんな苦い経験があるので、書店に行っても
この作品を手に取れずにいます。

あらすじを読んだらすごく読みたいのですが、
いかがでしょうか?
難しくないですか?
どなたか私の背中を思いっきり押してください!
お願いします。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1469304

Aベストアンサー

もし、これまでに他の三島の小説を数編でも読んでいらっしゃって、ちょっと興味あるとお思いでしたら、『禁色』は成功作ではないですが、二十代後半の一番意気盛んな頃の力作であるのは間違いありませんから、確かにお奨めしたいところです。
ですが、三島の最初の長編小説としてお奨めするかとなると、ちょっとためらいます。

まず、『仮面の告白』をお読みになり、この主人公が小説家になると仮定すれば、どんな小説家になるのだろう、などという関心から『禁色』を読まれてみると面白いかもしれません。
ゲイの美青年が副主人公として登場してきますので、三島の背徳的な姿勢や反俗精神を認めたがる人もいますが、むしろ小説家がどんな動機で小説を書こうとするのかについて書かれている、一種の小説概説のような性格を隠し持っていると言った方がよいかもしれません。

その意味では、もし質問者さんがご自分の興味や関心を、小説の内容にとどまらず、小説を書く作者の内面世界にも向けたいとお考えならば、『禁色』をお読みになれば、目からウロコのような興奮を覚えること請け合いです。

Q三島由紀夫初心者におすすめの小説を教えてください

現在、三島由紀夫著『音楽』を読んでいるのですが、三島文学にしては文体がくだけていて、にも関わらず美しい文章でストーリーも面白く、大変ハマっています。
そこで、他にもこの『音楽』ように読みやすい三島由紀夫の小説がありましたら是非教えていただきたいのです。
ちなみに『潮騒』も読みやすかったですが、こちらはストーリー的に魅力を感じませんでした。
それとは逆に『禁色』『美徳のよろめき』は内容的には大変惹かれたのですが、私にとっては難解な文章でわかりづらかったです。
(次はとりあえず『金閣寺』に挑戦してみようと思っています)
三島文学初心者にもわかりやすい作品、よろしくお願いします。
(随筆や戯曲より、やはり小説がいいです)

Aベストアンサー

こんにちは、私も最近になって三島文学に目覚めた者です。

初心者にもわかりやすい作品とのことですが、角川文庫から出版されている『夏子の冒険』をお薦めいたします。
非常に読みやすくて面白い!三島作品とは思えない程の爽快感をおぼえる一冊です。恋愛あり冒険活劇ありギャグ?ありの格調高い文体で書かれたコメディといった感じ。主人公が本ッ当に<良い>性格をしています。まるで現代の若者向けのライトノベルを読んでいるような気がしました。

もし三島由紀夫は苦手~と思っている方でもこれはすらすら読める程の内容だと思います。個人的に大プッシュさせて頂きますので、よろしければ手にとって見てください。

Q太宰治の人間失格の感想を教えて頂きたいです。

太宰治の「人間失格」を今日初めて読みました。
恥ずかしながら外国人に勧められて読んだんですが、正直に言って1回だけではこの本の内容が解らず表面上しか読んでない気がします。
また読みたいと思いますが、読む前に皆さんの感想などを伺っておくと、また違った見方が出来ると思いますので質問させてもらいました。
人間失格を読んでどう感じましたか。そして出来ればどの部分がどのように感じたのか詳しく教えて頂けたらと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大人になってから読みました
深い感想というものはありませんが

過度の繊細さと自意識過剰の間で精神バランスが保てず
生き辛く感じている主人公のようなタイプって沢山いそうだなぁと思いました

私も似たタイプなので
面白かったですね


人気Q&Aランキング