もともと、本割り込みの三徳包丁(貝印、2000円)を持っていたのですが、こちらのサイトをみていたら、グローバルの包丁(ペティナイフ、ステンレス、5000円)が欲しくなり、購入してみました。

結果、そんなにびっくりするほど、切れ味がよいというわけではなく、本割り込みの三徳包丁と同じくらいの切れ味だったのですが、そんなものなのでしょうか?
しかも、グローバルのほうは、柄と歯の付け根の部分が細くて、そのあたりを握るようにもって使うと、手が痛いです。
ただ、グローバルのほうは、ちょっと引くようにして切ると、切れ味がいいのを感じましたが、押して人参などをザクザクきるときは、切れ味はふつうで、結構、力がいりました。

グローバルは結構お高かったので(^^ゞ、どんなところで違いを感じれるのか、皆様のご意見が聞きたいです。
グローバルのほうが、耐久性がいいのでしょうか?あまりとがなくてもいいのでしょうか。
両方を使用された経験のあるかた、使用感などを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

割り込みの包丁は中心部が鋼、それを両側からステンレスなどで挟み込んでいる物が殆どです。


切る部分が鋼なので切れ味はステンレスより良いはずです。

切れ味を追求するなら鋼の包丁をお薦めします。
ただし鋼はステンレスに比べて錆易い・軟らかいので刃が鈍りやすいという特徴があります。
お手入れが楽で、研ぐ回数を少なくしたい方にはステンレス製がお薦めですね。

また、ステンレス製の包丁はメーカー出荷時には研ぎが若干甘くなってる場合があります。
輸送時の破損回避など理由はメーカー毎に違うようですが・・・
もし気になるようであれば、一度メーカーに研ぎに出してみては如何でしょうか。
GLOBALなら1本1000円程度でエクストラシャープにしてくれると記憶してます。

普段のお手入れ方法としてですが・・・
(1)トマトを薄切りする時に滑るようになったら簡易シャープナーで数回研ぐ
(2)年に1~2回メーカーに研ぎに出す
これで切れ味をある程度キープしながら長く使えるかと思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

試しに、付属の簡易研ぎ器で研いでみました。
若干、切れ味がよくなりました。
出荷時が一番きれる状態だと思っていました。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/17 22:09

本割込みの方は真中に鋼が入っているのでステンレスより良く切れます。


高さ(峯~刃)が有るほうが野菜(特に根野菜)は切りやすいです、筋引きより牛刀と!
刃渡り(長さ)も有る程度あったほうが切り良いです。
ペティナイフで5千円なら結構良い物です、でもそれで野菜切るのは?
野菜の面取りかフルーツを切るぐらいにしておいては。
店に置いてあるのはあんまり刃は付けてないです、人それぜれ研ぎかたがあるので自分で刃をつけていきます。
値のはるのはそれはそれなりに良い物です、でも、使ったら使ったで
研がなくていけません:どんな材質でも一緒。 研いだら減ります、でも家庭なら5~10年かな?   
セラミックでも(ものすごく刃持ちが良いです)たまに研ぎます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そうですね。フルーツを切ったり、細かい作業をするときに使うようにしたいと思います。
切れ味は、自分で研いで出すのですね。研石でちゃんと研いでみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/17 22:14

どんな包丁でも使っているうちに


切れなくなります。それを研いだら
切れ味が戻ります。
つまり、上手に研げばどんな包丁でも
良く切れるんです。

ただ高級な包丁は切れ味が長持ちするんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、安い方は、ちょくちょく簡単研ぎ器で研いでいます。
ありがとうございます。

お礼日時:2006/03/17 22:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qまな板と包丁(研ぎ方)

普通のサイズのまな板を買おうと思うのですが、樹脂製の物は安物は材質が悪く、
熱湯をかけたときに、反ってしまって歪むと聞きました。
歪まない材質はどういうものか教えてください。
また、包丁の研ぎ方が分かりません。
下手に研ぐと余計切れなくなるそうですが、上手な研ぎ方というのは、普通は親に教わるものでしょうか?
(母親の研ぎ方に疑問を持っていて、誰に教わったらよいのか分かりません。
料理教室に行っていますが、フレンチがメインな為、和包丁の研ぎ方は習いません。)

Aベストアンサー

樹脂製の物は安物は材質が悪く、
熱湯をかけたときに、反ってしまって歪むと聞きました。
>ある程度の厚みがあるものならそんな心配は要らないと思いますよ
最近は硬質ゴムのまな板も多いですね
http://www.fukuji.net/manaita/index.htm 
家庭用ならかわいいものもたくさん・・・楽しそう(^o^)/
http://item.rakuten.co.jp/zakkashop/kk60228-01/
熱湯って本当に熱いのを掛けなくてもシンクにお湯溜めて漂白剤少し入れればその方が綺麗になるし衛生的にも良いような気が・・・
ぐらぐらの熱湯をかけるのは漂白剤などの匂いが付いてしまったり染込んでしまう木のまな板の場合だけでそれでも余り高すぎる温度はどうかと思いますけど・・・・

また、包丁の研ぎ方が分かりません
>以前答えたものがあるのでこれで
http://okwave.jp/qa2180752.html
http://okwave.jp/qa2204525.html

下手に研ぐと余計切れなくなるそうですが、上手な研ぎ方というのは、普通は親に教わるものでしょうか?
>ご紹介の回答でも言っているように刃物を研ぐのは結構難しいので親御さんのせいではないと思いますよ(^_^)v
昔のように農家が大半だった場合は刃物も沢山有ったでしょうけど・・
でもその頃も村に鍛冶屋があって研いでくれたりしていたと思いますよ。
という事で普段はシャープンナーで十分だと思います。
下手に研ぐより切れるし そして年に1度くらい砥ぎ屋に出せば十分でしょ(^_-)-☆

樹脂製の物は安物は材質が悪く、
熱湯をかけたときに、反ってしまって歪むと聞きました。
>ある程度の厚みがあるものならそんな心配は要らないと思いますよ
最近は硬質ゴムのまな板も多いですね
http://www.fukuji.net/manaita/index.htm 
家庭用ならかわいいものもたくさん・・・楽しそう(^o^)/
http://item.rakuten.co.jp/zakkashop/kk60228-01/
熱湯って本当に熱いのを掛けなくてもシンクにお湯溜めて漂白剤少し入れればその方が綺麗になるし衛生的にも良いような気が・・・
ぐらぐらの熱湯をかける...続きを読む

Q切れ味抜群の100均包丁と高級包丁の違いは何?

いつも100均包丁を使っています。
たまに電動砥石で砥いでいますが、それで十分切れ味が戻ります。
高級な包丁もあるのですが切れ味の違いがよくわりません。

高級な包丁を使いこなすほどの腕前じゃないと言われればそのままです。
高級な包丁は孫子の代まで使えるそうですが、今のところ孫子がどうのなんて話はありません。

質問
切れ味抜群の100均包丁と高級包丁の違いは何でしょうか。
どうすれば普段作るありきたりの家庭料理でその違いを実感できますか。

Aベストアンサー

Q. 切れ味抜群の100均包丁と高級包丁の違いは何でしょうか。

A. 鋼の材質と使いやすいデザイン。鋼の材質の違いで切れ味が長持ちします。プロは長時間使用しますから、切れ味が長持ちすることと、疲れないよう使いやすいデザインを重視します。

Q. どうすれば普段作るありきたりの家庭料理でその違いを実感できますか。

A. たぶん家庭料理では違いを実感できないとおもいます。

Q包丁の研ぎ方

最近包丁の切れが悪くなりました。
包丁の研ぎ方知っている方教えて下さい。
便利な機械式もありますが、砥石を使って研ぎたいです。
祖父が使っていた砥石が2つあります。
ちょっち粗めと仕上げ用だと思います。
昔祖父が研いでいたのを私の記憶で再現してもうまくいきません。
祖父も他界してしまい聞く事もできません。
100円ショップで包丁が売られているのでそれを買ってもいいのですが、私の祖父への勝手な思いで砥石を使ってみたいと思ったのです。
難しい事、簡単に習得できる技術でないこともわかっています。
でも挑戦したいのです。
結果的に自己流になってもかまわないので、祖父の砥石を使いたいです。
包丁の持ち方や研ぎ方、ちょっとしたコツ、教えてください。

Aベストアンサー

簡易式のゴリゴリするやつで安いものでしたが
刃がボロボロになりだめになり、今では砥石で
研いでいます。

一番大事なのは砥石の表面が平らであることです、
数回使うと中央部が凹んできます、これではどん
なプロでも研げません。

砥石を使われていたということは専用の工具があ
りませんか?表面がかなりザラザラしたヤスリ状
の道具です。

なければ800番の耐水ペーパーでもOKです、
テーブル等平らなところに耐水ペーパーを敷きま
す。カスが出るので新聞を敷きます、1枚では破
れてテーブルに傷が付くため朝刊1部がいいでしょう。

乾いた砥石が状態で全体を擦るように動かします
カスが大量にでますがもったいないと思わないで
下さい、一様に擦ったあとが付けば平らになって
います。

研ぎ方は種類によって違うため一概にはいえません
練習しかありません、とはいっても数回でだんだん
コツは掴めてくると思います。
でどんどん練習しましょう、どうしてもダメなら
プロに直してもらって刃の角度を研究するのもい
いと思います。

参考URL:http://www.kiya-hamono.co.jp/hamono/mainte/index.html

簡易式のゴリゴリするやつで安いものでしたが
刃がボロボロになりだめになり、今では砥石で
研いでいます。

一番大事なのは砥石の表面が平らであることです、
数回使うと中央部が凹んできます、これではどん
なプロでも研げません。

砥石を使われていたということは専用の工具があ
りませんか?表面がかなりザラザラしたヤスリ状
の道具です。

なければ800番の耐水ペーパーでもOKです、
テーブル等平らなところに耐水ペーパーを敷きま
す。カスが出るので新聞を敷きます、1枚では破
れて...続きを読む

Qステンレス包丁と鋼の包丁はどう違うのでしょうか

20代の男です。一人暮らしに先立ち、食器をそろえています。
どうせならいい包丁が欲しいのですが、ステンレスのものと鋼のものではどう使い分けるのか知りません。
私が知っているのは「家庭ではステンレスで職人さんや料理屋では鋼」程度のことです。

ステンレスの包丁と鋼の包丁ではどう違うのでしょうか? 鋼は素人には必要ないのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして、包丁と研ぐことが好きな者です

錆びにくくするためのクロムを一定量以上含有しているものを
ステンレスと呼びます。錆びにくいというメリットがある一方で
鋼よりも切れ味が劣ると言われています
ただ、ステンレスと言っても、その種類は多くプロの使用に
耐えるものから、包丁の形をしているだけのものまであります
から、プロでもステンレスの愛用者は多いですよ。
一方、家庭でも鋼の包丁を使っている人も沢山いますよ

ステンレスは、切れ味には劣るが手入れが楽。鋼は、切れ味に
優れるが手入れを怠ると錆びるというのが一般的な考え方です
但し、どちらも研がなければ切れ味は落ちるのは同じですね
鋼は研ぎやすく、ステンレスやセミステンレス(ハイス鋼等)
包丁は、種類によって研ぎづらいものもありますので、その
ような場合は研磨力に優れるセラミック製の砥石をお試し下さい
お勧めは、シャプトンです

これから買うのであれば三徳もしくは牛刀を一つとペティナイフ
を一つ、違った素材(ステン、ハイス、青紙など)からを選んで
みては、どうでしょうか?
私もお勧めのサイトを載せておきます
http://item.rakuten.co.jp/honmamon-r/c/0000000269/

はじめまして、包丁と研ぐことが好きな者です

錆びにくくするためのクロムを一定量以上含有しているものを
ステンレスと呼びます。錆びにくいというメリットがある一方で
鋼よりも切れ味が劣ると言われています
ただ、ステンレスと言っても、その種類は多くプロの使用に
耐えるものから、包丁の形をしているだけのものまであります
から、プロでもステンレスの愛用者は多いですよ。
一方、家庭でも鋼の包丁を使っている人も沢山いますよ

ステンレスは、切れ味には劣るが手入れが楽。鋼は、切れ味に
...続きを読む

Qパン切り包丁の研ぎ方について教えていただけますか?

パン切り包丁が切れなくなってきました。研ごうと思うのですが、包丁の刃が波を打っているので、普通の包丁のように研ぐことが出来ません。
パン切り包丁は、使い捨てで切れなくなったら買い換えなければいけないものなのでしょうか?
包丁を研いでもう一度切れ味のある包丁にしたいです。
誰か、研ぎ方を知っている方、いらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

片刃なら波のとがった部分を潰さないように裏側だけを研げば良いのではないかと思います。高価なものは刃物屋さんに頼んだほうが良いでしょう。

自分で研げなくもないようですが…
  ↓
参考URL

参考URL:http://store.yahoo.co.jp/angers/1111-11745.html

Q鋼、または、本割り込みの包丁の手入れはどのようにされていますか?

鋼、または、本割り込みの包丁を使用されている方、教えてください。

使った後、包丁は、毎回、水分をふいたりとか、されているのでしょうか?
また、保管は、包丁さしにいれると錆びると思うのですが、どのように、されているのでしょうか?

また、私は、先日、安いものですが、本割り込み包丁を購入し、使用しているのですが、鋼の包丁は、もっとすごい切れ味なのでしょうか?
また、錆びやすさも、本割り込みより、錆びやすいのでしょうか?

今、本割込み包丁を使っているのですが、特に、水分をふかなくても、毎日使用しているので、すこしは、錆びがつくときがありますが、水をよくきってつるしておく程度で、拭かなくても、大丈夫です。
鋼の包丁の扱いは、これでは、だめでしょうか?
もし、本割り込み程度の扱いでさびないのであれば、購入しても、使いこなすことができるのかと思い、ご質問いたしました。

ご経験談などございましたら、教えてください。

Aベストアンサー

割込みと鋼の両方を使用しています。合金のものも。

>使った後、包丁は、毎回、水分をふいたりとか、されているのでしょうか?

はい、水分を拭き取りキッチンの包丁さしに入れています。

>鋼の包丁は、もっとすごい切れ味なのでしょうか?
また、錆びやすさも、本割り込みより、錆びやすいのでしょうか?

包丁の切れ味は、研ぎたては材質による変わりはあまり感じられません。
良いものは切れ味が長持ちします。(悪いものは直ぐに切れなくなります)
よって、切れ味は研ぎや刃の付け方(刃先の角度)で変わります。

錆びやすさは、本割り込みの場合は刃の部分のみの先端の僅かな部分となりますが、全体鋼の包丁ですとその部分が広くなるだけです。(同一材質の場合)

本割り込み包丁と鋼の包丁と同一材質とは分かりませんので比較は難しいです。

キチンと研いで使うなら本割り込みや鋼の包丁は良いと思いますが、錆び方の多少で選ぶならやめましょう。
当方では最低でも一ヶ月に一度は砥石で研いでいます。
切ったものに錆がつくなど、かなり酷い錆と思います。
当方では研ぎたての輝きが無くなり、多少色が黄ばむ程度ですよ。

特に鋼の包丁は、焼き入れという熱処理が施されています。
これは全体が均一ではなく、使用し研いで使い込んでいくうちに、具合のよい状態のところが出てきます。
(初めのうちは、焼きが強く刃が欠けやすい。)

名前は忘れましたが、ある料理研究家の文化包丁は刺身包丁より切れが良いと昔テレビで実験された放送を見たことがあります。これは包丁の材質もあるでしょうが、刃の角度をそれなりに鋭角に研いであることが要因でした。
自分で砥石で研げるなら鋼はお勧めですが、錆だけの問題ならやめた方が良いと思います。

割込みと鋼の両方を使用しています。合金のものも。

>使った後、包丁は、毎回、水分をふいたりとか、されているのでしょうか?

はい、水分を拭き取りキッチンの包丁さしに入れています。

>鋼の包丁は、もっとすごい切れ味なのでしょうか?
また、錆びやすさも、本割り込みより、錆びやすいのでしょうか?

包丁の切れ味は、研ぎたては材質による変わりはあまり感じられません。
良いものは切れ味が長持ちします。(悪いものは直ぐに切れなくなります)
よって、切れ味は研ぎや刃の付け方(刃先の角度)...続きを読む

Q包丁の研ぎ方について

私は調理師学校出身で、一般的な包丁の種類とその研ぎ方を習得してきました。

和包丁(片刃)の包丁は分厚い上に片面だけに角度がついているため『角度に沿って』研ぎやすい包丁

洋包丁(両刃)の包丁は薄く自分の好みで『角度をつけて』研ぎやすい包丁

であり、明らかに見た目で判断できるものだと認識していました。

しかし、とある小さい精肉店に手伝いに行ったことがきっかけで分からなくなってしまいました。
そこで使用されていた筋引包丁です。

見た目は完全に洋包丁なのに片刃に研いであったのです。

最初は単純にその精肉店の人が知らないだけだと思っていたのですが、
そこに手伝いにきていた別の大手チェーン店のベテランスタッフも同じ研ぎ方をしていたので
さすがに私が知らないだけなのかな?とも思えてきました。

そこで質問です。

見た目が洋包丁のように薄く(2、3mm程度)、『角度が大きくついていない』包丁なのに片刃包丁というものが『一般的に』あるのでしょうか?
調理師学校卒業後、その業界から離れておりますのであまり詳しくありません。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 より典型的なのは、骨スキ(メス)と呼ばれる解体に使用する包丁です。関東(東)は三角、関西(西・大阪)は丸型を使いますが、片刃に研ぎます。獣肉には丸、鶏肉には角と言う使い方もされます。

 通常の牛刀も、メーカーから出荷時に片刃に研がれているものが多いです。ミソノなども片刃に研がれているはずです。

 片刃に研ぐ理由は、
・出刃のように、角度があるほうを骨に当てて刃先が骨などに当たらないようにするため
  骨スキは、この目的です。
・切った材料が包丁にくっつかないようにするため
  野菜や肉をスライスする時に段差があるところで包丁から外れやすい
※いずれも左利きの人は逆に研ぎます。
 またぺティは逆に研ぎます。皮をむくときにそのほうが食い込みやすいからです。

>和包丁(片刃)の包丁は分厚い上に片面だけに角度がついているため『角度に沿って』研ぎやすい
 これは、目的ではありません。
 上記の洋庖丁を片刃に研ぐときの理由と同じです。家庭用の菜切や土佐物は割り込みですから中心に刃が来ますから両方から研ぎます。
 和包丁が研ぎやすいのは、刃金と地金が鍛接してあるからです。洋庖丁は基本は全鋼(まるはがね)だから研ぎにくい。
 日本人は、圧倒的に右利きが多いとか、素材のきり方が多彩であることなど複数の要因もあります。

 まあ、屠殺から精肉、販売までほとんど片刃に研ぐほうが多いです。便利ですから・・
 ブロックの肉を薄くスライスすると、その効果を実感できるでしょう。



 

 より典型的なのは、骨スキ(メス)と呼ばれる解体に使用する包丁です。関東(東)は三角、関西(西・大阪)は丸型を使いますが、片刃に研ぎます。獣肉には丸、鶏肉には角と言う使い方もされます。

 通常の牛刀も、メーカーから出荷時に片刃に研がれているものが多いです。ミソノなども片刃に研がれているはずです。

 片刃に研ぐ理由は、
・出刃のように、角度があるほうを骨に当てて刃先が骨などに当たらないようにするため
  骨スキは、この目的です。
・切った材料が包丁にくっつかないようにするため
  野...続きを読む

Qセラミック包丁とステンレス包丁について

今の包丁の切れ味があまりにも悪いので、新しい包丁(三徳包丁)の検討をしています。
ある程度リーズナブルで良いなぁと思っている包丁の候補で、「京セラのセラミック包丁」と「ヘンケルスのミラノというシリーズ(少しリーズナブルなタイプ)の三徳包丁」で迷っています。
どちらの方がオススメでしょうか?良い点や悪い点も同時に教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

良い包丁は、硬度(切れ味)、粘り、耐錆性という相互に矛盾する性質(性能)を高いレベルで実現していますが、もちろん、そうなると今度は「リーズナブル」というわけにはいかなくなります。

ある程度「リーズナブル」な汎用品の中から選ぶとなると、結局、どういう性能を優先する代わりに、どういう性能を犠牲にするかについて、ある程度は割り切ることが必要となります。

で、「セラミック包丁」は焼き物ですから、「硬度」と「耐錆性」は優れているが、衝撃に弱く、刃が欠けやすいという欠点を持っています。
「ヘンケルスのミラノ」は標準的なステンレス包丁ですから、「粘り」と「耐錆性」は優れていても、「硬度」(切れ味)という点では期待できません。

そこで、もし、質問者さんかご主人に砥石で研いでみようかという意志が少しでもおありなら、商品に「本割り込み」とかと記されている包丁をお薦めいたします。
柔らかいステンレスの間に硬鋼をサンドイッチのように挟み込んだ包丁でして、刃先の5mm幅分だけは錆びますので、片付ける際には塩分や水分をぬぐい取ってやる必要があります。

切れ味、研ぎやすさ、「リーズナブル」な点となると、この「本割り込み」を上回る家庭用包丁はないと断言できます。
ちなみに、刃先がSK材(ヤスリなどの工具用鋼材)だと、980円(わが家の愛用品)から売られていますし、これでもどんなステンレス包丁より優れた切れ味を発揮します。
同じ構造の包丁でも、白紙鋼や青紙鋼などのより高級鋼材を使用すると、その分価格も跳ね上がりますが、価格差に見合う性能差はないとお考えいただいて構いません。

なお、セラミック包丁は研げませんので、少しでも刃が欠けた時点で、陶器と同じくゴミになってしまいます。
くれぐれも、刃先を硬い物に触れさせないようにご注意なさって下さい。

良い包丁は、硬度(切れ味)、粘り、耐錆性という相互に矛盾する性質(性能)を高いレベルで実現していますが、もちろん、そうなると今度は「リーズナブル」というわけにはいかなくなります。

ある程度「リーズナブル」な汎用品の中から選ぶとなると、結局、どういう性能を優先する代わりに、どういう性能を犠牲にするかについて、ある程度は割り切ることが必要となります。

で、「セラミック包丁」は焼き物ですから、「硬度」と「耐錆性」は優れているが、衝撃に弱く、刃が欠けやすいという欠点を持ってい...続きを読む

Q包丁の正しい研ぎ方

ふつうの片刃の三徳包丁を研いでみました。
表を角度を付けて研いで、裏刃が出たところで裏を角度を付けずに砥石にぴたりと付けて研ぎました。
その結果、切れ味は良くなったのですが、カボチャなどを切るとまっすぐに切れず、左へ曲がって切れ込んでしまいます。
正しい研ぎ方を教えてください。

Aベストアンサー

表を研いだ際に包丁と砥石の角度が一定ではなかったため、「まるっぱ」という状態になっているようです。

切刃(砥石に当てて研ぐ部分)に物差しを当ててみてください。刃先の部分に隙間が出来ていると思います。

切刃を平らに戻すには、300番から600番くらいの荒砥を使うかグラインダーを使います。
その後、1000番位の砥石で仕上げ研ぎをします。

まるっぱにならないようにするには、包丁を砥石に当てる角度を一定に保つことです。慣れない人には怖いでしょうが、左手の指で切刃の部分を裏からしっかりと押さえることです。

Qステンレス包丁とセラミック包丁の見分け方

ステンレス包丁とセラミック包丁の見分け方

いただきものの包丁を使っているのですが、ステンレスかセラミックか区別がつかないので、研いでよいものやら困っております。
包丁の刃全体は灰色っぽく金属のような光沢はないのですが、刃先の部分は金属のような光沢があります。
刃にも持ち手にも何も書いてありません。
どのように見分ければよいのでしょうか。

Aベストアンサー

表面がテフロン加工してあるステンレス庖丁です。
光沢のある部分だけ研ぐようにすればよいです。
テフロン処理は、庖丁が切れないと感じる側面の摩擦を低減するためのものです。
ただ、その手の庖丁によい材質の物はありませんので、研いでもすぐ切れなくはなります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報