昨年10月に信号待ちで後ろから追突されました。相手はその場から逃げましたが車のナンバーを控えていたので警察に捕まえてもらいました。(人身事故受付済み)私はむちうちになり整形外科と接骨院に通い(合計40日間)、相手が任意保険に加入しておらず自賠責保険だけ加入していたので、私は自分の車の保険に付いている人身傷害保険を請求しました。そして最近治療費・慰謝料その他を自分の加入している保険会社から一定の保険金を受け取りました。その後うちの保険会社では相手の自賠責保険に請求を起こすみたいです。保険金は受け取りましたが、私は相手が100%悪い追突事故で、しかもその場から逃げ謝罪の一つない誠意のない相手に納得できません。当然相手とは示談を交わしたわけでもありませんし、相手からの連絡はまったくありません。こんな場合、私は相手の慰謝料の請求を別保険とは別に請求することは可能でしょうか?また可能な場合どんな方法で請求したらよいでしょうか?内容証明ですか?小額裁判ですか?請求金額もそれほど大きくないので、法的手段で簡単な方法がありましたらおしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 まだ相手の加害者との「示談」が済んでいませんので、額は別として相手が応じてくれるのなら、示談書にその旨を記載すると良いと思います。



 が、相手の対応は別として、自賠責なり任意保険の範囲内での保険給付がされている場合、それ以上の請求は難しいのが実状でしょう。

 納得が出来ない場合は、示談書を締結せずに、裁判に訴える方法があります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q搭乗者傷害保険の後遺障害保険金支払いについて

自動車保険の搭乗者傷害保険に下記のような一文があります。

『事故のケガがもとで事故から180日以内に後遺障害が認められた場合に、その障害の程度によって保険金額の4~100%が支払われます。』

この「180日以内に後遺障害が認められた場合」というのがよくわかりません。
私は事故による骨折が原因で1年以上たってから後遺障害が認定されたのですが、この場合は認定された日が事故日から180日を越えているので搭乗者傷害保険から後遺障害保険金は支払われないということでしょうか?
それとも事故が原因であるのは明らかなので支払われるのでしょうか?

すでに事故から2年半が経過しており、後遺障害も認定され加害者側保険会社との示談は済んでおります。
自分の搭乗者傷害保険からも後遺障害保険金が支払われるかも、ということを知り合いに聞き質問した次第です。
休み明けに保険会社に確認すればいいのですが気になって仕方ありませんので、わかるかたいましたら回答お願い致します。

Aベストアンサー

この文章に拘る必要はありません。
後遺障害は事故後6か月経過しなければ申請しても一部を除き却下されます。
したがって請求できます。

Q交通事故、相手が自賠責のみ加入の場合の慰謝料

自転車で青信号を確認し横断歩道(自転車の方)を直進したところ、左からきた右折車が接触し、転倒、左足打撲しました。相手の方が右を確認してなかったと過失を認められてますが、任意保険に入られてませんでした。寒い日の現場検証で風邪までひき、しばらくは精神的ショックで車が異常に怖い状態があり、痛みも2ヶ月位はかなりありました。マメに病院に通っているので、少しずつよくなってはいますが・・ところで慰謝料は相手の方が任意保険に入られてない時はどれくらいでるのでしょう?今月で仕事の契約が切れるのですが、次の仕事につくと時間的に通院ができなくなるので来月からの仕事は見送りましたが・・。モチロンこの分の給料保証はないでしょうが、保険金があまり出なかったらすごく苦痛を受けただけ損な気がします。嘘ではなく本当に痛いのでキチンと治したいのですが、打撲で長く通ってもキチンと出るのでしょうか?なんだか怪しまれそうですごく心配です。(「打撲」で検索して頂くと私のもうひとつの質問が載ってます)。私は異常に治りが悪いんでしょうが、打撲でも治りが悪い人がいるのです。お礼のお返事遅くなりますゴメンナサイ。よろしくお願いします。

自転車で青信号を確認し横断歩道(自転車の方)を直進したところ、左からきた右折車が接触し、転倒、左足打撲しました。相手の方が右を確認してなかったと過失を認められてますが、任意保険に入られてませんでした。寒い日の現場検証で風邪までひき、しばらくは精神的ショックで車が異常に怖い状態があり、痛みも2ヶ月位はかなりありました。マメに病院に通っているので、少しずつよくなってはいますが・・ところで慰謝料は相手の方が任意保険に入られてない時はどれくらいでるのでしょう?今月で仕事の契約が切れ...続きを読む

Aベストアンサー

 仕事の契約を見送ったのが、交通事故のためであれば、保険から出ますので、保険会社のほうに強く、主張してください。慰謝料は自賠責保険だけのときは 1日4,100円で計算します。下の参考HPで計算してみてください。しかし、自賠責の限度額は120万円ですので、注意してください。
(自賠責)
http://www5.ocn.ne.jp/~hoken/jibai.htm

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/law2consocalj.html

Q搭乗者傷害保険及び家族傷害保険の後遺障害保険について

後遺障害14級の認定を受けたので自分の保険会社に保険金を請求しようと思うのですが、後遺障害保険の支払いの説明に「事故発生からその日を含めて180日以内に後遺障害が発生した場合、その程度に応じて1名保険金額の4%~100%・・・・」(両方の保険共に同様の説明書きがあります)今回、後遺障害14級が認められました。しかし、事故発生は、昨年4月、症状固定10月(治療期間6ヶ月:180日)後遺症認定今年の4月(1年経過)です。この場合の支払い説明の中の180日の文言が気になるのですが、どのように解釈したらよいのでしょうか?保険請求に問題あるでしょうか?

Aベストアンサー

搭乗者傷害保険や傷害保険では180日を超ええてもなお治療を要する場合には、180日が終了する前日の医師の診断に基づき、後遺障害の
程度を決定します。
従って、保険請求には問題はないはずです。
なお、いづれも医療保険金は180日が限度です。

Q自賠責保険しか入っていない人に追突され、むちうちに。治療費を払ってくれない誠意のみえない相手に困っています。

 9月23日に、家族の車の後部座席に乗って、ぐっすり寝ているところに追突されました。そのせいでムチウチになり今はシップをしてネックカラーをして痛み止めの薬も飲んでいます。
 加害者は自賠責保険しか入っていなく、しかたなくわたしが窓口で立替払いして病院に通院しています。もう3万くらいかかりました。
 再三、電話しても、払う気がないようで、自賠責保険のほうに被害者請求して仮渡金を請求してほしいというばかりで、押し切られて被害者請求することになってしまい、この先の治療費はどうなるのかすごい不安です。
 しかも相手が任意保険に入ってない上に車自体も本人名義ではない(実家名義)そうです。あんまりにも誠意が見えないので告訴したほうがいいのかとも考えてしまいます。
 確実に治療費をもらうためにはどうしたらいいでしょうか?今、精神的にもまいっているのでその分も上乗せして慰謝料をもらいたいのですが、できるでしょうか?これから相手にどう対応していけばいいでしょうか?

Aベストアンサー

人身傷害特約については、妹さんの車の保険についていれば無条件に使えます。
あなたやあなたの家族の車の保険に人身傷害特約がついている場合も搭乗中のみ担保でなければ使用することが可能です。
1度、保険会社に確認してみて下さい。

Q傷害保険の後遺障害保険金の受け取りについて

勤務先で私を被保険者として傷害保険をかけています。今回事故に遭い治癒後、後遺傷害の補償で保険金が会社に給付されました。被保険者である私に保険金を受け取る権利はないのでしょうか?

Aベストアンサー

>被保険者である私に保険金を受け取る権利はないのでしょうか?

権利と言う、単純な質問での回答なら、権利はあります。


>勤務先で私を被保険者として傷害保険をかけています。

と、あなたが認識していることは、会社が契約者で、保険料負担者も会社であると言うことを前提に、入・通院保険金(日数払いまたは、部位・症状別払いのいずれにしても)は、被保険者であるあなたが受け取るのは当然です(あなたが、給与天引きで保険料負担しているならなおさらですが)。

一般的に、零細・小規模会社の場合、見舞金的趣旨に準ずる、福利厚生の一環として、労災の上乗せ的に傷害保険を掛けるケースがありますが、通常、被保険者名簿を添え、その内の代表者が、契約の同意書の署名押印します。

あなたの場合、どのような経緯で掛けられているか分かりませんが、今回の事故の際、入・通院保険金の保険金請求書は、あなたが署名・押印して受け取っていますか?そうであれば、後遺障害保険金も受け取れます。従って、労務管理者に詳細を聞くことは必要でしょう。

もし、入・通院保険金請求の際、署名・押印していない(死亡・後遺障害のみ担保、入・通院不担保と言うまれなケースを除いて)のであれば、いささか問題ですので、保険会社担当者に詳細を問い合わせされることをお勧めします。

なお、ここからが重要です。通常、傷害保険は、死亡保険金の受取人指定について、被保険者が、○○を受取人(例えば会社)とする同意と、署名・押印の規定がありますが、あなたの場合いかがですか?間違っても同意はしていませんよね。蛇足ながら、海外旅行などで、保険金殺人が散見されますのでご注意を。
同意していなければ、万一、死亡事故の場合は、親族に支払われることになっています。

>被保険者である私に保険金を受け取る権利はないのでしょうか?

権利と言う、単純な質問での回答なら、権利はあります。


>勤務先で私を被保険者として傷害保険をかけています。

と、あなたが認識していることは、会社が契約者で、保険料負担者も会社であると言うことを前提に、入・通院保険金(日数払いまたは、部位・症状別払いのいずれにしても)は、被保険者であるあなたが受け取るのは当然です(あなたが、給与天引きで保険料負担しているならなおさらですが)。

一般的に、零細・小規模会社の場合、...続きを読む

Q追突事故の相手が任意保険未加入車で困ってます

長文ですが宜しくお願いします。

先日、信号待ちで停車をしていたら後ろから追突されました。
加害側は、とても威圧的で謝罪もなく警察への連絡もせず・・・。私が通報。

私が負傷したので『人身事故』扱いになりました。
しかし、なかなか保険屋さんとも連絡しないので聞いてみると

●任意保険未加入●自己破産●無職 との返答が。。。。

今回は停車中に追突なので過失割合は10:0です。
が、私のケガは自分の自賠責で払うが車は「支払能力0」と主張してきました。

悩んだので色々な所に聞いてみました。

◎『警察』に行くと、「民事不介入」→私の車両保険で直すのが1番早いと言われました。

◎『交通事故相談』日弁連『都民の声』に電話相談→同上意見。+小額訴訟(1万負担)もあるが回収できるかは??と。

自分の車両保険を使えと勧めてきますが、免責分(5万)と3等級下がってしまいます。
今回こちらに何の落度もないのに、ケガをした上、支払いまでしなくてはいけない理不尽さに悔しくて悔しくて仕方ありません。

新車購入予定でしたので下取りの予定まで未定になってしまい・・・
最終的には車両保険を使うと今後の請求権は保険会社になるそうですが、
私に対する損害(免責分とか)はやはりもう賠償してもらえないんでしょうか?

こちらで同じ様なケースの任意保険未加入車の事故も多さに驚きました。
でも支払い能力がない、キチンと保険に入らない人の運転が許されるなんて・・・。

結局、警察も弁護士もココまでと言われ被害者なのに交通事故てこういうものなのでしょうか?
事故後から精神的にも家庭内も最悪です。

お力を貸していただきたいです。宜しくお願いします。
最後まで読んで頂いてありがとうございました。

長文ですが宜しくお願いします。

先日、信号待ちで停車をしていたら後ろから追突されました。
加害側は、とても威圧的で謝罪もなく警察への連絡もせず・・・。私が通報。

私が負傷したので『人身事故』扱いになりました。
しかし、なかなか保険屋さんとも連絡しないので聞いてみると

●任意保険未加入●自己破産●無職 との返答が。。。。

今回は停車中に追突なので過失割合は10:0です。
が、私のケガは自分の自賠責で払うが車は「支払能力0」と主張してきました。

悩んだので色々な所に聞いてみました。

◎...続きを読む

Aベストアンサー

看過できない誤答がありましたので、口をはさませていただきます。

交通事故の直接損害(車の修理費用や治療費、文書料など)は、加害者に対して損害賠償を求める権利(損害賠償請求権)が当然認められます。
しかし、間接損害(車の評価損や休業損害など)は相当因果関係がないと認められません。評価損でさえ、100%認められるわけではない中で、保険料の増額分が損害と認められる可能性はありません。

また、加害者に支払い能力がない場合、どんな有能な弁護士であっても賠償金を回収することは困難です。

もし、質問者様が自分の車両保険を使わず、加害者から賠償金(修理費用)を支払ってもらおうとすると、少額訴訟をして確定判決を得た後、強制執行(差し押さえ)の申し立てをすることになります。

少額訴訟に関しては、裁判費用は損害額10万円までごとに1000円の申し立て手数料と、郵券(郵便切手)が3~5000円(管轄の簡易裁判所によって総額と内訳が違うので必ず確認すること)必要です。
また、損害額の立証のため損害写真(可能であれば修理中の写真も添付)、修理内容の明細書等が必要ですから、実際に修理を行い、いったん修理費用を工場へ支払っておく方がよいでしょう。(修理工場が支払いを猶予してくれればよいのですが)

追突事故ですから、便乗修理がなければ加害者が反論しても質問者様の主張が通るでしょうが、確定判決を得たからといって加害者が支払ってくれるとは限りませんから、強制執行の申し立てが必要になります。
強制執行は、銀行預金(申し立てには加害者が預金している銀行名と支店名が必要)、給与(手取り額の1/4まで差し押さえができるが、勤務先が判明していないと不可能。転職すると再度強制執行手続きが必要)、動産(家財の一部は差し押さえ不可、高額な家財がなければ回収困難)、不動産(手数料が高額、競売後の回収となるので期間が長い、金融機関の担保となっていることが多い)に対して行えますが、自己破産・無職者が事実であれば効果は期待できないでしょう。

ですから、いくら有能な弁護士が法的手続きを進めても回収が困難だというのです。

>車両保険を使うと今後の請求権は保険会社になるそうですが、私に対する損害(免責分とか)はやはりもう賠償してもらえないんでしょうか?

車両保険を使用した場合、加害者に対する損害賠償請求権は保険会社へ移転しますが、それは車両保険金分だけですから、免責金額分は質問者様に留保され、かつ保険会社が賠償義務者(加害者)から回収した賠償金は優先的に免責分へ充当されることになります。
よって、もし保険会社が加害者からいくらか回収すれば、まず免責金額分に達するまでは質問者様へ支払われることになります。(回収できる可能性は低いでしょうが)

>被害者なのに交通事故てこういうものなのでしょうか?

お気の毒ですが、これが現実です。社会生活を営む上で様々なリスクがあり、それをヘッジするための保険等にはそれなりのコストもかかります。
自動車保険の契約の際には、車両保険の免責を0円にしたり、保険期間内に1回の事故であれば等級が下がらない特約もあります。それを選択されなかったのは、保険料とリスクとを天秤にかけた結果のはずなのですから、免責分と保険料の増額はしかたのないことです。

看過できない誤答がありましたので、口をはさませていただきます。

交通事故の直接損害(車の修理費用や治療費、文書料など)は、加害者に対して損害賠償を求める権利(損害賠償請求権)が当然認められます。
しかし、間接損害(車の評価損や休業損害など)は相当因果関係がないと認められません。評価損でさえ、100%認められるわけではない中で、保険料の増額分が損害と認められる可能性はありません。

また、加害者に支払い能力がない場合、どんな有能な弁護士であっても賠償金を回収することは困難です。

...続きを読む

Qファミリーバイク特約と搭乗者傷害保険に加入したい

初めて原動機付き自転車を買います。

保険は父が自動車保険に加入しているのでそこでファミリーバイク特約をつけてもらい、父に差額を支払うつもりです。

しかし私は成人しており、また父とも違う住所なのですが、ファミリーバイク特約をつけることが可能なのでしょうか?

また、ファミリーバイク特約は搭乗者障害保険がないと聞きました。搭乗者障害保険のみの保険サービスはあるでしょうか? あればファミリーバイク特約と別に
入ろうと思っています。

「ファミリーバイク特約+搭乗者障害保険」が「一人で入る任意保険(搭乗者障害保険も適用)」より高い、もしくは安くてもそれほどではない場合、煩雑なので一人で任意保険に入った方がいいかなと思っています。

どなたか教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

こん**は

 ファミリーバイク特約の場合、主契約者と同居と書かれていたはずです。

 ですので住所変更をされている場合は別途任意保険に入る必要があります。

 金額は年齢によって変わります加入する保険会社に聞いた方が良いと思われます

Q・追突の被害者です・加害者は自賠責のみ・示談・調停・慰謝料

1 04年12月21日 妻の運転する車が停止したところ追突され、妻はムチ打ち症に。10対0で相手に過失あり。(以下、妻に代わり夫の私が代弁し文章を書きます)
2 加害者(女性47才)は不注意で任意保険に入っていません。10対0のため間に保険屋が入っていません。
3 首の痛み、吐き気、頭痛が続き通院を始めました。MRIを撮ったところ「頚椎狭窄があり、事故が原因でこれからも痛みや頭痛が続くだろう」との診断でした。
4 事故発生半年後の05年7月 症状の改善がなく 後遺障害の申請しましたが非該当でした。65回通院分の54.6万円の慰謝料が支払われました。治療費の50万円も支払われました。
5 症状固定の05年7月から1年たちますが、いまだに痛みや頭痛が残っており 週2回程度の通院、1年累計で100回以上の通院を続けています。
6 3ヶ月前に無料法律相談所で調停制度をすすめられました。どの程度の請求が妥当か分かりません。
以下(1)-(3)に関してご意見をください。
(1) 示談は調停を考えています。調停を行う場合の請求額。通院治療費100回×400円(実費)=4万円+今後1年続くと仮定して+4万円。慰謝料100回(通院回数)×4200円(自賠責と同額)=42万円。合計50万円。請求額50万円は適正でしょうか。
(2) 自賠責で休業補償はされていません。パート労働ですが主婦でもあります。家事への負担が大きく主婦の休業補償が請求できるのではないかと考えています。症状固定までの6ヵ月とすると5700円×65回(通院回数)=370500円です。これは請求できるでしょうか。
(3) 車のキズの修理をまだしていません。見積もりが4万円でした。何度請求してもお金を持ってこないので修理していません。車が古いので修理せずに請求だけすることはできますか。
その他、お気づきのことがあればアドバイスをお願いします。

1 04年12月21日 妻の運転する車が停止したところ追突され、妻はムチ打ち症に。10対0で相手に過失あり。(以下、妻に代わり夫の私が代弁し文章を書きます)
2 加害者(女性47才)は不注意で任意保険に入っていません。10対0のため間に保険屋が入っていません。
3 首の痛み、吐き気、頭痛が続き通院を始めました。MRIを撮ったところ「頚椎狭窄があり、事故が原因でこれからも痛みや頭痛が続くだろう」との診断でした。
4 事故発生半年後の05年7月 症状の改善がなく 後遺障害の申請しましたが非該当でした。65回...続きを読む

Aベストアンサー

A1.金額の妥当性は別として、「症状固定」という判断が出た以降の治療費については、自己負担(健康保険適用であれば3割)が原則です。

A2.「 自賠責で休業補償はされていません。」とはどういったことでしょうか?既に120万円の枠を使いきったということなのでしょうか?まあ自賠責の枠がどうであれ、実際の収入に減少があるなどの損害があれば「休業損害」の請求は権利です。主婦+パートのようですが、職業が「家事従事者」の場合、1日あたり5700円という評価になります。この数字とパート収入を比較して…ということになります。ただし「家事従事者」の場合、全ての家事ができなかったという場合が5700円の評価になるので、通院等で一部でも家事をこなしていれば、その分は認められません。入院なら兎も角通院であれば実際の通院日数分が認められることは考えにくいですね。

A3.物の損害賠償に関しては時価が限度になっています。その4万円が時価を超えていなければ、そのまま請求して問題はないでしょう。また請求できるのは損害を受けたからであって、修理をしたから…というものではありません。別に修理することが義務付けられているわけではありません。

>無料法律相談所で調停制度をすすめられました。
 とはいえ、なかなか一般人の知識やノウハウのみで処理することは難しいでしょう。調停もいいですが、その後の実際の金銭回収までを含めて考えておくべきです。質問文からの印象では、調停がうまく運んだとしても実際に金銭が取れるかどうかは微妙ですね。

参考URL:http://www.jcstad.or.jp/

A1.金額の妥当性は別として、「症状固定」という判断が出た以降の治療費については、自己負担(健康保険適用であれば3割)が原則です。

A2.「 自賠責で休業補償はされていません。」とはどういったことでしょうか?既に120万円の枠を使いきったということなのでしょうか?まあ自賠責の枠がどうであれ、実際の収入に減少があるなどの損害があれば「休業損害」の請求は権利です。主婦+パートのようですが、職業が「家事従事者」の場合、1日あたり5700円という評価になります。この数字とパート収...続きを読む

Q自動車保険の傷害保険金の受け取りについて

勤務先(宅配業)で私を被保険者として自動車保険に2社加入しています。(保険料は会社負担です)事故に遭い、自署捺印して保険金の請求をしましたが、支払ってもらった金額は治療費の実費約4万円だけです。保険金の請求は通院日額のものと、後遺障害の2社分の4件です。1社は支払明細が私にも送付され、通院分が63,000円、後遺障害保険金が1,950,000円です。もう1社は明細が送られず受取金額は不明です。受取人を会社にするというような書類は提出していません。私が保険金を受け取ることはできないのでしょうか?また、後遺障害保険の受け取りについて、労働災害保険の後遺障害保険を受け取っていることで、受け取れないということはあるのでしょうか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 自動車保険は、1台の車で2つの保険に加入することはできません。損害保険業界で情報交換していますので必ずエラーチエックが掛かります。
 次に自動車保険の場合、傷害保険部分(人身傷害補償や搭乗者傷害保険金)に関しまして、保険金受取人を指定することは出来なくなっています。
よって、勤務先に保険会社が支払うことはあり得ません。
その保険会社はまだ支払い手続きを済ませていないのではないでしょうか?
 もし、その保険会社が勤務先に支払ったと回答した場合にはどうすれば良いのでしょうか?
正規に受け取るべき人ではない人に保険会社が支払ったとしても、正規に受け取るべき人には何の責任もありません。その保険会社に請求すれば良いのです。
保険会社が二重に支払うことになるからといって拒否することは出来ません。
 保険料を支払った「契約者」が保険金の請求権者ではないのです。
傷害保険部分は、ケガをした本人のみが請求権者なのです。
(本人が死亡した場合などは、その相続権者が請求権者となります。)
 ちなみに自動車保険ではない「傷害保険」では、保険金受取人の指定ができます。
が、契約する時点で被保険者(対象者)本人の了承するという自署が必要です。
 労災からの補償が出ているのでカットされているように思われていますが、労災で認定される後遺障害の等級を損害保険は参考にはしていると思いますが、支払金額に関しては何の関係もありません。
労災からいくらいくら、自動車保険からいくらいくらというように別口で支払われます。
 いずれにしてもその保険会社に連絡を入れて納得のいく説明を受けられるべきだと思います。

 自動車保険は、1台の車で2つの保険に加入することはできません。損害保険業界で情報交換していますので必ずエラーチエックが掛かります。
 次に自動車保険の場合、傷害保険部分(人身傷害補償や搭乗者傷害保険金)に関しまして、保険金受取人を指定することは出来なくなっています。
よって、勤務先に保険会社が支払うことはあり得ません。
その保険会社はまだ支払い手続きを済ませていないのではないでしょうか?
 もし、その保険会社が勤務先に支払ったと回答した場合にはどうすれば良いのでしょうか?
正...続きを読む

Q事故での相手方任意保険への治療費と慰謝料請求

加害者が加入している任意保険へ、ひと月分の治療費の領収書をまとめて送り、
後日、口座へ入金してもらう形をとる事にして、先日治癒という事で話がまとまりました。

保険会社の担当は、最初に相談した時に、慰謝料という事も口にしていたのですが、
その事は卑しいような気がして、こちらからはまだ口にしていません。
一般的に、慰謝料は治療が治癒扱いや症状固定や障害認定になって、
保険会社が医療機関から取る診断書で、治療期間が終了した時に初めてでるものなのでしょうか?
それとも、ひと月分の治療費の領収書を送ったときに、治療費+慰謝料として分割で入金になるものですか?
一ヶ月にかかった治療費よりも1万以上多かったような気がしたので、
ひと月に5度も通院したのにそれが慰謝料のつもりだったら、納得いきません。

示談については、治療が終わった時に、話し合いをするものと思っています。
慰謝料と示談金はまた別なものなのでしょうか?

骨挫傷での通院(一ヶ月間で通院実日数6日)では、本来どれくらいの慰謝料が入るのでしょうか。

保険会社の人に負けないように、知恵をつけてから望みたいと思います。
それとも示談金はどのように話し合いをつけたらいいかお知恵を貸していただけたらと思っています。
電話でどう話したらいいか迷っています。
効果的な言い方はなにかありますか?

治癒を告げてからは慰謝料の事や示談の事を口にしているわけでもない保険会社の担当の、
都合のいいように話が進んでいるような気がして、納得いきません。
治療費のみの金額だけ口座に振り込みになって、そのまま終わってしまうのでしょうか。

とても不安です。

加害者が加入している任意保険へ、ひと月分の治療費の領収書をまとめて送り、
後日、口座へ入金してもらう形をとる事にして、先日治癒という事で話がまとまりました。

保険会社の担当は、最初に相談した時に、慰謝料という事も口にしていたのですが、
その事は卑しいような気がして、こちらからはまだ口にしていません。
一般的に、慰謝料は治療が治癒扱いや症状固定や障害認定になって、
保険会社が医療機関から取る診断書で、治療期間が終了した時に初めてでるものなのでしょうか?
それとも、ひと月分の治療費...続きを読む

Aベストアンサー

No.4です。

>(5)について。
>治癒か症状固定によって、入ってくる保険金の名目は示談金か
>慰謝料と、別になるものでしょうか。

いえ、示談金という曖昧な記載をする保険会社は無いと思います。
治療費xx
慰謝料xx
交通費xx
というように、明朗会計です。
ごまかしている場合、開示を要求すれば従うと思います。
すでに例を挙げ、これらの計算をしています。

ご自分が、受け取れる損害金は、簡単に計算できると思いますが。
もし、納得できないなら、保険会社と調整するしかなく、
保険会社と折り合わない場合は、争うしかありません。(被害者がADRか裁判を行う)

>加害者が自賠責保険に加入していない現在、私が人に保険会社へ被害者請求として
>処理をすすめているという認識でいいのでしょうか?
>自分の事なのですが加害者請求と被害者請求、どちらで話が進んでいるのかよくわかりません。

事故証明があるなら、その証明書に加害者の自賠責保険会社名や保険契約番号が載っています。
相手が、自賠責に入っていなかったら道路交通法違反で、任意保険も使えません。
(加害者の著しい過失)
今回、保険会社が絡んでいるということは、相手が自賠責に入っていない可能性は無いと思います。

いずれにしても、何がどう問題なのか、全然わかりません。
治療費2万円として、治療費+慰謝料は
約7万~15万程度の話です。
この慰謝料と治療費以外受け取るのは、困難だと思います。

私は通院日数が大幅に少ないので、思いっきり減額され
8万程度がmaxではないかと読んでいます。
この金額に納得できない場合、ADRか裁判を起こすべきでしょう。
何をやっても、リスクしか換算できませんが。

No.4です。

>(5)について。
>治癒か症状固定によって、入ってくる保険金の名目は示談金か
>慰謝料と、別になるものでしょうか。

いえ、示談金という曖昧な記載をする保険会社は無いと思います。
治療費xx
慰謝料xx
交通費xx
というように、明朗会計です。
ごまかしている場合、開示を要求すれば従うと思います。
すでに例を挙げ、これらの計算をしています。

ご自分が、受け取れる損害金は、簡単に計算できると思いますが。
もし、納得できないなら、保険会社と調整するしかなく、
保険会社と折り合わ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報