人名で見たのですが「上」の下に「日」の字はなんと読みますか?
何かの略字か異字体でしょうか。漢和辞典がないのでお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)



これは「旨」の俗字体です。
人名ならば読みは「ムネ」「ヨシ」などでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ~なるほど!そういわれればそんな形ですものね。
俗字体でしたか。
これではっきりしてすっきりしました。
素早い回答ありがとうございました!

お礼日時:2002/01/22 19:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの下にある字体の事をなんというのでしょうか? 教えて下さい!

この下にある字体の事をなんというのでしょうか?
教えて下さい!

Aベストアンサー

Fraktur

Q漢和辞典に載っていないのですが教えてください。

私の持っている漢和辞典には載っていないのですが、あめかんむり(雨)に龍(又は竜)と書いた漢字はどう読むのでしょうか。’高○’(マルは質問のわからない漢字)と書いて’たかお’と読むらしいのですが、どなたか漢字に詳しい方、ほかの読み方とこの漢字の意味合いを教えていただきたいのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本書紀の中に出てくるお話しですね。
参考URLに出ています。

参考URL:http://www.ffortune.net/spirit/zinzya/kami/okami.htm

Q『々』この字、一文字の時はなんと読みますか?

佐々木、奈々子、人々・・・などの『々』を一文字での読み方がありますか?教えてください。

Aベストアンサー

「おなじ」で入力した方がほうが「どう」よりも変換ではすぐでてきます。

Q漢和辞典のこと

カテゴリーで少し迷いましたが・・・。
「新修漢和大字典」(好文館蔵版)という漢和辞典があります。著者:小柳司気太 発行者:博友社 です。
この辞典、昭和7年初版発行 昭和24年第150版発行となっています(高校時代に買ったものです)。
17年で、150版。ということは、1年に約10版ということになります。こんなことってあるのでしょうか?
今頃気が付いたのですが・・・。何かご存知の方、何でも結構です。ご返事ください。

Aベストアンサー

憶測でしかありませんが、

現在の「版」は通常改訂の回数を表しております。
しかし、その辞典については「増刷」の回数を表している(現在の「第○○刷」に相当)可能性があると思います。

確か私もそのような本を見たことがあります。ただし、そのころは増刷回数を第○○版と表記するのが一般的であったかどうかはわかりません。

Q漢和辞典の部首の順番って??

はじめまして

小3のこどもと 小学生用の漢字字典で遊んでいました。
いろいろと 質問されても まぁ大人の余裕で大丈夫でしたが、こどもが
「部首索引では 部首の画数の少ない順に並んでいるけれども 同じ画数の部首の順番はどうなっているの??」と聞いてきました。
「確かに あいうえお順じゃ無いし・・。でも 漢字は中国の文字だから中国の順番なんじゃない??」って いい加減に答えたんですが 自分でも納得が行きません。
(小学生向けの辞典の巻頭にも 「部首の順番は中国の伝統的な順番で」と書いてありました)

そこで、図書館に行き 大漢和辞典の最初のところをみたら「康熙字典による」とありました。(康煕字典で何故その順番なのかは書かれていません)この「康熙字典」が「中国の伝統的な」ものなのでしょうが 康煕字典の解説本(できれば 非専門化向け)を ご紹介ねがいます。
他の本でも 部首索引の配列について解説されているものがあれば ご紹介願います。

そうすれば こどもにきちんと説明できるかなぁと思っております。

漢字博士のような方々は 私の近辺にはいなくて・・・。私もわからないし。
よろしくお願い致します。

はじめまして

小3のこどもと 小学生用の漢字字典で遊んでいました。
いろいろと 質問されても まぁ大人の余裕で大丈夫でしたが、こどもが
「部首索引では 部首の画数の少ない順に並んでいるけれども 同じ画数の部首の順番はどうなっているの??」と聞いてきました。
「確かに あいうえお順じゃ無いし・・。でも 漢字は中国の文字だから中国の順番なんじゃない??」って いい加減に答えたんですが 自分でも納得が行きません。
(小学生向けの辞典の巻頭にも 「部首の順番は中国の伝統的な順番で」と書い...続きを読む

Aベストアンサー

部首索引の配列?云々の話については分らない点が多いと思いますが、日本では必要以上に[康煕字典]が買い被られていたという

面白い意見を述べられている、斯界の第一人者「江守賢治」氏の解説字体辞典を読むと目から鱗の落ちる思いがします。


解説字体辞典(普及版)江守賢治著・3000円・三省堂・・・http://www.sanseido-publ.co.jp/publ/f_kaiji.html

日本の漢和辞典は殆んど例外なく、康煕字典(こうきじてん)を模範として作られていて同書で[正字]とされている字体が正字とされ
それ以外の字体は俗字とされています・・・しかしこの正俗の基準は本当に正しいのでしょうか?

   『この本の冒頭に多数掲げられた写真版を見ていると、普段は疑問に思わなかった康煕字典への信頼が揺らいでくる筈です。
   古来使われてきた漢字の字体が、この字典には故意に載せられていないのですから???
   本書は、漢字についての「常識」をくつがえし、文化というものの重厚さを教えてくれる、またとない名著です。
   書道を学ぶ人たちだけでなく、私たち漢文を学ぼうとする者にも必読の書であります。』

~と言うことで漢字自体に対する興味がおありなら、一読する価値のある興味深い本です。


その他、書き順関連の著作には・・・[楷行草筆順・字体字典 江守賢治=編・三省堂・2000円]

部首索引の配列?云々の話については分らない点が多いと思いますが、日本では必要以上に[康煕字典]が買い被られていたという

面白い意見を述べられている、斯界の第一人者「江守賢治」氏の解説字体辞典を読むと目から鱗の落ちる思いがします。


解説字体辞典(普及版)江守賢治著・3000円・三省堂・・・http://www.sanseido-publ.co.jp/publ/f_kaiji.html

日本の漢和辞典は殆んど例外なく、康煕字典(こうきじてん)を模範として作られていて同書で[正字]とされている字体が正字とされ
それ以外の字体...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報