ある商品に 心理学者オススメと書きたいのですが、
この場合の心理学者とは
心理学の博士号を持っている人(現在別の仕事をしていても)をいうのですか?
現在 心理学部の教授?
自分で名乗っているだけで、学歴と関係ない

できれば費用を安く心理学の知識を持っているひとに
協力をいただきたいのですが・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「心理学者」は、「心理学の研究者」というのが一般的じゃないでしょうか?自称心理学研究者も成り立たないではありませんが、それだけでは普通は信用に足りません。

そこで心理学を専門に研究されている大学の教授や「臨床心理士」という資格などの肩書きが最低限必要ではないでしょうか。あと著書があるというのも信用を得る一つの肩書きかと思われます。

また、その商品にもよるのですが、臨床系、社会系、認知科学系、発達系、教育系など心理学にも様々な系統があって、たとえば認知系の心理学では臨床心理学は扱いません。また、これは直接心理学ではありませんが精神医学など医療系という方向もありますよね。

いずれにしても、本屋さんやインターネットなどでもう少し心理学、心理学者についてお調べになった方がいいんじゃないでしょうか?

この回答への補足

早速有り難うございます。
分野はダイエット関連です。
臨床系、社会系、認知科学系、発達系、教育系
どれになるのでしょうか?

補足日時:2002/01/23 11:07
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教師免許を持っている学校の先生って心理学も学んでいるんですか? 先生が「こっちも少しは心理学の勉強し

教師免許を持っている学校の先生って心理学も学んでいるんですか?
先生が「こっちも少しは心理学の勉強したから」とおっしゃっていたので気になって。
誰か分かる方は教えてください!

Aベストアンサー

教員免許を取るために必要な科目のうちに、「幼児、児童及び生徒の心身の発達及び学習の過程」という分類があり、これに該当する大学での科目名として「教育心理学」等のものがあります。これを履修しないと、教員免許が取れません。
教育心理学の科目を履修したことで、「少しは心理学の勉強」をした、と言うのは、嘘ではないですね。まあ、せいぜい2~6単位(2単位=1回90分の講義×15回分)の範囲でしょうが。
さらに、免許に必要な必修科目以外にも、大学の教養科目あるいは専門科目で(自分の専攻課程の必修とは別に)心理学関係の授業を選択した、ということもできますよ。

Q心理学部を卒業したらどういう就職先があるんでしょうか? 現在心理学部の1回生なんですが、将来は医療福

心理学部を卒業したらどういう就職先があるんでしょうか?
現在心理学部の1回生なんですが、将来は医療福祉の仕事に着いて、心理学をいかしたいです。

Aベストアンサー

大学院へ進学して、臨床心理士の資格を取得するのであれば、病院で心理職に就く道もあるかと思いますが、難関かつ求人数も少ないです。

学部卒であれば、児童相談所などの公務員を目指す人も多いですが、こちらも狭き門ですので、最近は民間企業へ就く人のほうが多いようです

Q心理学の権威を過去現在国内外問わず御教授下さい。

心理学の権威を過去現在国内外問わず御教授下さい。

Aベストアンサー

「権威」という呼称にはいささか違和感を感じますが,
心理学を語るうえで必ず知っておかねばならない独創的な業績を残し,
心理学を越えて他分野にも大きな影響を与えてきた研究者を
4人ほど挙げておきます。
経歴や業績が紹介されているサイトのURLも載せておきますので,
参考にしてください。

■L.S.ヴィゴツキー
 旧ソヴィエト連邦の心理学者。
 短い生涯の中で発達研究を中心に膨大な業績を残した。
 Lev Vygotsky Archive
 http://www.marxists.org/archive/vygotsky/
 
■J.ピアジェ
 スイスの心理学者,認識論研究者。
 発達心理学と科学史を両輪とする発生的認識論の提唱者。
 Jean Piaget Society
 http://www.piaget.org/

■B.F.スキナー
 アメリカ合衆国の心理学者。
 徹底的行動主義に立つ学習研究者で,行動分析の創始者。
 B.F.Skinner Foundation
 http://www.bfskinner.org/BFSkinner/Home.html

■J.J.ギブソン
 アメリカ合衆国の心理学者。
 ゲシュタルト心理学の理念を受け継いだ知覚研究者で,
 アフォーダンス理論の提唱者。
 James Gibson's Purple Perils
 http://www.trincoll.edu/depts/ecopsyc/perils/

「権威」という呼称にはいささか違和感を感じますが,
心理学を語るうえで必ず知っておかねばならない独創的な業績を残し,
心理学を越えて他分野にも大きな影響を与えてきた研究者を
4人ほど挙げておきます。
経歴や業績が紹介されているサイトのURLも載せておきますので,
参考にしてください。

■L.S.ヴィゴツキー
 旧ソヴィエト連邦の心理学者。
 短い生涯の中で発達研究を中心に膨大な業績を残した。
 Lev Vygotsky Archive
 http://www.marxists.org/archive/vygotsky/
 
■J.ピアジェ
 スイスの心...続きを読む

Q言語心理学・文章心理学・創作心理学の最近の研究はありますか

最近、言語心理学の本を読みました。(言語心理学入門 芳賀純著 有斐閣双書)この本は、1988年に初版されていますが、関係する本で、現在本屋に並んでいるものはありません。
そこで、この分野の最近の研究はどのような状況なのでしょうか?その他、興味があるものは、文章心理学、創作心理学(以上波多野完治氏著あり)というものです。こちらも、その後の研究というものはどのように発展しているのでしょうか?私は、心理学にはまったく門外漢で、単なる興味だけなのですが、お分かりの方いらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

昔、大学で心理学を専攻していた者です。
言語心理学やおっしゃっているような系列の心理学の分野は、認知心理学や心理学から離れて言語学の分野に行っているような感じです。
途中記号論が流行ったときにも、これらの心理学と混交して、また派生すると言う繰り返しで、心理学の一分野として一定数の研究者を擁していると言うところまで行ってません。
もし、もう少し進められるのでしたら、心理学の専門書のコーナーで「心理学の基礎知識」のような本に現在の心理学(心理学界)の状況が著されていますので、そこから当たられるのも良いかと思います。
また、専門的ですが、ノーム・チョムスキーという有名な言語学者がいますので、そこからアプローチされるのも面白いと思います。

Q臨床心理学を知識として学ぶことの意義と限界

臨床心理学は、心という身近なものについて学ぶものですよね?
知識を得ることにより学ぶ人のこころに何らかの影響を与えると思います。
広いテーマですが、意義と限界について皆様のアドバイスをもらえたら嬉しいです。

Aベストアンサー

> 臨床心理学は、心という身近なものについて学ぶものですよね?

少し違います、心理学は心の理論を学ぶものですが、
臨床心理学とは、臨床の場(心の問題で苦しむ人を手助けする)に活かす為の心理学です、

臨床心理学の意義は、様々な心理学理論や技法を使い、
 心の問題で苦しむ人達の手助けをすることにあります。
 特に、鬱のような症状では、時間をかけてのカウンセリングが上手く行くと
 完治が期待出来ます、逆に薬を使った治療では対処療法の為に完治がありません。

限界や問題点は…

1)心という目に見えないものを扱う為に、
  未熟なカウンセラーや(自称)達人カウンセラーなどが、跋扈すること、

2)主に、心療内科の分野ですが、即効性や利便性を求めるため
  薬に頼り過ぎ、心理的なケアがおろそかになった結果、薬漬けになる。
  逆に言えば、(カウンセリングなど臨床心理学は)即効性に欠けるということでしょうか。

3)主に検査的な分野(交流分析のエゴグラムの質問やコラージュなど)を受ける時に
  理論的な背景を知ってしまった為、嘘(作った自分や理想の自分)を書き込み、
  それに、気づかない(気づきたくない)自分がいる。
  ※人は己自身を一番だましていることに気づかない。

4)他人の心を解ったつもりになる。(何様~!?)
  ※理論は理論、心はダイナミックな動態なので、理論で人(個人)の心はワカラナイ!

5)境界例や人格障害などの治療は非常に困難(心理学の限界?)

まだ、あるかもしれませんが、取りあえずこんなところで…

> 臨床心理学は、心という身近なものについて学ぶものですよね?

少し違います、心理学は心の理論を学ぶものですが、
臨床心理学とは、臨床の場(心の問題で苦しむ人を手助けする)に活かす為の心理学です、

臨床心理学の意義は、様々な心理学理論や技法を使い、
 心の問題で苦しむ人達の手助けをすることにあります。
 特に、鬱のような症状では、時間をかけてのカウンセリングが上手く行くと
 完治が期待出来ます、逆に薬を使った治療では対処療法の為に完治がありません。

限界や問題点は…

1...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報