言葉を発して交流する生き物って、人間以外に何かいますか?
クジラもそうでしょうか・・・?

必要な時だけに鳴き声や叫び声で意思を通じさせる生物ではなくて、
日常で何か会話して生活している生き物です。

アバウトですみません(^^;
よろしくおねがいします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

クジラ(イルカもシャチも同じ仲間ですネ)の言語というのは非常に発達しており,人間の数十倍~数百倍の内容を持つものだと聞き及んでおります。

わずか1秒の鳴き声(言語)の中に人間の数百語分の内容が含まれているということだそうですネ。
霊長類たちはよく会話しているように見えます。
鳥たちもそうですネ。
これらの動物は危険を知らせる鳴き声といった特徴的なものだけが解明されていますが,他の鳴き声については意味を調べる手段がありませんからネ。
個人的には,人間だけが言葉を持っている,人間だけが笑える,人間だけが云々‥という考えには否定的です。
遺伝子レベルで考えても,ショウジョウバエとヒトの遺伝子のDNAの塩基対の数は,さほど大きく変わりませんし,ゾウはヒトよりもDNAの塩基対の数は多いのですからネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか!
クジラの、私から見たらただ鳴いているだけ?と思うような鳴き声の中に
そんなに多くの意味を持った言葉が含まれているなんて!!
ちっとも知りませんでした。驚きました!
それにそうですよね、動物たちは危険を知らせる以外に発している声以外に
鳴いていることの方が多いときもありますもんね。
それはやはり会話かもしれませんよね!
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/01 14:12

前何かの本で読んだのですが,ペンギンは仲間がけんかをし始めると,野次馬のように周りに集まり,興奮するそうです,そしてけんかが終わると何もなかったかのようにもといたところに戻るそうです。

とても人間臭くて笑ってしまいますが,こんな動物ならば,日常で会話しているようなきがします。
回答になってなくてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に人間っぽいですね!
megusamaさんの考えを教えてくださってとても嬉しいです。
ありがとうがざいました!

お礼日時:2002/02/01 14:05

クジラがそうならば、イルカやベルーガも言葉?を交わしていたことになると思います。

水族館の人がその様に言っていた記憶があります。あれは言葉なんですかねぇ?私達人間には音にしか聞こえませんが。会話なのでしょうか・・。難しいですね。
一意見なので参考にならないと思います。すみません。

こんなの発見しました。
http://www.minakan.org/quiz/q_hajime2/ans_7c.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

084さんのご紹介のサイト拝見しました。
イルカと会話できるかもしれないなんてすごいです!
調教師さんなんかわざわざ手で合図しなくてもすむようになるんですかね?
ありがとうございました!

お礼日時:2002/01/23 14:55

原則的に言葉を人間の概念として捉えた場合は、人間だけの特徴と言えるものですが、昨今の研究によると、植物や他の哺乳類等も人間の言葉とは違う概念で会話的な交流を持っているのではないかと言われています。


悲しい事ですが、家畜として育てられた牛や豚は人間が解体場に連れて行く際等、総て解っていて、残された牛や豚も極度に感情の起伏が見られると言った事が報告されていました。
言葉とは、人間同士でも通じない様なアバウトな存在であり概念さえもはっきりと定義されていないものです。
人間の言葉以外のコミュニケーション手段については私達が気付かないだけで実際には存在しているのかもしれません。
他にも、木を選定する際に電極をテスターとして貼り付けて実験した結果実際に選定されている木から離れた木まで順次同様の信号が伝わり、構成する細胞が傷を受けた際に分泌する樹液の様な物を順次分泌したと言う報告があります。
同様に、Aの木に害虫が付着するととなりのBの木は害虫に対抗するための毒素を精製する事が確認された種類の樹木もあります。
話が少々それましたが、言葉と言う人間だけに該当する概念で考えた場合は、人間だけしか存在しないものだと思います。
解らない所では、総ての生物に言葉と言う概念はあるのかも知れません。
そう考えると結構ロマンがあるような気がします。
それでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

生物ってみんな何らかの形で交流しているんでしょうね。
h-seriaさんのアドバイスを読んでそう思いました。

家畜のお話、とても考えさせられます。
人間に育てられている植物はその人間のことがちゃんと判断ができて反応するそうです。
そんなことができるのだったら、植物同士で会話だってできてもおかしくないよなぁ・・・。

どうもありがとうございました!!

お礼日時:2002/01/23 13:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q色盲の生き物と、色が分かる生き物

犬猫をはじめ、動体視力は良いけれど、近視で色盲とされている哺乳類は結構多いです。
人間は非常に色々な色を判別できますが、これは何故でしょうか?

カラフルな生き物の多くは、繁殖に関わることもあり、色の識別が出来る種が多いようです。
色に好みまである鳥類だけでなく、魚類でも色を識別できると考えられているようです。

人間はカラフルな生き物ではなく、皮膚は透明で、基本的に地味な肌色毛色をしていますが、
地球上の一生物として、どういう必要があって色が分かるのでしょうか?

Aベストアンサー

ほ乳類の先祖は恐竜たちとともに中生代を生き抜く中、夜に活動する能力を獲得しました。外温性のは虫類が夜間は体温が下がってしまい、活動できないのに対し、体毛の獲得や効率的な呼吸システムの確立により内温性を獲得して、夜間でも体温を維持できるようになったのです。目に関しては、網膜の視細胞として、暗所で明暗を見分ける桿体細胞を発達させ、網膜の裏に輝板(反射板です)という組織を発達させ、少ない光を有効活用できるようになりました(だからネコだけでなく、ほとんどのほ乳類は夜に光を当てると目が光ります)。

錘体細胞はロドプシンという感度の高い光受容物質をもちますが、色を識別できる錘体細胞は弱い光に対して感度が低いのです。また、輝板があると、瞳孔から入ってきた光と輝板で反射した光の両方が網膜を通過するため、像はぼやけた物になります(暗視カメラの像を想像してください。色がなく、像はぼやけるけど、弱い光を増幅して、とにかく「見る」ことができるのです)。

昼間の世界では、たとえば植物と昆虫や鳥は、色による交信をしています。植物は、実が熟したら赤や黄色や黒に色を変え、教える代わりに、果実を食べたあとの種を運んでもらいます。このように色には様々な有用な情報がありますが、ほ乳類は嗅覚や聴覚を発達させることでこれをおぎない、夜間での活動に生活をシフトさせたのです。

夜の世界を脱して昼の世界に戻ってきた人類は、体温維持のための体毛を捨て、クリアな像をみるために輝板も捨てました。そして、錘体細胞にとんだ網膜をもつことでカラフルな世界に戻ってきたのです。

ほ乳類の先祖は恐竜たちとともに中生代を生き抜く中、夜に活動する能力を獲得しました。外温性のは虫類が夜間は体温が下がってしまい、活動できないのに対し、体毛の獲得や効率的な呼吸システムの確立により内温性を獲得して、夜間でも体温を維持できるようになったのです。目に関しては、網膜の視細胞として、暗所で明暗を見分ける桿体細胞を発達させ、網膜の裏に輝板(反射板です)という組織を発達させ、少ない光を有効活用できるようになりました(だからネコだけでなく、ほとんどのほ乳類は夜に光を当てると...続きを読む

Q古生物学?生物地理学? 

「trans-Arctic interchange」って何??昔に起きたことらしいっていうことしか分かりません。直訳しても…誰か助けて。 

Aベストアンサー

300万年ほど前(鮮新世)に北太平洋の寒冷水域に生息していた生物が大量に大西洋側に流入したことのようです。古生物学的に非常に意味があるようですね。下のサイトを参考にしました。

参考URL:http://www.nfb.org/bm/bm88/brlm8801.htm

Q真核生物vs原核生物3(基本的な内容)

前回は複製について質問したのですが、今回は分配過程についての質問です。
真核生物ですと、S期にDNA複製されて、M期の前期(姉妹染色体の凝縮、中心体の移動)前中期(核膜の消失、動原体への紡錘糸の付着)中期(姉妹染色体が赤道面に並ぶ)後期(対になった染色分体が娘染色体になりそれぞれの紡錘体極側へ移動)終期(娘染色体がそれぞれの紡錘体極へ到着)の後、細胞質分裂と続くのはわかるのですが、原核生物がうまく説明できません。
DNAの複製の後、細胞分裂ですよね?真核生物と違って複雑ではないという説明で大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

原核生物の場合、細胞が分裂する前にすでに次の複製が始まっています。細胞分裂のときは、次の複製が途中まで進行したのゲノムDNAが娘細胞に入ります。

大腸菌では、ゲノムを一回り複製するのに約1時間かかります。したがって、全く複製の起こっていない菌が最初の複製を始めて分裂するのは約一時間後です。ところが、このとき、平均3回の複製が途中まで進行しているので、二回目以降の分裂は、約20分おきに起こります。

Qクジラの進化

個人的な興味なんですが。
クジラのようにすでに敵がいないような動物はこの先どのように進化すると考えられているのでしょうか?
そういった研究についてご存知の方、あるいはそういった関係のHPがありましたら教えていただきたく思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 進化って、生き易くするためのものかと思ってましたが
 う~ん、ちょっと違います。

 いろんな特徴を持って生まれた個体のなかから、たまたまより「生きやすい」and「子孫を残しやすい」性質を持ったものが生き残って、次の世代にその特徴を伝えていくことができた。そういうことがなんども積み重なって進化が起きたんであって、生き物が自分から「○○のために」と目的を持って進化しているわけではありません。
 つまり、クジラが大きいのは、「生きやすくするために体を大きくした」んじゃなくて、「体が大きい個体がより生き残りやすかったんで大きくなった」ということなんです。(「あんまし変わんないじゃ~ん」と思うかもしれませんが、実は大切な違いなんです)

 もう一つ。より「生きやすい」and「子孫を残しやすい」性質といった場合、問題になるのは、天敵との関係だけではないです(なお、クジラも子どものうちはさまざまな生物に襲われますんで、天敵がいないというわけではないように思います。病原菌や寄生虫との関係もありますし)。
 生活する環境、食物(食べられる側も進化します)、同じ食物を食べるライバル達(同種の仲間達も含まれます)、さらに子孫を残すためには、配偶者に選ばれやすい魅力や子育ての方法など、たくさんの要素が複雑にからみあってます。ですから、クジラも今後、何らかの形で進化はしていくでしょう。

 ただ、クジラの場合は、成熟するまでの期間が長く、また一度に生まれる子どもの数も少ないですから、進化のスピードも他の生物に比べて圧倒的に遅いでしょう。今後の環境の変化のスピードについていけずに、絶滅する可能性も非常に高いんじゃあないでしょうか。

 最後に、今後の進化ということですが、クジラに限らず、ある生物の進化の方向性を予測するというのは、難しいんじゃないでしょうか?なぜなら自然環境も、その中で生活している生きもの達も、つねに変化してますから、「昨日まではこのやり方で生き残っていけた」ということが、今日からはもう通用しないということが常にあるからです(人間社会と同じですよね)。

> 進化って、生き易くするためのものかと思ってましたが
 う~ん、ちょっと違います。

 いろんな特徴を持って生まれた個体のなかから、たまたまより「生きやすい」and「子孫を残しやすい」性質を持ったものが生き残って、次の世代にその特徴を伝えていくことができた。そういうことがなんども積み重なって進化が起きたんであって、生き物が自分から「○○のために」と目的を持って進化しているわけではありません。
 つまり、クジラが大きいのは、「生きやすくするために体を大きくした」んじゃなくて、「体...続きを読む

Qクジラの自然死

クジラは寿命を全うして自然死(?)する場合は、溺死するんですか、それとも飢死するんですか?

あとクジラはくしゃみをしますか?
水中でくしゃみしたら危険に思いますが、水を吸い込むなど危険はないのでしょうか?

Aベストアンサー

水生哺乳類は水中では呼吸しませんから溺死はありません。全て窒息死です。溺死は水中でも呼吸をしようとする陸上哺乳類の特徴です。近代捕鯨では苦しませずに殺す方法をとっているようですが,餓死を含めてそれ以外のクジラの直接的死因は全て窒息死です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報