【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

今、私の住まいの南側に中高層のマンションが建設中なのですが、最近、建設業者の説明会で日影図と日影時間図をもらいました。
私の住居は近隣商業地域にあるので、日影規制は敷地境界線から5mと10mの測定線の間は5時間以上、10m超の地点では3時間以上の日影が規制されています。
でも日影図を見ると、測定線10mの内側3センチのところに2時間59分22秒という地点があります。普通は誤差も考えて5分程の余裕が無ければ建築確認の審査には通らないことが多いと思うのですが・・どの日影計算ソフト(今回はLabsを使用)を使っても計算上の誤差は無いのでしょうか?また、完成時に施工の誤差などで万が一、違反建築物になる可能性はないのでしょか?
今回、私の住まいへの日影の影響がかなり大きいので、日影図の内容にどうも納得いかない心境です。
教えて頂けると助かります。どうぞ宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちわ



最近は建築確認申請のありかたそのものへの疑問が世論として
増えて来ましたのでこれはおおいに関心あるところですよね。

日影図の描きかたそのものの原理から考えると、
描画する間隔(時間)を狭くするほど高精度な日影図になる
高精度な日影図にするほど、建てようとするビルの高さは高くできる
…という傾向にあります。
日影図は冬至の日だけに限定された太陽光線の投影図ですので、
原理的にソフトによる計算結果の違いはない前提になります
(もし違いがあればソフトの製造欠陥といえます)
しかし、上記の理由で、昔電卓ぐらいしかなかった時代に手描き
日影図だった頃は精度が粗くて必要以上に縮こまった建物になり
がちでしたが、パソコンが普及して高精度な作図があたりまえに
なるとギリギリまで迫った設計ができることになってしまいます。

>完成時に施工の誤差などで万が一、違反建築物になる可能性はないのでしょか?

これについては#1の方のご回答どおりに施工の誤差があって当
たり前ですので、センチやミリ単位でずれることは当然にあるの
ですが、巨大なビルで建物の高さを実測できない場合は正確なこ
とがわからないままで終わってしまうケースが多いのではないか
と思います。

設計者が気付いていた場合には、地盤面の高さを盛り土である
程度変更調節できてしまいますので、センチ単位での誤差はそう
いった調節でクリアされてしまうこともあります。
これが悪質行為なのかというと、建物という品物自体に厳密な
精度が期待できない性質のものであることと、設計デザイン上で
の「計画」として地盤面を盛ったり削ったりすることが許されて
いるのであまり目くじらをたてられない所があります。
この地盤面の特性を(先住民にとっては悪用)建築主にとっては
有効利用して、わざとがけの傾斜地にマンションを建てることが
流行したこともありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お手数をおかけしました。おかげさまでだいぶ疑問が解消されました♪
お察しの通り、建築確認申請そのものに対しての心配や、他にも日影図の制作年月日が建築確認が済んだ日よりも後に作られたものだったこと等色々ありまして、疑念にかられておりました。
詳しく教えて頂けて本当に助かりました。ありがとうございます。

お礼日時:2006/03/18 14:29

建物の高さは数センチ高くなります。


タイルの高さが5cm。階ごとに1cmのコーキングの寸法を確保しますので、階の高さが5cmの倍数であれば、階の高さ+1cmは高くなります。
10階なら10cm高くなるでしょう。

建物の配置も、図面どおりには建たないと思います。
数センチはずれると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂き有難うございます!建築について知らないことばかりで困っていました。
建設中のマンションは10階建てです。やはり施工時の誤差ってあるのですね~。
他の住民の方で同じ疑問を持っている人がたくさんいるようなので、教えてあげようと思います。
教えて頂き本当にありがとうございました!

お礼日時:2006/03/18 14:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日影図の見方

私は最近はじめて日影図というものを見たのですが、よく分からなくて困っております。

日影図に記載されている「建物の高さ」について・・

(1)日影図の図面に、建築物各部分の高さが記入されているのですが、これは平均地盤面からの高さなのでしょうか?それとも、設計GLからの高さでしょうか?
(2)建築確認申請用の日影図には、平均地盤面からの高さを記入しなくてはいけない決まりはありますか?

(3)例えば設計GLと平均地盤面の高さに10センチの差があるとしたら、設計GLからの高さが30.15mの建物だと、平均地盤面からの高さは30.25mになるということでしょうか?

以上の3点を教えて頂けると大変助かります。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは
(1)について
基本的には平均地盤からの高さを示すのだと思います。が、私は日影図を作るソフトに建物を入力する際に設計GLからの高さを入れて影を投影する面の高さを調整するので”図中建物高さは設計GLからを示し
設計GL=平均GL+10cmよって投影面高さ=-10cm”のように表記します。
(2)
審査機関等がチェックする際に困るので何の注釈も無ければ平均GLからの高さを記入します。決まりかというと分かりません。
(3)
おっしゃる通りです。しかし、確認申請などの建物高さは平均地盤よりの高さを書かなくてはいけません。
追記
ひとつ注意点ですが、日影図作成の際の平均地盤とは敷地内のすべての新築建物の平均値で、基準法上の建物高さや隣地斜線算定の際の平均地盤は敷地の高低差3m以内ごとに切り分けた建物単体の平均です。

Q確認申請  小数点 四捨五入?

ちょっと、おしえてください。
今、申請書を書いています。
今時、考えられない急ぎの申請です。
まだ、余裕をもつという事を知らない人々がいるのです(笑)。

私は、ずっと、面積関係、ケンペイ率、容積率等の
小数点は切り捨てとしていました。

43.999ならば43.99と。

最近、申請もエクセルで打ち込むと数値が出るものが
あり、四捨五入しているのです。

今、もしかして、小数点第3位は、四捨五入?
ですか?

Aベストアンサー

そうですね、余裕をみて切り捨てたり、切り上げたりしても、申請は通りますから、
質問に対するダイレクトな答えとしては「四捨五入以外でもOKです」となるかと思います。

以下、余分な話をさせていただきますと↓

注意点は、切り捨て、切り上げ、四捨五入などの複数の「数値の丸め方」が、
一つの申請書類の中で混在しないことですね。これが一番だめなんです。

それと、建築って工学じゃないですか、その工学は四捨五入が原則なんですね。
だからその工学の分野の教育を受けた場合、それが理由(癖)で四捨五入する人は多いかもしれません。

お勧めは、四捨五入で統一です。申請以外でも問題が起こることはないと思います。
また、手法を統一することで、不本意なミスを避ける効果があるかもしれませんね。

Qガレージ・自動車車庫の内装制限

お願いします。
ガレージや自動車車庫は規模に関係なく内装制限を受けると思うのですが、よくガレージ用シャッターなどのカタログを見ると、木造で天井は梁や野地板が現しになっているのを見ます。

天井現しは可能なのでしょうか??
それともガレージは自動車車庫扱いされないような事ができるのでしょうか??

Aベストアンサー

No.3さんの回答が少し・・・と思うことがあったので書き込ませていただきます。

>内装の制限を受けないのは、無指定(市街化調整区域)ぐらいなので、注意です。

日本全国で内装の制限を受けます。

>車庫扱いされない車庫とは、
倉庫、物置をいつの間にか転用するとか。

それを行っている方が多いのは否定しませんが、違法です。
用途変更の申請を行い、当然、法適合状態とすることが求められます。

>イナバやヨドの車庫を作っちゃえば?内装制限なんて関係しなくなっちゃいますよ。

当然、建物ですので、確認申請や内装制限が求められます。

建築基準法はザル法と言われていますが、法施工以前の既存建築物の存在と罰則が甘いためだと思います。建築基準法は建物を建てる上で最低限の基準を定めたものですので、ザルとか言わずに法令順守しましょう。


人気Q&Aランキング