私は交通事故の被害者です。相手は自賠責保険しか加入していません。よって私は自分で加入している人身傷害保険から治療費・慰謝料その他を受け取りました。しかし、加害者とは示談はしていませんので、後日保険では不足と思われる慰謝料を上乗せで加害者に請求しようと思っています。そこで、この場合相手に請求額を書いた示談書を送るのでしょうか?それとも内容証明郵便で請求するのでしょうか?それともいきなり少額裁判を起こすのでしょうか?示談書の書式と請求の順番をおしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 示談書とは、お互いの合意で決定した事項を和解契約として文書に盛り込むことですから、こちらが請求することは示談ではありません。

ご質問に列挙されている手段を取る前に、まず加害者とよく話し合うことが先決です。話し合いもせずに訴訟を提起してもこちらが不利になる可能性があります。

 まず取るべき手段としては、相手と話し合って示談により賠償問題を済ませることです。当事者同士で話し合って解決することが最善でしょうが、もめた場合は弁護士等の第三者の意見を仰ぐのも良いと思います。相手の態度に誠意が感じられず、示談で事が解決しそうにない場合に、初めて内容証明や支払督促、訴訟等の強硬な方法を取ります。

 示談書に記載すべきことは事件により異なりますが、最低限記載すべきことは、契約日時、当事者の署名・押印、賠償の項目と賠償額、今後の相互の債権債務の不存在の確認、後遺症の場合の別途請求可能性あたりでしょうか。こちらの被害がある程度確定してから作成される方が賢明です。

 

参考URL:http://www.ops.dti.ne.jp/~n-nomi3/nedan/jikotoba …
    • good
    • 0

相手の種類(?)にもよりますが


信用の出来そうに無いタイプであると判断されたら
公正証書を組んだほうがあとあと面倒がありません。

「払います」と言うことだけは簡単に言えることですが
実際支払い段階になってバックレるケースはかなりあります。

相手と交渉する段階としても
この時が一番良いと思われます

ワタシ 民事訴訟を過去に起こした事があります。
弁護士抜きで一人でがんばりましたが(もちろん勝訴です)
けっこう大変でした(仕事に穴をあけなくてはいけないなど)
そういう大変さを回避できる法的効力がこの公正証書には
あります。
具体的な支払方法を明記し 不履行の場合即
次のステップに移行できます。
つまりこの時点で勝訴の判決をもらったに等しいのです。

公正証書については直接公正役場に聞くのが一番早く
わかりやすいです。
    • good
    • 0

大変でしたね。


示談書についてですが、決まった書式と言うものは存在しません。
以下のようなサイトがありますので丸ごとコピーして該当文書を作成してみては如何でしょか。
それぞれの書式が異なりますので、ご自身のケースにあった書式を選択されると良いと思います。
それと、立会人は用意しておいた方が無難ですし、作成した書面を無料法律相談(役所関係が行っている弁護士に無料で相談できる制度)で見てもらうと良いかもしれません。
示談書は後遺症等においても言及しておく必要がありますので、外傷等に関する記載以外にも細心の注意を払って今後の事を見据えた形で記載する事をお奨め致します。
http://www.ngy.3web.ne.jp/~akineko/ME/GOLF4/data …
http://www2f.biglobe.ne.jp/~k-m/workroom/jidansy …
http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/form/jidan …
http://www.asahi-net.or.jp/~ZI3H-KWRZ/law2jidan. …
これらのサイトには示談の進め方や様々な問題点の解決方法等も記載されています。
早く解決すると良いですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【暴行】加害者が慰謝料請求示談に応じません。

■経緯
4月上旬の早朝、繁華街で友人と食事していた。
食事を終え店から出た瞬間、前方から顔を、殴る・蹴る等の暴行を受けた。
警察に連行し治療費を支払うよう一筆書かせました(住所等も)。
被害届は出してません。

■その他
我々が店で騒いでいたという相手の言い分ですが、我々はさほど
騒いでいたわけではありません。
また、殴られた後、私もカッとなり一発殴り返してしまいました。

■現在
私は出張等で忙しく対応が遅れがちだったが、
とりあえず今までかかった治療費(1万程度)を
レシートを同封して請求しましたが、2週間経っても振込みがなし。
給料日が6/10であるから待ってくれと言われ、本日時点で振込なし。

私は、示談で済ませてあげようと思いましたが、この加害者の
誠意の無さに腹が立ち、徹底的に法で裁きたいと思います。

方法を教えてください。お願いします!
ただ、相手には弁護士の知り合いがいるらしく、少々不安です。
また、今回は友人も一緒であったため裁判等になれば証人として
呼び出しをされたりしますか?友人はそういう場に出したくないのですが。

■経緯
4月上旬の早朝、繁華街で友人と食事していた。
食事を終え店から出た瞬間、前方から顔を、殴る・蹴る等の暴行を受けた。
警察に連行し治療費を支払うよう一筆書かせました(住所等も)。
被害届は出してません。

■その他
我々が店で騒いでいたという相手の言い分ですが、我々はさほど
騒いでいたわけではありません。
また、殴られた後、私もカッとなり一発殴り返してしまいました。

■現在
私は出張等で忙しく対応が遅れがちだったが、
とりあえず今までかかった治療費(1万程度)を
レシートを...続きを読む

Aベストアンサー

理解に苦しむご主張ですね。
最近わけのわからないクレーマーーがあちこちで問題となっていますが、あなたも似たようなものですね。

> また、殴られた後、私もカッとなり一発殴り返してしまいました。
傷害罪の自己申告ご苦労様です。

(傷害)
刑法第204条 人の身体を傷害した者は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

たしかに正当防衛と言うのがあります。
(正当防衛)
刑法第36条 急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ず
にした行為は、罰しない。
2 防衛の程度を超えた行為は、情状により、その刑を減軽し、又は免除することができる。

相手が殴りかかってきたのを払おうとしたら手が当たって相手が怪我をしたという程度なら
まぁ正当防衛といるでしょう。
殴りかかってきたので、とび蹴り食らわしたというのはやりすぎですので、正当防衛という
理由ではあるものの、減刑しつつ処罰の対象になります。
しかし、あなたは「私もカッとなり一発殴り返した」と言っているわけですから、自身の
防衛目的ではなく、相手に怪我を負わせることを目的とした列記とした傷害罪です。

相手の怪我についてはあなたに賠償義務がある犯罪行為です。
あなた自身犯罪を犯していながら、そのことを棚上げして慰謝料払えだとか、相手が不誠
実だとか一体どれほど自分勝手な事を言うのでしょうか。
殴り返してしまった以上、もうどっちも悪いんです。
喧嘩両成敗というはこの事です。
だからお互い被害届けだしてあってお互いをお互いを前科者にしても誰も何のトクもありません。
ですので、よほど重篤な怪我でもない限りこういう喧嘩は警察は示談で解決させます。

> 徹底的に法で裁きたいと思います。
じゃーあなたも相手を殴った行為について刑務所ぶち込まれて臭いメシを食いたいという
(実際はけっこう美味いと聞きますが)自己申告ですね。

> 今回は友人も一緒であったため裁判等になれば証人として呼び出しをされたりしますか?
ほぼ確実に呼ばれるでしょう。

> 友人はそういう場に出したくないのですが。
あなたが告訴して刑事裁判となり、その友人が出頭を拒否したら・・・

刑事訴訟法第百五十条 召喚を受けた証人が正当な理由がなく出頭しないときは、決定で、
十万円以下の過料に処し、かつ、出頭しないために生じた費用の賠償を命ずることができる。

今度はともだちに罰金払わせますか?

> 我々はさほど騒いでいたわけではありません。
暴走族も同じ事言いますね。
たしか騒音おばさんも。
少なくてもあなたは無言で飲食していたといっているわけではなく、さほどとはいえ、騒い
でいた事は認めているわけですよね。
ではどの程度が受忍限度かって言うのは人それぞれです。
結局周りの人に迷惑かけて怒り心頭にした原因を作っていたわけですよ。
だからといって殴って良いわけないんですが、あなたも完全に被害者とは言えるか疑問です。
まして殴り返しているわけです。

法的に徹底的にやりたいのなら別にかまいませんが、あなたのやった傷害罪についても、当然
徹底的にやられますよ。

お互いもうかかわらず、金の件はお互い相殺というのがもっと現実的な解決だと思います。

理解に苦しむご主張ですね。
最近わけのわからないクレーマーーがあちこちで問題となっていますが、あなたも似たようなものですね。

> また、殴られた後、私もカッとなり一発殴り返してしまいました。
傷害罪の自己申告ご苦労様です。

(傷害)
刑法第204条 人の身体を傷害した者は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

たしかに正当防衛と言うのがあります。
(正当防衛)
刑法第36条 急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ず
にした行為は、罰しない...続きを読む

Q盗撮の慰謝料請求 起訴後警察・加害者から連絡が無く、その後を知りたいし慰謝料も取りたいと思っています。

2ヶ月ほど前スカートの中を盗撮されました。
犯人が自供し起訴したのですが
初犯のため執行猶予がつき罰金だけだろうとのことでした。

その後私はショックもあり忘れようとしたのですがこの事件のせいで
電車や男の人が怖くなり、こんなことなら慰謝料を取りたいと考えています。

しかし警察からの連絡や加害者からの謝罪は無く、どうしたらよいかわかりません。
まだ学生の一人暮らしで親にも話していないので、
弁護士をつけ民事訴訟をするなど大げさなことにはしたくないのですが

警察に加害者の連絡先を聞く

加害者に連絡、慰謝料を請求する

慰謝料を振り込ませる

のようにすることは可能でしょうか?

Aベストアンサー

>警察に加害者の連絡先を聞く
>↓
>加害者に連絡、慰謝料を請求する
>↓
>慰謝料を振り込ませる
>のようにすることは可能でしょうか?

代理の人などを全く立てずにやるのですか。

加害者が拒否すればたてまえ上警察は加害者の連絡先をあなたに教えることはできません。現在事件を扱っている検察庁の検事も同じです。
起訴されたといってもまだ裁判が確定していないので厳密には加害者はまだ罪人ではないのです。(裁判が確定すれば訴訟記録は閲覧できます。(刑訴53条))
加害者側が示談のためにあなたに連絡を取ろうとしてくることもありえますが、あなたが連絡先を教えない、と拒否した場合でも同じで、警察や検察は無断で加害者側に連絡先を教えることはまずありません。
彼らは捜査担当者であって、被疑者・被告や被害者の人定事項は職務上知りえた秘密に当たるのでむやみにそれを漏らすことはできないのです。
警察や検察は損害賠償請求のような民事には直接関与はしませんし、できません。(支援はします。後述します。)

仮に連絡先を知ることができても“自分が請求したら本人からすんなりお振込みがありました”なんてうまい話になるとは思えません。通販ではないんですから。それから相手には自分の連絡先や口座番号だけを知らせるだけでは済みませんよ。ちゃんとあなたが被害者本人だと確認できないと普通は口座に金なんか振り込みません。
それじゃあ振り込め詐欺です。
加害者にそれらを直接教えられますか。直接交渉するのですか。性犯罪者を甘く見ていませんか。

素人が何に基づいてどのくらい請求するのですか。起訴されているのなら被告には弁護人が付いていますよ。
やるのなら被告の弁護人に交渉した方が安全ですし、あなたから相手方にアクションを起こすならあなたも弁護士に相談した方がいいです。弁護士に頼んだからといってすぐに訴訟が始まるなどということはありませんよ。民事では訴訟は最後の手段です。

警察や検察には被害者支援という制度があります。
警察庁 http://www.npa.go.jp/higaisya/home.htm
検察庁 http://www.moj.go.jp/KEIJI/keiji11.html
これに準じて各都道府県警察や地方検察庁にも独自に被害者支援要綱が定められています。
被害者への事件処理の経過連絡や加害者の処分結果の通知、民事のための関係機関の紹介などです。

警察の被害者支援要綱ではある一定の犯罪(身体犯や、精神的・身体的被害の大きな事件等として定められたもの)があった場合には警察が自発的に被害者に支援をすることとされています。
盗撮事件は当てはまりませんから、あなたから問い合わせないとあちらからはわざわざ余計なことはしません。
検察庁の被害者対策も必要ならあなたから問い合わせてみてください。

とりあえず両者とも被害者対策についてわかりやすいパンフレットを作成・配布していますからそれを手に入れてみてはどうですか。

>警察に加害者の連絡先を聞く
>↓
>加害者に連絡、慰謝料を請求する
>↓
>慰謝料を振り込ませる
>のようにすることは可能でしょうか?

代理の人などを全く立てずにやるのですか。

加害者が拒否すればたてまえ上警察は加害者の連絡先をあなたに教えることはできません。現在事件を扱っている検察庁の検事も同じです。
起訴されたといってもまだ裁判が確定していないので厳密には加害者はまだ罪人ではないのです。(裁判が確定すれば訴訟記録は閲覧できます。(刑訴53条))
加害者側が示談のため...続きを読む

Q慰謝料請求相手との示談書に書く住所や氏名について

友人が2年前のあるトラブルについて慰謝料請求を求める内容証明郵便が弁護士を通じて郵送されてきたそうです。
彼女はもう相手と関わり合いたくないとのことで、相手の要求をのむことにしたようですが、最終的に示談書を作成するにあたり、現住所や氏名を書き込まなければならないのかと悩んでいます。
彼女は昨年結婚し、改姓しているのですが、現在の住所や氏名を相手方に知られると、なんらかの報復を受けるのではないかと恐れているようです。ちなみに相手は相当厄介な人物らしいです。
内容証明は彼女の旧住所・旧姓宛に送られてきているようですが、示談書に関しても旧姓・旧住所で署名してはいけないのでしょうか。
文書の法的効力がなくなってしまったり、あるいは公文書偽造(?)などの罪に問われることもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

示談書に書かれた住所とお名前で
あなたの友人が特定されると有効です。

以前住んでいた住所で旧姓でも
相手はトラブルのあったあなたの友人と示談書を交わすのですから
あなたの友人と特定されます。

以上の理由から有効です。

Q明後日にケンカした相手と示談交渉しますが、相手がバカ多い示談金を請求された場合どうしますか? 鼻血ぐ

明後日にケンカした相手と示談交渉しますが、相手がバカ多い示談金を請求された場合どうしますか? 鼻血ぐらいしか出てないですが、ほんとに悩みます、 僕はまだ大学生なので、ケンカを挑発したのも相手で、五万円ぐらいで済ませますか?

Aベストアンサー

>警察も相手が先に手を出したのがわかってます。なぜなら、店の中の防犯カメラにはっきり写していますので、これは正当防衛のやりすぎたということで済ませるでしょうか?たとえバカ高い請求額が請求された場合は断ったほうがいいですか?

何を基準に「高い」と判断されるのか不明ですが・・・・
相談者に「負傷無し」で、相手に「負傷あり」では、相談者には有利な点が殆どありません。
正当防衛と書かれていますが、そもそも正当防衛の範囲は極めて狭く、受ける害を超えることは許されていませんので「過剰防衛行為」となる可能性が高いでしょう。
相手が先に手を出しても、相談者の反撃が原因での負傷であれば、一部相殺の話はできますが、全額は難しいでしょう。
相談者が殴られても、一切手出ししなければ今回の様な問題はありませんでした。

Q裁判費用・慰謝料は加害者に請求できますか?

車を走行中故意にぶつけられ、相手車両を停車させ警察に電話中に逃走されました。幸いナンバーを記憶していたため警察が犯人を探し出してくれました。
警察の方は「本人も反省しているので話しをしてあげてください」との話で本人へ連絡したところ「大変申し訳なかった。言い訳はしません。修理代はキャッシュで払う」とのことで修理をしたがお金を払ってくれません。
電話をしても留守電ばかり、たまにつながると逆に激しい口調で「金かねうるさい!。払わないとは言っていない。・・・・」人を脅すようなことを言います。
どちらが被害者なのか・・・すごく気分が重くなります。
車の修理費は十数万のことですが泣き寝入りは絶対したくありません。相手を懲らしめるためにも弁護士を立てて慰謝料でも取ってやりたい気分です。
そこで質問ですが、このような場合裁判費用(弁護士費用等)は相手に請求できますか?また、慰謝料を請求することも可能でしょうか?

Aベストアンサー

>このような場合裁判費用(弁護士費用等)は相手に請求できますか?

訴訟費用(訴訟する手数料です)は相手負担に出来ますよ。弁護士費用は、難しいと思います。不法行為による損害賠償請求の場合、一部認められる判例があるようなのですが、この辺りはすいません、ちょっと分からないです。

>慰謝料を請求することも可能でしょうか?

慰謝料は無理でしょう。ただ、事故の日から支払日まで、年5%の遅延損害金は取れますよ。内容証明を自宅に送達して、警察から事故証明、修理代の領収書をそろえてキッチリ少額訴訟でもやったったらいいと思いますよ。少額訴訟裁判なら1日で済みますし、間違いなく勝てるでしょう。その間に、相手の勤務先を調べておいて、勝訴しても払ってくれなかったら給与を差し押さえしてしまいましょう。

因みに少額訴訟は本を読めば本人訴訟でやっちゃう人もいます。こりゃ無理だわ、時間ないわと思われるなら、弁護士か司法書士に相談してみると良いでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報