はじめまして、マクロ経済学の勉強を始めたばかりの初学者ですが、
教科書を見てもよくわからないことがあり、困っています。

IS-LM 線分析においては、M/p 増加で、LM 線が右下シフトすると
あります。中央銀行のとれる政策には、M 増加の他に、公定歩合
の変更があると思うのですが、仮に公定歩合を切り下げた場合、
LM 線はシフトするのでしょうか?

私の考えでは、I(r)の増加分IS線が上方にシフトするので、
LM線が下がらないと利率の低下が実現しないと思うのですが。
そのプロセスは、定期性預金が低利率を嫌って、取引需要を
増やすべくY を増やすからと考えています。

r が縦軸の要素なので、どうもLM 線上で均衡点が動く様なイメージ
が頭にあってすっきりしません。

以上、ご教示頂けたらと思います。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

pって、GDP(GNP)デフレータで、デフレートすることで、実質のマネーサプライを表しているのですね。

ところで、マネーサプライMは、ハイパワード・マネーと預金準備率、現金/預金比率で決まります。公定歩合を下げると、より低利でお金を借りることができるので、貨幣の取引需要は増加します。ここで、預金準備率が増加しなければ、ハイパワード・マネーは増加して、マネーサプライも増加します。

Yは恐らく、国民所得だと思うのですが、利子率の低下により、投資は増加するので、Yも増加します。よってLM曲線は右下にシフトします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

マネーサプライ増加と同じ効果があり、LM線が下降するのですね。
理解できました。(短期金利は M を増加させて、低下させるので、
その逆のことがおこるのですね)

LM線は貨幣市場(債券市場)を表すと記述があり、感覚的に理解できる
財市場と違い、いまいちLM線の Y が増えるとは何が増えるのか理解
できていなかったのですが、色々と調べた結果、
「お金を使用すること=誰か(全体)の所得」
を増やしているという意味だとわかりました。

貨幣市場では、利子率の低下は本来、債券価格を上げるので、貨幣が現金退蔵
されて、Y は減るはずですが、新たに増えたマネーサプライによる債券買い
により、貨幣の流通が増えたという意味で、(つまり、LM線の右下シフト)
Y が増加するのだと、理解できました。

最後から2行目に書かれている投資増加は、
貨幣市場における債券投資という意味ですよね。
財市場は実際の企業の経営計画などを意味するので、効果が現れるのは
貨幣市場よりも遅いと記述がありますので、恐らく公定歩合の低下は、
LM 線を先に右下シフトさせてから、徐々に低下した r が I(r) 項の増加
として、IS 線を上昇させるのだと思います。

お忙しい所、ご丁寧な回答ありがとうございました。自分でも復習し直して
理解がより深まりました。

お礼日時:2002/01/24 21:24

pとrは何を定義しているのですか?

この回答への補足

投稿ありがとうございます。

p :物価水準
r :利子率

を表しています。ちなみに、私の教科書では、IS線とLM 線は次の式で与えられています。

IS:Y = C(Y-T) + I(r) + G + Nx
LM:M/p = L(Y,r)

LM線のシフト要因には、実質マネーサプライの増減しか記述されておらず、
公定歩合の変更はどの様な影響を与えるのか(取引需要が増えるために、
マネーサプライが増加すると思うのですが...)確信が持てないでおります。

さらに、考え方としても、LM線の縦軸が r なので、公定歩合の低下分だけ
LM 線が下降すると単純に考えたいのですが、もともとLM線は r と Y
の関係を表しており、r の変化は同一のLM線上で対応する Y があるので
LM 線をシフトさせて考えるのも変だなと感じています。

以上ですが、よろしくお願いします。

補足日時:2002/01/23 18:43
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公定歩合について

ニュースで「公定歩合(無担保コール翌日物)」という表記がされていたのですが、調べてみると公定歩合は「基準割引率および基準貸付利率」という名前のものに変わったようです。そして政策金利は現在公定歩合ではなく、無担保コール翌日物の金利であることも分かりました。
これはニュースが間違っているのでしょうか、それともまだ公定歩合というのでしょうか?あるいは名残のようなものなのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

公定歩合。これは中央銀行の政策金利です。もっと
具体的に言うと、中央銀行が翌日もの金利の水準を
どこまで誘導するかの目標金利です。

昔は、公定歩合の変動が中、長金利にも大きな影響
を与えていましたが、今では、その影響力も少なく
なりました。

今、先進国の中央銀行が影響力を保持しているのは、
無担保コール翌日もの金利でしかない。他の金利は
市場関係者の需要と供給で決定する。

QIS-LM分析と日本経済

標準的なIS-LM分析
I(Y,i)=S(Y,i)
L(Y,i)=M/P
において、私の計算によれば、dY/dM>0⇔∂L/∂Y*∂(S-I)/∂i>∂L/∂i*∂(S-I)/∂Y
なので、たとえ、流動性の罠状態の∂L/∂i=0でも、
dY/dM>0⇔∂L/∂Y*∂(S-I)/∂i>0
となって、マネー供給を潤沢に行えば、国民所得は増えますよね?

さて、なぜ日銀は国民所得が増えるまで
マネー供給を行わないのでしょうか?
Pの増大、すなわちインフレを恐れているのでしょうか?

Aベストアンサー

流動性の罠では∂L/∂i=∞では?
流動性に罠というのはもうこれ以上利子率が下がらないと皆が確信したときに起こるもので、この時、マネーサプライを増やしてもLMはシフトしません。総需要曲線も垂直に近くなります。
従って、金融緩和政策は無効です。

Q2013年3月28日に山下公園で

2013年3月28日に横浜の山下公園で
お笑いの「我が家の坪倉さん」が手にビデオカメラを持って
女性と二人で歩いていました。
近くにはテレビカメラもあり何かの撮影のようでした。

旅行でいったのでもしテレビでみれたらうれしいなと思っています。

この放送が何の番組かわかる方教えていただけませんか?

Aベストアンサー

それがわかるのは番組関係者のみでしょう。
放映された後なら見た人が気づくかもしれません。

Qマクロ経済学~IS-LM分析について

 テストが近いのですが、プリントしかなく自分の答えに自信がないので教えてください。

 ○IS-LM分析についての以下の記述は不適切である。正しい文章となるように、「」の言葉を訂正しなさい。

 1、投資の利子感応性が「マイナス無限大」になるとき、IS曲線は(国民所得を横軸にとる時)垂直に描かれる。→「ゼロ」

 2、利子率と国民所得の均衡水準が達成されるまでの動学的不均衡の調整過程を示す位相図において、LM曲線を通過する時は「国民所得」の動きはいったん休止する。→わかりませんでした><

 3、「取引需要」とは裏を返せば、株式の売却である。利子率が低い時に、このタイプの貨幣需要が大きいのはファンダメンタルズを重視する株価決定理論から説明される→「投機的需要」

 4、IS-LMモデルを一本の式に集約すると「45度線」になる。→「垂直線」

 ご指摘お願いいたします><

Aベストアンサー

1、3はOKです。
2の「LM曲線を通過するとき」の意味がわかりません。それから4の「IS-LMモデルを一本の式にする」というのはどういうことでしょうか?それらがわかれば答えられそうです。

QPhotoshopで曲線の矢印付線をつくりたい

Photoshopで曲線の矢印付線をつくりたいのですが
ラインツールで直線の矢印付線をつくることは可能なのですが曲線はできません。
他の方法でキレイに曲線の矢印付の線を描くことはできませんか?
イラストレーターか無理やりベージュ曲線を使うしかないのでしょうか?

ちなみにバージョンはCS2です

Aベストアンサー

Illustratorがあれば移動した方が簡単です。

Photoshop上であれば
・カスタムシェイプツールを選択
・オプションバー [シェイプ]の▼、さらにパレットの→ で[矢印プリセット]
・適当なシェイプを選んで描画
・(ツールボックスの)アンカーポイント切り替えツールで整形
・必要に応じてパスパレットの→ パスの塗りつぶし(描画色)とすればいいと思います、自由度は低いですけど。

Qマクロ経済、乗数の計算問題とIS-LM分析の計算問題の違いに関しての質問です。

以下のような2つの問題がありました。

1,マクロ経済モデルが次のように示されているものとする。
Y=C+I+G
C=2.5+0.5Y
T=-1.0+0.4Y
[Y:国民所得、C:消費、I:投資、G:政府支出]
今、財政性出を1兆円増やしたとき、国民所得はいくら増加するか。

2,マクロ経済が、
Y=C+I+G
C=C0+0.9Y
I=I0-1000r
0.2Y-500r=M/P
[Y:国民所得、C:消費、I:投資、G:政府支出 r:利子率、M:貨幣供給量、P:物価水準(一定)、C0,I0は正の定数]
(注釈:パソコンでうまく表記できませんでしたが、C0,I0の0は右下についている小さい0です。)
で示されるとする。このとき、政府支出Gを1兆円追加的に増加させたならば、国民所得Yはいくら増加するか。

というような問題があり、1は乗数の公式で、2はIS-LM分析で解く、と解説にあったのですが、問題を読んだだけではどうやってその2つの解法を区別して使うのかがわかりません。また、解説に、「~が増加すれば国民所得がどう変化するか」の問題は乗数の公式が使えると書いてあったので、2の問題も乗数の公式だけで解けそうな気がします。混乱しているので、どなたかわかる方、ご教授してくださると助かります。

以下のような2つの問題がありました。

1,マクロ経済モデルが次のように示されているものとする。
Y=C+I+G
C=2.5+0.5Y
T=-1.0+0.4Y
[Y:国民所得、C:消費、I:投資、G:政府支出]
今、財政性出を1兆円増やしたとき、国民所得はいくら増加するか。

2,マクロ経済が、
Y=C+I+G
C=C0+0.9Y
I=I0-1000r
0.2Y-500r=M/P
[Y:国民所得、C:消費、I:投資、G:政府支出 r:利子率、M:貨幣供給量、P:物価水準(一定)、C0,I0は正の定数]
(注釈:パソコンでうまく表記できませんでしたが、C0,I0の0は右下についてい...続きを読む

Aベストアンサー

>なぜ問1は乗数で解いてよく、問2は乗数で解いてしまうと答えが違ってくるのでしょうか。問題文を読んだだけで乗数を使うのか、IS-LM分析を使うのか区別できるようになりたいです。しつこいのですが、そこの区別の仕方をご教授願えないでしょうか。
・貨幣市場が明示的にはいった一般均衡モデル(財市場と貨幣市場の両方がはいったモデル)ではIS-LM分析で解き、貨幣市場を無視した単純モデル(財市場だけのモデル)では単純乗数分析(つまりISだけで)解くと理解しておくとよいでんしょう。
・実は同じことはミクロの分析でもいえます。「りんご」のような1財の需要ー供給分析では他市場のことは無視して「りんご」の市場だけに集中する部分均衡分析で解きますが、「りんご」以外にたくさんの財が明示的に存在する多財モデルではすべての市場を同時に解く(つまり一般均衡分析で解く)必要があります。この場合、「りんご」だけに集中する部分均衡分析は、本来はすべての市場を同時に扱う必要があるが、それは複雑なので、第1次接近として、当面問題となっている「りんご」の市場に焦点をあてる、という理解です。
・マクロに話を戻すと、本来は貨幣市場も視野に入れてとく必要があるが、第一次接近として、とりあえず財市場だけに焦点を当てよう、ということです。ただし、貨幣市場を無視してもよい2つの(特殊の)場合があることを指摘しておきましょう。1つは、通常貨幣供給量Mは一定として分析されますが、通貨当局が利子率rを一定に保つようにMを自由に供給する政策を取る場合です。この場合はYが上昇してもrは当初の水準に据え置かれるので、貨幣市場のことは無視してよいのです。もう一つのケースは流動性の罠が存在する場合ですが、貨幣に対する需要がある低い利子率のもとで無限に弾力的になるケースです。この流動性の罠に達すると、利子率はそこで一定値をとるので、貨幣市場からの「反動」はありません。IS面だけ(つまり、単純乗数分析)で解を得ることができるのです。

>なぜ問1は乗数で解いてよく、問2は乗数で解いてしまうと答えが違ってくるのでしょうか。問題文を読んだだけで乗数を使うのか、IS-LM分析を使うのか区別できるようになりたいです。しつこいのですが、そこの区別の仕方をご教授願えないでしょうか。
・貨幣市場が明示的にはいった一般均衡モデル(財市場と貨幣市場の両方がはいったモデル)ではIS-LM分析で解き、貨幣市場を無視した単純モデル(財市場だけのモデル)では単純乗数分析(つまりISだけで)解くと理解しておくとよいでんしょう。
・実は同じことはミク...続きを読む

QKei(5MT)のシフトが渋い・クラッチが重い…トラブルの前兆ですか???

11年式 スズキ Kei ターボS 4WD 5MTに乗っています。
走行距離78000kmです。最近クラッチが重くなっているように感じます。
以前、代車で別の軽を借りたときに、その軽さに驚きました。
このときはフロントガラスリペアで出したんですが、店員さんも「クラッチ重いっすねぇ!!強化クラッチでも入ってますか??」
って言うくらいでした(6年間毎日乗り続けていたので、私自身はクラッチが特別重いとは感じなかった)。

これはトラブルの前兆でしょうか?
ちなみにシフト自体も、低速域で引っかかり感が強く感じます。
スズキスポーツからクイックシフトが出ていますが、これらに交換することで、改善は期待できるんでしょうか?

補足
次回車検はちょうど1年先です。

Aベストアンサー

クラッチディスクが減るとクラッチは重くなります。ディスクが新品の時はクラッチカバーのダイアフラムスプリングがおおよそディスク面に対して水平についています。ディスクが減ってくるとダイアフラムスプリングが起きて来て踏み込むのに重くなります。
更に内部は無給油なのですでに油切れの状態ですので踏み込むのに重くなっています。
そしてディスクのスプライン部などは雨が降って空気中の湿度が高くなれば錆びますので動きが悪くなりクラッチの切れも悪くなります。
クラッチが減ればクラッチの遊びも少なくなりますので遊びの量を見て判断することも出来ます。
クラッチの交換をした方が良いかを一度専門家に診て貰う事をお勧めします。

QIS-LM分析とAD-AS分析

IS-LM分析とAD-AS分析の関係について知りたいのですが、持っている本には載っていなくて、誰か知っていたら、教えてください!お願いします!

Aベストアンサー

↓に詳しく説明されていましたよ。

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=718394

QSHIFT(シフト)

えーとですね、
>(英和)shift[ift] (三省堂「エクシード英和辞典」より)
━━v.変える[わる], 移す[る]; (ギアを)入れ替える ((up, down)); やりくりする[して暮す]; (責任を)転嫁する; ごまかす; 除く; 〔英話〕 素早く動く; 【言】(音を)推移させる.
・shift foroneself 自力でやりくりする.
・shift off (責任などを)押しつける ((on)).
━━n.変更, 変化, 交替; 移動, 移行; (時にpl.) 方策, やりくり(算段), ごまかし; ゆったりしたドレス; シュミーズ; 【球技】守備位置の移動; 交替の組; 交代制勤務(時間), (特定の勤務シフトの)勤務班[組]; 【言】音韻推移; 【コンピュータ】シフト ((桁送り)); シフト(キー).
・for a shift 間に合わせに.
・make (a) shift やりくりする ((with)).
・one'slast shift 最後の手段.
>まあ・・
 車の(人の心の)ギヤーをロー>セカンド>サード>・・>オーバードライブ
 >クルーズコントロールとかに切り替える時が来たのかもね?
 イエス>ブッダ>おやさま>〇〇って所でしょ?
 貴方はシフトアップしてCANからPARDONにそれから何処にシフトアップしますか?
 教えて下さい!、お願いします!!!
>YouTube - GUNDAM: Tilt-Shift

えーとですね、
>(英和)shift[ift] (三省堂「エクシード英和辞典」より)
━━v.変える[わる], 移す[る]; (ギアを)入れ替える ((up, down)); やりくりする[して暮す]; (責任を)転嫁する; ごまかす; 除く; 〔英話〕 素早く動く; 【言】(音を)推移させる.
・shift foroneself 自力でやりくりする.
・shift off (責任などを)押しつける ((on)).
━━n.変更, 変化, 交替; 移動, 移行; (時にpl.) 方策, やりくり(算段), ごまかし; ゆったりしたドレス; シュミーズ; 【球技】守備位置の移動; 交替の組; ...続きを読む

Aベストアンサー

他人への迷惑が、天理教の教える道ですか?

Qマクロ経済学のIS=LMモデルにでてくる経済変数について

IS線の利子率や、LM線の利子率は、実際の経済の金利のなにに相当するものなんでしょうか?教えてください。また、現実経済と経済理論とを照らし合わせるのに、よい本があれば教えてください。

Aベストアンサー

Cainさんのレベルに応じた回答ができる人は、ここにはいないと思います……。

ここでは、伊東光晴『「経済政策」はこれでよいか』(岩波書店)に拠りつつアドバイスを出します。カッコ内の数字は、同書のページを指します。
ヒントだけですので、お答えは別途お考えいただければと思います。

利子率を集計可能な変数としているのは、私が見た教科書では「中谷マクロ」の1冊だけですが、中谷マクロも利子率が実際の経済の何に相当するかについては言及していません。
とすれば、日本の利子率は、公定歩合に従属すると考えざるを得ません。
公定歩合が下がれば、理論の利子率も下がります。しかし、具体的なデータは出てきません。
貨幣利子率についても債券利子率についても、集計したデータを出している教科書は見当たりません。
#方程式に代入すれば、出てくるはずなんですけどね。。。

日本銀行は、バブルの崩壊後、公定歩合を下げつづけました。もとより、アメリカ・ケインジアンやアメリカ新古典派の理論に基づきます。しかし、彼らのモデルでは上昇するはずの投資は伸びず、景気も回復しませんでした。IS=LM分析が有効性を持っていないのに、大蔵省は金融緩和を進めました(22-26)。そして、現在でも理論を疑わない人は、金融の量的緩和を求めています。

さらに重要なことは、ヒックス自身が自らの一般均衡分析(ノーベル賞受賞の対象になった業績)を否定しているということです。それがアメリカには伝わらなかった(33-34)。もちろん、彼を受け継いだドブリューなどの業績もありますが、ヒックスが否定した理由ぐらいは知っておくべきでしょう。
そういう理論を後生大事にする官僚は、偉いのか、馬鹿なのか。。。

理論をどう取るかはその人によります。
現在のアメリカや日本は、理論をやらないとアカデミズムのポストが取れないということもあって。かつて心理学でも実験をやらないと教授になれなかったそうですが(35)、今の経済学では理論をやらないとポストが取れません。
理論を擁護しないとアカデミズムの世界に入れない。
経済学界は、「言論の不自由」が横行しているようです。

IS・LM理論も「理論」でしかなく、それ以上使えば人間を不幸にさせる可能性もあることを考えなければいけないはずなのですが。
「トービンのq」も、実証されているとは言えないのはご存知でしょう。

モデルは、現実を説明するためのもの。
社会学も政治学も、モデルを持っていれば経済学のように学者が行政に口を出すことができるはずなのですが、残念ながら、数値化されたモデルは存在しませんので、現実の政治・行政においては、これらの学問は「経済学帝国主義」の支配下です。
どう取るかは、学者次第なのですが……。

私が今使っているテキスト(浅子マクロ)には、実証分析の参考書として
小川一夫・玉岡雅之・得津一郎『マクロ経済学』(有斐閣、1991年)
がありました。
しかし、分析はバブルの発生以前に限られ、バブルの分析は自力で行なっていただく必要があります。
実証と言っても、IS曲線のモデルに数値を導入すれば、利子率は1通りに決まりますから、意味があるのかどうか……。

これをどう取るかもCainさん次第。
お粗末でした。

Cainさんのレベルに応じた回答ができる人は、ここにはいないと思います……。

ここでは、伊東光晴『「経済政策」はこれでよいか』(岩波書店)に拠りつつアドバイスを出します。カッコ内の数字は、同書のページを指します。
ヒントだけですので、お答えは別途お考えいただければと思います。

利子率を集計可能な変数としているのは、私が見た教科書では「中谷マクロ」の1冊だけですが、中谷マクロも利子率が実際の経済の何に相当するかについては言及していません。
とすれば、日本の利子率は、公定歩合に従...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報