はじめまして、マクロ経済学の勉強を始めたばかりの初学者ですが、
教科書を見てもよくわからないことがあり、困っています。

IS-LM 線分析においては、M/p 増加で、LM 線が右下シフトすると
あります。中央銀行のとれる政策には、M 増加の他に、公定歩合
の変更があると思うのですが、仮に公定歩合を切り下げた場合、
LM 線はシフトするのでしょうか?

私の考えでは、I(r)の増加分IS線が上方にシフトするので、
LM線が下がらないと利率の低下が実現しないと思うのですが。
そのプロセスは、定期性預金が低利率を嫌って、取引需要を
増やすべくY を増やすからと考えています。

r が縦軸の要素なので、どうもLM 線上で均衡点が動く様なイメージ
が頭にあってすっきりしません。

以上、ご教示頂けたらと思います。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

pって、GDP(GNP)デフレータで、デフレートすることで、実質のマネーサプライを表しているのですね。

ところで、マネーサプライMは、ハイパワード・マネーと預金準備率、現金/預金比率で決まります。公定歩合を下げると、より低利でお金を借りることができるので、貨幣の取引需要は増加します。ここで、預金準備率が増加しなければ、ハイパワード・マネーは増加して、マネーサプライも増加します。

Yは恐らく、国民所得だと思うのですが、利子率の低下により、投資は増加するので、Yも増加します。よってLM曲線は右下にシフトします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

マネーサプライ増加と同じ効果があり、LM線が下降するのですね。
理解できました。(短期金利は M を増加させて、低下させるので、
その逆のことがおこるのですね)

LM線は貨幣市場(債券市場)を表すと記述があり、感覚的に理解できる
財市場と違い、いまいちLM線の Y が増えるとは何が増えるのか理解
できていなかったのですが、色々と調べた結果、
「お金を使用すること=誰か(全体)の所得」
を増やしているという意味だとわかりました。

貨幣市場では、利子率の低下は本来、債券価格を上げるので、貨幣が現金退蔵
されて、Y は減るはずですが、新たに増えたマネーサプライによる債券買い
により、貨幣の流通が増えたという意味で、(つまり、LM線の右下シフト)
Y が増加するのだと、理解できました。

最後から2行目に書かれている投資増加は、
貨幣市場における債券投資という意味ですよね。
財市場は実際の企業の経営計画などを意味するので、効果が現れるのは
貨幣市場よりも遅いと記述がありますので、恐らく公定歩合の低下は、
LM 線を先に右下シフトさせてから、徐々に低下した r が I(r) 項の増加
として、IS 線を上昇させるのだと思います。

お忙しい所、ご丁寧な回答ありがとうございました。自分でも復習し直して
理解がより深まりました。

お礼日時:2002/01/24 21:24

pとrは何を定義しているのですか?

この回答への補足

投稿ありがとうございます。

p :物価水準
r :利子率

を表しています。ちなみに、私の教科書では、IS線とLM 線は次の式で与えられています。

IS:Y = C(Y-T) + I(r) + G + Nx
LM:M/p = L(Y,r)

LM線のシフト要因には、実質マネーサプライの増減しか記述されておらず、
公定歩合の変更はどの様な影響を与えるのか(取引需要が増えるために、
マネーサプライが増加すると思うのですが...)確信が持てないでおります。

さらに、考え方としても、LM線の縦軸が r なので、公定歩合の低下分だけ
LM 線が下降すると単純に考えたいのですが、もともとLM線は r と Y
の関係を表しており、r の変化は同一のLM線上で対応する Y があるので
LM 線をシフトさせて考えるのも変だなと感じています。

以上ですが、よろしくお願いします。

補足日時:2002/01/23 18:43
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公定歩合について

ニュースで「公定歩合(無担保コール翌日物)」という表記がされていたのですが、調べてみると公定歩合は「基準割引率および基準貸付利率」という名前のものに変わったようです。そして政策金利は現在公定歩合ではなく、無担保コール翌日物の金利であることも分かりました。
これはニュースが間違っているのでしょうか、それともまだ公定歩合というのでしょうか?あるいは名残のようなものなのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

公定歩合。これは中央銀行の政策金利です。もっと
具体的に言うと、中央銀行が翌日もの金利の水準を
どこまで誘導するかの目標金利です。

昔は、公定歩合の変動が中、長金利にも大きな影響
を与えていましたが、今では、その影響力も少なく
なりました。

今、先進国の中央銀行が影響力を保持しているのは、
無担保コール翌日もの金利でしかない。他の金利は
市場関係者の需要と供給で決定する。

Q金利、公定歩合について

すみません。公定歩合の役割について小学生に教えるのに金利が下がるとなぜ景気がよくなるかなどわかりやすく教えていただけませんか。

Aベストアンサー

はじめまして、経済学部卒ですが、自信無しです。小学生の方に教える場合、借金をしたら、借金している人は、利息を払わないといけない。これが第一ポイントです。借金の金利を決めているのが、日本銀行です。日本銀行は、住友や三菱などの銀行にお金を貸しています。もちろん、三菱や住友は、日本銀行に、利息を払わないといけない。利息が公定歩合です。今までより安く三菱はお金を借りれると、三菱からお金を借りる人は、低い金利でお金を借りれます。金利が低くなったら、家を買う為に、すぐにお金を借りるかもしれません。家を買う人が増えると、家を作る人も忙しくなってきます。引越しやさんも忙しくなります。みんな忙しくなると、景気がよくなったと言う事になります。簡単ですが、こんな感じでしょうか?ただ、正確には、公定歩合は、割引レートになります。金融機関からの担保資産の割引率です。しかし、小学生には、難しいので、金を借りた人が払う利子と説明すれば良いとおもいます。

Qアメリカの公定歩合とFFレートはどう違う?

金融は素人でして、初歩的な質問です。

一昨日でしたか、アメリカの公定歩合が0.5%下がって5.75%になりましたよね。でも、FFレートは変わらず5.25%だと認識しています。この二つはどのように違うのでしょうか?また、公定歩合が下がったということは、普通いずれ近いうちにFFレートも下がることになるのでしょうか?

上記の二つは、日本の公定歩合と無担保コール翌日物金利といわれるものと似たような関係だろうとは推測するのですが、どうでしょうか?日銀の金利政策はどうして公定歩合の発表ではないのでしょうか?

ご教授願えませんか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おおむね、そのとおりです。ただFRBがFF金利まで利下げするか、まだわかりません。市場は、利下げを望んでいると思われます。今回は、銀行への最後の貸し手の機能を果たしたと思います。

日銀は、公定歩合という呼び名すらやめたと思います。いまや、公定歩合では、日銀の政策目標を達成できないからだと思います。

Q「プラザ合意の後に、公定歩合の引き下げにより為替は円高ドル安になった。

「プラザ合意の後に、公定歩合の引き下げにより為替は円高ドル安になった。」っておかしくないですか?公定歩合を引き下げちゃったら、円を売る流れが強くなって、円安になりませんか?初学者なので優しく教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

順序がおかしい気がします。

1.プラザ合意で円高になる。
2.貿易収支が悪化して不況になる。
3.金融緩和(金利を引き下げ)して景気を持ち直そうとする。

という順番じゃなかったですか。

Q公定歩合って・・・

公定歩合って中央銀行の景気政策にとって重要な指標だったと思うのですが、今は完全にその座を無担保コール翌日物などの政策金利に譲った・・・という認識でよろしいですか? だとするとどうしてそうなったのでしょうか。

ちなみに、現状は、
・日本の政策金利(無担保コール翌日物)=0.50%
・日本の公定歩合=0.75%
・米国の政策金利(FF金利)=5.25%
・米国の公定歩合=6.25%
で間違いないですよね。

Aベストアンサー

>公定歩合って中央銀行の景気政策にとって重要な指標だったと思うのですが、今は完全にその座を無担保コール翌日物などの政策金利に譲った・・・という認識でよろしいですか?

宜しいです。

>だとするとどうしてそうなったのでしょうか。
かつての規制金利の時代は、預金金利は公定歩合に連動していたので、公定歩合を動かす事で、銀行の調達コストに直接的に影響を及ぼせましたが、1996年に完全に預金金利が自由化されてからは、そういう影響はなくなりました。
また、銀行が預金以外で資金調達する手段として、銀行間の貸し借りであるコール市場の取引がどんどん拡大した為、日銀が市場の金利を調節するには、コール市場でオペをする事が重要になりました。
その結果、日銀はコール市場に政策上の誘導目標を儲けることとしました。↓も読んでみてください。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/special/47/naruhodo252.htm

各国の政策金利は参考URLをご覧下さい。政策金利といった場合、公定歩合も普通は含まれます。(金利そのものは質問に書いてあるのであっています)

参考URL:http://www.gaitame.com/market/seisakukinri.html

>公定歩合って中央銀行の景気政策にとって重要な指標だったと思うのですが、今は完全にその座を無担保コール翌日物などの政策金利に譲った・・・という認識でよろしいですか?

宜しいです。

>だとするとどうしてそうなったのでしょうか。
かつての規制金利の時代は、預金金利は公定歩合に連動していたので、公定歩合を動かす事で、銀行の調達コストに直接的に影響を及ぼせましたが、1996年に完全に預金金利が自由化されてからは、そういう影響はなくなりました。
また、銀行が預金以外で資金調達する手段...続きを読む

QIS曲線とLM曲線

IS曲線
http://www.findai.com/yogow/w00404.htm
>「利子率が上がると国民所得が減少し、
>利子率が下がると国民所得が増加する」という関係を表します。

なぜ利子率が上がると国民所得が減少するのですか?
>「国民所得Y=消費C+投資I+政府支出G」
借金して投資できなくなるから国民所得Yが減少する認識でよろしいでしょうか?



LM曲線
>「利子率が上がると国民所得が増加し、利子率が下がると国民所得が減少する」
>という関係を表します
ISと逆な関係になるですがなぜですか?
利子率が高いと借金できなく投資できなくなるのでは?混乱してます

Aベストアンサー

まず財市場では投資が利子率の減少関数であると覚えて下さい。
理由はおっしゃる通りで利子率の上昇は投資を抑制します。

貨幣市場で実質貨幣ストック(M/P)を一定と置くと、利子率上昇による貨幣需要の減少を相殺するように国民所得は増大します。

IS曲線は財市場の均衡式でLM曲線は貨幣市場の均衡式で、異なる市場なので相反する動きをするのもおかしくありません。
わかりやすく言えば需要曲線と供給曲線では価格に対する動きは逆ですよね?
立場が違うのです。

Q公定歩合について?

 公定歩合についてです。
 ゼロ金利政策が行われてから、
 公定歩合が、機能をしていないとききました。

 これは、なぜでしょうか?

 どなたか、わかりましたら、よろしくお願い致します!!

Aベストアンサー

ものすごく簡単にいうと従来は日銀が銀行に貸し付けを行い、その利率で金融政策をしてきたんですが、自由化の影響で日銀以外からでも自由に銀行が資金を調達できるようになってその意義が薄れたのです。
現在は公開市場操作という手法で金融政策を行っています。ゼロ金利政策は公開市場操作で市場の金利を引き下げる政策ですね。
ゼロ金利政策が行われてから、公定歩合が、機能をしていないというよりは公定歩合が使えないために公開市場操作に切り替えたという所でしょうか。

Qマネーサプライの増加とLM曲線

マネーサプライの増加は、LM曲線を下方シフトさせるのでしょうか?
或いは右方シフトさせるのでしょうか?

Aベストアンサー

どちらでもいいと思いますよ。
曲線のシフトのあり方として同じものを表していますから。

需要・供給曲線等のシフトについては、需要・供給関数のグラフのシフトという意味で右・左シフトと呼ばせる人もいます。
LM曲線は関数のグラフという意味が元々あるわけではありません。

どちらの場合でも私は縦でも横でもいいと思いますが。

Q日銀の公定歩合について

何年か前は、よく日銀が公定歩合を上げ下げしていたのをニュースで聞きましたが、最近は聞きません。公定歩合はなくなったのでしょうか? それとも、0.1%で据え置きのままなのでしょうか? 教えてください。

Aベストアンサー

2001年以降、公定歩合という名称は廃止され「基準割引率および基準貸付利率」と変更されています。2006年の零金利解除以降、一時は0.75%にまで引き上げられましたが、昨年のリーマンショックを受け、現在は0.3%の水準にあります。

規制金利の時代では、銀行金利は公定歩合に連動するように決められいた為、公定歩合は重要な政策金利でした。
が、1994年金利自由化以降は、日銀の政策金利としての誘導目標は、短期金融市場に変わっています。以降、公定歩合は短期金融市場よりやや高目の水準にあります。これは、市場で調達難に陥った金融機関に対して、日銀が担保の範囲内で無制限に貸し付ける時の利率という意味で、短期金融市場の上限利率という役割に変わっていることを指しています。

ちなみに、国の借金の金利は、債券市場で決められる為、直接的には政策金利と連動しません。

QIS-LM曲線の式の求め方について

教科書を読んでみましたが、
IS-LM曲線が全くわかりません><
とき方だけでも教えて頂けたらと思います。

Y=C+I+G
C=0.8Y+100
I=30-10r
G=10
M=Y-100r
M=685

このIS-LMモデルの、IS曲線、LM曲線の求め方をどなたか
教えてください><
答えはそれぞれ
IS曲線・・・Y=700-50r
LM曲線・・・Y-100r=685
になるようなのですが、途中の求め方をどうしたら良いのかわかりません。。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No.1の解答、間違いでした。失礼。
 上4つの方程式、G=10までが、ISです。LMは下二つです。でも、下から二番目の方程式のMは貨幣需要、一番下のMは実質マネーサプライM/Pが正しいでしょうね。もちろんP=1とおけば、Mと同じことですが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報