私はマウス乳腺の乳分泌における糖脂質変化を現在研究しています。そして乳分泌過程で糖脂質が大幅に変化することが分かっています。また含有タンパク、主にカゼインが増加すると文献にあり、SDS-PAGEで調べました。しかしマウスのカゼインのスタンダードが研究室になかったので、牛のミルクから生成してあるカゼインをスタンダードに用いたところやはりバンドの位置が異なり困っています。インターネットや辞書でマウスのカゼインの分子量を調べているのですが、詳しく載っていません。どなたか教えていただけないでしょうか?お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

rei00さんご紹介ページのproteinのところでcasein mouseで検索かければ簡単に見つかりましたよ。

アイソフォームいくつかあるみたいですね。
フルレングスかまでは確認してないですが、そこからすぐにたどれるでしょう。
当たり前ですが、理論上の分子量と、SDS-PAGE上の分子量は違うので流しているfigで確認すべきでしょう。
あとは、試薬メーカーの抗体のカタログのサンプル写真になかったですか?
これウェスタンでくらべたんですよね?

ヒントだしすぎですか?
頑張ってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。マウスカゼイン分子量詳しく分かりました。実験もきれいな結果が出ました。また困った時はよろしくお願いします。

お礼日時:2002/01/24 02:23

rei00さんが回答している間にPubMedで検索してましたが、Abst.までは見てませんが、相当Hitします。



質問の趣旨と外れますが、
>乳分泌過程で糖脂質が大幅に変化することが分かっています。
乳分泌液と何を比較してのことでしょうか?

>含有タンパク、主にカゼインが増加する
これも対照は・・・?

補足お願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は非妊娠期のマウス乳腺と授乳期の乳腺を用いて主に糖脂質の比較を行なっています。今回は授乳期乳腺に非妊娠期乳腺よりカゼインが多く含まれていることを調べました。また同時に乳腺をホモジネート後遠心して、乳分泌液(脂肪球)と細胞画分を分離して、同じ乳腺組織の中でもどこに多く含まれているかを調べてみました。結果非妊娠期乳腺より授乳期乳腺において分離したどちらの画分もカゼインの含有量が大幅に増加していました。MiJunさん回答ありがとうございました。また困った時はよろしくお願いします。

お礼日時:2002/01/24 02:20

 研究の上でカゼインの分子量が必要なわけでね。

それでしたら,
> インターネットや辞書でマウスのカゼインの分子量を
> 調べているのですが、詳しく載っていません。
などと言っていないで,「Medline」や「Current Contents」等で文献検索されるべきではないでしょうか?ネット上の「Medline」である「PubMed」のペ-ジを挙げておきます。

 ところで,SDS-PAGE で出たバンドを分子量だけで同定するのは問題があるように思いますが・・・。

参考URL:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/PubMed/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。教えてくださったサイトからマウスカゼインの分子量が詳しく分かりました。また分からない点があったら教えてください。

お礼日時:2002/01/24 02:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自律神経失調症の方で

自律神経失調症の自律神経ってどの部分のことなのでしょうか?
また、自律神経失調症の方はみなさん目がぱちくりとまばたきが多くなってしまうのでしょうか?自律神経失調症の方で目がぱちくりとまばたきが多くならないという方はいますか?

Aベストアンサー

自律神経症は
どの場所にあるか?人間のからだの仕組みの大事のことをする機能す。その機能が十分に機能しないと不安が増大したり、心臓の動悸が早くなったり、人の多い場所に出られなくなったり、眠れなくなったりのからだの部分に病気でないのに異常が現れる症状です。
それが続きますと本物の病気になりやすくなります。
それは貴方は優しい心のもっておいでる証拠なのですが自律神経症になりやすい体質なのです。
それより貴方の身体や心が安心出来るような心療内科の先生にあわれて診察されて事を祈っています。

Q糖の摂取が脂質の代謝を円滑にする??

大学の課題がたくさん出ました(>_<)
タイトルの通り、「糖の摂取が脂質の代謝(合成と分解)を円滑にする理由を述べよ」という問題があのですが、調べてもわからなかったのでどなたか教えてください!

あともう1ついいですか?
グリコーゲンから生成したATP量と遊離グルコースから生成したATP量はなぜ違うのですか?

Aベストアンサー

脂肪酸が分解されてATPになるには、脂肪酸のβ酸化で得られるアセチルCoAがオキサロ酢酸と結合してクエン酸になり、
TCAサイクルを回る必要があります。
オキサロ酢酸はグルコースの代謝産物なので、脂肪の分解には糖が必要ということになります。

あと、グリコーゲンはグルコースのポリマーなので、ATP量はグルコースより多くなるのではないのでしょうか。

参考URL:http://hobab.fc2web.com/sub4-metabolism.htm

Q自律神経

少しの緊張で汗を大量にかくようになり、自律神経を疑って内科で受診したのですが、自律神経の場合、全身に汗をかいても手の平には汗をかかないとの事。私の場合全身で手の平にも汗をかくため自律神経の疑いはないとの診断だったのですが、ネットや知人に聞いても、自律神経失調の症状などは手の平に汗をかかないという症状は聞いたことがなかったので、自律神経の乱れというのは手の平には汗はかかないのでしょうか?教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

 こんにちは
 発汗には、「温熱性発汗」と「精神性発汗」があるようです。
「温熱発汗」は体温を一定に保つため、体温が上昇すれば、交感神経が興奮し発汗します。
「精神性発汗」は、よく”手に汗をにぎる”と言われますが、手のひらや足の裏は体温調節に関係なくすべらないようにするためのものといわれています。
 特に緊張したとき、やはり交感神経が興奮し、手のひらに多くの汗をかきます。

 いずれにしても、両者は自律神経の交換神経に支配されているので、交感神経が興奮したことを意味します。

 緊張したとき、体温が上がっていないにもかかわらず、汗をかく(冷や汗)ということは、自律神経が乱れたというよりは、自律神経の交感神経が必要以上に興奮したことによると考えられます。興奮癖がついたともいえます。
 
 <自律神経障害のイメージ>
 緊張の繰り返し→交感神経の過興奮→自律神経の乱れ→自律神経失調症
 
 以上です。

Qたんぱく質、でんぷん、糖質、脂質(トリグロセリド)の消化・吸収・過熱による変化について

どうしてたんぱく質、でんぷんは高分子の状態で貯蔵されているのですか。アミノ酸やグルコース(低分子)で貯蔵しないのですか?脂肪酸はグリセリンと結合して貯蔵されているのですか?
また、わざわざ消化吸収後に貯蔵のため再合成した上記の栄養素を使用する際に、消化(加水分解)しなければいけないのですか?
また、たんぱく質・糖質・脂質(トリグロセリド)を加熱するとどんなメリットがあるのでしょうか?

どこら辺の分野の参考書を調べればいいのか、というヒントだけでも大歓迎です。できる限り大至急、お力添えをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>アミノ酸やグルコース(低分子)で貯蔵しないのですか?

 アミノ酸やグルコースは水に溶けますよね。
 生体内で貯蔵するのに水に溶ける物質は適しているでしょうか?

>たんぱく質・糖質・脂質(トリグロセリド)を加熱するとどんなメリットがあるのでしょうか?

 質問の意味がわかりません。何のために加熱するのですか?

Q自律神経の乱れとは?

自律神経の乱れとよく聞きますが・・・

自律神経の乱れとはどういうことなのでしょうか?

また、自律神経が乱れるとどうなるのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

自律神経とは主に心臓や胃腸、内分泌系器官を支配する神経で、自分の意志ではコントロールできません。
これには、交感神経と副交感神経の2種類あります。

交感神経は身体を活動の状態(心臓を動かす、血管を収縮させる等)にし、副交感神経は休息の状態
(血管を拡張させる、心臓の動きを抑える、食物を消化吸収する等)にします。
普通はこれらの神経がバランス良く働いて体調を一定の状態に保っているのですが、強いストレス等により
バランスが崩れると体調をうまく保つことが難しくなります。これが自律神経の乱れた状態です。
不眠、食欲低下、動悸、めまい、肩こり、便秘など、いろいろな症状がありますし、個人差もあります。
自律神経の乱れが原因の場合、症状が出て病院で検査しても結果が「異常なし」と出ることがほとんどです。

Q蛋白の分子量(kDa)を調べる方法

かなり低レベルな質問なのですが、、、、
分からなくて困っています
約750個のアミノ酸からなる蛋白の分子量を知りたいのですが、どうやって調べたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

アミノ酸配列データがあるなら、計算してくれるソフトウェアがあります。市販の遺伝子解析ソフトウェアには必ずついている機能ですが、ウェブ上でできるサイトもあります。たとえば

http://us.expasy.org/tools/pi_tool.html

実験的に調べるなら、SDS-PAGE、ゲルカラムクロマトグラフィ、TOF-MASSなど、材料や精度に応じていろいろ方法があります。

Q正式な病名というのはあるのですか?(自律神経)

「自律神経失調症」という病名がないというのは理解しています(ので、今回は解説は不要です)。

脳の障害や、重度の身体障害がある人で、体温調整ができない場合がありますが、自律神経とは別なのでしょうか? 実際に自律神経が役に立っていない(自律神経に障害がある)場合は病名はないのでしょうか?
重度のXX障害として身体の障害とごっちゃにしてしまうものなのでしょうか? 脳の障害だとするとどこら辺があやしいのでしょうか(抽象的すぎますかね?)

「自律神経の障害」を調べるにはどういう方法がありますか? どこに行けば検査できますか?

Aベストアンサー

◆脳が原因で体温や呼吸、脈拍などの体内環境がコントロールできない状態がおきます。自律神経を更にコントロールする中枢(脳幹部にあります)の障害です。ゆっくりとした自律神経の活動は視床下部という脳の下のほうにある部分で行いますが、呼吸や血圧、体温などは脳幹部(延髄)にあるそれぞれの中枢でコントロールされていると考えられています。

◆これらの中枢が障害を受けた場合は「死」を意味します。あるいはそれに近い重篤な状態です。日常生活をすごしている中ではおきることはありません。

◆医者でも患者さんでも大変に大きな大きな誤解があるのは「自律神経が障害や失調を起こすと体に不調が出る」と思っていたり、説明したりすることです。そうではありません。自律神経は体の異常に対して正常に反応しているだけなのです。

自律神経そのものが異常となった場合は「死ぬ」のです。体が不調になるのではありません。死ぬのです。百歩譲って、死なない自律神経の異常は発汗異常くらいです。でも発汗異常は自律神経の異常と言うより、神経の枝葉の末梢神経の異常であることが多いので、これもあてはまらないかもしれません。

◆血圧や体温、顔のほてりなど、いわゆる体の不調を訴えた方に「自律神経失調」という言い方をしますが、それは何かの原因(ストレスや更年期のホルモンアンバランス、あるいは諸々の障害になど)に対して自律神経が“正常に”反応しているからなのです。

◆シャイ・ドレーガー病というように、ほんとうに自律神経自体が障害されてしまう病気はあります。これは非常に危険な病気でいつも突然死と隣り合わせです。まさに「死ぬ」のです。

◆「自律神経の具合が悪くなった」と感じたり、医者からそう言われたりした場合は、自律神経が異常なのではなく、自律神経に(正常な)反応をさせている異常な原因が他にある、ということなのです。

繰り返して申しますが、自律神経が異常になれば「死」あるのみです。

自律神経については患者さんの誤解と医者の不勉強が多すぎます。

自律神経の障害を調べるためには自律神経の専門家のいる神経内科で検査ができます。

◆脳が原因で体温や呼吸、脈拍などの体内環境がコントロールできない状態がおきます。自律神経を更にコントロールする中枢(脳幹部にあります)の障害です。ゆっくりとした自律神経の活動は視床下部という脳の下のほうにある部分で行いますが、呼吸や血圧、体温などは脳幹部(延髄)にあるそれぞれの中枢でコントロールされていると考えられています。

◆これらの中枢が障害を受けた場合は「死」を意味します。あるいはそれに近い重篤な状態です。日常生活をすごしている中ではおきることはありません。

◆医者...続きを読む

Q酵母のタンパク質 分泌・非分泌型の見分け方

全ゲノムの情報が公表されている酵母(Saccharomyces Cerevisiae)ですが、あるタンパク質が細胞外に分泌されるか否かはどうやったら判別可能でしょうか??

タンパクのアミノ酸配列、塩基配列の情報はあるのですがそこから判断できますか??

Aベストアンサー

PSORT WWW Server
ここで、どこに局在するかのプロバビリティイーを出してくれます。あとはデーターベースによっては記載があると思いますが、、

参考URL:http://psort.hgc.jp/

Q自律神経失調症は何科ですか?

自律神経失調症かどうかを診てもらうには何科を受診すればいいですか?
自律神経失調症と統合失調症は関連性のある病気ですか?
自律神経失調症から統合失調症になるようなことはありますか?

Aベストアンサー

うちの父はめまいや吐き気やる気のなさで一ヶ月ほど寝込んでいたんですが、脳の病気かもと思って脳外科に行ったら自律神経失調症と診断されました。
統合失調症も脳外科へとあるので、どっちにしても脳外科を受診したらどうですか?
症状を伝えれば先生が判断してくれますよ。
二つの病気は関連してないと思います。
統合失調症は脳に異常があるときと書かれてましたので別ものじゃないでしょうか。
自律神経は精神的なものからくるものですしね。
ただ自律神経失調症が悪化すれば鬱になるとは言われたようです。
父は鬱一歩手前くらいと言われてましたけど・・・
今は安定剤の軽いのを毎日飲んでいます。
薬のおかげではありますがとても元気にすごしています。

Q極性脂質、中性脂質、フロックとは?

こんにちは、質問があります。
極性脂質と中性脂質とは何か教えていただきたいのです。
あと、微生物の分野で「フロック」とは何でしょうか?
文献の中に『活性汚泥は直径200μm~1000μmの、主として細菌が凝集してできた不定形のフロックで…』という一文があったのですが、フロックとは何かイマイチ分かりません。
基本的な質問で申し訳ないですが、近くの図書館などで解決できませんでしたので、ご協力の程宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「フロック」に関して、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「糞尿処理に使われる用語」
ここで「活性汚泥」・「フロック」が参考になります。
●http://www3.justnet.ne.jp/~kkikuike/NW2/13filtration.htm
(濾過の基本:薬品沈澱池)
●http://www.jpo.go.jp/ryutu/map/ippan08/2/2-3-1.htm
(パテントマップ:高分子凝集剤による処理)

◎http://homepage2.nifty.com/zonbi/sisitsu.html
(生体中の脂質の構造について)
●http://www.jssp.co.jp/f_biochem_exptl/seika_24.html
(植物脂質代謝実験法)

ご参考まで。

参考URL:http://www.agri.pref.hokkaido.jp/center/fukyu/kit/qa/11.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング