私はマウス乳腺の乳分泌における糖脂質変化を現在研究しています。そして乳分泌過程で糖脂質が大幅に変化することが分かっています。また含有タンパク、主にカゼインが増加すると文献にあり、SDS-PAGEで調べました。しかしマウスのカゼインのスタンダードが研究室になかったので、牛のミルクから生成してあるカゼインをスタンダードに用いたところやはりバンドの位置が異なり困っています。インターネットや辞書でマウスのカゼインの分子量を調べているのですが、詳しく載っていません。どなたか教えていただけないでしょうか?お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

rei00さんご紹介ページのproteinのところでcasein mouseで検索かければ簡単に見つかりましたよ。

アイソフォームいくつかあるみたいですね。
フルレングスかまでは確認してないですが、そこからすぐにたどれるでしょう。
当たり前ですが、理論上の分子量と、SDS-PAGE上の分子量は違うので流しているfigで確認すべきでしょう。
あとは、試薬メーカーの抗体のカタログのサンプル写真になかったですか?
これウェスタンでくらべたんですよね?

ヒントだしすぎですか?
頑張ってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。マウスカゼイン分子量詳しく分かりました。実験もきれいな結果が出ました。また困った時はよろしくお願いします。

お礼日時:2002/01/24 02:23

rei00さんが回答している間にPubMedで検索してましたが、Abst.までは見てませんが、相当Hitします。



質問の趣旨と外れますが、
>乳分泌過程で糖脂質が大幅に変化することが分かっています。
乳分泌液と何を比較してのことでしょうか?

>含有タンパク、主にカゼインが増加する
これも対照は・・・?

補足お願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は非妊娠期のマウス乳腺と授乳期の乳腺を用いて主に糖脂質の比較を行なっています。今回は授乳期乳腺に非妊娠期乳腺よりカゼインが多く含まれていることを調べました。また同時に乳腺をホモジネート後遠心して、乳分泌液(脂肪球)と細胞画分を分離して、同じ乳腺組織の中でもどこに多く含まれているかを調べてみました。結果非妊娠期乳腺より授乳期乳腺において分離したどちらの画分もカゼインの含有量が大幅に増加していました。MiJunさん回答ありがとうございました。また困った時はよろしくお願いします。

お礼日時:2002/01/24 02:20

 研究の上でカゼインの分子量が必要なわけでね。

それでしたら,
> インターネットや辞書でマウスのカゼインの分子量を
> 調べているのですが、詳しく載っていません。
などと言っていないで,「Medline」や「Current Contents」等で文献検索されるべきではないでしょうか?ネット上の「Medline」である「PubMed」のペ-ジを挙げておきます。

 ところで,SDS-PAGE で出たバンドを分子量だけで同定するのは問題があるように思いますが・・・。

参考URL:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/PubMed/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。教えてくださったサイトからマウスカゼインの分子量が詳しく分かりました。また分からない点があったら教えてください。

お礼日時:2002/01/24 02:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q糖の摂取が脂質の代謝を円滑にする??

大学の課題がたくさん出ました(>_<)
タイトルの通り、「糖の摂取が脂質の代謝(合成と分解)を円滑にする理由を述べよ」という問題があのですが、調べてもわからなかったのでどなたか教えてください!

あともう1ついいですか?
グリコーゲンから生成したATP量と遊離グルコースから生成したATP量はなぜ違うのですか?

Aベストアンサー

脂肪酸が分解されてATPになるには、脂肪酸のβ酸化で得られるアセチルCoAがオキサロ酢酸と結合してクエン酸になり、
TCAサイクルを回る必要があります。
オキサロ酢酸はグルコースの代謝産物なので、脂肪の分解には糖が必要ということになります。

あと、グリコーゲンはグルコースのポリマーなので、ATP量はグルコースより多くなるのではないのでしょうか。

参考URL:http://hobab.fc2web.com/sub4-metabolism.htm

Qたんぱく質、でんぷん、糖質、脂質(トリグロセリド)の消化・吸収・過熱による変化について

どうしてたんぱく質、でんぷんは高分子の状態で貯蔵されているのですか。アミノ酸やグルコース(低分子)で貯蔵しないのですか?脂肪酸はグリセリンと結合して貯蔵されているのですか?
また、わざわざ消化吸収後に貯蔵のため再合成した上記の栄養素を使用する際に、消化(加水分解)しなければいけないのですか?
また、たんぱく質・糖質・脂質(トリグロセリド)を加熱するとどんなメリットがあるのでしょうか?

どこら辺の分野の参考書を調べればいいのか、というヒントだけでも大歓迎です。できる限り大至急、お力添えをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>アミノ酸やグルコース(低分子)で貯蔵しないのですか?

 アミノ酸やグルコースは水に溶けますよね。
 生体内で貯蔵するのに水に溶ける物質は適しているでしょうか?

>たんぱく質・糖質・脂質(トリグロセリド)を加熱するとどんなメリットがあるのでしょうか?

 質問の意味がわかりません。何のために加熱するのですか?

Q蛋白の分子量(kDa)を調べる方法

かなり低レベルな質問なのですが、、、、
分からなくて困っています
約750個のアミノ酸からなる蛋白の分子量を知りたいのですが、どうやって調べたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

アミノ酸配列データがあるなら、計算してくれるソフトウェアがあります。市販の遺伝子解析ソフトウェアには必ずついている機能ですが、ウェブ上でできるサイトもあります。たとえば

http://us.expasy.org/tools/pi_tool.html

実験的に調べるなら、SDS-PAGE、ゲルカラムクロマトグラフィ、TOF-MASSなど、材料や精度に応じていろいろ方法があります。

Q酵母のタンパク質 分泌・非分泌型の見分け方

全ゲノムの情報が公表されている酵母(Saccharomyces Cerevisiae)ですが、あるタンパク質が細胞外に分泌されるか否かはどうやったら判別可能でしょうか??

タンパクのアミノ酸配列、塩基配列の情報はあるのですがそこから判断できますか??

Aベストアンサー

PSORT WWW Server
ここで、どこに局在するかのプロバビリティイーを出してくれます。あとはデーターベースによっては記載があると思いますが、、

参考URL:http://psort.hgc.jp/

Q極性脂質、中性脂質、フロックとは?

こんにちは、質問があります。
極性脂質と中性脂質とは何か教えていただきたいのです。
あと、微生物の分野で「フロック」とは何でしょうか?
文献の中に『活性汚泥は直径200μm~1000μmの、主として細菌が凝集してできた不定形のフロックで…』という一文があったのですが、フロックとは何かイマイチ分かりません。
基本的な質問で申し訳ないですが、近くの図書館などで解決できませんでしたので、ご協力の程宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「フロック」に関して、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「糞尿処理に使われる用語」
ここで「活性汚泥」・「フロック」が参考になります。
●http://www3.justnet.ne.jp/~kkikuike/NW2/13filtration.htm
(濾過の基本:薬品沈澱池)
●http://www.jpo.go.jp/ryutu/map/ippan08/2/2-3-1.htm
(パテントマップ:高分子凝集剤による処理)

◎http://homepage2.nifty.com/zonbi/sisitsu.html
(生体中の脂質の構造について)
●http://www.jssp.co.jp/f_biochem_exptl/seika_24.html
(植物脂質代謝実験法)

ご参考まで。

参考URL:http://www.agri.pref.hokkaido.jp/center/fukyu/kit/qa/11.htm


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報