よく濃度とかに使われる単位として”%”とか”ppm”とか使われると思いますが、その類で”pppm”というのがあると思います。
そこでその意味をぜひ教えてください。
また、なんの略なのかも教えてください。
(例えば ppm=parts part per million)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

調べてきやした。


reiさんがが表示しているURLに関連している会社の連絡先を調べ上げ
電話取材しました。(わからなければいつもこれをやってます。)


いずれも誤植を認めました。  よって新単位ではなく、pphmでもなく

単なるppmの間違いです。    
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mmtさん お世話になりました。
ここに 簡単ではありますが感謝の言葉を述べさせていただきます。
それでは、
グレート!クール!スマート!ワンダフル!ビューティフル!そしてサンキューm(__)m

お礼日時:2002/01/24 10:26

rei00 です。

you1 さん,すみませんが場所をお借り致します。

 mtt さん,わざわざ電話でご確認頂き,ありがとうございました。私も誤植かとは思ったのですが,水道法の mg/L での規準を ppm に換算した時に一桁違ってきたものですから(私の計算違いで,実際は同じである事が回答後に判りました),「別の単位かも?」という気もして落ち着きませんでした。これでスッキリ致しました。
    • good
    • 0

こんばんは


長らく仕事で低濃度の化学分析に関係する結果を見てきました。
私の知る限りこのような単位は使われていません。
誤植でしょう。私たちもついうっかりpを余計に入れてしまうこともあります。
濃度で使用する単位は通常使う単位は
ppm:parts part per million、その1/1000がppb、さらに1/1000がppqです。その他に等量で換算するepmなどの単位があります。
    • good
    • 0

 直接の回答ではありませんが,チョット気になったものですから・・・。



 私も yanmaa さんと同様の検索を行ない,水道法に関する記述も見た結果,同じ結論に達しかけました。しかし,「Google」で「pppm 濃度」で検索した結果,他にも pppm の使用例が見付かり迷っています。

http://www.gastec.co.jp/seihin/kenchikan/spec/ri …
(検知管4M仕様)
 目盛範囲や測定範囲は ppm で表示されていますが,検知限度は pppm になっています。

http://www.gastec.co.jp/seihin/kenchikan/spec/ri …
(検知管4LL仕様)
 上と同じ会社のものですので当然かも知れませんが,同じ形で表示されています。

http://www.fcci.or.jp/f98t/ftec8031.htm
('98北陸技術交流・テクノフェア 技術相談・商談、ビジネス情報(機械・精密))
 「環境モニター」の所に『WHO基準値0.08PPPMを検知。』の言葉があります。

 いかがでしょうか。これらも誤植として片付けて良いものでしょうか?よければご意見下さいませんか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

言葉足らずな私めにお助けありがとうございます。

お礼日時:2002/01/24 10:32

サイト見ました、でさらに参考までにgoogleで「水道法 残留塩素」で検索しそれらしいサイトとしては


http://www.igaden.com/kijyun.htm
です。ここでは1.0ppm以下が基準とされています。

ですからppmの誤植と言えるでしょう。

このようなおかしそうな内容は複数の情報を当たるべきですね。特に法ならちゃんとした原文を読むことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

反省 (T_T)

お礼日時:2002/01/24 10:33

私は%、‰、ppm、ppb、ppt位なら知っていますがpppmは聞いたこと無いな。


念のため

100分の1
1000分の1 
100万分の1 (part per million)
10億分の1 (part per billion)
1兆分の1  (part per trillion)

と意味です。
誤字とか適当に作ったとか別の単位と間違っているとかはないですか?その単位は何処で見たのでしょうか?

この回答への補足

とあるサイトで”カルキ臭い・まずい(水道法では残留塩素0.1PPPM以上のため)”というのをみました。
水道法ってのに載ってるんでしょうかね?

補足日時:2002/01/23 17:29
    • good
    • 0

pphmでヒョ?



part per hundred millionで 1億分の1でおまへんか?

この回答への補足

yanmaaさんと重複しますけど、とあるサイトで”カルキ臭い・まずい(水道法では残留塩素0.1PPPM以上のため)”ってのを見ました。これって書き間違いでしょうか?

補足日時:2002/01/23 17:34
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q二酸化炭素排出量 単位 t-co2 t

地球温暖化について調べていると、二酸化炭素排出量の単位が「t」と書かれているときと「t-co2」と書かれているときがあります。このtとt-co2の違いは何なのでしょうか?
例えば二酸化炭素排出量が20tと20t-co2だったら両者の重さは同じと考えて良いんでしょうか?

Aベストアンサー

「二酸化炭素」の排出量であれば、20tと20t-CO2 は同じです。(COは大文字、2は下付)
しかし、純粋な炭素量で表わす場合も多いので、間違いが無いように内容を付けています。

なお、日本では t(トン)を多用しますが、国際的には Gg(ギガグラム)が標準。

UNFCCCへのNational Greenhouse Gas Inventory Report で求められている温室効果ガスの
単位は、Gg-CH4、Gg-N2O、Gg-CO2eq などと書きます。(数字は下付)、
Gg-CO2eq は「二酸化炭素換算」です。

Q濃度の計算方法 PPM

いつもお世話になっています。分析の素人に教えてください。


ある標準品Aを50mg/50ml(アセトニトリル)---0.5ml/50ml(アセトニトリル)---1ml/100ml(水) 最後は水で定溶します。これが0.1 μg/ml


サンプルは105mg×有効成分Aが 20%のものを1000mlの水の中に入れます。これを混ぜてLCで分析します。 105mg×20%/1000ml(水)=21μg/ml


一点の検量線ですが直線性があるとすれば

STのピークが450でspのピークが350とすれば

350÷450×0.1=0.0778μg/mlで水溶液なので比重が1とすれば 0.0778ppmと考えてよろしいでしょうか?

またこのときサンプルの量を105mgではなく110mg取った場合でSTとSPのピークが同じだとしたら同じ0.0778ppmでいいのでしょうか?

それともサンプル量も計算するのでしょうか?

もしサンプル量も計算するのであれば計算方法を教えていただきたいのですがどうかよろしくお願いします。





この時の

いつもお世話になっています。分析の素人に教えてください。


ある標準品Aを50mg/50ml(アセトニトリル)---0.5ml/50ml(アセトニトリル)---1ml/100ml(水) 最後は水で定溶します。これが0.1 μg/ml


サンプルは105mg×有効成分Aが 20%のものを1000mlの水の中に入れます。これを混ぜてLCで分析します。 105mg×20%/1000ml(水)=21μg/ml


一点の検量線ですが直線性があるとすれば

STのピークが450でspのピークが350とすれば

350÷450×0.1=0.0778μg/m...続きを読む

Aベストアンサー

何をどう計算したいのかがよくわかりませんが、この結果からわかることは、サンプル105mgを1000mlに希釈した溶液の濃度が、0.0778ppmであるということです。

その溶液は、もとのサンプルを105mgを1000gに希釈したものですから、もとのサンプルの濃度は、0.0778ppmに1000/0.105=9524をかけたものということになります。
使ったサンプルが110mgであれば、1000/0.11をかけたものということになります。

ところで、「標準品A」と「有効成分A」の関係がよくわかりませんが、両者は別のものですよね?
同じだとすれば、有効成分Aが「20%」というのが意味不明になってしまうように思います。

Q株価の時価総額の単位 T Bって何ですか?

株価の時価総額の単位 T Bって何ですか?

Aベストアンサー

T(rillion): 1兆円, トヨタ自動車の時価総額20.8T
B(illion): 10億円

Q分析濃度(ppm表示)の計算方法

分析初心者です。

ある標準品をメスフラスコに10.0mg採って100mlにしました。その液をメスフラに5ml採って10mlにしました。最後にこの液を1ml採って100mlにしました。希釈はすべて水です。

STをまとめると

10.0mg/100ml--5m/10ml--1ml/100mlです。濃度は0.5μg/ml(0.0005mg/ml)になると思うのですが。------これをLCに200μl注入します。


そしてサンプルは(既知のもの)

メスフラスコに0.6mg(0.0006g)採って100mlにしてこれをメスフラに10ml採って50mlします。
この液をLCに200μl(マイクロ)注入します。

SPをまとめると0.6mg/100ml--10ml/50ml
-----200μl注入
spの50mlまでの濃度は1.2μg/ml(0.0012mg/min)になると思うのですが。(希釈は水です)


そして標準品のLCピークハイ値が 2785

サンプルの LCピークハイ値が  4781 でした。

この時のサンブル分析値は何PPMになるのでしょうか?


初心者なので途中の過程の計算式を入れてくれたらとてもありがたいのですが。

同時に未知のサンプル液を希釈なしでそのまま200μl
注入した場合ピークハイ値が同じ4781の場合は何ppmになるのでしょうか?(stは同じもので)

わからなくて困っています。どなたかご存知の方おられましたらよろしくお願いします。

分析初心者です。

ある標準品をメスフラスコに10.0mg採って100mlにしました。その液をメスフラに5ml採って10mlにしました。最後にこの液を1ml採って100mlにしました。希釈はすべて水です。

STをまとめると

10.0mg/100ml--5m/10ml--1ml/100mlです。濃度は0.5μg/ml(0.0005mg/ml)になると思うのですが。------これをLCに200μl注入します。


そしてサンプルは(既知のもの)

メスフラスコに0.6mg(0.0006g)採って100mlにしてこれをメスフラに10ml採っ...続きを読む

Aベストアンサー

定量分析では検量線を作らないと正確な値が出ません。
標準試料が1つだけでは意味がありません。

ということで、これだけの情報から濃度を計算するのはナンセンスなのですが、ちょっと仮定を加えて無理矢理計算してみますね。

スタンダードのピークハイトが2785、サンプルが4781で、この条件のこの領域で濃度とピークハイトの関係に直線性があるとするとピークハイト比が4781/2785=1.717です。注入した量は同じですから、濃度は1.717倍になります。
ということで0.5×1.717=0.859μg/ml、希釈が水ですから1ml=1gとすると0.859ppmになります。
このサンプルは最初のサンプル溶液を5倍に希釈して分析していますから、希釈前のサンプルの濃度は0.859×5=4.295ppmになります。

未知サンプルを希釈無しで打ったとき、ピークハイトが4781になるのなら、そのサンプルが0.859ppmになります。

それと、この条件って本当に最適化されていますか?インジェクションボリュームが大きすぎてピークがブロードになっているような気がします。このためにピークハイトで計算した時の直線性が悪いのではないでしょうか。

定量分析では検量線を作らないと正確な値が出ません。
標準試料が1つだけでは意味がありません。

ということで、これだけの情報から濃度を計算するのはナンセンスなのですが、ちょっと仮定を加えて無理矢理計算してみますね。

スタンダードのピークハイトが2785、サンプルが4781で、この条件のこの領域で濃度とピークハイトの関係に直線性があるとするとピークハイト比が4781/2785=1.717です。注入した量は同じですから、濃度は1.717倍になります。
ということで0.5×1.717=0.859μg/ml、希釈が水ですか...続きを読む

Q(1)T=0Kにおいて、1、2,3次元の場合の単位長、単位面、単位体積

(1)T=0Kにおいて、1、2,3次元の場合の単位長、単位面、単位体積あたりの状態密度を求めよ。ただし、粒子の濃度をnとする。導出にあたっては各次元における自由電子の波動方程式を立て、解を導きだすこと。

(2)各次元についてフェルミエネルギーEfとエネルギーの平均値を求めよ。

という問題で、(1)はできたのですが、(2)の導出の仕方が分かりません。
様々なサイトを調べたのですがあまり理解が出来ませんでした。ご教授お願い致します。

Aベストアンサー

すいません再計算したら3/5Efでした。(今度こそ合ってると思います。)
それから書き忘れてましたが、εDを0~Efで積分した後、電子の濃度nで割ってください。そうしないと電子1つあたりのエネルギーになりません。

Q臭気濃度でppmを使う場合はあるのか?

臭気濃度でppmを使う場合はあるのか?

営業マンです。

臭気濃度は希釈倍数をいうと思うのですが、

お客さんが臭気濃度が3000ppmCと、ppmC単位で言ってました。

臭気濃度をppmC単位で言うこともあるのでしょうか?

Aベストアンサー

「ppmC」は、非メタン炭化水素(NMHC)とメタン(CH4)及びこの両者の合計である全炭化水素(THC)の濃度の単位として用いられます。
http://www.city.yokohama.jp/me/kankyou/mamoru/kenkyu/kanshi/worda/ppmc.html
より

Q電流の瞬時値のグラフを書きたいんですが、周期T、角周波数ω、位相角θの秒単位を教えてください。

式が与えられている電流の瞬時値iの周期と、位相角θを時間単位での出し方を教えてください。

I=5.2+j4.3 A
∴i=√2*6.75 sin(ωt+0.22π) A

この式からグラフを書きたいんですが、周期[s]と位相角θ[s]とω[rad/s]が分からないので出し方を教えてください。

Aベストアンサー

その電流の値から周波数を求めることは不可能です. なぜなら, それは「電流の大きさ」と「ある基準からの位相差」しか与えてくれないからです.
そんな値がどこからともなく出てくるはずはありませんから, 何らかの回路を考えているはずですよね. その回路が線形回路であれば, 「基準」(交流電流かもしれませんし交流電圧かもしれません) の周波数をそのまま使うことができます (線形回路に正弦波を入れると, 電流や電圧の周波数は変化しません).

Q濃度(ppm)からミリグラム(mg)に換算方法を教えてください。

仕事上で濃度ppmからミリグラムに換算して、回答にしなければならないのです。回答方法が解らないので、教えてください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#6です。補足見ました。

5×350/1000000=0.00175g=1.75mg

5g中に三酸化アンチモンは1.75mgあります。

Q陽子や電子の磁気双極子モーメントの単位

磁気双極子モーメントの単位は「Wb・m」だと思うのですが、陽子や電子が持っている磁気双極子モーメントの単位が「J/T」になるのな何故でしょうか?

単位を変換してゆくと、「Wb・m=J/T」となるのでしょうか?

Aベストアンサー

以下、SI単位系で考えます。

> 単位を変換してゆくと、「Wb・m=J/T」となるのでしょうか?

なりません。
MKSA[m,kg,s,A]で表示すれば

 [Wb・m]=[m^3・kg/(s^2・A)]
 [J/T] =[A・m^2]

となります。
[Wb・m]と[J/T]は別の次元を持つ単位であることがご理解いただけると思います。


> 磁気双極子モーメントの単位は「Wb・m」だと思うのですが、
> 陽子や電子が持っている磁気双極子モーメントの単位が「J/T」になるのな何故でしょうか?

以下、
 磁束密度:B
 磁場:H
 真空の透磁率:μ0
としますが、
同じSI単位系でも
磁化M(=単位体積あたりの磁気モーメント)を

M=B-μ0・H

と定義する流儀、つまりBとHの関係を

B=μ0・H+M

と表示する流儀(EH対応)と、
Mを

M=B/μ0-H

と定義する流儀、つまりBとHの関係を

B=μ0・(H+M)

と表示する流儀(EB対応)があります。


EH対応で定義されたMはBと同じ次元を持ち、単位は[Wb/m^2]です。
一方、
EB対応で定義されたMはHと同じ次元を持ち、単位は[A/m]です。
ですので、それぞれの流儀での磁気モーメントの単位は(それぞれ[m^3]を掛けて)

EH対応で定義された磁気モーメントは[Wb・m]を単位として持ちます。
EB対応で定義された磁気モーメントは[A・m^2]=[J/T]を単位として持ちます。

テキストが「EH対応」か「EB対応」かどちらの流儀で磁化Mを定義したかにより
磁気モーメントの単位は変わります。
どちらの流儀が使われているのかは、質問者しか知り得ませんので
ご自分でテキストを最初から追って確認してください。

つまり、EH対応を採用しているテキストで磁気モーメントの単位を
[J/T]としているなら誤植ですが、
EB対応を採用しているテキストで磁気モーメントの単位が
[J/T]となっているのであれば誤植ではありません。


あと、蛇足ですが、
今回の質問のように厳密な定義や関連する知識が必要とされる問題を
インターネット上の情報のみに頼って解決することはお奨めしません。

理化学辞典(岩波書店刊)
http://www.amazon.co.jp/dp/4000800906
など、しっかりした成書で調べることをお奨めします。

理化学辞典であれば
付録のページの「5 電磁気的諸量の換算表・次元」の表を見れば
[Wb・m]と[J/T]が別の次元を持つことは数秒で解決できたはずですし、
「磁気モーメント」の項目を引けば、
「単位はEH対応でWb・m,EB対応でA・m^2である。」
と書いてありますし、さらに「電磁気の単位系」の項目を参照すべし、
と矢印がついていますので「電磁気の単位系」の項目を引けば、
「磁化Mを磁束密度Bと同じ次元にとるEH対応単位系と,Mを磁場Hと同じ次元にとるEB対応単位系がある。」
と書いてありますので、
「なぜ単位が[Wb・m]だったり[J/T]だったりするのか?」
までを数分で解決できたはずです。
(さらに「磁化」の項目を参照すれば、もっと詳しく書いてあります。)

apllさんが、物理系または化学系の学生さんでしたら、
理化学辞典を購入して座右に備えることを強くお奨めします。

以下、SI単位系で考えます。

> 単位を変換してゆくと、「Wb・m=J/T」となるのでしょうか?

なりません。
MKSA[m,kg,s,A]で表示すれば

 [Wb・m]=[m^3・kg/(s^2・A)]
 [J/T] =[A・m^2]

となります。
[Wb・m]と[J/T]は別の次元を持つ単位であることがご理解いただけると思います。


> 磁気双極子モーメントの単位は「Wb・m」だと思うのですが、
> 陽子や電子が持っている磁気双極子モーメントの単位が「J/T」になるのな何故でしょうか?

以下、
 磁束密度:B
 磁場:H
 真空の透磁...続きを読む

Qモル濃度と質量パーセント濃度

1mol/Lの塩酸の比重(g/ml)が知りたいのですが、
理科年表を見たらwt%の密度(g/cm^3)が載っていませんでした。
理科年表の値から1mol/Lの塩酸の比重を求めるには
どんな計算をすればいいですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考URLにあるていどでてます。
1mol/Lのようなものは、滴定用などで市販されてます。
試薬メーカーのサイトでMSDSなんかででてますよ。
1mol/Lは1.02g/mL(20℃)です。
こちらに、換算表なるものもありますね。
ttp://www.agc.co.jp/products/chemical/graph_hcl3.html

参考URL:http://www2d.biglobe.ne.jp/~chem_env/i/acid2.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報