里崎智也さんからビデオメッセージがもらえる

タイトルどおりです。
自然現象を物理的に、また化学的に説明しているサイトや
生活の中に入ってきている物理・化学を説明しているサイトがあれば
教えてください。
例えば、なぜ空は青いのか→光の散乱
    救急車などのサイレンの音の高低→ドップラー効果
    使い捨てカイロの原理は→酸化による発熱反応を利用している
    石鹸の原理→乳化
など、こういったものです。
以上に上げたものなどは一応知識として知っているのですが、
他にもいろいろあると思います。
それらをわかりやすく(できれば高校レベルで)解説してあるサイトはありませんか?
物理・化学の片方だけでもかまいません。
身近にあって物理的化学的に説明できる現象、製品など

このQ&Aに関連する最新のQ&A

生活 科学」に関するQ&A: 生活と科学(水道)

A 回答 (2件)

もっと小さい子供向けの解説ですが、とてもわかりやすいと思います。


http://www.tensaiji.net/question.htm
小さい子供向けですが、大人向けの解説も出ているので
高校生にもフィットするのではないでしょうか?

参考URL:http://www.tensaiji.net/
    • good
    • 1

総合して「理科」ということになると思います。


「理科」のURLを検索で入り口に入ることが出来ます。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q身近にあるモノで楽しめる化学反応を教えてください

コーラにメントス入れるとコーラが噴水のようにあがります。そのような身近にあるモノで気軽にできる化学反応を見れるものをお教えください。できれば死ぬようなことがない安全なモノでお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ★
そうですね・・・氷に塩をかけると-10℃ぐらいになるので、
冷蔵庫を使わなくてもシャーベットが出来るとかですかね?
青色の折り紙には銅の顔料が使われているので、
燃やすと励起されて緑色の炎色反応が見られますね。
乾燥剤として使われているシリカゲル(青色)に少量の水を加えると、
表面に付着している塩化コバルトの配位数が変わりピンク色のシリカゲルになります。
そいつを電子レンジで加熱すると水分が蒸発して元の色に戻りますよ。
乾燥剤として使われている生石灰に少量の水を加えると発熱して消石灰になります(危険)。
100℃近くになりますが、少量ではなく大量の水を加えると大丈夫です。
その消石灰の水溶液の上澄み液(石灰水)を少量取り、ストローで息(二酸化炭素)を吹き込むと透明な液が白濁します。
白濁したものは水に不溶の炭酸カルシウム(チョーク)ができるからです。
その白濁液にさらに息を吹き込むと、水に可溶な炭酸水素カルシウムが出来てもう一度透明な液になります。
これぐらいでよろしいでしょうか?

Q科学で解明されてない身近な現象を教えて下さい。

みんなが知ってるような身近な現象だけど、実はまだ科学で完全には解明されていないという現象があったら教えて下さい。

Aベストアンサー

 静電気なんかどうでしょうか。物を擦り合わせると、物が帯電することがありますね。冬などは特にどうで、少し歩いてから、指先で何か触る(エレベータのボタンを押すとか)と、バチッという感じで痛かったりします。
 古代ギリシアでも、既にこの現象は知られていて、どういう物と物を擦るとそうなるか、調べていました。ずっと、調べて考え続けられてきました。
 しかし、現在でも、よく分かっていません。観測不可能なタイプの電磁場やら電磁波のモデルまで作って、説明を試みているようですが、成功していません。

 摩擦もそうです。こんな身近で当たり前のことが、どういう仕組みでそうなるのか分かっていません。細かい凸凹のせいとか、削り取られているとか、いろいろ説明が試みられていますが、どれもうまく摩擦を説明しきれていません。

 筋肉痛も科学で解明されていません。主な仮説は、乳酸が筋肉に溜まる、筋肉が細かい断裂を起こす、の二つですが、それならばどうして翌日になってから起こるのかを説明できていません。どちらも、運動していれば、即座に筋肉痛を起こすとなってしまうからです。

 生命はもっと謎です。単純な単細胞生物がどうして生まれたのか分かっていません。分かっていないからこそ、単細胞生物すら、作れないでいます。
 地球型環境であれば、生命が発生するのは、偶然なのか必然なのかも不明です。
 生物が進化するかどうかも、偶然か必然か分かっていません。
 進化の方向として、人間のような知的生命体にたどり着くのが、偶然か必然かも分かっていません。
 周りには、微生物から大きな動物までわんさかいるし、人間は多過ぎるほどいるのに、何も分かっていないのです。

 人間は誰でも他の動物を圧倒するほどの頭脳を持っていますが、頭脳がどう働いているか、ごく初歩的なことしか分かっていません。
 たとえば、目で見たり、耳で聞いたり、匂いとか触った感触どか、五感を通じて、周囲の状況は考えずとも分かりますが、どうして分かるのかが分かっていません。だから、人工知能って難しいんですけど。
 そんな基本的な事すら不明なので、ましてや自我とか心とか感動とか、科学では手の出しようもない状態です。

 もっと当たり前過ぎることも分かっていません。物がどうして重力で落ちるるのか、分かっていません。どう落ちるかという、重力の性質はかなり分かっています。難しい一般相対性理論までできています。
 でも、そもそもどうして、物を引きつける重力というものがあるのか、それは全く持って分かっていません。

 ここいらで止めますが、身の回りだけでも科学で分からないことだらけですよ。

 静電気なんかどうでしょうか。物を擦り合わせると、物が帯電することがありますね。冬などは特にどうで、少し歩いてから、指先で何か触る(エレベータのボタンを押すとか)と、バチッという感じで痛かったりします。
 古代ギリシアでも、既にこの現象は知られていて、どういう物と物を擦るとそうなるか、調べていました。ずっと、調べて考え続けられてきました。
 しかし、現在でも、よく分かっていません。観測不可能なタイプの電磁場やら電磁波のモデルまで作って、説明を試みているようですが、成功してい...続きを読む

Q身近な現象を物理的に見てみたい

私たちの身近なものに、物理が使われているものって沢山あると思うのですが、たとえば、どんなものがあるのか、というのが思いつきません。私は物理がとても苦手なのですが、それを克服するために、身近な物理現象を利用したものを物理的に見る(なんかうまく説明できませんが…)という事をしてみたいと思いました。そこで、もし身近なことを物理的に書いてくれているサイトなどをご存知でしたら、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

 大元の根本のお話を、お話したいと思いました。

 あなたの知りたいと思っている事は、科学知識というものです。
 科学知識というのは、宇宙を誘含め、地球上の自然現象
(動植物、潮流、天候、4季の移り変わり、岩石、宝石、・・・)をどのように理解したら、老若男女、小学生の、中高、大学生、技術者、博士に関係なく、誰でも、「その説明文通りに実行すると、いつでも何処ででも、同じ現象を再現できるし、同じ物を作れるよ」という暗記文を人間の言葉を使って作る、別な言い方をすると、暗記文を言い当てる事に従事する事です。その暗記文を発見し、言い当てる事に専念する人を科学者と呼ぶ事にしています。全て実験を通して、その説明が(暗記文が)正しいか動かが確かめられます。数式も人間言葉を記号化、簡略化したものですから説明文に入ります。認められたものは法則と言われたり、ノーベル賞で報いられたり、教授に昇進したり、と様々です。
 この暗記文の集まりが科学知識です。物理の知識になります。
 私は万物の原理の略が物理と言う事にしています。
 地動説、に始まり、ニュートンの重力の様に、ただ当たり前と思っていたりんごの落下に対し、引っ張る力があるからだと言う力の発想を公にし、重力、力とは、重さのあるものが動いている(止まっていることも含めて)速度を換える(透明な目に見えない)ものと言う暗記文で理解しよう、暗記しよう。となっています。勿論科学者たちが確認し合って、この考えを知識として取り入れようと決まり、この力の覚え方は、私たちも、ノーベル賞受賞者も同じです。他に理屈はありません。
 このように、自然の事実を、どう表現したら(暗記文
を作ったら、言い当てたらよいか)、五感で生活してきた言葉でたりなければ、用語を作り、言い当ての説明文作りを行います。だからすぐ量産ができるわけです。
 これら暗記文の集まりが、科学知識であり、自然科学の知識です。現在はこまく分かれて、物理、化学、有機化学、さらにこまく機械、電気、土木、建築、農業、漁業、・・・と限りなく作られ、換えられ、統廃合されつづけます。
 そこで、きりがないので、まとめますが、
根本は、力(上に述べた)の知識に基ずいて自然が動いている、変形する、壊れる、結合している、色が変わる、燃える、飛んでいると言う5感表現の種明かしの覚え方が、科学的物理的理由付け、と言う文字で(暗記文の発見である事を間違えない様に)表現されているわけです。

 その力は何処から出てくるか、というとを好奇心の強い人間は追及していったわけです。誰も話してくれませんが、実は、現在の科学知識(用語の意味は上に説明)では、原子が、自然の神様から与えられた+と-の電気の力と言う事になっています。
 では、電気とは何かになります。これは、大昔、ギリシャの琥珀の摩擦電気を起こした事実から始まり、フランスのデュフェがを分析し、2種類しかないと決まり、フランクリン、デービー、ファラデーを経過し、+とーであらわす事にしたものです。今でもこのままです。博士も、中学生も憶え方はこれしかありません。
 人体の構成原子の99.5%がH,C,N.Oの4つの原子となっています。これらは、夫々磁石の吸引反撥する力の手を、Hは1個、Cは4、3,Oは2個持っていることが
多くの事実から分りました。これも暗記してよい科学知識(物理)です。化学者、医学博士、栄養学博士、が遺伝子、ビタミン、ベーターカロテン、ホルモン・・分子が体内で合成分解しているのは、H,O,C、N,の電気の手によって行われていることを、暗記して、動物実験、試験管実験しています。薬の合成も、この力で合成しています。葉緑素が出来るのは、
 太陽の光、ツマリ電磁波といって、+-の静電気の力と、磁石を吸引する磁力(共に人間にとっては透明な力)が合体したもので、1秒間に何億回も振動して(光の速さで)飛んでいるものにつけた、総称です。
 この電磁波の2つの電気の力で、動植物の素材原子HOCN(これは+電気の原子核と-電子の、電気の粒ですから)動植物の分子を振動させ、結合分解させ、発熱し、葉緑素や澱粉を作っているのです。紫外線が皮膚がんにするのも、この電磁波の電気の力なのです。
 

 目に見える力の例では、土木、建築、に見られるように
てこの力の原理(物理知識)。
 蒸気の膨張力(水分子のとび回りによる衝撃力の強さ、ツマリ力)を利用して、蒸気タービンを回し、これにつながった発電機を回転して、発電しています。水力発電はは、水の重さ(重力による力、詳しくは、水分子の速度を毎秒980cmかえる力を加えているのが水の重さ=目方)で水車を回し、発電機を回し発電します。
発電の物理的知識は(暗記文は)、イギリスの工学博士フレミングの右手の法則、か、ファラデーやレンツの法則を覚えると、これが全てです。
 ガソリンエンジンも、物理的には、酸素分子と、ガス分子(H,Oだけの成分が多い、Sなどの不純物が混じるものもある)の発熱膨張(飛び回りの衝撃力)による。
 化学の方でも最後は上と同じ物理的説明になる。
 物理と化学の言葉の違いの説明は省略。
 燃料電池などといっていますが、水素電池の方が分りやすい。電流の力でモーターを回します。説明省略
 といった具合で、この自然は、現在の物理学知識では、つまり、科学(自然科学)の大元は静電力と磁気力の電気の力と、重力(万有引力といったほうが分りよい。これは、重さを持ったもの同士の間には、互いに引力をあらわしていると言う、物理知識(暗記文です)の3つで動いている。と言う事で眺めます。
 最後に参考まで、あなたが景色を見たり、新聞の文字を読んだり出来ているのは、目の奥の網膜の中の、見る細胞(視細胞、例により、H、O、C、N、原子でつながった分子たちで構成された細胞です)の中のアミノ酸分子(H、O、C、N、で出来ている)が、電磁波の電気と磁気の力で振動させられて、つながり構造が変化し、その瞬間イオンや電子の津波電流(デジタル的電流、説明省略)が脳細胞(これもH,O,C,Nで出来ている)に流れて
色や文字、を認識しているわけです。以下省略。
 

 大元の根本のお話を、お話したいと思いました。

 あなたの知りたいと思っている事は、科学知識というものです。
 科学知識というのは、宇宙を誘含め、地球上の自然現象
(動植物、潮流、天候、4季の移り変わり、岩石、宝石、・・・)をどのように理解したら、老若男女、小学生の、中高、大学生、技術者、博士に関係なく、誰でも、「その説明文通りに実行すると、いつでも何処ででも、同じ現象を再現できるし、同じ物を作れるよ」という暗記文を人間の言葉を使って作る、別な言い方をすると、暗記文を言...続きを読む

Q身近な化学

身近な生活の中(身近な現象、物質、物など)において、化学がどのように役立っているか、具体例を挙げて教えて下さい。
できれば将来それをどのような形で更に発展させることが可能か、教えて下さい。

Aベストアンサー

すべての物質の変化は化学ですが・・・

氷枕で頭を冷やす・・・相変化・水素結合・極性分子
漬物・・・・・浸透圧・発酵
炊飯・・・・・でんぷんのアミロース・アミロペクチン・・糊化
味噌汁・・・・タンパク質・発酵・アミノ酸
石鹸・・・・・・界面活性剤・脂肪酸・グリセリン・塩析・エステル
シャボン玉・・・・界面活性剤
ジュース・・・・異性化糖・転化・果糖ブドウ糖・炭水化物・・・・
医薬品・・・これは書き始めたら何項目も

 「身近な生活の中(身近な現象、物質、物など)において、化学は深く関わっています」特に料理なんて化学反応の最たるもの。
 ですので、とにかく、なんでも良い適当なテーマを拾い出して、それに化学がどのように関わっているか調べるのが早道です。

Q身の回りで起こる不思議な現象

最近、私の身の周りで不思議なことが起こります。
例えば、歩いている人を見て「転べ」と思うと転んだり、
お金がないなぁと思って「お金が欲しい」と思うと、
お母さんがお小遣いの日でもないのにお金をくれたり、
3か月間も連絡も何もしていなかった友達を
「そういえばしばらくあってないなぁ」と思うと、
「久しぶりだね」といったメールが来たり…。
これだけならたまたまだと自分でも頭で処理できるのですが、
友達に冗談で「〇〇のおじさんとおばさん離婚するよ~」と冗談で言ったら、
3日後に「本当に離婚しちゃったよ!」と言われたり、
学校で嫌な子がいて、その子を思い出し「もう明日からずっと来なければいいのに」
と思ってたら翌日その子が救急車で運ばれて、病気の為しばらく来れなくなりました。

こういうのってそんなにちょくちょく起こりうるものなのでしょうか?
私はこれが1週間に3回のペースで起こります。
不思議に思って仕方がありません。
思い当たる経験がある方は、教えてください。

Aベストアンサー

念力が強いのか、予知があるのかわかりませんが、
少なくとも、人の不幸を願う事はやめなさいね。
自分にかえってきますよ。

私も同じでした。中学生のころからそういう事が頻繁に起こりました。
悪気なくあの先生いなくなってほしいと思えば、ほとんどの先生いなくなりました。
嫌いな先生皆いなくなりました。
お友達もそう、嫌がらせをする子来なければいいのにと思ったら来なくなりましたね。
次の日から。

でもね、人の不幸を願ったりするのはダメよ。
もっと良い事に使いなさい。

嫌な子がいるんなら、この子がいい子になればいいのに。

と願うことね。


離婚するとか他人の事縁起でもない事言うのは失礼よ。
そう思ったのなら、黙っておくべきでどうしても言いたいなら
仲良く出来るといいのにねと言っておきなさい。

不思議であろうとなかろうと、人の不幸は思うもんではないという事忘れないでね。


そういう事は自分にかえってくるのが自然なことなのよ
だから気をつけてね。
今まではなんとなくそう思ってしまったのだと思うけれど
私も転べとか思ったことあります。転びましたよ。
面白いと思ったこともありました。
でも本当そんなの良くないですよ。
これを耳にしたのも何かのご縁。
だからこれを見た後はもう思わないようにしてくださいねっ^^

念力が強いのか、予知があるのかわかりませんが、
少なくとも、人の不幸を願う事はやめなさいね。
自分にかえってきますよ。

私も同じでした。中学生のころからそういう事が頻繁に起こりました。
悪気なくあの先生いなくなってほしいと思えば、ほとんどの先生いなくなりました。
嫌いな先生皆いなくなりました。
お友達もそう、嫌がらせをする子来なければいいのにと思ったら来なくなりましたね。
次の日から。

でもね、人の不幸を願ったりするのはダメよ。
もっと良い事に使いなさい。

嫌な子がいるんなら、こ...続きを読む

Q大学の課題 身近な疑問

大学の物理の授業で課題が出たのですが、身近な疑問について、その原理や仕組みについて物理学的に考察せよという課題が出ました。身近なことが漠然としていて具体例が思いつきません。やっとのことで考えたのが、カルシウムは炭酸水に入れると溶けるのかという疑問なのですが、これ化学なんで使えないんです。何かしら、面白い疑問ないでしょうか?

Aベストアンサー

振り子の問題(周期、長さ)
電車が急に止まると?
エレベータについて
光→電磁気、相対論など
台風が北半球と南半球でどう異なるか?

結構世の中疑問だらけです。

Q積分で1/x^2 はどうなるのでしょうか?

Sは積分の前につけるものです
S dx =x
S x dx=1/2x^2
S 1/x dx=loglxl
まではわかったのですが
S 1/x^2 dx
は一体どうなるのでしょうか??

Aベストアンサー

まず、全部 積分定数Cが抜けています。また、積分の前につけるものは “インテグラル”と呼び、そう書いて変換すれば出ます ∫

積分の定義というか微分の定義というかに戻って欲しいんですが
∫f(x)dx=F(x)の時、
(d/dx)F(x)=f(x)です。

また、微分で
(d/dx)x^a=a*x^(a-1)になります …高校数学の数3で習うかと
よって、
∫x^(a-1)dx=(1/a)*x^a+C
→∫x^adx={1/(a+1)}*x^(a+1)+C
となります。

つまり、
∫1/x^2 dx=∫x^(-2)dx
={1/(-2+1)}*x^(-2+1)+C
=-x^(-1)+C
=-1/x+C

です。

Q「物理現象」とは、簡単に言うと何ですか?

「物理現象」を手短にわかりやすく説明するとしたら、

みなさまでしたらどのように説明しますか?

Aベストアンサー

ものが自然に目に見えるかたちで(※多くの場合)理論にのっとって動くこと、かな。
※超常現象には物理現象とされる場合がありますので。

現象とは視覚的に観察できることを言うのではないでしょうか。
生体現象とか化学現象とかの一部と重なるものがありますが、人間が恣意的に動かす状況は現象とは言い難く、入れない場合が多いと思います。

Qグルコースのアセチル化について

グルコースと無水酢酸が反応してペンタアセチルβ‐D‐グルコースが生成しますが、その反応機構を詳しく教えてください。

Aベストアンサー

rei00 です。補足拝見しました。

> ペンタアセチル-β-Dグルコースとペンタアセチル-
> α-Dグルコースの合成法が違うのですがその理由が
> わかりません。

 これは,通常の方法(例えば,無水酢酸・ピリジンによるアセチル化)ではβ-グルコシドが出来てしまうためです。そのため,α-グルコシドを作るにはそれ用の方法を用いるわけです。


> また、反応機構を詳しく書かないといけないのですが・・。

 これはご質問の無水酢酸によるアセチル化の反応機構ですね。有機化学の教科書はご覧になりましたか?アルコ-ルのエステル化の項に載っているはずです。

 もしかして,「グルコ-スの無水酢酸によるアセチル化」そのものをお探しでしょうか。これは載ってないと思いますが,アルコ-ルのアセチル化が載っているはずです。反応機構は同じです。

Q身近な化学平衡

身の回りで見られる化学平衡にはどんなものがあるんでしょうか??
以前教科書に一晩つけといた水は H2O+CO2→HCO3- + H+ の
反応が進むので弱酸性になるって書かれてたんですけど、
これも逆反応が進んで化学平衡(気液平衡??)になるんですかね。
それとも、より酸性に近づくだけですか?

Aベストアンサー

CO2はめんどうくさいです。
1.CO2(大気)←→CO2(液中)
2.CO2(液中)+H2O←→H2CO3
3.H2CO3←→ H+ + HCO3-
4.H+ + HCO3 ←→ 2H+ CO3--
という4つの平衡が存在し

2の平衡が成立するにはかなり時間が必要(例.炭酸飲料のびんのふたを開けたまま1晩放置。朝振ると泡が出てくる)です。

だから.「時間」という因子が関係するまで「身近な内容」とは言いきれない部分があります。海水は過飽和(飽和状態以上の濃度に含まれていること)でCO2が存在しますから.少なくとも平衡になるには年単位の期間が必要です。
よって.より反応が進むか.逆反応が進むかは.現在の状態が状態が「わからない」ので.今後もわからない。


人気Q&Aランキング