20年以上も前の単行本です。ある植物(たぶん、植木鉢に入っていたと思います)があって、それを傷つけてはいけないことになっていました。ある日、姉妹?のどちらかが茎に傷をつけてしまい、ばれそうになったので、もう一人の方が自分の手に傷を付けて、その植物の樹液を押さえました。そうしたら、その子は植物になってしまうというお話です。短編集だったような気がします。これだけが印象に残っているのですが、どうしても知りたいのです。作品名、著者、出版社など、教えて下さい。もう一度読みたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

取り寄せ 本」に関するQ&A: 本のお取り寄せ

A 回答 (4件)

PS.妖鬼妃伝(白泉社文庫美内すずえ傑作選1)


に入ってるみたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にお返事をいただき、どうもありがとうございました。確かに「みどりの炎」でした。傑作選はだいたい持っていたのですが、第1巻の表題「妖鬼妃伝」は知っていたので、買わずに他の作品までは読んでいませんでした。こんな近くにあったとはとっても驚きました。懐かしくページをめくりました。

お礼日時:2002/01/30 22:05

私が言っているのは


妖鬼妃伝(白泉社文庫美内すずえ傑作選1)
白泉社文庫です。
刊行日の浅い文庫のほうが手に入るのじゃ
ないかと思って書きました。
お間違えのない様に!!!
なかよしの単行本じゃ有りません!!

美内先生のファンのHPに収録されていると
書かれてましたので、私自身の確証はないのですが!!!!!
    • good
    • 0

講談社からも、妖鬼妃伝が出ています(もともとは講談社なかよし)が、それにはお探しの話は入っていません。

妖鬼妃伝だけで、1冊になっています。
お間違えのない様に!!!
でも、まだ量販店で単行本取り寄せできるみたいですよ。
集英社、マーガレットコミックスです。
傑作選は610円で高いけど、みどりの炎全1巻なら単行本値段で買えますよ。
※あくまで、お探しのが「みどりの炎」という前提で話をしております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事をどうもありがとうございました。小学校の時に読んだのは、単行本だったので、集英社だったのかもしれません。残念ながら、その本は手に入りませんでした。白泉社の文庫本で読みました。

お礼日時:2002/01/30 22:09

美内すずえさんの「みどりの炎」だと思います。


今発刊されている単行本に収録されてるかどうかは分かりません。出版社を検索してください。
月刊マーガレットに前後編で掲載されたと思います。最初に単行本化されたのはマーガレットコミックスです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q30年以上前の少女コミックで、人間が木になってしまう描写があった作品の

30年以上前の少女コミックで、人間が木になってしまう描写があった作品のタイトルを知りたくて質問しました。
ある森に生えている木の枝に体を引っかけて怪我をしてしまうと、その人は病気になり、徐々に動物としての生命活動が低下していき、やがて木になっていきます。
看病する人が、「まだ体温がある」とか言っていた記憶があります。
全体的なストーリーなどは全く覚えていません。
とにかく怖くて、その部分だけを印象的に覚えています。

Aベストアンサー

覚えてます!!
美内すずえさんの作品ですよね?
「みどりの炎」だと思います。

木を傷つけると血がでてきて、それを隠すために手をわざと切ってその木を握り締めて、自分の手の怪我から血が出ているのだと言い訳したおばさんが、やがて木になっていく、みたいなシーンがあったと思います。

http://www.nemesys.co.jp/neko/miuchi1.html
こちらのリストの別冊マーガレット1973年9月号のではありませんか?


人気Q&Aランキング