ブラームスの2つのラプソディについて、情報を探しています。伝記などでその曲の背景や、歴史を知りたいと思うのですが、その辺が詳しく書かれている、本や、サイトをご存知の方は紹介して下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私もBrahmsは好きなので,チョット調べてみました。


ここに書いてあることが,わかりやすいのでは?

(関係ないですが・・・)
あなたのHNは,物理学者に由来するものですか・・・?

参考URL:http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=188985
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!さっそく調べてみたいと思います。ブラームスお好きですか?私も好きです。
ちなみにHNは(せん越ながら)物理学者に由来するものです(笑)。

お礼日時:2006/03/23 15:51

#1です。

ブラームスは好きですよ。
昨年,ドイツレクイエムを歌った時は,歌詞が覚えられずに参りましたが・・・。
出張でドイツに行った折は,バーデンバーデンのブラームスハウスを見てきました。
今回の曲との年代関係はわかりませんが,ブラームスの音楽が頭に鳴り響くような雰囲気でした。

2つのラプソディ・・・演奏されるのですか?それとも何かの研究対象??

FeynmanのLecture on Phisicsは,大学時代に原書で読みかけて破綻しました。(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2つのラプソディー、演奏するんです。今回は第一楽章を。背景を知りたいと思ったのですが、この曲に関しては、探さないと情報がなかなかなさそうですね。
ファインマンは父の本を見て思いついたので、自分では読んだことないんです。なので、読みかけた、という経歴だけでも誇れるものですね!
重ねて、ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/24 10:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブラームス ヴァイオリン・ソナタ第2番のチェロ編曲はありますか?

ブラームスのヴァイオリン・ソナタ第2番作品100についての質問です。

ヴァイオリン・ソナタ第1番「雨の歌」は、ミッシャ・マイスキーほか何人かのチェリストが、チェロ編曲版を演奏しています。また、第3番は、ヨーヨー・マ&エマニュエル・アックスにチェロ編曲版の録音があります。
せっかくなので、第2番のヴァイオリン・ソナタも、チェロバージョンがあれば聴いてみたいなと思いました。もし、そういうCDがありましたらご紹介ください。

また、私は、クラリネット・ソナタのヴィオラ版、ヴァイオリン版も愛聴しておりますが、ブラームスの曲で、他に珍しい編曲版演奏がありましたら、併せてのご回答も歓迎いたします。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
ヴァイオリンソナタ2番のチェロ版は存じ上げません。ごめんなさい。
後半のみ。


☆シェーンベルク編曲 ピアノ四重奏曲第1番 管弦楽版
室内楽を挙げていただいているのにこんな派手なのをオススメするのもどうかと思いますが(笑)。

CDは,聴いたことがないもので恐縮ですが,こちらを。
http://ml.naxos.jp/?a=CHAN8825
http://www.hmv.co.jp/product/detail/56665
「ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ(ピアノ独奏曲)」の管弦楽編曲版とのカップリングです。

Qシューベルト,シューマン,ブラームスのピアノ曲オススメ

こんにちは。
以前,「ショパン,リスト,ラフマニノフのピアノ曲オススメ」でお世話になったものです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4617173.html

前回いろいろなオススメをいただきまして,ピアノ曲にも多少なじみが出てきたところで,そろそろ次のオススメも訊いてみようかと思い立った次第です。
さて,次は誰のことを訊こうかな~,と,いろいろ考えてみたのですが,今回はちょっと渋めに,

 『シューベルト,シューマン,ブラームス』

でいこうかと思います。
#なぜまた三名様セット? といわれると,大した意味はないのですが(爆),なんとなくリズムがいいので(笑)

前回と同じで,私からのお願い事項は,
 ・三名様のうち一名様のオススメでもOK
 ・曲の長短,有名/無名,親しみやすい曲かどうかは不問
 ・世評の高い曲のご紹介でもみなさまの嗜好によるオススメでOK
 ・曲でのオススメ,アルバムでのオススメ,ピアニストでのオススメ,どれでもOK
 ・前回ご回答いただいた方も,今回が初の方も大歓迎♪
 ・私のお願いを守らなくてもOK
  (でも,せめて作曲家と楽器は守ってください,笑)
です。

ついでに今回は,
 ・ピアノつき室内楽曲のオススメ
 ・ピアノ協奏曲のオススメ演奏(ブラームス&シューマン)
も,もしもあればお願いいたします。

こんにちは。
以前,「ショパン,リスト,ラフマニノフのピアノ曲オススメ」でお世話になったものです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4617173.html

前回いろいろなオススメをいただきまして,ピアノ曲にも多少なじみが出てきたところで,そろそろ次のオススメも訊いてみようかと思い立った次第です。
さて,次は誰のことを訊こうかな~,と,いろいろ考えてみたのですが,今回はちょっと渋めに,

 『シューベルト,シューマン,ブラームス』

でいこうかと思います。
#なぜまた三名様セット? と...続きを読む

Aベストアンサー

またお邪魔します☆
お次はシューマンでいきます。
リストアップしますね♪
☆アレグロOp.8
この曲はかなりマニアックです。ピアノの先生から教えて頂いて初めて知りました。 アレグロの流麗なメロディーとその中にあるシューマンらしい可愛らしさや煌びやかさが特徴的です。何度でも繰返して聴きたくなる1曲です(^_^) これを聴かなきゃマニアじゃないというくらい重要な曲だと勝手に思ってます!
オススメCDはイェルク・デームスピアノのシューマンピアノ全集です。HMVでお手頃価格で販売してます。

☆交響的練習曲Op.13 終曲 アレグロ・ブリランテ
とても活気があり躍動感とエネルギーが漲る輝かしい曲です。
この曲を知ったのはyoutubeで若かりし頃のアシュケナージがこれを弾いていたのを見たからです。 1回聴いただけで惚れました♪
オススメCDはアシュケナージが奏するシューマンピアノ曲集です。

☆ピアノ・ソナタ第2番
のだめで出てきた曲ですね☆彡
とにかく速い曲です!指がもつれそうです。けれどシューマンは初演するクララにこの曲を余り激しく弾かないようにと注意したそうです。 個人的には速い曲は大好きですしシューマンの素晴らしいヴィルトゥオーソ性が見られる作品なので愛聴してます。
CDは上に同じです。

☆森の情景 第8曲 狩りの歌
上で紹介した交響的練習曲と同じような曲なのです。元気良く勇ましい狩人が森で今日も狩をしているよ。というような茶目っ気ある楽しい曲です。CDは又もや上に同じです。

☆子供の情景 謝肉祭 幻想小曲集
この3曲はシューマンの中では絶対に外せない曲です。全て素晴らしく誰もが親しみやすいシューマンシューマンシューマンな作品です\(^o^)/ とにかく聴いてみんしゃいと言いたいです。

☆ピアノソナタ第3番
こちらは結構大人なシューマンが楽しめる曲ですね_φ(・_・ そしてマニアック。
聴きどころは何か不安に迫られていたかのような激しく怪しげで憂鬱な旋律が一気に駆け抜けて行きます。この作品を作曲中の彼は愛妻のクララとのことでクララの両親ともめていた時期だったようですね。
その時の様子がよく反映されています。是非聴いて頂きたい作品です。
オススメCDは上原彩子 ピアノのチャイコフスキー・コンクールライヴ

☆ピアノ協奏曲
良い曲ですよね♪中学生の頃ハマってたなぁ。
今もたまに聴いてはテンションあがってノリノリになります(笑)
愛聴盤は(p)アシュケナージ (Con)ウリ・セガル (S.O.)ロンドン交響楽団

私のオススメcdはほとんどがアシュケナージになってしまいます(^_^;)
本当に尊敬していて彼のピアノが好きだからこそ彼の演奏を選びます。あ語ってしまってすみません。

シューマンは実に愉快で想像力豊かな作曲家です。
これからシューマンを深めてみたいです☆

またお邪魔します☆
お次はシューマンでいきます。
リストアップしますね♪
☆アレグロOp.8
この曲はかなりマニアックです。ピアノの先生から教えて頂いて初めて知りました。 アレグロの流麗なメロディーとその中にあるシューマンらしい可愛らしさや煌びやかさが特徴的です。何度でも繰返して聴きたくなる1曲です(^_^) これを聴かなきゃマニアじゃないというくらい重要な曲だと勝手に思ってます!
オススメCDはイェルク・デームスピアノのシューマンピアノ全集です。HMVでお手頃価格で販売してます。

☆交響的...続きを読む

Qムラヴィンスキーのブラームス2番

半年くらい前にムラヴィンスキー&レニングラード・フィルのブラームス交響曲全集を購入しました。ロシアのレーベル(ヴェネツィア?)なので、キリル文字表示なのですが、2番が1978年録音と書いてあるようです。

さて、ムラヴィンスキーは1978年にレニングラードで2番を録音、同年に再びウィーン楽友協会で録音し、双方ともメロディア音源で日本ではビクターが販売していたと思うのですが、手元にあるものがどちらか知りたいのです。

この2番はライブ録音で、まさに出だしの瞬間に咳声が入っています(その直後もちょっと咳払いの音が・・・)。私はかつてレニングラード録音を聞いたことがあるのですが、このかなり目立つ咳は記憶にありません(編集で処理した可能性もあるでしょうか???)。

録音時間は以下の通りです。
1楽章 15:24
2楽章 9:11
3楽章 4:57
4楽章 8:42

情報がいただければ幸いです。

Aベストアンサー

その咳は下記の試聴のようなものでしょうか?
試聴5
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=214452&cldetail=1
試聴音源が出ない場合は「更新ボタン」を押してください。

ここには2番はウィーンでのライブと書かれています。
6/12/1978, Vienna, Austria [Live ]

1978年6月12日、ステレオ録音
ウィーン・ムジークフェラインザール(ライヴ)
エンジニア:アルフレード・ツァフレル

Qブラームスのピアノ曲より

発表会で演奏します。この中で最も魅力的に聴こえるものはどれでしょう?
(1)ラプソディ1番/ブラームス
(2)ラプソディ2番/ブラームス
(3)6つの小品op.118-1,2/ブラームス

個人的には(3)に惹かれたのですが、人前で演奏するには(特に聴衆に子供が多い場合)この魅力を表現するのは難しいのではないかと思い迷っています。今まで私も重く激しい曲を好んで演奏してきたのでやはり聴き映えのする曲の方が良いのではないか?とも考えます。
全て素敵な曲ですので個人の好みだとは思いますが、是非御意見をお願い致します。

Aベストアンサー

「優れた演奏ならば・・・」という条件(笑)で、私の考えを述べておきます。
作品118、中でも第2番イ長調は名曲中の名曲ですが、おっしゃるとおり、子供向けとは言えませんね。とくに第2番後半の、ポリフォニックでロマンティックな部分は、あらゆるピアノ曲の中でも、最も成熟した大人向けの音楽、と言えるほどではないかと思います。ブラームス晩年のピアノ小品は、プロの超一流でもなかなかステージに持ち出す勇気のでない渋いジャンルですので、難しいところですね。
2つのラプソディは、どちらも冒頭部分をぴたりと決めて、目の覚めるような鮮やかさでスタートできればこっちのもの。両方とも傑作で甲乙付けがたいのですが、明快なのは第1番、それが少し長すぎるのなら第2番、というところではないでしょうか? あいまいな回答でごめんなさい。

Q巨人・二岡の打順を2番にする利点がわかりません。

2008年の巨人の打順はどうやら二岡が2番打者として起用されるみたいです。
昨シーズンは谷が2番打者として良い活躍を見せたのに
なぜ今年は二岡が2番なのか、理由がよく分かりません。

谷ではなく二岡を2番として起用する利点は何だと思いますか?

Aベストアンサー

二岡も谷もチームバッティングできて足も同じぐらいで早打ちしないで球をちゃんと見ることができる。

違いを挙げるとしたら二岡は谷よりバントが上手いけど谷は二岡より打率が高いってことかな。

二岡だったら状況に応じて打ってもいいしバントで送れる。

谷だったら小技を使わなくても打っていけるだけの率がある。

こんな感じじゃね。

Qほんとうのベートーヴェンを知ることのできる伝記や映画、本、サイトを教えてください。

ほんとうのベートーヴェンの姿が知りたいと思っています。
 ロマン・ロランの「ベートーヴェンの生涯」はベトが神格化されてしまっています。
 販売元: ビデオメーカーから伝記映画がDVDで発売されているようですが、これはベトのほんとうの姿を知ることができるのでしょうか。
 聞くところによると、ベトはわがままな人だったとか。
ロランのを読む限り、わがままとは思えません。どうわがままだったのでしょうか。
 そういったことが気になっているのと、ロランの神格化されたベトではなく、ほんとうのベトの姿が知りたいのです。
 なので、ほんとうのベトの姿が知れる映画や本、伝記、サイトがあれば教えていただきたいのです。
よろしくお願いします。
 なお私は英語が読めませんので、日本語によるものを紹介してください。

Aベストアンサー

といえば、ベートーヴェン大事典しかないでしょう。

人物像のための一章が設けられています。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4582109225/qid=1099553797/sr=1-4/ref=sr_1_0_4/249-1410727-4617906

Q「赤鼻のトナカイ」の2番の歌詞が知りたいです

「赤鼻のトナカイ」という曲があります。
楽譜を見たら1番が終わったらまた最初に戻って2番を歌うようになっていますが2番の歌詞がありませんでした。
この曲の2番の歌詞が知りたいです。

Aベストアンサー

2番の歌詞は1番と同じでいいのではないのでしょうか?

歌詞は同じですが、楽譜で見ると1番と2番の最後の音(喜びましたの「た」)の長さが違うため、2番があるのだと思います。

英語の歌詞でも内容はほぼ同じですし、1番と歌詞の違う2番は存在しないと思います。

Q大学をイメージするハイソサエティなクラシック曲をご推薦ください。(Ex. ブラームス 大学祝典序曲など)

お世話になります。
ブラームスの大学祝典序曲のような感じで、
欧州の「躾の厳しい上流階級のお嬢様学校、大学、講義、寄宿舎生活、キャンパス、図書館、」
などをイメージするようなクラシック曲(曲名、作曲者の両方)を教えてください。

あるいは、大学祝典序曲以外で、ラジオテレビの教育番組、語学講座のテーマ曲となっていた曲でもいいです。


できれば試聴できるサイトを一緒に紹介していただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

キリスト教系なら迷わずバッハですね。管弦楽組曲2番bwv1067やブランデンブルク協奏曲5番はどうでしょう。
http://www.youtube.com/watch?v=z_DBmXycCQU
http://www.youtube.com/watch?v=4X7N0wU2L8o

おごそかなものなら、アルレグリのミゼレーレ。
http://www.youtube.com/watch?v=RLUafMBLtzo

Q2番のほうが有名な曲

テレビで氷川きよしさんの「箱根八里の半次郎」や「大井追っかけ音次郎」を聞いたときに、「半次郎」や「音次郎」という歌詞が出てこない2番ってあまり流れないですよね。(時間の関係もあるかもしれませんが)
童謡の「ちょうちょう」もなぜかすずめの歌に変わっている2番は歌の本にでてないし、アニメの「サザエさん」も流れているのは4番まであるうちの1番と3番ですよね。

ところで、逆に2番が1番よりも有名な曲はどんなものがありますか?
北島三郎さんの「詠人」の「おじゃる丸」のオープニングで流れている部分が2番であることと、「アンパンマン」のオープニングが2番なのは知っているのですが、他にどんなものがあるのでしょうか。
CDを聞いて、またはカラオケで歌って初めて1番の歌詞を知ったというのでも構いません。

Aベストアンサー

 わらべの歌で大ヒットした「めだかの兄妹」は、1番では「すずめの兄妹」と歌っているにもかかわらず、曲名のためかカラオケで歌われる方の大半が、最初から「めだかの兄妹は・・・」と、間違って歌い出されます。

Qブラームスの曲

私は、最近ブラームスを聴いています。
どなたかブラームスでオススメな曲あれば教えて下さい。
ちなみにブラームスで好きなのは、6つの小品集の「intermezzoOp,118-2」です。

Aベストアンサー

失礼します。

渋さと重厚さのブラームスは今からの時期にはちょっと暑苦しいかな?とは思いますが・・・笑

(秋に聴くともっともフィットしますが・・・)

以下におすすめの曲を挙げておきました。


・F、サガンの小説「ブラームスはお好き?」でも有名になった、交響曲第3番。(ブラームスの英雄交響曲なんていう人も・・・特に3楽章のメロディーはロマンチックで素敵です)


・同じく、交響曲第1番・・・(これまた、あのベートーヴェンの第10交響曲なんて、あだ名?がついていたりもします。特に第1楽章冒頭のティンパニーの鼓動に導かれて管楽器群の下降音と弦楽器群の上昇音との対比が荘厳さと神秘性をも醸し出す序奏は圧巻!第4楽章のアルプスホルンのあとの弦楽器のテーマは思わず鳥肌立ちますよ!)


・のどかな第2番と人生の秋とも言える交響曲の最後を飾るにふさわしい第4番、いずれもお聴き逃し無き様!


・2つのピアノ協奏曲と唯一のヴァイオリン協奏曲は前出なので省略します。いずれも、音楽史の上で、抜きには考えられない大傑作です。言うなれば、「独奏楽器を伴った交響曲」といった趣です。


ブラームスは和声や対位法といったテクニックを存分に駆使したオーケストレーションの上手さは群を抜いています。もともとはピアノが専門のブラームスですが、オーケストラで用いられる各楽器の性能や効果的な使い方も十分熟知していました。
そして、ブラームスを聴くうえで絶対に聴き逃してはならないのは「室内楽」曲の数々です。
まさに名曲の宝庫です!


・まず、映画「恋人たち」の中で流れて有名になりました、弦楽六重奏曲第1番。(映画は~第二楽章)是非、秋に聴きたい曲です。


・クラリネット五重奏曲・・・クラリネットと弦楽四重奏という編成です。モーツァルトのものと双璧をなす、最晩年の名曲です。メロディーと各楽器の掛け合い等を含め素晴らしく、特に第二楽章や、終楽章の変奏が最後は「ため息」のごとく終わる感じが、もう絶品!


・ホルン三重奏曲・・・ホルン、ヴァイオリン、ピアノという変則的な編成。中間楽章のホルンとヴァイオリンのむせび泣きが心に染みます。


・ピアノ五重奏曲・・・ピアノと弦楽四重奏という編成。全曲を通じてドラマチックな感じの曲。


・ビオラ・ソナタ第2番・・・これも晩年の曲。クラリネットで演奏されることもあります。やはり、秋にもっとも合っていて聴きたい曲のひとつですね。


・そして、大トリ!は、私の最も好きな曲。
 ヴァイオリン・ソナタ第1番「雨の歌」・・・しっとりとした詩情豊かな名曲です。鬱陶しい梅雨の時期にもその題名の如く、うってつけ?の曲かと・・・
あと、第2番、第3番も甲乙つけがたく素晴らしいです。まさにヴァイオリン・ソナタの「三部作」とでも言える傑作です。


とりあえず、このあたりから入ってみては如何でしょう?

失礼します。

渋さと重厚さのブラームスは今からの時期にはちょっと暑苦しいかな?とは思いますが・・・笑

(秋に聴くともっともフィットしますが・・・)

以下におすすめの曲を挙げておきました。


・F、サガンの小説「ブラームスはお好き?」でも有名になった、交響曲第3番。(ブラームスの英雄交響曲なんていう人も・・・特に3楽章のメロディーはロマンチックで素敵です)


・同じく、交響曲第1番・・・(これまた、あのベートーヴェンの第10交響曲なんて、あだ名?がついていたりもし...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報