こんにちは。
4月から就職をする者です。
年金の加入期間を報告する書類を提出しなければならないのですが、
「年金の未加入期間又は未納期間がある場合は始期と終期を記入してください」と書いてある欄があります。
私は学生時代の2年間「学生納付特例」を、その後1年間無職だったときは「若年者猶予」を受けていて、このあわせて3年間分はまだ追納していません。
この場合、上に書いたような3年間はやはり「未納」にあたるのでしょうか。それとも特例や猶予を受けた分はここでいう未納にはあたらないのでしょうか。分かる方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

普通、加入期間と言えば20歳のお誕生日の前日~現在に至るまで


(現在もまだ国民年金なので書く必要なし)で記入すると思います。
加入期間はお誕生日の前の日になっていますか?
学生納付特例や、若年者納付猶予は未加入には当てはまりません。
未納期間にも該当しません。まだ納付する事が出来るからです。
本来未納とは、2年以上納める事が出来ず放っておいてしまった
場合をさします。未納=時効とも言います。なので学生納付特例や
若年者納付特例と書いても、未加入、未納には該当しないので
大丈夫です。逆に学生納付特例や若年者納付猶予の制度をきちんと
使っていると、いい意味で評価されると思いますよ(*^_^*)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!
加入期間は、「20歳の誕生日~」or「誕生日の前日~」で、迷っていました。基本的なことも分からず質問してしまって、ゴメンナサイf^^;)とても助かりました。
特例期間が未納に該当しないこともよく分かりました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/03/20 23:16

その書類は多分、平成17年4月から導入されている「年金加入期間等報告書」ですね。

素直に国民年金加入として取り扱って差し支えないです。
備考欄があると思いますので、「学生納付特例」、「若年者猶予」と書けばOKです。
もともと、年金加入期間等報告書は、本人に未納がないかどうかなどを意識させるための書類で、これ自体が年金額の決定や保険料納付の確認などには、直接使用されるものではありません。

#1の方のとおり、上手に制度を活用していますね。人事の方の評価アップにつながるかと思います(給料アップにはつながらないと思いますが。)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそく備考欄に「学生納付特例」「若年者納付猶予」と書きました!ありがとうございます。
この書類は意識させるための書類だったんですね、この書類が確認に使われるものだと思っていました。
お給料アップは仕事の方で頑張りたいと思います(笑)本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/03/20 23:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学生納付特例制度で猶予された国民年金保険料の追納

学生納付特例制度で猶予された国民年金保険料は、追納した方がいいのでしょうか。
社会保険庁のホームページを見ると「学生納付特例期間については、10年以内(例えば、平成20年4月分は平成30年4月末まで)であれば保険料をさかのぼって納めること(追納)ができます。将来受け取る年金額を増額するためにも、追納することをお勧めします。」とあります。
たいした増額が見込めないのであれば追納をしない方向で考えているのですが・・・。

「どうせあなたが高齢者になったときに年金なんかほとんどもらえないんだから追納は不要。」などという荒唐無稽な回答ではなく、回答とその根拠をセットにして答えてくださるとありがたいです。

Aベストアンサー

学生納付特例で追納した経験者です。

これまでの回答にもありますが、追納できるのなら追納することをお勧めします。私の場合、余裕ができたある年に一気に追納し、所得税・住民税・息子の保育料をかなり節約したことがあります。

なお、納める際は3月までと4月からとでかなり金額が変わるので留意して下さい (3月末に利息がつきます)。

Q全額免除期間と学生納付特例月数期間の追納

学生時代に国民年金を免除してもらってました。
今回送られてきたねんきん特別便を見ると、
全額免除37ヶ月、学生納付特例月数12ヶ月となってました。
調べてみると2000年から学生納付特例制度ができたということで、
私の学生最後の年の一年が学生納付特例期間、それ以前の3年間が全額免除期間に当たっていると理解しました。

現在私は31歳ですが、これまで国民年金の追納を行っていません。
調べると免除期間から10年以内は追納できるとのことですが、
もう20歳の頃のは追納できないということでしょうか?(質問1)

またこれから追納するとして、全額免除期間は追納せずに学生特例納付期間のみ追納することは可能なのでしょうか?(質問2)
(全額免除期間は1/3は支給されるならば、このまま払わずにおこうかと思っています。学生特例納付期間は0支給なので、払ったほうがいいのかなという考えです。)
また、どちらの免除期間についても、早めに払ったほうが支払い額は少なくすむものなのでしょうか?(質問3)

すいませんが、ご教授ください。

Aベストアンサー

A1
追納は可能です。
又、ご自身が書かれて居りますように「10年以内」なので、平成20年度に行える追納は平成10年度分までとなります。
この(↓)URLの最後の方を参考になさってください。
http://www.sia.go.jp/top/gozonji/gozonji02.htm

A2
可能です。
追納に関しては国民年金保険法第94条に定めがあり、免除された期間の内、一部を納めるある場合には、同条第2項の定めにより
第1順位:学生納付特例(国年法第90条の3)
第2順位:法定免除(国年法第89条)、申請免除(国年法第90条)
このような順位付けがされております。
ですので、一部だけ支払ったら学生納付特例分に対して支払った事になります。

A3
年単位ですが、その通りです。
国年法第94条第3項の定めにより、3年(今年でしたら平成17年度以前)以上前の保険料を納める場合には、『本来の保険料+加算額』となります。具体的な金額A1に付けたURLをご参照下さい。

Q学生納付特例制度の追納

大学を留年していたため6年分の国民年金を払っていません。
現在社会人です。
追納するとしたらどれくらいの金額になりますか?
結構な額になると思うのですが払ったほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

> 大学を留年していたため
私は勤めながら通信制に在籍していたので8年掛かりましたよ(笑

> 追納するとしたらどれくらいの金額になりますか?
現在社会人ということは、平成19年度~平成24年度が追納の対象ですね。
すると・・・日本年金機構のHP(↓)に各年度の月額が載っていますが、6年間の分の合計は107万8560円になります。参考までに各年度毎の年額も書いておきます[検算はいたしましたが、ご質問者様も一度計算してみてください]。
 平成19年度
  追納の月額14,780×12=177,360
 平成20年度
  追納の月額14,890×12=178,680
 平成21年度
  追納の月額14,970×12=179,640
 平成22年度
  追納の月額15,240×12=182,880
 平成23年度
  追納の月額15,020×12=180,240
 平成24年度
  追納の月額14,980×12=179,760
【日本年金機構 該当ページ】
 http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3896
因みに追納は古い方から充当されます。[時効の関係かな?]

> 結構な額になると思うのですが払ったほうがいいのでしょうか?
当方、資格者なので・・・納付を否定する事は倫理規定に反するので・・・

> 大学を留年していたため
私は勤めながら通信制に在籍していたので8年掛かりましたよ(笑

> 追納するとしたらどれくらいの金額になりますか?
現在社会人ということは、平成19年度~平成24年度が追納の対象ですね。
すると・・・日本年金機構のHP(↓)に各年度の月額が載っていますが、6年間の分の合計は107万8560円になります。参考までに各年度毎の年額も書いておきます[検算はいたしましたが、ご質問者様も一度計算してみてください]。
 平成19年度
  追納の月額14,780×12=177,360
 平成20...続きを読む

Q学生納付特例の追納

いつもお世話になっております。

私は9年ほど前に三年間 年金の学生納付特例を受けてました。
追納しようか迷ってるのですがどう思われますか?
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

似たような質問が最近多かったせいか誰も答えていないようなので、答えておきます。学生特例期間は将来の年金額に寄与しませんから余裕が有れば払った方がよいと思います。それに払った保険料の全額が控除対象となりますから、年収が多ければ税金が還付されることに成ります。ただし、余裕がないのであれば払わなくても資格期間に入っているので全く問題は有りません。3年だと今の年金額では年額で6万円程度の差になりますので、もらい始めてから9年以上生きていれば払った以上になりますが、さほど気にするほどの金額ではないかと思います。

Q学生納付特例 追納について

学生納付特例の追納について教えてください

私は学生納付特例制度の申請をして年金を免除されていたのですが、追納するのを忘れてしまい、
気付いたときには免除期間の一部が10年経過してしまいました。
10年経過していない期間だけでも追納したほうがよいのでしょうか。
教えてください。

年金状況
国民年金 学生納付特例:21ヶ月
以降、厚生年金。

Aベストアンサー

こんばんは。

10年経過していない期間だけでも追納したほうがよいのでしょうか。
→ご存知のとおり,学生納付特例による免除を受けた期間は,将来の年金額にまったく反映されません。追納できる期間の保険料(:免除承認日の属する月前10年以内に納期限がある保険料)だけでも追納したほうがよいと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報