人間の歯は2回生えます。動物の歯は何回くらい生え変わりますか。様々でしょうが知っている動物で教えてください。

A 回答 (2件)

ヒト,イヌ,ネコ,ゾウ‥多くの哺乳動物は2回(乳歯と永久歯)の生えかわりですネ。


サメなんかは20列にも及ぶ歯をバックアップ用として持っていて,折れたら直ぐに生えかわる『使い捨て』のような歯ですよネ。
どうも,進化の過程で歯の生え変わり回数は減少してきたみたいですネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/24 06:58

鮫の類・・・いくらでも生え変わるどころか、常に予備を持っています。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/24 06:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q動物は外見だけで人間を識別できるが、人間は外見だけでは動物を識別できない?

こんにちは。

もしかしたら生物学というよりは、脳科学の分野なのかもしれませんが。。。先日なにかの機会に、「動物は外見だけで人間を識別できるが、人間は外見だけでは動物を識別できない」というようなことを聞いた記憶があります。

おそらくこの意味するところは、100人の人間がいたら、猿はその100人の人間の顔の違いがわかる。しかし、100匹の猿がいても、人間はその100匹の猿の違いが顔からはわからない。(もちろん、できる人もいるかもしれないが、普通の人にはできない。)ということのように思います。

そこで、このことに関してもっと勉強したいので、説明してある本(できれば一般向け、高校生くらいでも読める本なら尚良)をご紹介いただけませんか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

全くの見当違いかもしれませんが・・・
ご覧になったのは昨年10月にNHKで放映された「赤ちゃん 成長の不思議な道のり」でしょうか?

http://www.nhk.or.jp/special/onair/061022.html

中身の詳細は以下で紹介されています。
http://h-mind.blog.ocn.ne.jp/mindramble/2007/02/post_e57d.html

もしそうだとすれば、もう少し詳しい説明をしてくれる人がいると思います。

Q歯はなぜ2回しか生えないのですか?

なぜ哺乳動物では、乳歯と永久歯の2回しか歯は生えないのですか?例えば、サメやネズミでは歯は生え続けるようですが、どのようなメカニズムなのでしょうか?哺乳動物とどのように異なるのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

○サメのばわい

サメの歯は表皮が角化したものが歯になっとります。
で、顎(つまり口の内側から外側)の方へ皮膚が成長?して行くわけですから、
表皮が角化した「歯」は何度も何度も生えているように見えるのです。
見かけは何度も生えているようにみえるのですが、同じ場所を見ているとそうではないハズです。
これは頭の中での実験ですが、サメの口のどこかにインクで色をつけます。
ちょっとしたら、歯が生えてくるでしょう。
もう少し観察していると、そこから歯が抜けながら、インクは口の外へ移動します。
歯が抜けても後ろからまた新しい皮膚が角化しながら進んで来るので、
歯が抜け落ちてもどんどこ生えてくるように見えます。
イメージできますか??

○ネズミのばわい

この場合は「つめ」のように考えたらどうでしょうか。
折れたらダメだけど、欠けても伸びるんでしょう?
基本的には「歯」という器管は、皮膚と同じ由来だと思ってください。
で、ちっこい動物の心臓の拍動の早さとかって、早いのしってますよね?
どんどん血液が送られてくるんだと思います。だからガンガン死ぬまで伸びるけど寿命も短い。
人間のようにヘンに長寿じゃないので、伸びながら死ねます。(言い方が悪いけど)

○人間のばわい

えーっと、まず人間の歯が「できあがる」のは、いつか知ってますか?
今のところ、親知らずなしの人は上下左右それぞれ7本ずつありますね。
その中で一番遅い完成なのは7番目の歯です。これは生えてから完成まで数年かかります。
生えても、根までは完成してないわけです。で、完成するのは16歳くらいだそうです。
親知らずの場合は、20歳前後に完成です。
二回しか生えてこないというのは、どういう機構か証明はできませんが、こう考えてみて下さい。
キーワードは「成長」です。筋肉などの成長は男子では25歳くらいとか言われますね。
じゃあ、その後は成長するのか?というと、してるのかも知れません。
でも多分、皮膚が剥がれ落ちることに代表されるように、排泄されるスピードに対して
成長するスピードがおいつかないんでしょうね。わかります?
それでいくと、二回が限度なんですね。成長期に歯を作る限度が二回。
場所的なことは、きっとまた別です。結果的にそうなっているだけですから。(顎の大きさとか)
ちょっとたくさん書いてしまったので、ここまでにしときます。

○サメのばわい

サメの歯は表皮が角化したものが歯になっとります。
で、顎(つまり口の内側から外側)の方へ皮膚が成長?して行くわけですから、
表皮が角化した「歯」は何度も何度も生えているように見えるのです。
見かけは何度も生えているようにみえるのですが、同じ場所を見ているとそうではないハズです。
これは頭の中での実験ですが、サメの口のどこかにインクで色をつけます。
ちょっとしたら、歯が生えてくるでしょう。
もう少し観察していると、そこから歯が抜けながら、インクは口の外へ移動...続きを読む

Q動物が人間や他種の動物と言葉が通じるようになり、会話できたり、動物が普通に学校で義務教育を受けたり、

動物が人間や他種の動物と言葉が通じるようになり、会話できたり、動物が普通に学校で義務教育を受けたり、人間や他の動物や同種の動物の友達とテニスしたり、映画館で映画観たり、動物がオリンピックに出られたり、動物が職業に就けるような夢の世界を作ったら、ノーベル賞は貰えますか?その他にも貰える賞等がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

残念ながらそれが起こると大戦争が起き、知的生物は壊滅します。現在でも人種差別問題で町中で頻繁に人間が射殺されます。全ての知的生物が一瞬のうちに混ざるならともかく、群れを作って住む様になると互いに反目しあい耕地や水を取り合い、産業を取り合い、さらに騙し合い、兵器産業は戦争をあおります。最終的に核戦争になり齧歯類の様に地下で生き延びられる種族を残して地上は荒れ果てます。悪い事に、この齧歯類レベルの連中は直ぐに知的生物に戻ってしまうので、これを幾度繰り返すか分からないのです。言葉が通じ合わないから平和なのです。

Q【人間】人間は群れる性質がある動物のはずなのに群れるのを嫌う人間がいます。これはなぜですか?

【人間】人間は群れる性質がある動物のはずなのに群れるのを嫌う人間がいます。これはなぜですか?

Aベストアンサー

嫌う、と言う事は「群れを意識している」から発生する感情。

群れに入りたいのに何か障害があって入れない。
希望が達成されないので当人は不安定になる。
その不安定に対するカウンターが「嫌う」です。
何かしらの理由をつけて群れを嫌う、は
群れに参加できない欠陥のある自分自身を
「参加できないのは自分が嫌っているから」と
都合の良いように解釈する行為。

本当に群れない存在は、群れを嫌う事すらしませんよ。

Q【動物】ペンギンに噛まれると人間の指はちょん切れてしまいますか? 凄い歯をしてそうですが。。 ペ

【動物】ペンギンに噛まれると人間の指はちょん切れてしまいますか?

凄い歯をしてそうですが。。

ペンギンは可愛い顔をしていますが、海で魚を食べますよね。

あの固い骨を噛み砕いているのでしょうか。

それとも飲み込んで胃で消化でしたっけ?

Aベストアンサー

コラ画像ですね


人気Q&Aランキング

おすすめ情報