質問があります。西遊記に出てくる「二郎真君」は、「封神演義」に出てくる「楊ゼン」と特徴がそのものズバリ当てはまりますよね?哮天犬や三尖刀を持っていて、随一の美男子でしかも強い、という設定は、両方に当てはまっていると思います。やっぱり同一人物なんでしょうか?また、なぜ西遊記と封神演義は「ナタク」や「李精」等類似点がいくつかあるのでしょうか??教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>道教神話というものは、ほぼ同時期に出来ている、ということなんでしょうか



いいえ。そもそも道教の始まりがいつごろか、というのは論争がありますし、一概にこうともいえないでしょう。たとえば女?あたりはひょっとすると漢民族の中国が成立する以前の神かもしれませんし、西王母なんてのも(かつて実在した形跡あり)穆王の時代、というのは西周のころですがどちらかといえば穆王に対する上位者としてふるまっていたと考える向きもあるようです。つまり漢民族が支配する以前の、また統一的な支配というのは実は秦以前にはなかった、というか周の時代の支配関係はかなり多民族的だったと思います。それを楚の勢力が統一して中国を作り出したのが秦漢王朝だったと思うのですね。ですから大体周王朝の後期くらいから、いろいろな民族の神話がまとめられ始め、未だなかった統一国家・統一民族の神話や思想が徐々に作られていくわけです。このあたりは
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4121015 …
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061495 …
にくわしいです。
その後、漢の時代にこういった思想や神話が体系として記録されるわけです。
後漢の末に五斗米道や太平道が起こったのが道教の教団として(少なくとも大規模なものとしての)始まりになります。
その後道士による宗門の道教と民衆の中の通俗的な道教に分裂しながら、神様の数がどんどん増えていくわけです。このあたりは日本でも似たようなことが起こっていますが。
前者の教団は教義上重要な神様、たとえば元始天尊などをつくりだし、後者の民間信仰が関帝聖君や二郎真君を作り出します。もっとも傑作なのがかの斉天大聖・孫悟空で、はじめから講談ないし小説の登場人物なのに、ついには神様になって祀られています。さしずめガンダム神か、いやむしろライディーン神でしょうかね。
というわけで千年以上にわたって連綿と作り出されてきた神様が道教にはいます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E9%81%93% …
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%93%E6%95%99
    • good
    • 0
この回答へのお礼

またのご回答ありがとうございます。大変詳しく書いてくださり、とても分かりやすかったです。道教神話が出来上がってきたプロセスが理解できた気がします。こういった道教の動きを受けて、有名な神様や人気のある神様が様々な作品に多く登場してくるようになるんですね。
本当にスッキリしました。
 リンクしてくださった本も、時間を見つけて読んでみたいと思います。丁寧で親切なご回答、本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/03/23 23:43

#2のものです。



ポピュラーというよりもヒーロー的な存在というべきでしょう。

おそらく今で言うところのドラマや映画を見ると
必ず中心的な存在で出てくるあの俳優といったところではないでしょうか?

モデルとなった人物の史実での活躍や
もともとの神話での活躍もあってのことだとは思いますが
「彼らが出てくれば話が盛り上がる」という
キャラクターと言うかカリスマ性があるのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

またの回答ありがとうございます。
なるほど、ヒーロー的存在だったんですね。俳優というたとえだとよく分かります。ヒーロー性から同じ神様がいろんな物語に多く登場するという要素もあるのですね。
 とてもためになりました。

お礼日時:2006/03/23 23:46

#3です。

失礼しました。那「托」じゃなくて口偏ですね。(文字化けして出ません。楊せんのせんの字も)
人の間違い追及するのなら自分も間違えるな、ってことで困ったもんですが。
前者は「たく」と読めますが後者は「た」です。
ちなみに水滸伝の八臂(はっぴ)那「た」、というのは綽名ですが。
#2さんが仰っているように道教神話は唐から宋にかけての頃にはある程度でき上がっていたようですから(もっとも後世にいろいろ追加されたり変形されたり。唐代の人物なんかも神様になったのがいます。李靖はほんとは唐の頃の実在の人物ですね。だから西遊記はともかく封神演義に出てくるのはちとあれですが)、そういう意味では共通する登場人物(というか神様ですね)があっても不思議ではないでしょう。ただし扱いはかなり違いますが。

この回答への補足

二度もお答えいただきありがとうございます。
そいういった道教神話というものは、ほぼ同時期に出来ている、ということなんでしょうか?その当時に信仰が強かったり人気があったりした神様や仙人、人物が、「西遊記」や「封神演義」などの多くの物語に登場してくるということになるんでしょうか。

補足日時:2006/03/22 22:16
    • good
    • 0

>やっぱり同一人物なんでしょうか


この場合は同一人物だったと思います。(封神演義の方)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A1%95%E8%81%96% …
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%81%E7%A5%9E% …
なお、封神演義と西遊記はどちらももともと演義、つまり、今でいうと講談のようなものが元になっているため、誰が作ったという話でもなくあえていえばよってたかって作ったようなものです。ですから相互に影響関係があるでしょうが、どちらからどちらとは言えないような気がします。
なお、那托の正式な読みは「なた」ですし、李精ではなくて李靖です。
また楊?は「ようせん」です。この点については
http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/%7Enikaido/hous …
ちなみに私の読んだ中で最もかっこよかった二郎真君は井上祐美子さんの小説「長安異神伝」のシリーズに出てくるやつです。蛇足ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返事ありがとうございます。
封神演義も西遊記も、時を経ていろいろ解釈や背びれ尾びれをつけながら語り継がれていったということでしょうか、相互に影響関係があるというのは納得しました。道理で類似点が多いんですね。
 読み方が違うのは知りませんでした。漢字も間違えてましたか、すみません。今まで誤った読み方が私のなかで定着していたので、ちょっと驚きました。
 いろんなところで登場する二郎真君、ぜひ「長安異神伝」も読んでみたいと思います。

お礼日時:2006/03/22 22:13

と、言うよりも同じ中国神話の神々を登場させているのに


全くの別人が出てくるほうが問題ある気もしますが、
質問者さんが感じてらっしゃるように西遊記の二郎真君と
封神演義のヨウゼンは同一人物とするのが通説のようです。

特に二郎真君はナタクと並び非常に人気のある神様(仙人)なので
多くの中国の物語で登場しています。
となれば超有名な西遊記、封神演義の2作品で
登場しているのも当然といえるのではないでしょうか?

この回答への補足

ご返事ありがとうございます。つまり、ナタクや楊ゼンなどは中国神話のなかで信仰の強い、ポピュラーな仙人(神)の一人であるから、様々な中国の物語で登場することが多い、ということなんでしょうか。念押しのような補足質問ですみません;;

補足日時:2006/03/22 22:02
    • good
    • 0

類似点は、きりがないんじゃないかなー。


ヨウゼン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A1%95%E8%81%96% …
ナタク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%BF% …
でも、ネットの世界は広いか、詳しく調べてる人もいるのかも。
私も楽しみにしてまーす。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返事ありがとうございます。
早速リンクしてくださったURLを開きました。いろいろ書いてあって参考になりました。またいろんなサイトさんを見てみたいと思います。

お礼日時:2006/03/22 22:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q西遊記のエンディング

明後日(8/12)、西遊記の映画を観に行きます。

よくエンディング(歌)の後に話がちょっと続いたりNG集があったりする作品があるのですが、西遊記はどうでしょうか?

その日はハシゴして他作品も観に行く予定でいまして、西遊記の終了予定時間と他作品の開始時間が同時刻なため、西遊記のエンディングの後に何もなければエンディングをスルーして他作品上映劇場へ直行しようと思っています。

ちなみに、チケット・座席は共に今夜オンラインで事前予約しますので、現地では発券機を操作する僅かな時間しかかかりません。
他作品上映劇場への移動時間は発券機操作も含めて10分程度ですので、西遊記のエンディングを見ないで移動すれば他作品上映前の宣伝や予告上映あたりで辿り着けるのではないかと考えています。

ネタバレになると他の方へご迷惑がかかると思いますので、何かあるかないか程度のお答えで結構です。
または、エンディングそのものが面白かったというご感想でも結構です。

宜しく御願い申し上げます。

Aベストアンサー

エンディングでは
モンキーマジックのAround The Wolrd(たぶん)
のあと

ゴダイゴのガンダーラ(たぶん)がかかり
なつかし~

と涙がでそうになりました。

曲の後に話が続く」とかなかったような・・・
あっても記憶にありません。ゴダイゴがインパクト強すぎて
聞き入ってしまいました。


ちがってたらごめんなさい。

参考まで

Q封神演義に出てくる妖怪

封神演義で、梅山に住んでいる妖怪の名前を教えて下さい。

Aベストアンサー

梅山七怪(ばいざんしちかい)です。
こちらに情報があります。
http://houshin-engi.net/2008/01/post_27.php

Q堺 正章出演の西遊記について

現在西遊記2がスカパーのファミリー劇場で放映されていますが、初期の西遊記はまた放映されるのでしょうか?またファミリー劇場以外で放映される可能性はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

「初期の西遊記」とは、西遊記Iのことですか?
西田敏行が八戒をやったものですよね?

今やってるIIの前に放送してましたので、すぐに放送予定はないと思いますが、ファミリー劇場にリクエストすればまたやってくれると思いますよ。
半年前ぐらいにTVKでもやってましたが、他局では難しいと思います。

Q本を読むとき、登場人物をイメージしますか?

ふと気になったので質問しました。

私は小説などの物語を読むとき、似たような芸能人を登場人物に当てはめてイメージして
読んでいます。その方がリアリティが出やすいと思ってますので。

ただ実際みなさんはどうなんでしょうか?

ただ単に文字を追っているだけですか?それとも全くのフィクションの人物をイメージしてますか?
もしくは私と同じように誰かを当てはめて読んでますか?

みなさんの読書の仕方を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

映像化されたものを先に観ていた場合は、
そのキャストを思い浮かべて(というか、思い浮かべざるを得ない)、読みます。

小説を先に読む場合は、最初はイメージしません。
が、途中から「もし映像化したら、誰が演じるだろう」と考えて、
その役柄にマッチした俳優さんをイメージして読みます。

余談ながら、誉田哲也さんの「ストロベリーナイト」は、
先にドラマを観てから小説を読んだのですが、
井岡博光(生瀬勝久さん)は、ドラマを観てから書き直したのではないか、と一瞬疑ってしまうほどピッタリに思えました。
(なお、文庫版解説を読んだ際、誉田氏の執筆方法が実際の俳優を思い浮かべていることを知り、且つ井岡のイメージが生瀬さん(らしい)と知った時、笑いが止まらなくなりました)

Q西遊記の時代はいつごろ?

西遊記が出版されたのは1500年代だと聞いてますが、
西遊記の内容はいつ頃のことを舞台としているんでしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 西遊記の三蔵法師の生没年は、602年 - 664年と言われているそうですから、5世紀の中ごろの話ということになりますね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%84%E5%A5%98%E4%B8%89%E8%94%B5

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%84%E5%A5%98%E4%B8%89%E8%94%B5

Q時代小説を書きたいのですが、登場人物について

 お願いします。
 元禄泰平の世の大坂を舞台に、比較的自由な立場の主人公が、いろんな事件に首を突っ込んでは解決していくという内容の小説を書きたいと思っています。
 この場合、登場人物が全て架空の人物というのではまずいでしょうか?
 事件に最終的なお裁きをもたらす侍くらいは、実在のほうが良いのでしょうか?
 落語などでも、お白州のシーンがある噺は、侍は実在した人物の名前が出てきますよね。

 狙いとしては、文学なんて言われる路線ではなくて、完全にエンターテイメントとして書くつもりです。
 ですが、それを理由に架空の人物だけで物語を構成するのは、漫画ではOKでも小説になってしまうとNGのようにも思えます。

 その辺りのさじ加減がわかりません。どなたかご指導お願いします。

Aベストアンサー

大阪に住む者です。

リアリティのことで、人物ディテールより人物配置、また上方と言われた風土の背景、せめて食べ物と言葉と、地名くらいは正確に書いてもらわないと、ご当地は白けてしまいます。

大坂は、町人、商人の町と呼ばれ、自由な活気が、学問を非常に盛んにさせませた。

江戸の学問が、公儀=体制側から発生したのに対し、上方の学問は、侍階級関係なく、早めに引退した商家の旦那衆などを中心に、実学、化学や経済学が発達しました。

私もそれを真似て、50歳で隠居したくらいです(笑)。

生き生きとした江戸期の大坂をリアルに、描いていただければ、かなり面白い小説が出来るのではと、期待致します。

尚、地名として当時の周辺都市は、京、堺、西宮に尼崎、あと池田と伊丹、それに枚方くらいです。

古地図を見つつ、船場と北浜や堂島の位置関係を、嘘の無い程度に覚えて下さると、幸いです。

Qドラマ「西遊記」は何故そんなに人気なんですか?

  最近放送し始めた「西遊記」は凄い話題になってるようですが、その原因は?ドラマ「西遊記」についての批評とかはありますか?皆もし手がかりがありましたら是非教えてくださいね。

Aベストアンサー

私がよく言っているドラマファンのサイトです。
ここでは結構辛辣な意見がでています。

この「西遊記」のところへいけると思います。
http://www.rendora110.tv/bbs/200601/gokuu/drabbs.cgi

他のドラマもみたいなら「連ドラ110」へ行けばいいですよ。

我が家では高2の娘が少しだけ見て(コナンを見た後)イマイチ・・・といってチャンネル変えました。

Q小説や漫画などの物事があんなにスムーズに進むのは登場人物の潜在的な価値観が同じだからですか?

小説や漫画などの物事があんなにスムーズに進むのは登場人物の潜在的な価値観が同じだからですか?

Aベストアンサー

うん、合ってる。
だって、登場人物全て、作者という一人の人間が作ったものだから。
潜在的価値観は同じでしょ!

Q本木 雅弘さんの西遊記

はじめまして。
私は『西遊記』がとても大好きな人間です。
きっかけは、私がとても小さい頃に正月か何かの番組で『西遊記』を見たとき酷く感動した事が始まりでした。
今でも『西遊記』が大好きで色々な本やビデオを見たりしています。

そこで私が始めて見た、最初に感動を与えてくれた『西遊記』を見付けてもう一度見たいと思ったのです。
しかし、ビデオやDVDを探しているのですが、見付かりません。
何方か手掛かりか情報を下さい。
私が知っている情報は、孫悟空役を演じていた俳優がシブがき隊の元メンバー『本木 雅弘』さん。三蔵役を演じていた女優は『宮沢りえ』さん。
主題歌はB’zの『愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない』だったという事位です…。

長々と失礼致しました。
どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

馬が人型に変形して柳沢しんごになるやつだったかな。西遊記と云
えば夏目雅子かいかりや長介なんで、他は記憶に無いな。

ヤフオクにレンタル落ちが3本出てますね。

参考URL:http://search.auctions.yahoo.co.jp/jp/search/auc?p=%CB%DC%CC%DA%B2%ED%B9%B0+%C0%BE%CD%B7%B5%AD&auccat=0&alocale=0jp&acc=

Q昔読んだ西遊記の本を探したいのですが・・・

20年ほど前の小学校3、4年くらいのときに読んだ西遊記の本を
ぜひもう一度読みたいのですが、どの本なのかがわかりません;
以前にこちらの質問でご紹介頂いた平凡社刊のものは購入してみたのですが、かなり内容が大人向けで私が読んだものとは違うものでした。
ハードカバーのようなしっかりした本で1冊で孫悟空の天界でのお話からおそらく西遊記の最後まで(覚えてないですが;)入っているようなものだったと思うのですが・・・。
小学生のときでも苦もなく読めたので本当に読みやすくわかりやすい内容だったのだと思います。
本はカバーがとれていたので表紙はわからないのですが、中は茶色かもしくは黄緑?っぽい色の表紙になっていたと思います。
挿絵とかがあったのかは覚えていないのですが、少しはあったような気もします。元々私よりずっと年上の人(当時で30すぎ?)くらいの人から借りた本だったので、発行はもっと古いものだと思うのですが;
どなたか思い当たる本がありましたらご紹介くださいますと幸いです。

Aベストアンサー

別に自信はないのですが、うちに子供向けの西遊記の古い本があるのでそれのことを説明してみようと思います。
 ●講談社 少年少女新世界文学全集33 昭和38年発行
ケース付きのハードカバーで挿絵もありますが、西遊記だけでなく中国民話なども一緒に収録されています。
本の表紙は海老茶に青のマス目模様のよう柄なのでちょっと違うかもしれませんけれど、あの長い西遊記の初めから終わりまでの主要な部分がが、簡単な文章で書いてあります。
ご参考までにどうぞ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報