藤原泰衡は頼朝の命令に従い、義経を討って首を差し出しました。
明確に恭順の意を示しているにも関わらず、どうして頼朝は泰衡を征伐したのでしょうか?
奥州藤原氏の勢力に圧力を感じていたのでしょうか?
奥州藤原氏と朝廷の結びつきが強いからでしょうか?
頼朝の野心が強かったからでしょうか?

よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

鎌倉幕府の基盤であった関東の侍(武士団の長のことで武士一般ではありません)に囲まれた頼朝の立場と言うものは実にもろいものでした。

それを一番良く知っていたのは頼朝本人です。
なんせ周りは全員外様なのですから。
関東での源氏のもっとも華々しかったのは奥州での前九年、後三年の役での源の頼義、義家です。
頼朝が鎌倉に入って最初にしたことは、その源頼義が建てた由比の若宮を鎌倉の中心にうつし鶴岡八幡宮としたことです。自分の館より優先します。
そして、自分を御輿に担いだ関東の武士団の長に対して、前九年、後三年の役での源の頼義、義家を思い出せ、あのときよりお主らは源氏の代々の家人なのだぞ。と言う演出をします。
それを自分への求心力とした頼朝にとって奥州藤原氏は最初から討つべき相手です。有る意味平家以上にと言って良いでしょう。
北条執権の時代に鎌倉幕府がまとめた記録「吾妻鏡」には平家がまだ健在、義経もまだ鎌倉に居た段階で、義経には内密に江ノ島の弁天の参拝との口実で有力御家人数名を集め、対奥州戦略会議を開いています。
何年何日かは忘れましたが。

また、頼朝が自ら大軍を率いて出陣したのはこの奥州攻めだけです。
そしてその奥州攻めの時が頼朝が一番輝いて意気高揚としているのが「吾妻鏡」にも見て取れます。
そして頼朝の奥州攻め、泰衡らの首の処遇は悉く源の頼義、義家の前九年、後三年の役の故事を模しています。
ひとつの例が、前九年の役の源頼義例が安部貞任の首を晒したときと同じに「長八寸の鉄釘を以て、これを打ち付く」です、おまけに前九年の役の時にそれをやった横山野大夫経兼の子孫をわざわざ探し出してそれをやらせました。

奥州を攻め亡ぼすことで、頼朝は真に源頼義、義家の後継者であることを示せる、また関東の武士は源氏の御家人と強く印象付けることが出来た訳です。
勿論、背後の巨大勢力の脅威を取り除く、と言うこともあります。
もうひとつは奥州藤原氏が関東での将軍、つまり当時は征夷大将軍より知名度のあった鎮守府将軍藤原秀郷の子孫であったと言うこともあります。
鎮守府将軍は最初は大多数の鎌倉御家人の先祖である関東平氏、その後藤原秀郷流、清和源氏がその地位に付きますが、藤原秀郷流は何代にも渡って鎮守府将軍を勤めた関東武士の名門です。
後三年の役の経緯、朝廷からの恩賞でも清和源氏と対等の立場です。
元々足場の弱い、直属軍事力を持たない頼朝が、権威によってそれを克服し、関東武士団の上に立とうとするときに、その藤原秀郷流の名声に打ち勝つことは彼にとっての死活問題であったと考えて良いでしょう。
ちなみに関東でも藤原秀郷流の本家は藤性足利氏(足利尊氏の足利氏とは別)で、これは初期の段階で亡ぼしています。

義経を討たなければ源氏は3代で終わることはなかっただろうと良く言われますが、義経を討たなければ鎌倉幕府は出来ず、3代も続くことは無かっただろうと私は思います。

頼朝にとっての本当の一番の敵(?)、克服しなければならなかった相手は平家でも奥州藤原氏でもなく、自分の周りに居て自分を御神輿に担いだ関東の御家人だったろうと思います。
それを克服し、いつまでも自分を御神輿に担がせる為に、平家も義経も甲斐源氏も奥州藤原氏も倒さなければならなかったと。
    • good
    • 2

事の発端は、源義経でしょう。


義経は朝廷側に付き、

打倒頼朝を企て、頼朝討伐の院宣を朝廷からもらいます。しかし、殆ど兵も集まらない状態で逃亡します。

一時期頼朝は朝敵になりますが、義経討伐の大軍を率いて京に上り、

朝廷に院宣を取り下げさせ、逆に義経討伐の院宣を頂きます。

ここで義経は朝敵となりました。

聞きしに勝る
すさまじい兄弟喧嘩ですぅ。^_^;

奥州藤原氏が義経をかくまうのを、相当朝廷との結びつきが強いと判断するのは当然でしょう。

またこの軍隊と財力は、いずれ自分をまた脅威にさらす恐れがあり、放ってはおけません。

二度も三度も朝敵になってしまいます。
何故ならば、

彼は政治の権限を朝廷から初めて奪った人間です。
朝廷の暗躍も相当なものだったでしょう。

西国、東北の全ては叩き潰し、
全ての朝廷に見方する国は叩き潰します。

ここで鎌倉幕府は安泰するのです。

かわいそうなのは義経です。

摂関政治とは違い遠隔地の幕府に対して、
政権を奪われたくない朝廷派からおそらく、
「お前の兄は平将門と同じ事をしようとしている朝敵ぞ」
などと吹き込まれ、挙兵しようと試みたのでしょう。
いいだけ利用されてしまった訳です。

しかし、
源氏の血縁はたえてしまいますから、
とんだ兄弟喧嘩、
朝廷の野望もすさまじかったようです。
    • good
    • 1

経緯は参照ページを見て下さい。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%A5%E5%B7%9E% …
つまるところ、鎌倉政権とは何か、という問題になると思います。

平安末期、朝廷と結びついたのが桓武平氏清盛流。これに対し、特に東国の諸勢力が連合してあたったのが源平合戦の真相でしょう。鎌倉政権は実の所かなりの多くの平氏(たとえば北条氏)も含んでいますね。
で、その後東国連合の中での権力争いが起きたと考えるのがいいでしょう。奥州藤原氏と鎌倉武士団との戦いです。ここで考えたいのは、鎌倉の支配権力はなお不安定であったと思われる事です。源氏の嫡流とかいっても清和源氏の格があがったのはむしろ後世の事で、頼朝の当時、源氏といえばまず公家源氏、すなわち特に村上源氏であったわけですし。鎌倉の力とはすなわち武力そのものなわけです。したがって西国になお残っていたであろう旧勢力や、朝廷のなかの必ずしも鎌倉政権に好意的とは言えない勢力との戦いを控えていたわけで、その前に粛清を行った、ということでしょう。頼朝から見ればそもそも義経自体が奥州勢力のまわしものなわけで、本音は奥州の政治権力そのものが邪魔だったにすぎないわけです。大規模な戦いは終わったので奥州の戦力は不要、むしろ不安要因ですから。で、強引に藤原氏を除いたわけでしょう。義経のことは一石二鳥を狙った口実でしょう。義経自身の武名は高く、正面から戦うと鎌倉武士団のなかにも動揺が生まれる事さえありえます。それを相手の手で除かせたうえで、さらにそれを口実に攻められるのですから笑いが止まらないとはまさにこの事でしょうね。
    • good
    • 0

 「頼朝の命令に従い」とありますが、頼朝が奥州藤原氏に対して「義経を討て」という圧力は以前からかけていたのに、これに従わなかったのですから、「義経を討つのが遅い!」というのが、理由付けにはなります。

理屈は何でもつきますから。
 奥州藤原氏は、秀衡が生きていた時には頼朝もうかつに手を出すことができませんでしたが、秀衡が亡くなり、後継の泰衡が資質に欠ける人物だったため、頼朝にチャンスが巡ってきたということも言えます。
 泰衡は、父の遺言に背き、兄頼衡や弟忠衡を殺しました。こうした内紛により、奥州藤原氏は一枚岩ではなくなったわけです。この動揺で弱体化した奥州藤原氏の状況に、頼朝はつけいったのです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q藤原泰衡の首桶にハスの種が入っていたのはなぜですか

こんにちは。お世話になります。

もうすぐ中尊寺金色堂を訪れる機会があるので、下調べをしています。
季節がら、有名な「中尊寺ハス」がまだ少しでも咲いているといいなあと思いつつ、
ふと、「なぜ藤原泰衡の首桶にハスの種が入っていたのだろう」と疑問を抱くようになりました。

葬ったどなたかが入れたのでしょうか?
それとも葬った時に偶然入ったのでしょうか?

Webでいろいろ見てみたのですが、「なぜ入っていたのか」に言及しているところが見つからなかったので、
こちらにて質問させていただきます。
お分かりになる方がいらっしゃいましたら、教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

蓮の花は極楽往生の象徴です。蓮の花は汚い泥の中から
茎をのばしているのに汚れない美しい花を咲かせます。

それと同じように泥のように穢れたこの世から
清らかで美しい極楽に往生しすることを蓮の花にたとえました。

いまでもお盆の供花に蓮の花や蓮の花托を供えるのはそのためです。
また仏像の下には花弁の模様が配されていることが多いのですが
あの模様も蓮華座といい、蓮の花を表しています。

極楽浄土では成仏した人々や仏様達は皆蓮の花のうてなに座っていると
考えられていました。

首桶の中のハスの実も、泰衡の極楽往生を祈って入れられたと
考えるのが自然でしょう。

Q 源義経が壇ノ浦の戦いの捕虜を連れて鎌倉を目指した際、頼朝は、義経が頼

 源義経が壇ノ浦の戦いの捕虜を連れて鎌倉を目指した際、頼朝は、義経が頼朝に無断で、後白河法皇から検非違使に任命されたことに怒り、鎌倉入りを拒みました。
これに対し、後白河法皇は、義経に、頼朝討伐の院宣を出しましたが、
これに怒った頼朝が大軍を京に向けたところ、今度は後白河法皇、頼朝に、義経討伐の院宣を出したと認識しています。

 短期間のうちに、お互いを討伐するような院宣を出すことはありえるのでしょうか?
ご存じの方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

義経、行長に頼朝追討の令を下しましたが、これは院宣でなく「宣旨」でした。
義経等に脅迫されやむなく後白河法皇が命じたのですが、
「宣旨」は天皇の命令で、「詔勅」に比して内輪の文書です。

法皇はこの宣旨を出したあと、すぐに義経達に悟られぬように、頼朝に釈明の使いをだしました。
しかし頼朝の怒りは解けず、頼朝に義経、行長を召し捕るべしとの「院宣」を下しました。
「院宣」は法皇の命令ですが、天皇の「詔勅」と同格で「宣旨」より上格です。

従い天皇の宣旨の後、法皇の院宣が出れば後の上位の院宣の方が効力があり、実質宣旨は失効になります。   もっとも宣旨といっても法皇が出しているのですが。
前言取り消しという事ですか。

一応矛盾はなく、後白河法皇のしたたかさはたいしたものです。  武家に生まれれば英雄になったでしょう。    

Q秋田県といえば...(その2)

No.1424292では17名の皆様ありがとうございました。
それでは、次の項目からアンケートをとりたいと思います。
1)よかった秋田県内の観光地
2)つまらなかった秋田県の観光地
3)期待はずだった秋田県の観光地
4)意外とよかった秋田県の観光地
5)今度行ってみたい秋田県の観光地
A)喜ばれている秋田県のお土産
B)秋田県の各観光地までの交通手段
感想を取り入れながら、お答え下さい。全部、こたえなくても結構です。

Aベストアンサー

1)やっぱ十和田湖半でしょうか。朝靄が
すごく幻想的でした。
2)横手のふるさと村。でも
 三田寛子に会いました。何故居たんだろう...
3)同じく横手のかまくら館
4)男鹿水族館かな。期待しなかった割りには
 良かったです。
5)大体回ったので別にないです。
A)秋田土産と言えば金萬でしょ!!
B)もっぱら仙台から車でした。

総評としてここだけは絶対抑えた方がいい!!
って観光地が無いような気がします。
でも秋田美人は本当に綺麗です。

Qもし平清盛が源頼朝と源義経を処刑していたらその後の展開はどうなりますか?

もし平清盛が源頼朝と源義経を処刑していたらその後の展開はどうなりますか?

Aベストアンサー

源氏の生き残りは 誰かを統領にして戦うでしょう
隠れている源氏はいくらでも居る
平家は必ず 滅ぼされたでしょう
言い切れる理由に
平家に有能な人が居なかったと言う事と
復習は怖い と言う事です
 
注目したい事は 世界史等からも
この時代から 日本だけでなく
世界規模で戦争の時代に入った
と言う事 

其の発端が 日本は僧侶(保元の乱)
西洋は教会(十字軍)なんですね
ここにも注目

聖職者の堕落が戦争の発端

Q白神山地から秋田駅までの時間

8/16白神山地を散策、その後車で秋田駅まで行く予定です。
暗門大橋を車で出発、海沿いを走り途中秋田自動車道能代南IC~秋田中央ICで
行くのが早いのではないかと思っています。
暗門大橋~秋田駅はおおよそ170kmぐらいありそうです。
暗門大橋~秋田はどのくらい時間がかかるでしょうか?
13:00発で16:00につくでしょうか?

Aベストアンサー

>海沿いを走り途中秋田自動車道能代南
暗門大橋から直接海沿いに出て、R101を南下するつもりですか?
暗門大橋→十二湖方面の道は、どんな道か知ってますか?45キロ砂利道ですよ。パンクしても知らないよ~ジープとかランクルだったら、別にいいですが。


暗門大橋→弘前→R7で大館→鷹ノ巣あたりからR105・R285を南下して五城目八郎潟インター→秋田中央インター→秋田駅

180kmくらい。3時間ではムリです。たぶん4時間半くらいかかると思います。

Q源義経、頼朝などの苗字って?

源義経、源頼朝、平清盛、大江広元などには、北条時政たちのように苗字はなかったのでしょうか?

       苗字  氏   諱
北条時政  北条  平   時政
安達泰盛  安達  藤原  泰盛
源 義経  ?    源   義経
平 清盛  ?    平   清盛

Aベストアンサー

苗字(名字)は所領や屋敷の場所などを自称するうちに家名として定着したものですから、法律や権力者の命令によって全国一斉に名乗るのが義務付けられた、というようなものではありません。苗字が定着しても、明治5年までは公式な名称は氏であり、苗字は通称にすぎません。

また、本人が名乗ったかどうかは定かではありませんが、歴史学者の角田文衛は、源頼朝の一族を鎌倉家、平清盛の一族を六波羅家と称した上て、源平合戦という表現は誤解を招くと力説しています。

蛇足ですが、大江広元の子の季光が毛利入道と号し、その孫の時親が安芸国吉田に所領を得たのが毛利家の始まりです。

Q高崎から秋田へのお得なJR切符(行きあけぼの、帰り新幹線利用)

高崎から秋田への、JR利用2泊3日の旅行を計画しております。

『秋田・大館フリーきっぷ』で、行きは高崎乗車『あけぼの』利用で秋田に入り、帰りは秋田・東北新幹線で大宮まで行き、大宮→高崎間を新幹線購入と考えていたのですが、このルートを周遊きっぷで組むのと秋田・大館フリーきっぷ利用では、どちらの方がお徳なのでしょうか?

秋田県での途中下車駅は、『秋田』『横手』『角館』『田沢湖』を予定しております。

恥ずかしながら、周遊きっぷ自体が『?』な状態です。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

秋田県以外は途中乗降しない(改札外に出ない)のであれば、秋田・大館フリーきっぷをおすすめします。
1.周遊きっぷの場合
JRの任意駅を発着地(出発駅=帰着駅)として、周遊のゾーンの入口駅・出口駅を決めて、(a)出発駅→ゾーン入口駅、(b)周遊ゾーン券、(c)ゾーン出口駅→帰着駅の3種類を組み合わせたきっぷです。
http://www.doconavi.com/kippu/jikoku1/shuyu/shuyu1.html
http://www.tabitetsu.com/syuyu/syuyuutoha.html
(a)(c)には、一般的な乗車券と同じよう区間で作れ、乗車券部分は20%引、学割あり・途中下車もできます。
区間や場合によってルールが細かくて説明し切れませんので、今回のルートの場合に限って説明を続けます。今回は(b)に田沢湖・十和田湖ゾーン券が最適と思います。秋田・横手・角館・田沢湖を結ぶ範囲はすべて自由に乗降で、特急こまちの空いている席にも乗れます。
乗車日によって指定特急券や寝台のクラスで値段が違いますので、4月10~12日のいわゆる通常期・B寝台で算出してみると、
(a)高崎→秋田で割引乗車券6140円特急券2830円B寝台券6300円、(b)3370円、(c)盛岡→大宮→高崎で、割引乗車券6980円特急券5130円+2300円 (端数調整で十円位違いがあるかもしれません。時刻表から読み取れませんでしたが、田沢湖→大宮を通しで乗る場合は、この全区間の特急料金が必要になるかもしれません。)
合計33050円

2.秋田・大館フリーきっぷ
http://www.jreast.co.jp/tickets/info.aspx?GoodsCd=1279
↑で、高崎からのきっぷを売っているかわかりませんでした。売っていないとすれば、大宮からのきっぷ27,600円で、行きの大宮→高崎は使用放棄となり、帰りの大宮→高崎乗車券1280円指定特急券2300円を別に買わなくてはなりません。(行きの未使用分を帰りに使うことはできません。この別途を合計すると31180円。)
このきっぷは、乗車日によらず定額です。あけぼの号は特急B寝台とこまち号は普通車指定席の新幹線を含む特急の費用が含まれています。

3.普通のきっぷを使っての一例
高崎→秋田→大曲→盛岡→大宮→高崎の一周乗車券13440円、大曲-横手別途往復190円×2、あけぼのB寝台特急9130円、こまち田沢湖→大宮こまち6520円、大宮→高崎新幹線2300円
合計31770円
この場合、普通列車の少ない大曲-角館-田沢湖間のこまちにのると特急券代が加算されますので、合計価格面では不利です。

私は、まず条件が合えば「フリーきっぷ」系をお勧めします。
周遊きっぷは、(a)(c)の制約が低いので、出発地が名古屋大阪などJR東日本以外からの出発(最近は同一JR会社でないと割引きっぷの種類が少ないため)・途中下車も自由・A寝台やグリーン車を使う(割高感が少ない)、ゾーンきっぷのエリア内を行ったりきたり結構乗るような場合、学割を使う場合にお勧めします。
周遊きっぷじたい、JRのPRも消極的に思え、各社のwebにもまともに紹介されていません。
行程がきっちり決まっていて、ジパング倶楽部・学割など割引手段が使えれば、3の普通のきっぷ系で使うのがよいとか、同行者にもよります。

なお、ご質問文の「途中下車」は、その駅の改札を出て観光や業務先に向かうことだと思いますが、鉄道のルールにある「途中下車」は、乗車券のルート上の駅で、一旦改札から出ても、残区間にまだ乗れる(逆行不可)ことような制度です。自由区間内で行き来しつつ下車するのとは意味が異なります。この回答では鉄道のルールの意味で書いています。

秋田県以外は途中乗降しない(改札外に出ない)のであれば、秋田・大館フリーきっぷをおすすめします。
1.周遊きっぷの場合
JRの任意駅を発着地(出発駅=帰着駅)として、周遊のゾーンの入口駅・出口駅を決めて、(a)出発駅→ゾーン入口駅、(b)周遊ゾーン券、(c)ゾーン出口駅→帰着駅の3種類を組み合わせたきっぷです。
http://www.doconavi.com/kippu/jikoku1/shuyu/shuyu1.html
http://www.tabitetsu.com/syuyu/syuyuutoha.html
(a)(c)には、一般的な乗車券と同じよう区間で作れ、乗車券部分は20%引、学割あり・...続きを読む

Q当初、源頼朝は平家を討つ気がなかった?

当初、源頼朝は政子と伊豆で平和で暮らしていて、平気を討つ気はなかった。しかし平家討伐の院宣が出て、時代が変り、命も狙われだしたので、仕方がなく源氏頭領として平家追討に立ち上がった。
という節を小耳に挟んだのですが、真相はいかがでしょうか。
子供時代から虎視眈々と平家打倒を夢見て研鑽していたのではないでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

頼朝は流人の身でしたから、そのまま平凡に一生を過ごせるならそれでもよいが、機会があれば父の仇を討ちたいとは思っていたでしょう。
決心がついたのは、好いた北条政子に言い寄られ、駆け落ち同然で結婚した時です。
院宣がなくとも、流人が伊豆の豪族の婿となったと、京の平氏に知れれば疑われ命を狙われるのは必然で、この点は北条氏も一蓮托生の覚悟をした筈です。
北条氏を利用しようとして政子に近づいたとは思えず、男女の仲としてこう言う成り行きになったのでしょう。
場合によっては父に成敗されかねない、政子の度胸が歴史を動かしたわけです。
日の本は 女ならでは 夜(世)の明けぬ国 です。

Q秋田のホテルについて

クリスマス時期に秋田への旅行を考えています。秋田は初めて行くのでよくわかりません。

1)秋田ビューホテル
2)三井アーバンホテル秋田
3)秋田ワシントンホテル
4)秋田キャッスルホテル

ホテルの候補はこの4つです(パックなので)。この中からお勧めのホテル、その理由を教えて下さい。できれば立地的に便利な所が良いと思っています。またその他、お勧めの食事どころ、観光スポット等ありましたら、お願いします!

Aベストアンサー

先日、秋田ビューホテルに泊まりました。
他のホテルに宿泊したことはありませんが、
4つのホテルの中で最も秋田駅に近いと思います。
30m位離れたところに無料駐車場もありました。
部屋は可もなく不可もなく至って普通です。
ウォシュレット付きなのは◎と思いましたよ。

ホテルの近くにイトーヨーカドーがあって、
その中にきりたんぽ鍋を出すレストランがありました
美味しかったですよ。秋田といえばきりたんぽですよね。

Q藤原鎌足、源頼朝など

昔の人の名前には読む時に「の」と入る人がいますが
これはいつ頃からいつぐらいまでそうだったのか
またなぜそうなったのか、どれくらいの身分の人たちは
名前をもっていたのかなど名前に「の」がついた時代に
詳しい方、教えてもらえないでしょうか?

Aベストアンサー

日本でも外国でも全ての人が苗字を持つようになったのは近代になってからのようです。苗字をもつ必要がなかったということでしょう。貴族、豪族など人の上に立つ人々でも当初は苗字がなかったのですが、いつのころからか、彼らが住んでいる土地の名前をつけて呼ばれる(あるいは名乗る)ようになりました。従って名前の前にxxxの太郎というように出身地名をつけ、それが後に苗字となった訳です。江戸時代初期には’の’は使用しなくなっていたようでが、一部の業界(社会)では幕末ごろまで使い続けていたようで、時代劇や小説に現れています。海外では職業名も苗字になっています。Carpenter(大工)など。xxxの太郎という名乗り方はフランスでは元大統領ド・ゴール(De Gaulle)のように苗字の前にDe(xxxの、出身地を示す)をつけます。土地名を名乗る人は貴族だったので、今日でも苗字にDe がついていると出自がよいことをしめすようです。

日本人全てが苗字をもつようになったのは明治8年2月13日の布告からです。明治維新後、新政府は全国民に苗字の使用を許可しましたが、なかなか普及しなかったため、布告(法律)でもって徹底したようです。

日本でも外国でも全ての人が苗字を持つようになったのは近代になってからのようです。苗字をもつ必要がなかったということでしょう。貴族、豪族など人の上に立つ人々でも当初は苗字がなかったのですが、いつのころからか、彼らが住んでいる土地の名前をつけて呼ばれる(あるいは名乗る)ようになりました。従って名前の前にxxxの太郎というように出身地名をつけ、それが後に苗字となった訳です。江戸時代初期には’の’は使用しなくなっていたようでが、一部の業界(社会)では幕末ごろまで使い続けていたようで、時...続きを読む


人気Q&Aランキング